最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/1/24

よく食べた〜@徳島県  グルメ(外食・中食)

1/22(金)〜24(日)の徳島滞在中は、よく食べた〜。

1/22(金)「木のおもちゃ デポー」での施術後、
徳島恒例の、みよし野に。今回が3回目。      1回目 2回目
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
揚げたてのカキフライや野菜からまずはじめ
次にカレーが食べたくなり、少しの20穀米と漬物で
           ↓   
クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
            湯豆腐はみそ汁の具とするのが私流

   看護学生時代の寮の朝食は、いつも、
   しっかりとした大きな豆腐と青ネギが
   たっぷり入ったみそ汁だった。

   とても美味しかったことを思い出して、
   ちょっと懐古的気分になる。

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
    炭水化物は少なめに。
  スパゲッティは2本、久しぶりに食べた。

その後はデザート。毎回、コーヒーにソフトクリームを浮かべて。
                           ↓   
クリックすると元のサイズで表示します

23(土)のセミナーと施術後、
「鯛飯と蛸を食べたい」との私のリクエストで
山下さんが席取りをしてくれている鳴門の「魚大将」に急いだ。

風が強くなり、大きな提灯が激しく揺れている。
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  外の生簀にはヒラメやイシダイ
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  伊勢海老や貝類がたくさん
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

メニューを見ると、居酒屋・料理屋さんというより、定食屋さん

鯛飯はなかったが鯛茶漬けがあり、
頼んだが「ありません」と。

  残念_| ̄|○ 福岡のあらんどろんでまた食べることにしよう。
  それと、ますます新居浜のさくらの鯛飯が食べたくなった〜(*_*;

他の人たちは定食を注文したが、私は単品を注文
海鮮太巻きは恐ろしく太い。見ると海苔を継ぎ足している!
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私は3切れでギブアップ、他の4人に1切れずつ食べてもらった。

蛸の酢の物は美味しかったが、これは北海道のミズタコ?
                    ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

茶碗蒸しはとてもクリーミーで優しい味。これは最高!
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
         ワタリガニのみそ汁も文句なしに美味しい。

原田さんが注文したアナゴのてんぷらは巨大!
2口ほどずつ西川さんと二人でいただいた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

てんぷらはカラッと揚がっていて、他の人のもみな美味しそう。

  私が注文した海鮮サラダも巨大で美しい。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
      これも、皆に手伝ってもらって完食。

このお店は量が多くてその割には安いためか、家族連れが多く、
週末は列に並ばないと席が取れないとのこと。

山下さん、遠くから席取りに来ていただき、おおきに。

   いっぱいしゃべりをして、
 デザートに抹茶アイスと柚子シャーベット。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  店から出る前に、店員さんに頼んで記念撮影
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    セミナーのお弁当は、両日、
  みよし野のバイキングのようなお弁当で、盛りだくさん。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

食べ応えがあり、皆食べるのに時間がかかり、
本の販売とサインに長い列ができ、
午後の再開が少し遅くなってしまった。

雪で2日目が欠席となった人の分のお弁当が2個余り
高速バスの中でいただいた。

よく食べた〜。

でもメンテ“力”upセミナーでも施術でも
エネルギーをいっぱい使うせいか、
幸いあまり体重は増えない。
2
タグ: 徳島市 鳴門



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ