2018/6/17

いやいや、おおいたには福澤がいる!  議員日記

平成30年6月17日

 明治維新を成し遂げた幕末の志士たち。
 これら志士を輩出した藩といえば長州、薩摩、土佐などがある。
 これらの藩に囲まれた大分県は歴史に名を刻んだ志士はいない。
「いやいや、おおいたには福澤がいる!」ということだろう。
 10月5日から始まる大分県立歴史博物館の企画だ。
 福沢諭吉ほどの文明批評家なら評価もされ、尊敬もされようが、大分県には自分は行動を起こさず、人の批判に余念のない口先だけのミニミニ福沢が山ほどいる。
 小藩分立の歴史が大分県民性を醸成したのかもしれないが、人が種を蒔き、丹念に水をやって育てた果実を不味いだの形が悪いだのと言うだけの輩のなんと多いことか!
 昔、ももクリ植えてハワイへ行こう≠キャッチフレーズにNPC運動を提唱し成功させた日田郡大山町の矢幡治美氏は「わたしはシーダー(種をまく人)でありたい」と言っていた。
私も氏を見習い、いつも種をまく人でありたいと思っていろいろ実践して来た。
郷土の福沢諭吉は素晴らしいが、ミニミニ福沢だけはいただけない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/17

今日の地球を読む  議員日記

平成30年6月17日

今日の読売新聞の『地球を読む』に私の尊敬する劇作家・山崎正和氏の『日本の進路』と題しての論評が。

思うに彼は劇作家というより、文明批評家というべきだろう。

ところで30年ほど前、サントリー地域文化賞の授賞式で、当時サントリー社長をしていた佐治敬三氏に山崎氏を紹介されて、少しお話しさせていただいたことがある。

私の自慢の一つだ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 議員 高橋 宇佐

2018/6/15

養豚業者と守る会の調停始まる!  議員日記

平成30年6月15日

https://www.youtube.com/watch?v=iNtAoYIhfks&t=8s

今日の毎日新聞と大分合同新聞。

昨日、中津簡裁で開かれた養豚業者と守る会の第一回調停のことが。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/14

養豚場問題にゆるい宇佐市の対応  議員日記

平成30年6月13日

https://www.youtube.com/watch?v=iNtAoYIhfks&t=8s

平成30年6月13日、高橋宜宏の一般質問。

旧院内町から続く院内町の養豚場問題。

20年以上苦しめ続けられている地域住民にあまりにもスピード感のないゆる〜〜〜い宇佐市行政の対応。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/12

明日は一般質問  議員日記

平成30年6月12日

明日、6月13日午後1時から私の一般質問。宇佐市議会でネット中継もやっています。今回は院内の養豚場問題に大半の時間を費やす予定です。

時間のある方は是非ご覧ください。

通告書

一、院内の養豚場問題について
(1)3月28日に「東・納持の環境を守る会」が発足し、4月9日に県と市に要望書を提出。5月14日に市から要望書への回答があった。守る会が市へ要望した事項と回答の内容について改めてお聞きしたい。
(2)県北部保健所が3月6日に水質汚濁防止法違反の疑いで業者への立ち入り調査を行い、敷地内にある排水処理施設から採水したところ同法の基準値1リットル当たり600_cを上回る620_cの窒素化合物を検出した。そして保健所は同16日、業者に改善命令を出し、同28日業者側が改善計画を提出したというが、その計画書の内容は。

二、中山間直接支払制度について
(1)平成12年、棚田に象徴される中山間地域農業の活性化の切り札として「直接支払制度」がスタート。当時旧宇佐市は一般基準で麻生地区、特認基準で西馬城、北馬城、封戸の三地区が対象となっていた。平成29年度の宇佐市の直接支払制度の協定締結数、活動状況、参加農家数、交付対象面積、及び交付額は。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ