そうたい法-はじめに 01

2014/5/29 | 投稿者: SUMIKO

はじめに 01

●「操体法(そうたい法)」とは仙台の医師、橋本敬三氏(1897〜1993)が、心や身体のバランスをとる調整法を体系化したものです。
●私たちは自分で責任を持って行う営みが4つあります。
 をすること、
 すること、
 身体をかすこと、何かを感じ、うこと。
この4つの営みと、そんな私たちをとりまく様々な境、これらが調和しているとき、私たちは幸せな気持ちになります。
●「操体法」は、身体の感覚に従って心地よく動くことで調和をとりもどす方法です。
●身体はしゃべることができません。YESかNOかは心地よいか、不快か、で教えてくれます。
●「心地よい動き」は「治る動き」なのです。
(続く 1/3)
※表題に「そうたい」とひらがなにしたのは「操体法」を知らない人がよんだとき脳内で自動変換して「体操」と間違われないためです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ