最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2011/10/10

5ヶ月でここまで育ったトコガーデン  ガーデニング(東大阪)

今年の5月に(有)青葉とトコ・プランラングの社屋に隣接して
植物園のような広い土地ができました。
建物に必要な分だけ、切り売りしてもらえなかったためなのか、
私には良くわかりませんが。

この写真は5月3日の写真です。
ここに写っているのは、植木屋さんに植えてもらった木です。
なんか、少年野球でもできそうなほど、ただただ、広い。

クリックすると元のサイズで表示します

(有)青葉社長(私の夫)は、ここに雑木林を作りたいらしいです。
なぜかと言うと、会社の所在地の東大阪あたりは、
もともと沼だったところを埋め立てて、工場地帯になったらしく
実に無機質。

水はけが悪く、梅雨どきは水溜りができて、びしょびしょ。
緑が少ないため、夏は焼けつくように暑い。

私もゴールデンウィークの4日間は、
専業農家の主婦くらい働き、足腰の筋肉痛は相当なものでした、

この時の私の担当は、生駒の家で増殖させた花木の移植。
私は“もったいない精神”の塊みたいな人間なので、
紫陽花などの枝を切ったら、片っ端から挿し木します。
すると、そのほとんどから根が出て来て、育つんです。

それで、生駒の家の周囲に植えられないくらい増殖した
紫陽花・ホットリップス・ミョウガ・十二単衣・竜のヒゲ・松葉菊などと、
育ち過ぎた、酔芙蓉・紫式部・ランタナなどを植えました。

でも、グランドのようなガチガチの土ですから、
スコップで土を掘り起こし、腐葉土などを混ぜ込んで
耕してから植えないといけないので、大変な重労働でした。

その後も青葉社長は、苗木や、花の苗、花の種の安いのを買って来ては
スコップで穴を掘り、鍬で耕しては、植物園作りに勤しみました。
その甲斐あって、夏にはずいぶんと賑やかになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

お盆。まだヒマワリは開花していません。

クリックすると元のサイズで表示します

10月9日(日)は、小学3年生の孫にも手伝ってもらって、
ヒマワリを抜きました。

クリックすると元のサイズで表示します

穴を掘って埋め、種は採取。

クリックすると元のサイズで表示します

私は、この5ヶ月で5倍くらいに増殖した十二単衣を、
何も植わっていないところに、
分散させて植えただけで、ヘトヘト。

クリックすると元のサイズで表示します

3時間半ほど働いた後は、生駒の「音の花温泉」で疲れを癒し、
昼ごはんをたらふく食べて、帰宅しました。
2
タグ:  農作業 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ