最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2012/3/29

次々と春の花と木の芽が  ガーデニング(生駒の庭)

奈良県生駒市の自宅にはガーデニングできる庭があるので、
帰るのが楽しみ。

と言っても、花や木の世話をしたりできるのは、
月に2日ってこともザラ。
それでも楽しい。

なので、どれも手をかけなくても育つ花や木ばかり。
暑さ寒さに強く、水枯れしないように、露地植えがほとんど。

しかも、種まきや苗を移植したりするのも大変なので、
ほとんどが多年草。
毎年大きく育つのも楽しみ。

自然に種が落ちて、毎年花を咲かせるのもある。
↓@その代表格 冬知らず      ↓春を告げる花 Aスミレ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

@は4年前に、平群の道の駅で100円で買ったものの子孫。
毎年まだ花の少ない寒いうちから咲きはじめ、
初夏までどんどん株を太らせ咲き続ける。

「こんな花を売ったら花屋が儲からんやろ?」と言いたくなるほどだが、
買った者にとってはありがたい花。

Aは生駒に引っ越してすぐに、
何も植わっていない庭に「枯れ木も山のにぎわい」とばかり
夫が生駒山の道端から採取してきた全くの野生種。

↓Bシバザクラ                     Cツルニチニチソウ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Bは和歌山県の山中の道の駅で、
車にひかれて、半死に状態になっていたのを持ち帰り、
挿し木にして、生き返ったもの。 鮮やかなピンクが暖かさ誘う。

Cは、去年まではこんなに早くから咲かなかったが…?
滋賀県の野洲川の河川敷で採取してきて挿し木にしたもの。

ABCともに、ものすごい繁殖力で、
年々勢力を伸ばしている。

鳥が多いため、鳥が運んだ種がフンと一緒に庭に落ちて
生えてきたと思える木もたくさんある。
↓D?                     ↓Eナンテン
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

いただいた花束やお正月用に買った花木や、
アジサイ・ウツギ・ホットリップスなどを、
挿し木にして育ったものも、いっぱい。
↓G斑入りのアオキ            ↓H松とアジサイ 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

↓I?                   ↓Jアジサイとセンリョウ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

IJに一緒に写っている緑の小山は、リュウノヒゲ
京都から引っ越した4年あまり前に、京都から一握り連れてきたのが
今では100倍以上に育った。

条件が良いせいか、挿し木は2/3以上は根が付き、
なんでもかんでも、どんどん育つものだから
恐ろしいことになった。

定植すべき場所を与えられなかったものや
大きくなりすぎたものは、東大阪のトコガーデンに養子に出した。

少しではあるが、買ったものもある。
↓Lアセビ   
クリックすると元のサイズで表示します

↓M雪割草                        ↓N雪割草
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これらの雪割草は、近くの杉本園芸店で300~700円で購入したもの。

そのお店は高額な雪割草や山野草を、
多種たくさん置いていることで、その道では有名らしい。

このお店のことは、「わが街 生駒」に続く。
4
タグ:   

2012/3/28

坂本フジヱ先生と梅干し  SNS・出版・報道

和歌山県田辺市で助産院を開業されている坂本フジヱ先生が
本を出版されたと聞き、通販で購入。

クリックすると元のサイズで表示します

ブログに書こうと思いつつ、なかなか書けずにいたとろ、
3/25、ツイッターでこんなつぶやきが流れてきました。

@_daisylily
妊娠〜育児期に欲しい本No1!日本最高齢助産師
『大丈夫やで〜ばあちゃん助産師のお産と育児の話〜』のススメ
http://ht.ly/9RjQy
「手抜きの子育てしなさいね」ってみなさんに言うんです。
しんどさがなければ赤ちゃんをかわいく思えますから。』 #ikuji

@_daisylilyさんは今日現在2350人のフォロアーを持つ、
ツイッターの世界ではかなりの有名人で
子どものことや医療に関して、たくさんつぶやいておられます。

この人の「妊娠〜育児期に欲しい本No1!」とのツイートが
私の目に飛び込んできた途端、背筋がピンと伸びました。

坂本先生が「オーラの泉」に出演されたこともある
日本でも最高級のオーラのある助産師だとことは知っていましたが、
私の心の中では、かなり近しい存在でした。

なぜなら、私は2回ばかり坂本先生とお会いしたことがありますが、
そのたびに、坂本先生や助手の助産師さんから質問を受け
骨盤を整えるのに役立つ操体法などを、
お教えしたりしていたからです。

私が心底感心したのは、80歳を超えてなお、
妊産婦の健康な体作りのためには、自分の知らない新しいことを
どんどん取り入れようとされるお姿です。

最初にお会いした時のことです。
操体法などで体を動かして、ひとしきり談笑して、
おいとましようと腰を上げた時

「この梅干し、持って帰って」と。

正直な私は反射的に
「いゃぁ〜、私は紀州の梅干しはアカンのですわ〜
 どれも、カツオ味やハチミツで味が付けされているもんで、
 やっぱし、自分で漬けたのでないと…」と言うと

坂本先生:「いや、これは違うで。うちの梅を、塩だけで漬けたもんや」

私:「梅干し工場で作ったみたいに立派ですね〜」

坂本先生:「そうや〜、私が作ってほしいように、
           工場で作ってもろうてるんや」

私:「ほなぁ、いただきます」

その梅干しを家に帰ってご飯とともに食べた途端、
言葉も出ず、体が固まりました。
「清々しい味」という言葉がぴったり。

シソ入りの私の梅干しは美味しいと思っていたけれど、
シソが入っていない坂本先生の梅干しは、全く違いました。

「これが本当に純粋な梅の味なんやな〜」と、
その時初めて知りました。

後で聞いたら、その梅干し工場は
坂本先生の息子さん、坂本拓氏のだと。

あの母なればこその息子さんと、納得しました。

クリックすると元のサイズで表示します

夫は私よりずっと多く坂本先生とお会いしているので、
1年に一度ほど梅干しをいただいて来ます。

先日は「セイロ丸」か「忍者めし」のような
梅干しエキスの“丸薬”も。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、年度がわりの3月末〜4月上旬は
セミナーもなく、私が一年でもっともノンビリできるとき。

昨日と今日、自宅で一人でブランチ。
二日とも主食はこれ。

クリックすると元のサイズで表示します

ご飯は、石川家のいとこが作ったコシヒカリに、
古代米や雑穀を混ぜたもの。

坂本先生からいただいた梅干しを入れて、軽くにぎり、
ふるさと石川県流に、とろろ昆布を巻く。

とろろ昆布は昨年の夏、利尻島で買ってきた
化学調味料が入っていない、最高級の利尻昆布のとろろ。

前の日の残りの青菜のお漬しと一緒に食べる。
ご飯を炊くのも、お漬し作りも、夫がしてくれたもの。

ウ〜ン、最高の味、最高のぜいたくや〜!
坂本先生、それから、皆さん、ありがとうございます m(_ _)m
6

2012/3/11

早春の我が家  ガーデニング(生駒の庭)

2月も3月も忙しい。
生駒の家でのんびりしたのは、3月に入ってまだ半日。

前庭には紅白の梅が咲き始めている。
まだ木はチビだけど「春が来ましたよー」と訴えているよう。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

木へんに春と書けば“椿”。
春を告げる花のもう一人の代表、椿。

京都の家から鉢植えで連れて来て移植したのがしっかり根付き、
毎年花を咲かせてくれている。
            ↓            
クリックすると元のサイズで表示します

小さな花をいっぱいつける椿、ロゼフローラ。
これも京都から鉢植えでやってきたもので、毎年花をつけているが、
今年はずいぶんとたくさんの花をつけた。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

おーっ、咲いている! 足元には雪割り草。
高価で有名な雪割草。でもこれらは安もの。
アジサイやヒメウツギの根元に植えたのが、今年も可愛いく咲いた。

クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
                 ここに紫のが咲きかけている          
この季節、花に負けずと美しく輝いているのがアジサイの葉っぱの芽。
            
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   ↑                         ↑
黒柄アジサイ            斑入りのハイドランジャー

冬の間、ほとんど日の当たらない北庭の木々にも、ついに蕾が!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   ↑                 ↑
椿。どんな花が咲くんだったかな? 高野山で買った日本シャクナゲにもついに蕾が!

花いっぱいの季節が待ち遠しいなぁ。
6
タグ:  新緑

2012/3/5

歯並びも姿勢もきれいな子に  赤ちゃん・子ども

姿勢の悪い子どもや、
歯並びが悪くて、歯列矯正をしている子どもが多いのが
気になりませんか?

こんなに悪いのでしょうか?
その理由の一つ、女の子の場合は骨盤の緩みにありそうです。

靭帯を緩めるホルモン=リラキシンは、
黄体ホルモンの一種といわれています。

このホルモンは妊娠すると大量に分泌されるのですが、
排卵・月経が始まると、分泌されるので、
昔のように農作業などで鍛えられていない現代の女の子の骨盤は
イッキに緩むのだと考えられます。

ですから、初潮前は男の子のように活動的だった女の子でも
初潮後は、突然、姿勢が悪くなり、ダラダラした態度になることは
皆さんご存知の通りだと思います。

この女の子は整体を学んでいる助産師のお子さんで
初潮前からも姿勢が著しく悪く、お母さんを悩ませていました。

でも、小学校5年生の時、
お母さんは「骨盤を晒しで巻けば姿勢が良くなるかも?」と考え
巻いてみたところ、↓ こんなに変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、アゴが上がり過ぎていて    (小6の8月 ↑来室直後 ↑トコV着用後) 
不自然ですね。

それで、小学校6年生の5月、私の施術を受けに来られました。
二度目に施術に来られたのは8月。

施術する前に試作品のトコちゃんベルトVを着用。
その前後の写真を右上に並べました。姿勢が変わったのがわかりますか?

これは小学6年生の12月 先行販売のトコちゃんベルトVのMサイズを着用。 
↓ベルト着用前      ↓ 着用後 ↓ 
       
クリックすると元のサイズで表示します

このお子さんの感想が、お母さんからメールで届きました。
 ・とっても体が楽
 ・しゃきっとする  胸を自然と張っている
 ・上半身がよく動く(ということで踊っています タコ踊り)だそうです

実はこのお子さん、6年生の5月に会った時は、
一見して受け口で、歯は逆かみ合わせ(逆交合)だったのです。

でも、初回の施術で後頭関節を調整し、
その後、家で毎日、逆交合が直るように、
割り箸を1本、横にして噛んでいたところ
8月には、受け口も逆交合も直っていたのです!

あまりの変化に私は、目を疑いました。
お母さんも「歯列矯正代、助かった〜」と、たいそう喜んでおられます。

この子が3歳の時、歯医者さんで撮った写真です↓

クリックすると元のサイズで表示します

小学1年生の時の写真です↓

クリックすると元のサイズで表示します

受け口・逆交合・姿勢の悪さ、これはどうして起きるのでしょうか?
それは、胎児の時の姿勢や、生まれ方に原因があると言えます。

このようなお腹で育った子は      このようなお腹で育った子は
歯並びも姿勢も良い ↓        ↓受け口・逆交合・姿勢も悪くなりがち 
 
クリックすると元のサイズで表示します

なぜなら、↑のようなお腹だと
正軸進入するだけでなく、アゴを引きながら骨盤を通るので、
楽に生まれて来られます。

それに対し、前に突き出たお腹だと
赤ちゃんは首をかしげないと骨盤に中を通れず(不正軸進入)
アゴも引かずに骨盤に入りがちとなるため、
楽に生まれて来られないのです。

その結果、頭の骨と首の骨との間にずれが生じ
首に対して頭が前上りにズレると、受け口になりやすくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

この子のお母さんもこんなお腹でした。

クリックすると元のサイズで表示します

第二子の時はいっそうお腹が前に突き出していました(尖腹)。
お産は2回ともとても辛く、二人ともよく泣く子で、
子育ても二人とも、とても辛かったそうです。
お姉ちゃんの方は一段落しましたが、妹さんの方はまだまだです。

歯並びも姿勢も良い、丈夫な子どもを生み、
楽しいと思える子育てをするためには、
妊娠前からの体作り「妊活」が大切だと思うばかりです。
13
タグ: 子ども 姿勢 歯並び



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ