2011/7/24 | 投稿者: ヤマソ

ブログタイトルが意味不明でしたので、シンプルにしましたT▽T

ところで、ウチのオー次郎が、どっかから『手足口病』を貰ってきたようで、次男と三男と嫁にうつって、
最後にワシまで発病しました。高熱が出るのは一日くらいで収まるのですが、
そのあと指先に幾つもの湿疹が現れ、痺れのような違和感と痛みがあります。

小僧らをいっぱい飼ってると変な病気もってきて困るのうT▽T

2011/7/22 | 投稿者: hayabusa-oyaji

雷電のカタチになりましたが、まだまだ面倒な作業が沢山残ってますなあ。
ワシは白縁の日の丸塗装仕上げが苦手であります。
デカールは死んでるのでつかえまへんな。

ななにや師匠の言う通り、プロポーション的にカウルが小さい気がしますが、
まあ、こんなもんでしょう。
きょうはこの辺でやめておこう。
次は日の丸塗装の下地から始めます。
ああ〜やだなあT▽T


クリックすると元のサイズで表示します

2011/7/20 | 投稿者: hayabusa-oyaji

胴体と主翼の接着は今までにないくらいに合わないのですな。
タミヤの零戦はこんなこと無かったのに・・・当たり前か。

まあとりあえず、テープ引っ張りまくりで固定しました。
エンジン部も完成しましたが、塗装の関係でまだ胴体には合体できません。
脚は順調に作動します。
もうレベルはカンベンですなT▽T

月内完成が目標ですが、あと10日では無理かな。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/7/18 | 投稿者: hayabusa-oyaji

一日一部品は実践してましたが、
大した進展はなかったので、更新できませんでした。
ところで、やっと脚回りが形になりました。
可動を活かした関係で脚カバーとのすり合わせにかなり時間がかかりました。
構造的にかなり無理がありますな。

左翼内の20mm二丁も搭載、カバーを外せばあとで見れるらしい(笑)
汚い仕上がりに閉口していますが、ワシの場合はこんなもんでしょう。

まあ、脚を出したり入れたりしてブ〜ンってやって遊ぶのを想像して楽しんでます。

しかし、こんなことでは塗装までまだ遠いですな。

早くしないとハセガワから雷電が出てしまうT▽T


クリックすると元のサイズで表示します

2011/7/12 | 投稿者: 隼オヤジ

きょうもツマラン内容ですが一応書きますがな。

さて、レベル雷電ですが、主脚は引き込み可動するようになってますが、問題があるのでチョットだけいじくりました。
構造は作動軸にカムが付いていてプラの板バネ状の物が保持しており、
可動時(脚を出したとき)にカムで節度が付いてロックするようになっています。
そのまま完成させると、ガタガタですぐ壊れてしまうという曰くつきの部分です。
原因はカムのせいで無理がかかり、プラの軸が折れてしまうのでしょう。
カムの高さを減じても固定しにくくなったり、なにもしなくてもガタガタなのが予想されます。

そこで、カムを削り落として、その部分にポリキャップを入れてみました。
プラの板バネで保持されて上手く固定されます。
作動させてもポリキャップの摩擦でちょうど良く節度が付き、ガタツキもなくなりますがな。
黒いところが、ポリキャップです。ハセガワ飛燕のペラ軸用の余り部品です。

それとキャノピー
後部キャノピーですが、窓枠のモールドが信じられないほど太すぎてさすがにちょっとカンベンして状態です。
悪いことに凹モールドで簡単に消せませんな。
仕方ないからペーパーならし、ラッカークリアーを凹溝に塗って乾燥後、サンディングしてモールド消滅。
今後磨きこんで、仕上げますが、なんと余分なことを(笑)

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ