2017/10/25

希望の党には期待感も  議員日記

平成29年10月25日


落選した希望の党の候補が小池批判をしているという。

落選は小池党首のせいだという。

確かに希望に逆風が起こった原因は小池さんの排除発言≠ゥらだが、そもそも批判をしている候補が希望から出馬したのは恐らく理念や政策に共感したからではなく、単に小池人気にあやかり、楽して当選しようとした甘さではなかったか。

あくまでも政治は自己責任。もう一度一から出直す覚悟がなければ、引退なさるといいと思う。

さて、私は個人的に小池百合子さんはあまり好きではない。日本でも都民でもなく、自分ファーストだからだ。

ただ希望の党には一定の期待感を今でも抱いている。

何故なら日本で初めて自民に代わる受け皿足り得る政党が結成されたと思っているからだ。

二大政党の多くの国は安全保障や外交など基本政策は同じなのに、これまで日本の野党は政権党と極端に政策が違い、安心して政権を任せられなかった。

理念や政策を曲げて希望に移動し当選した元民進党出身議員の去就も今後注目されるが、この党はまだまだ誕生したばかり。

維新と合併し、将来、自民の受け皿たる政党に成長して欲しいと願っている。

私は何がなんでも自民党支持ではない。あくまでも日本の政治が良くなればいいと考えているからだ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 議員 高橋 宇佐

2017/10/25

自民 信任なき勝利???  議員日記

平成29年10月24日

「自民 信任なき勝利」???

信任がなくてこんなに圧勝できるものなのか?

見出し一つでよく分かる。

相変わらず自民に厳しく、立憲をはじめ反日のリベラル三党には優しいM新聞。

自民と対決の希望には、都知事選、都議選と当初擁護していたが、リベラル排除となると一気に批判的に。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 議員 高橋 宇佐

2017/10/25

自民の受け皿となる野党の誕生を!  議員日記

平成29年10月23日

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


戦いすんで日が暮れて、結果は自民党が大勝した。

衆院選は政権選択選挙。

だけど野党は「安部政権を倒す!」というだけで、倒したあとどうするかを語った政党はない。

一時政権を伺う勢いの希望の党の小池百合子代表ですら選挙の結果を見てから決めるといっていた。

あまりにも無責任過ぎやしないか。

私は昔から何が何でも自民党ではない。
自民党より、日本が大事だからだ。

そうした意味で、もっとしっかりした自民の受け皿となれる野党の誕生を望みたい。
0
タグ: 議員 高橋 宇佐

2017/10/25

責任野党の誕生を!  議員日記

平成29年10月22日

今日の「産経抄」。

「▼思えば、野党が反対のための野党でしかなく、『一強』に代わる受け皿となれなかったことも、国民にとって不幸だった。見境のない新党への大移動を恥じるふうもなく、選挙後の野党再々編を臆面もなく語る人がいる。節操のかけらもない状況もまた国難だろう」

さて、私は何が何でも自民党支持ではない。

日本もアメリカやイギリス、カナダやオーストラリアのように二大政党になって欲しいと思っている。

ただこれらの国は、国益を重視し、安全保障や外交など基本政策はほぼ変わらない。日本の反日野党とは違うのだ。

そういう意味で保守政党の「希望の党」には期待していた部分もあったのだが、その後の様子を見ていると選挙を勝ちたいためだけの離合集散だったようだ。

責任野党の誕生を切に望んでいる。

これが私の希望≠セ。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 議員 高橋 宇佐

2017/10/25

猛追ってどんな状況???  議員日記

平成29年10月21日

クリックすると元のサイズで表示します



新聞の見出しに使われる選挙用語。

ネットで調べると面白い。

以下、ネットにあった「基本的な用語があらわしている情勢」を見てみると「猛追」については、

解釈1……1位の候補から5ポイント以内の差をつけられている(※1)
解釈2……1位の候補から5〜9ポイントの差をつけられている(※2、※3)

ところで昨日の読売新聞には「岩屋を横光が猛追」とある。

わたしは岩屋氏を応援しているが、いずれにしても微妙な差。

「火事は最初の5分、選挙は最後の5分」という。

最後まで全速力で突っ走る以外に勝利の道はない。

皆さんもどうぞ岩屋候補をお願いいたします。

●基本的な用語があらわしている情勢

新聞によって少し差があるのですが、大まかに見ていくとこんな感じです。

独走・磐石
当選確実な情勢。

安定・浸透
解釈1……2位の候補に20ポイント以上の差をつけている(※1)
解釈2……「安定した支持・幅広く浸透」も20ポイント以上の差(※3)

優位・先行
解釈1……2位の候補に10ポイント以上の差をつけている(※1)
解釈2……当選確実な情勢。〈Aが先行〉なら「Aは当選確実」(※2)
解釈3……2位の候補に10〜19ポイントの差をつけている(※3)

引き離す
優位・先行と同程度?

一歩リード
解釈1……2位の候補に10ポイント以上の差をつけている(※1)
解釈2……2位の候補に5〜9ポイントの差をつけている(※3)

やや先行
解釈1……2位の候補に5〜10ポイントの差をつけている(※1)
解釈2……2位の候補に5〜9ポイントの差をつけている(※3)

リード
2位の候補に5〜10ポイントの差をつけている(※1)

互角・拮抗・激戦・接戦・横一線・横並び・競り合う
解釈1……1位、2位の候補が5ポイント以内の差(※1)
解釈2……「接戦」と同じ意味。〈AとBが互角〉は「Aの方が0〜4ポイント優勢」(※2)
解釈3……1〜4ポイント差(※3)

競り合っているときは名前順を見ます。
名前を先に書かれている方が数字の上ではわずかに前にいるといえます。
(「数字の上では」というのは、調査には誤差があるからです)

大接戦・まったくの互角
両候補の差が1ポイント以内(※3)
届け出順で記載することもある(※3)

猛追
解釈1……1位の候補から5ポイント以内の差をつけられている(※1)
解釈2……1位の候補から5〜9ポイントの差をつけられている(※2、※3)

〈AをBが猛追〉は「Bが追い上げているが、差は大きい」となる(※2)

肉薄
猛追と同程度?

激しく追う
解釈1……1位の候補から5〜9ポイントの差をつけられている(※2)
解釈2……「激しく追い上げる」「猛追」と同程度、5〜9ポイント差をつけられている(※3)

急追
解釈1……1位の候補から5〜10ポイントの差をつけられている(※1)
解釈2……1位の候補から10ポイント以上の差をつけられている(※2)

懸命に追う
解釈1……1位の候補から10ポイント以上の差をつけられている(※2)
解釈2……「懸命に追う」「急追」は「猛追」よりもさらに水を開けられている状態(※2)
解釈3……1位の候補から10〜19ポイントの差をつけられている(※3)

追う
解釈1……1位の候補から10ポイント以上の差をつけられている(※1)
解釈2……1位の候補から10〜19ポイントの差をつけられている(※3)

巻き返し・支持拡大懸命
相当厳しい評価のはず。

今一歩・伸び悩む・苦戦・苦しい戦い
解釈1……絶望的な情勢。〈Aは今一歩〉ならば、「Aは泡沫候補扱い」(※2)
解釈2……20ポイント以上の差をつけられている(※3)

独自の戦い・知名度不足・浸透せず・出遅れ
当選の見込みが全くない情勢。

 ※1 日刊ゲンダイ(2007年4月3日)
 ※2 週刊ポスト(2012年12月14日)
 ※3 政治山(2014年)
 それぞれの解説をもとにしました。
0
タグ: 議員 高橋 宇佐



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ