2018/3/10

MT-09 最初の車検  

早いもので、もう三年経ちましたか。


クリックすると元のサイズで表示します


アクセルもクラッチも注油で劇的に軽くなり

オーナー様にっこりでした。

アクセルの重さは冗談かと思いました。

新車の時はそうでもなかったのですが

去年の長露は、屋外保管車にとっては

最悪の環境でした。

湿度100%が何日続くのだろうという

感じでした。

キャリパーのピストンも錆が始まっており

オーバーホールとなりました。

フロントフォークの変な感触は、リアが

突っ張りすぎで、イニシャルを一段抜いたら

普通になりました。こちらもオーナー様

にっこり。

日本人が一人乗りするぶんには、一段抜いた

方がいいですが、二人乗り、荷物を積む場合は

ノーマルの位置でしょうか。

三年 3,000km K様 頑張って乗って下さい。

湿気は乗らないと飛びません。


2
タグ: MT-09 車検

2018/3/8

アクセルが劇的に軽くなります  

FCR、TMR等にキャブを取り替えると

アクセルがノーマルよりも重くなるのは

キャブの問題で、しょうがないのだと

ずっと思っておりました。

実は、ほとんどハイスロが原因でした。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


いろいろなワイヤーグリスを試しましたが

ワコーズのVGグリスが1番軽くしてくれました。

真冬の氷点下でも重くなりません。

ワイヤーインジェクターは、クラッチワイヤー用

しかないので、絶縁テープでクラッチワイヤーと

同じ太さまで太らせます。

アクセルワイヤーのすべてのジョイントに絶縁テープ

を巻いて、シールします。

写真撮り忘れましたが、スロットル側のジョイントも。

ワイヤーインジェクターは、手で回らなくなったら

プライヤーで回らなくなるまで締めます。

(ワイヤーインジェクターを壊さないように)

それでも噴出しますので、ウエスをあてがって

スプレーを吹きます。

テープを取れば終わりです。

ハンドル側、グリップ側は脱脂します。

グリップにグリスを塗ると抵抗になって

重くなります。

以上で劇的にアクセルが軽くなります。

昨今、アクセルワイヤーの無理な取り回しを

強いられているY社のバイクなどはノーマルでも

お勧めです。オーナー様笑顔で帰っていかれます。

昨今の、重いワイヤー式クラッチの、クラッチワイヤー

に注油しても劇的に軽くなります。

二重丸のお勧めアイテムです。



1

2018/3/8

エコなガソリンは当時物2サイクルには凶器です  


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ノーマルのままのセッティングで

エコなガソリンを使うのは危険です。

セッティング変更が必要です。

写真は、RZ250です。


1

2018/3/8

その差 53年  

めったに撮れる写真ではないので

撮ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します


右から

ドリーム350 1964年

CB1300 2017年

CB750C

CB750FC


1

2018/3/8

その差 53年  

めったに撮れる写真ではないので

撮ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します


右から

ドリーム350 1964年

CB1300 2017年

CB750C

CB750FC


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ