2016/2/1

新年会・包子の会  会員交流

昨日HUGの新年会となる
包子(ぱおず)の会がひらかれました。

青空食堂ではお祭り&七五三にこられた
みなさんに食べていただこうと奮闘したので
今回は自分たちの為に楽しみました。

いつもは慌ただしく時短ご飯ばかりですが
時間をかけて自分たちの食べるものを
丁寧に作ることの大切さを
あらためて感じました。
包子はもちろん、ごぼうと雑穀のスープで
心も身体もほっこりとリセットされましたね

2016年もみなさんにとって良き年になりますように







クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/11

おでかけ定例会ご報告  会員交流

11月半ばの金曜日、ちょっと外に出て、様々なやり方で子育てしやすい街作りを目指している人達に逢いに行こう!と、調布子育てネットワーク(ちょこネット)運営の「ちょこカフェ」に行って来ました

場所は調布卸売りセンターの中。子連れのママ達が気軽に立ち寄れ、情報交換の場にもなっているカフェ。
10数人でいっぱいのこじんまりしたお店ですが、ママ達考案のメニュ―や、ママとプレママに配慮したお茶を出し、食材は市場の新鮮な地場野菜など嬉しい工夫は盛り沢山

子育て中のママ向け商品の委託販売や、情報コーナーもあり、講座やイベントを行ったり、予約してミーティングなどにも利用できるとのこと。

当日は雨で、残念ながら子連れの方の利用には遭遇できなかったけれど、地元の人らしきカップルや、市場でお仕事をされてるのか作業着を来たお客さん達などが、普通〜にランチをしていて、お店が良く地域に馴染んでいるのを感じました。

帰ろうとした私達を、雨の中追っかけて来て下さった事務局長の杉山さんのお話から、活動の鍵は楽しんで行っていくこと、けれどやはり続ける事は大変かつ大切であることなど再確認させて頂きました。

今回 何よりもいいな!と思ったのは、ちょこネットさんの 街の様々な人達がそれぞれの「得意」を出し合って、ここで育てたいと思えるまちづくりを進めて行こうと言う“一品持ちより社会”の考え方。

それは、商業が元気な調布の街にとても合っていて、“商民協慟”と言って良い様な活気と心地良さを、通り抜けた商店街や市場のそこここに感じました。

お天気の良い日、普段の毎日からちょいと離れて、お出かけしてみては? 市場ではスーパーでは見かけないあれやこれや何でもそろいます。ただし閉まるお店もあるから早めの時間にどうぞ。少し歩けば深大寺もありますよ。

さてさて、東村山に住む私達の「得意」って何でしょうね?
そんなことを外から考えるのも面白いかも…!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

写真は上から その日のランチ ママたちの話し合いに使われたマップ メニューボード
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ