紫電とお買い物ネタ

2011/9/4 | 投稿者: ヤマソ

レベル紫電製作中ですが、現在この程度の進捗度合いです。
昔の模型誌などで「合わない合わないと」よく書かれてましたが、思ったより精度が高く、部品の合いが悪くはないです。複合的な接着部分もバッチリ連携します。うむむむ侮れません。
外版は凸モールドですが、パネル毎に梨地になっていて妙なこだわりも感じられます。
しかし、コクピットがじつにさみしいです。まあ、あまり見えないはずなので、椅子だけちょっといじってあとはそのままでいいや。
クリックすると元のサイズで表示します

排気管ですが、カウルフラップの裏がこんなことになっています。比較的、難所はここでした。
けっこう苦労しました。
排気管はしっかりエンジンの排気ポートに18箇所とも繋がっています。
その部分は完成したら見えませんけど・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ハセガワから新発売の雷電を買ってきました。無謀にも紫電と同時進行させます。
やっぱりやめよう(爆)
初回限定ということで、A4サイズのコミックが入っています。ワシ的にはあまり面白くない漫画でしたな。華々しく活躍しとるところを描かんと製作意欲わかないじゃん・・みたいな(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

キットですが、けっこう部品が多いですな。箱を開けるとボリューム感満点。
選択パーツや、内部の補強材とかの影響もあるかもしれません。
そのなかで、カウルなんですが、11型の発売を予定してか、機銃穴が開いてます。
もちろん塞ぐ部品がありますが、跡を処理する必要もありますな。
将来的には11、31、33型が出るのでしょう。
1/32の雷電が4種も飾れたたらそりゃもう壮観ですな(うひ〜)
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ