2016/1/29

『わたり』問題の説明と謝罪を!  高橋宜宏の一般質問集

うさ議会だより 第44号

平成26年12月定例会 一般質問

「わたり」問題の説明と謝罪を!

インターネット議会中継はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=1LkL7k4GepY

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/19

最後の一般質問  高橋宜宏の一般質問集

平成23年3月8日、私の最後の一般質問

とりあえず写真を掲載します。一般質問の内容は後日アップロードします。 ^v ゜

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 宇佐 市議 高橋

2010/9/21

平成22年9月定例会一般質問  高橋宜宏の一般質問集

宇佐海軍航空隊の遺構 夜間用誘導灯の保存を!

問@七月に宇佐空跡整備検討委を設置した。今後、「平和ミュージアム」建設に向け、今後のスケジュールを。

  検討委において、(国所有の)エンジン調整室・排水場・レンガ建物の購入、この三施設の耐震強度調査や補強工事の実施、戦跡遺跡の案内板の設置、資料収集や平和ミュージアム建設等について検討を進めている。


問A大刀洗平和記念館に展示されているゼロ戦は、もとも名古屋空港に展示されていたが手狭になり、受け入れ先に宇佐を考えていたが、地元に展示施設がないため好機を逃したというのは本当か。

  事実だと認識している。

問Bその意味でも是非「平和ミュージアム」建設を早く進めてもらいたい。ところで閤地区にある火の見櫓は、もともとは宇佐空開隊時に建てられた夜間飛行の誘導灯。終戦直後、消防団が中心になり、西木にあったものを分解し、馬車数台に乗せて運び、高さ約二三bの火の見やぐらにしたという。が、付近の市道拡幅工事が決まったため、地区の方が二年前、この火の見やぐらを戦争遺跡として市教育委員会に保存をするよう陳情した。市教委からは「予算もないし、保管する場所もない」と断られたとのことだが、間違いないか。

  認識していない。

問C(土木課長へ)今回問題になっている道路の拡幅工事の日程と過去、このやぐらのことで教育委員会と話し合いを行ったと聞いているが、その内容は。

 平成二三年から着手予定。昨年十月、誘導灯であることが判明し、文化財係に移転保存か撤去かの検討を依頼。今年六月に「移転保存の必要なし」との回答をもらい地元自治委員に報告した。

問Dこのことは(社会教育課長として)当然知っていなければならないことでは。

社会教育課としては土木課を含めた関係各課と保存を前提にして協議していきたい。また宇佐空跡検討委に利用方法等についても計っていきたい。

問Eこうした戦争遺跡は一旦壊されてしまうと取り返しがつかない。「平和ミュージアム」を建てる構想もあるなら、なおさら一つ一つ大切に保存しなければならないと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 宇佐 市議 高橋

2010/7/5

平成22年6月定例会一般質問  高橋宜宏の一般質問集

図書購入費、県下で最下位!


問@宇佐市民図書館の年間利用者数と図書購入費は。

 平成21年度が21万9843人。平成22年度の図書購入費は当初予算で500万円。


問Aわずか500万円の図書購入費の内、半分は基金(寄付金)からの充当で、一般財源のみで見ると市民一人当たりの購入費42円は県内14市で最下位だ。寄付金を財政の穴埋めにするのは指定寄付者の意を酌まない行為で、失礼ではないか。

 こうした状況を初めて知った。来年度以降はこうした恥ずかしい数字のないようにしたい。


問B小中学校の図書購入費の基準財政需要額は。また実際に回した図書購入費は。

 小学校費の基準財政需要額は約687万円、交付税措置額は約391万円、最終予算額は369万円。中学校費の基準財政需要額は約483万円、交付税措置額は約275万円、最終予算額は約215万円。


問C国の交付税から実際に小中学校図書館の図書購入費に充てられた割合(予算化率)は小学校が94・3%、中学校が78%。県全体の平均は96・2%。宇佐市は18市町村中最低だ。当局の見解を。

 初めて知り、申し訳なく思っている。


問D国は学校に配備されるべき図書の冊数を学級ごとに「学校図書館図書標準」を定めている。市はこの「図書標準」は達成しているのか。

「学校図書館図書標準」については知らなかった。


問E宇佐市の小学校で図書標準を100%達成しているのは33・3%、中学校では14・3%。県全体では小学校63%、中学校59・6%。小・中学校ともに県下18市町村で17番目。14市の中では最低だ。米百俵の精神で学校図書の予算化率を100%以上にして欲しいし、「図書標準」を達成して欲しい。

答(市長) 議員指摘のデータ等は承知していなかった。これは何とかしなければとの思いを致している。教育委員会の実態調査に基づき、予算要求があれば最大限尊重したい。 
0
タグ: 宇佐 市議 高橋

2010/4/19

平成22年3月定例会一般質問  高橋宜宏の一般質問集

鶴の飛来する高家地区の環境を守れ!

問@ 中津市の業者が浜高家に、産廃処理(中間処理)施設の設置を計画。業者は地元住民への十分な説明もないまま、しかも県の許可の出ないうちに基礎工事などを開始。これに対し、地元住民は昨年10月初めに反対運動に立ち上がった。その後宇佐市は「対策が不十分のため設置に反対」とする意見書を広瀬知事あてに提出。去る2月15日に、反対している地元住民と県が協議。が、地元に対して県側は「基準を満たせば許可せざるを得ない」「業者と十分に協議するように」と回答したという。市の見解と今後の見通しは。

 市としては、生活環境保全上の見地から懸念される事項が解消され、地元の不安が払拭されるよう、引き続き県に対して業者に指導していただくようお願いしていく。


問A 3月14日に業者主催の説明会が再度開催予定。が、地元住民も二度目の反対署名集めもしているとかで、住民の理解はなかなか得られないと思う。平行線の場合、市としては今後どうこの問題に対処していくのか?(傍観者になるのか、積極的に地域住民の立場で関与していくのか?)

 生活環境保全上の見地から検証し、対策が不十分なら引き続き県へ意見具申していくというスタンスだ。


<提言> 産廃施設は迷惑施設だが、必要な施設でもある。認可権が県にあっても、町づくりの主体は宇佐市。町づくり、都市計画の一環として産廃施設はの配置は考えるべき。このままだとあの地域が産廃銀座になることが懸念される。市として明確な反対意志を持って望んでいただきたい。


問D 全国でもほとんどの自治体が環境保全条例をはじめとするさまざまな環境条例を制定。宇佐市も環境保全条例、基本条例等環境に対する条例の整備をいそぐべき。そして基本計画を策定するべきでは。

平成22年度から23年度で、環境基本計画を策定し、市の自然環境、生活環境の調和を目指す。その上で、環境基本条例の策定をしてまいりたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ