最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2011/9/29


9/29(木)は京都今日は母性衛生学会の
ランチョンセミナー

クリックすると元のサイズで表示します

座長は私で、
講師は滋賀医科大学博士課程の齋藤祥乃さん
研究の指導教官は岡山久代准教授

齋藤さんは私が京大病院の産科分娩婦の
副婦長をしていた時の助産学生
岡山さんは私が婦長をしていた時のスタッフ
つまり、院生の方が指導教官より先輩である。

ランチョンセミナーとは
お弁当を食べながら企業のセミナーを聞くもの。
私が座長兼コーデイネーターをしているのは
毎回とてもハイレベルで、人気が高い。

そのため、入場整理券450枚は 早々に出払ってしまい
お弁当や資料をもらえない人も入場していて
受講者は約460名で盛会だった。

齋藤さんの講演の主な内容は

1.世界で2台しか稼働していない 縦型オープンMR
 を使って得られた鮮明な画像により
 「トコちゃんベルト着用群は子宮や膀胱が下垂しない」
 と証明された。

2.トコちゃんベルトを適切な強さ(10〜15mmHg)
 で着用すれば「血流障害は全く起きない」と証明された。

齋藤さんの研究は、
これまで医師もしたことがないほど高度なもので、
疑いようのない明確なエビデンスが、示されました。

セミナー終了後、満面の笑みを浮かべて
「すごい!」「今度セミナーに行きます!」
「ほんまに、試してガッテンって民放より低劣やったね〜」と
自信を取り戻した助産師達が駆け寄ってきてくれた。

抄録集はこちらから読めます
http://www.tokochan.jp/contents/news/be52_luncheon.pdf
10
タグ: 産後 骨盤 子宮下垂



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ