2012/5/28

このようなショーパブでした  大阪 風俗

またこれは彼の会衆が罪のその意識を失ったのを恐れる伝道者による古典的な、実際の、任務の説教です。

その変化をプラスして]ショーパブそれ、聖務日課において、グレゴリーのメッセージは、ノアの物語によって補強されます。

私は、あなたが、七旬節の私のポストから、グレゴリーがどのように彼のブドウ園のために労働者を雇っている農夫の寓話を解釈したかについて思い出すことを望みます。

『朝』は、前方へ[七旬節]、アダムからそれの期間を意味しました。『第1のそれ』は、ノアからの期間でした。

それでショーパブ日曜日に四旬節から2週間前の日曜日の間のそれの最初の夜課において、我々は洪水によって人間の重大な不正をやっつけるという神の決定の報告を得ます。

おそらく、そのフラッドは、グレゴリーの世代のために、あのそれの鮮明なメモリを持っていました。

それは、ペラギウス2世法王(グレゴリーの自身の即時のそれ)を含みました、本当にフラッド(ノアのものかローマのもの)で苦しんだ者すべては、そのような罰に値しましたか『自然神学』に対処している神学校コースが彼らの出発点にそれを持っていくかどうかわからない

笑い(それが表面と恐れに関して楽しみを言うそのもろい舌声)を聞いてください。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ