最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/3/31

「からだの本」に大島美幸さんと一緒に載ります!  SNS・出版・報道

3/30(日)の11時〜高輪サロンで、潟Iレンジページ発刊のムック
「からだの本」の取材・撮影が、高輪サロンであった。
             ↓
    クリックすると元のサイズで表示します

これは、年4回(3.6.9.12月)発行のムックで、
読者は、未婚・既婚を問わず、
20代後半〜40代前半の女性。

健康や美容、メンタルなどをテーマにしていて、
私の取材記事が載るのは、6/17日発売。

このムックの人気連載が
「あなたに代わって試します! 大島美幸の妊娠力向上委員会」
                 ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

森三中の大島さんというと、10人中9人が
「妊活休業しているよね〜」と、言うくらい。

私は、森三中の大島さんは知っていたが、
妊活休業中とは知らなかった。(^^;

この連載は、ガッツリした不妊治療を紹介するのではなく、
妊娠力に良さそうないろんなことを、
大島さんが読者に代わって体験し、
ありのままをレポートするもの。

読者の抱きがちな不安や疑問を解決し、
「いつか妊娠するときのために備えておきたい」
との気持ちを、応援する連載とのこと。

「近々将来妊娠を考えているひとも、そうでないひとも、
女性が元気でいるためのチカラ、として考えています」
と、編集者からのメール。

そこで、3月号は漢方薬、6月号は骨盤ケアとなったわけです。

大島さんは、妊活休業中とはいえ、
「確実にとれる時間は、3/30(日)午前中のみ」と!

年度末〜年始は、毎年、私にとっては最長の休み期間で、
旅行に出かけることが多い。
でも、ちょっと前に長崎から帰って来たばかり…。

「でも、3/30にわざわざ上京するなら…」と考え、
なかなか実現できなかった赤ちゃん教室
29(土).30(日)に開くこととなった。というわけ。

大島さんは皆さんもご存じのとおり、立派な体格。
テレビで見たことがあるだけの私でも、
立派な骨格の持ち主であることくらいは分かる。

でも、ロケなどでは、転倒・尻もち・頭にたんこぶ
捻挫・打ち身などは日常茶飯事とのこと。

「これによる影響が体に蓄積しているのでは?」
との私の予想通り…。その対策は?

と言うことで、6/17発売の「からだの本」をお楽しみに!

私の写真も、大島さんに説明しているところや、
トコベルVの着用指導しているところが載るようです。

       ところで、3月号には、
             ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

取材を終えて、私の感想は全く反対。
「これほど生命力の強い女性は、今日の日本にはそういない。
ちょっとバランスが悪くなっているだけ。
やっぱり並みの女性とは全然違うわ〜」やったな〜。
15

2014/3/30

3月半〜7カ月の赤ちゃん教室@東京  セミナー・クラス(一般対象)

3/29(土)13:00〜15:00と、3/30(日)13:30〜15:30は
私が初めて講師を担当する3カ月半〜7カ月未満の赤ちゃん対象の教室。

会場は東京の品川駅から徒歩3分の高輪サロン。
交通の便が良いため、宮崎県から飛行機に乗っての参加者も。

1日目は8組の母子と、4人の助産師アシスタントが参加。

1人が2組の母子を担当すればいいだけなので、
余裕しゃくしゃくのはずだったが、予想は大外れ。

忙しいのに加え、レジュメの完成度も低く、
プラス、さすがにこの月齢の赤ちゃんは泣き声も大きい。

写真を撮る暇もなく、私もあっちへ行って小修正、
こっちへ行って小修正…と、大忙し。

2時間余りの教室終了後は、
あらかじめ施術希望のあった赤ちゃんから施術開始。

すでに7カ月になっていて、7カ月未満児対象の今回の教室には
参加できないことになっていたものの、
「発達が遅れているから、何とか!」と、
アシスタントの一人に頼まれてOKした赤ちゃんは、
施術直後に、首が座り、前のパラシュート反応までほぼ完璧に出て、
私もビックリ! もちろん見ていた皆もビックリ。

それで、結局、8人全員が施術希望となりました。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これは小林助産師が考案した、
チャイルドシートやバウンサーなどに入れる際の、
おひなまきの工夫。これなら、ベルトもできる!
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この赤ちゃんは、宮崎からママと来られた
「筋性斜頸」と診断名ついている子。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
筋肉のこりを緩め、骨の並びがきれいになるように調整し、
胸鎖乳突筋に着いている血腫に手を当てていると、
徐々に小さくなっていくのが分かり、私もママもほっ。

30日は6組の母子と、4人のアシスタントが参加
前日と比べるとかなり余裕ができ、少し撮影もできた。

最初の抱っこでは、なかなか丸くならない。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
            同じ子を私が抱くと、すぐに丸くなる。
           首に当たっている腕の位置が違うことが分かりますね?

この子はVになってしまう
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
        でも、私が抱くと丸まる。肘の当たり方が違うんですね。
              つまり、ママの腕・肘の体操も大事。

マイピーロネオを着けたり、マイピーロ体操をしたり、おひなまきをしたり

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

       体操をしたり、いろいろとしているうちに、
       皆、なかなかうまく抱けるようになった。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この日も全員が施術を受けられ、反りの強い子もずいぶんと改善。
忙しかったけど、楽しかった。スタッフ一同、ほ〜っ。

「次に東京ではいつ開かれますか? また来させてください!」と
アシスタントの一人が。

「え〜っ、こんなしんどいこと、もう、したくない」というのが私の本心。
「みんなでやってよ」とは言ったものの、この月齢になるとしんどいわ〜。

やっぱり、気になるお子さんをお持ちの方は、
3カ月までに、教室や施術を受けていただきたいです〜(c_c)。
6
タグ: 赤ちゃん

2014/3/29

4/15発売の「たまごクラブ」でトコちゃんベルト!  SNS・出版・報道

4月15日発売予定の「たまごクラブ」2014年5月号
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

という特集記事が載ります!

  たまひよhappyモニターアンケートによると、何と、
   トコちゃんベルトを知らない人は、6%!
               ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

この特集記事の私への取材は、2/12(水)だったのですが、
撮影日は、2/17(月)か、18(火)とのことで、私は無理。

そこで「代行を誰に?」と思ったものの、
首都圏内に住む、頼れる私の弟子たちは皆忙しく
2週間もないのに、空いている人がいるとは思えず…。

日程表とにらめっこしていたら、お〜っ、これや!
上野さんが広島の安産誘導セミナーのために、
八戸から移動するちょうど前の日や!

上野さんの快諾を得ることができ、無事、いい撮影ができました。

「私のようなタダの東北のおばちゃんが…」が口癖の上野さんが、
何という、爽やかな笑顔! 著書も紹介してもらえた。
         ↓              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

記事の内容は、上野さんのトコちゃんベルト着用指導や
トコちゃんベルトの魅力を、たまごクラブ読者が語っているなど、
とても充実しています。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それに、この特集には、何と、次の品が、5名様ずつもらえるという
プレゼント付きなのです\(^o^)/

トコちゃんベルトU、紺、Lサイズ
トコちゃんベルトV、ゼブラ、Lサイズ
厚手腹巻 ピンク、Lサイズ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

当たったら、いいね〜。

売り切れになって買えなかったなんてことのないよう、
店頭や、ネット通販などで、予約しておくといいと思いますよ。
6

2014/3/28

大阪新歌舞伎座-3- 松平健・川中美幸特別公演  観劇・ライブ・映画など

3/28(金)は月一度の大阪新歌舞伎座での観劇
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
今回の座席は、花道から3列目、嬉しい。いい座席がもらえた。

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
今月は、川中美幸・松平健による「赤穂の寒桜〜大石のくの半生〜」
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

川中美幸さんといえば、歌手。
歌謡番組で歌っている姿しかイメージできない。

なのに、決して歌手が片手間にやっている舞台ではない。
本職の舞台女優さんと比べても遜色なく、素晴らしかった。

私はテレビや舞台を見ていても、いつもけっこう客観的。

今日の舞台も、「夕陽が舞台の下手から当たっているのに、
三日月が空高く浮かんでいるはずがない。それに、
弦の方向が逆やんか。もっと理科を勉強せなアカンワ〜」などと
冷めた目で舞台を見ていた。

そんな私なのに、大石内蔵助・りくを演じる、松平健・川中美幸さんの
息の合った芝居に、だんだんと吸い込まれていった。

忠臣蔵の芝居はあまたあるが、
これは大石りくを主人公に、忠臣蔵をとらえたお芝居。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

武家の女の価値観もいろいろ。それぞれの生き方がある。

夫や息子たちの命を、投げ出すことになるとしても、
夫の武士としての本懐を果たしたいとの意思を
受け入れて、生きるりく。

その一方、家族の幸福を第一優先で考える武家の女もいる。

切腹の白装束に身をつつんだ大石内蔵助以下、
数名の浪士が、笑いながら語っている。

浪士の一人:「大石殿のご内儀、りく殿のような方でなければ、
このように本懐を遂げることはできませんだな〜」

内蔵助:「まこと、その通りでござる。われら男というものは、
    女の掌(たなごころ)の中で、遊ばされているうなものでござるな〜」

一同:「まこと、楽しい人生でござった」

この場面での台詞が、最も心に残った。

「そうや、武士の世では、男しか歴史に名が残っていないが、
しょせん、男は女の掌の中で、遊ばされているんや。
もちろん、うちの夫もそうやけど」などと思いつつ、
隣の夫をチラリと見て、ほくそ笑んでいた私。

その後「大石内蔵助殿、参られよ」と呼ばれ、切腹の場に向かう。
つまり、花道を素足で歩きながら退場する。

その時の松平健さんの足の裏全体の動き、5本の趾の動き、
まるでカレイやヒラメが泳いでいるかのように滑らかで、
美しく、花道の床をとらえていた。

これ程までに、人間の足の裏は滑らかに動くのか…、
ただただ感動、他の俳優さん達とは全く違っていた。
花道の近くの席で良かった〜。

第二部は、がらりと変って、歌謡ステージ。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

川中さんの、神沼恵美子・宮川花子さんを思わせるような軽快なおしゃべりと
おなじみの歌を聞いて、満足、満足。

とこで、長男の大石主税、三男の大石大三郎(二役)を演じていた
可憐な美青年、中村虎之助。バンフレットを読むと、坂田藤十郎の孫。
        ↓                      
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
           坂田藤十郎と言えば人間国宝、82歳の今なお、
                曽根崎心中のお初を演じている人。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

                さすが若い頃はきれい〜 
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

4月は東京の歌舞伎座で、曽根崎心中が上演されていて、
これが、坂田藤十郎さんの最後の舞台だとのこと。

見てみたい。
12年間も東京で働いていながら、歌舞伎座に一度も行ったことがない。
働きづめの人生で終わるのも嫌や。何とか見に行きたいものだ。

昨年、歌舞伎界では市川団十郎さんが66歳で、
中村勘三郎さんが57歳という若さで、相次いで逝去。

本格的な歌舞伎を一度も見たことのない私だが、
歌舞伎界がすっかり寂しくなったと感じる。

そんな中、頭角を現し始めた中村虎之助という
16歳のプリンスの芸を見られたことがうれしい。

(下の2枚は4/2、夜の9時のNHKニュース、テレビ画面から撮影)
4

2014/3/27

京都トコ会館、7月下旬に引っ越し!  トコ会館・トコ助産院の様子

3/27(木)の朝、京都トコ会館への引っ越しが「7月中旬にできる」と、
長男から聞き、「おー、ついに!」とワクワク。

ホールの床材などを打ち合わせた後、いつものように施術をし、
終了後、まだ明るいので、トコ会館の建築現場に足を運んだ。

          テントにすっぽり覆われている。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

玄関から入ると、奥に見えるのがトコホール
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
            廊下の中ほどを右に曲がるとエレベータホール
トコホール。けっこうな広さがある。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

エレベータホールを右に曲がると、施術室
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
                    片隅に子ども施術室

2階の産褥入院用の部屋。観葉植物を育てるベランダも広くて気持ちがいい。
           ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します

カメラの充電不足で、ここまでしかとれず(涙)
毎日ここで教室をしたり、診察や保健指導をしたり…、ワクワク。

でも、ずーっとこの中にいたら、息がつまりそうになるかも?
東京・名古屋・福岡・生駒の施術、
メンテ“力”UPセミナーにも、出かけないとね。

7月中旬は祇園祭なので、引っ越しのトラックも走れないため、
以下の日程に決めました。

7/22〜25の4日間 引越しのため休業
 22(火)通常営業
 23(水)荷作り・準備
 24(木)引越し
 25(金)片づけ
 26(土)営業再開・トコベルセミナー
7
タグ: 助産院 京都 産後院

2014/3/26

コメントの記入法と読み方、活用法  SNS・出版・報道

このブログにコメントをお寄せいただく場合、
二つの方法があります。

【誰もが読める方法】と【管理者しか読めない方法】の二つです。

【1.コメントを誰もが読める方法】これにも二つの書き込み方があります。

@ 最近の記事 の下⇒クリックすると元のサイズで表示します
「3/24 長崎駆け巡りと」書いてあるのをクリックすると、
その記事の下に、コメント記入欄が表示されます。

コメントを読むときも、記事の下に表示されますのですぐに読めます。

A 最新の記事へクリックすると元のサイズで表示します
をクリックすると、ズラズラ〜ッと記事が表示され、それぞれの記事の下に、
これ⇒クリックすると元のサイズで表示しますがありますので、
この白い字の「コメント」をクリックしてください。
コメント記入欄が表示されます。

トップページ、または「最新の記事へ」から記事を読まれた場合は、
コメントを読むときも、白い字の「コメント」をクリックしてください。

【コメントを管理者しか読めない方法】

各記事の右下にある拍手⇒クリックすると元のサイズで表示します
をクリックしてください。すると、コメント記入欄が表示されますので、そちらにお名前を書いてから、コメントをお書きください。

でも、できるだけ、誰もが読める方法をご利用ください。
せっかくのコメントを、皆さんに読んでもらえないのは残念です。

たとえば、下記のコメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長崎駆け巡り 2014/3/26 20:14

渡部先生。お疲れさまです(^▽^)
長崎のランチョンセミナー会場での熱気はスゴかったですね。
初めてランチョンセミナーに参加したので感動しました。

今回のブログに「三畳一間のちいさな下宿」とありましたが、
もしかしたら先生も私と同じで南こうせつ(かぐや姫)の
ファンなのかと嬉しくなりました??

お身体ご自愛の上ご活躍くださいませ。

鹿屋市 おっぱいルーム 蒲地富美枝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蒲地さんは鍼灸あんまマッサージの資格も持つ開業助産師です。
このブログにも二回、写真登場しています。

福岡天神サロンでのセミナー
       ↓
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                  ↑
        日本助産学会長崎、ランチョンセミナー

コメントを通じて、たくさんの人々に蒲地さんを知ってほしいです。
それに、蒲地さんのコメントに、私がコメントすることができず、淋しいです。

蒲地さんは鹿児島県鹿屋市という、
交通の便の悪い町で開業されていることもあり、
彼女の存在を知らない人が多いのです。

もったいないではないですか。

蒲地さんは私よりちょっと若いだけ。
残りの人生を、今より充実したものとするためにも、
もっと自分をアピールしましょう!
5

2014/3/25

院内専用マイピーロネオの着け方を工夫し、光線療法中も安楽な姿勢を  おひなまき・おとなまき・マイピーロ

3/25(火)の名古屋サロンでのベビーセミナーの昼休み、
受講生同士でのおしゃべりが盛り上がっていた。

話題は保育器(インキュベーター)の中での、光線療中の赤ちゃんの姿勢。

光線療中の赤ちゃんは、クルクル回転したり、
保育器の壁に身体の一部をぶっつけたりしながら
「安楽」とはほど遠い姿勢で寝ていることは、
新生児室で働いたことのある看護師・助産師なら、誰でも知っていること。

でも、それは“当たり前”のことで、日常的光景。
何も感じなくなっている人が多いのではないだろうか?

では、どうしたら保育器の中で、光線療法中も安楽な姿勢で過ごせるのか?
受講生の一人が、実際に行っている工夫を紹介してくたれた。

真ん中がくぼむように、大きめのバスタオルを畳む。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
           頭が沈まないように、タオルなどを丸めて入れ込む。

裸の赤ちゃんにマイピーロネオを着けるときは、
衣服との摩擦が生じないために、
緩いと上に上がってしまい、きついと苦しいのではと心配になる。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そこで、オムツのテープでマイピーロの両端を挟み込んでみたとのこと。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
                ピッタリとして、しかも、首も楽そう。

この日の受講者はベーシックセミナーを一緒に受け、
2月までに修了した助産師ばかり。

 このセミナーは、2013年12月〜スタートした
 「総合ベーシックセミナー」では、第9課程にあたります。


数か月の間に、観察力を伸ばし、様々な工夫をこらし、
臨床経験をいっぱい積んだ受講生同士の話は、
とてもレベルが高くなっていた。

それから、「保育器に収容しないといけない赤ちゃんこそ、
安楽な姿勢を保てる寝具がいる。
保育器内で使える『天使の寝床』を作ってほしい」との声も出された。

セミナーでは、私も教えてもらうことが多く、
保育器専用の「天使の寝床」も作らないといけないな〜と、
思った一日だった。

関連記事 
光線療法中の新生児の姿勢
ケア方法と新生児黄疸の関係
ネオネオを使って、入院中に姿勢が激変
2

2014/3/24

感動・感激の出島  博物館・美術館・建築など

3/23の朝、乗ったタクシーの運転手さんに
「出島の見学はできますか?」かと尋ねたら
「10年ほど前に復原されたので、今はできる」と教えてもらった。

どうりで、高校生の修学旅行では行った記憶がない。
教会や洋館も見たいが、限られた時間の中で、第一優先は出島!

私は産業・物流・文化・学問の発展が見学できる
近代化遺産的な施設の見学が好き。

路面電車を降りると、すぐに出島の外壁(護岸壁)の南西端
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

外壁に沿った道路があるところは、江戸時代は海だったはず。
なのに今はたくさんのビルが立ち並んでいる。信じられない。

クリックすると元のサイズで表示します
                                ↑
             しかし、足元と外壁の間の溝を覗くと水!
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そのまま外壁に沿って歩くと案内図。江戸時代の出島は今のより広いんや。
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

南東端まで歩いた所に門があり、そこから入場。入場料は500円。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
現存する日本最古のプロテスタント神学校。売店や休息所になっている。
このあたりは交流ゾーン。旧長崎内外クラブ。喫茶室があるようだが入らず。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

北の護岸壁の外側は、元は海だったが、今はすっかり川になっている。
中島川と名付けられたこの川は、今も海水が流れているそうだ。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
元は、出島はこの川の真ん中くらいまであったんや〜。
江戸時代の絵。南が上になっているのでわかりにくい。逆さまにした。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

出島の表門。元はこの前に対岸と出島を結ぶ橋があったが、今はない。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

         ここからは19世紀復原ゾーン
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   こちら側は主に居住空間       こちら側は主に倉庫
       ↓                        ↓  
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
緑色の建物が出島の代表的建物。オランダ商館長の住まい兼迎賓館「カピタン部屋」
              ↓        
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
    これは放映されていたビデオの画面を撮影したもの。
   緑色の階段を上がると、美しい時計や家具が置いてある部屋。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      美しい長椅子。ビデオにも写っていた。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この長椅子はこの絵を基に、似た長椅子をオランダまで買いに行ったところ、
全くと言っていいほど同じ長椅子が売られていて、驚いたそうな。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

               食堂
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

               宴会場
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

          シャンデリアも、壁紙(唐紙)も美しい
                ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

      パーティー様子を復原したミニチュア
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

         サンルーム(?)、夕涼みをしたらしい
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

               中庭
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                                    ↑
                            ここが料理部屋
                             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

出島乙名(おとな)=出島を管理する日本人の役人が働いていた詰所
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

            中庭には大砲が飾ってある
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     立ち並ぶ倉庫。今は展示室として使われている。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

           船のミニチュアや、様々な品物や
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  解説が書かれたパネルがおびただしいほど並べられている。
1枚1枚丁寧に読んでいる人もあれば私のように、カメラに収めて帰る人もいる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

           外に出ると、門番姿のオジサン
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

           これが西の出入り口(水門)
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

          水門を外から見たところ
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

何に感動し感激したかというと、江戸時代に、西洋の学問や文化を求めて、
世界とつながりたい人が集まった出島という場所に、
自分が立っているということでしょうね。

江戸時代、長崎に、出島に行きたいとの夢を抱きながら
夢がかなわなかった人が、どんなにたくさんいたことでしょう。

江戸時代と比べれば、今は勉強したいと思えば、はるかにしやすい時代。
自分の意のままに移動し、働ける私は幸せや。

そんな当たり前と思えることが、どんなに有難いことかを
改めて気づかせてくれた出島。

2016年にはさらに6棟が復元される予定。
今回見られなかったところも見たい。何とか時間を作ろう。
5
タグ: 長崎 出島

2014/3/24

長崎駆け巡り  史跡

3/23(日)の朝は、平和公園に散歩に行こうと考えていたのに、
寝過ぎてしまい、ホテルから飛び出して、走りだした。

走りながら、フロントでもらった地図を見ているうちに
「浦上天主堂まで行こう。タクシーに乗れば行ける!」と
思ったとたん、空車のタクシーが追いかけてきた。

すぐに手を挙げて飛び乗り、1時間の観光を依頼、
まずは、浦上天主堂へと走ってもらった。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

爆心地に近い浦上天主堂は、外壁の一部を残して、ほぼ全壊。
現在の建物は、元の建物を模して建てられたそうな。

原爆投下時、ゆるしの秘跡のため、
集まっていた多数の信徒や司祭など、全員が亡くなったという、
長崎の原爆投下の象徴。
歴史の教科書にも浦上天主堂のことが載っていたことを思い出す。

クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
大浦天主堂などと比べると、決して美しいとは思えない、
堅牢という言葉がぴったりの建物に、少しばかりの石像。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

南の入り口から高校生らしき一群について入口まで行き、
中を覗き込むと、素晴らしいステンドグラス。
でも、これは原爆で破壊された浦上天主堂を表しているのでは?
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ時間がないので、タクシーに乗ったが、
あまりの美しさに、すぐに停車してもらい、街や西の山々を撮影。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    次は平和公園。ここから浦上天主堂が見える。
                        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
       二つの塔の一番上のドームがはっきり見え、
       先ほど見た建物の姿とは、ずいぶん違って見える。

               平和祈念像
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

          その両側にはたくさんの折り鶴
         ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       次にタクシーの運転手さんが向ってくれたのが、
         如己堂(にょこどう)と長井隆記念館
          ↓             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

長井隆博士が晩年の三年余りを過ごされたという、
「三畳一間のちいさな下宿」ならぬ、三畳一間の小さな庵。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

中にはマリア像などが置かれていて、あとは布団を敷けばいっぱい。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「立って半畳寝て1畳」と言うが「人間はこんな狭くても生きていけるんや
トコ助産院の部屋も狭いが、これから比べたら広い」と妙に納得。

            隣に建つ長井隆記念館
                    ↓     
クリックすると元のサイズで表示します

どんな研究や活動された医学者なのか、見学したいが時間がない。
タクシーは「長崎の鐘」の歌詞が刻まれた橋(?)を見ながら快走。

クリックすると元のサイズで表示します

次に着いた所は、一本柱の鳥居で有名な、山王神社
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
階段を駆け上がり反対側から撮影。68年間も片足で立っていられるとは!

爆心地から900mの高台に建つこの鳥居は、爆風と平行に建っていたため
被害が少なく半分が残ったそうな。現存するわずかばかりの被爆建造物。

      階段の途中に鳥居の基礎石だけが残っている。
                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    あと少し走れば被爆楠が見れたのに、残念、悔やまれる。

9:25にホテルに到着、シャワーを浴びて、10:00にチェックアウト、
学会会場へと向かった。

ランチョンセミナーを終え、各種打ち合わせ終了後、路面電車に乗って
出島に。出島で撮った写真は200枚以上! 見学記は次に。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

出島では時が経つのも忘れて、見学に長時間費やしたため、
大浦天主堂もグラバー庭園も、私の目の前で門を閉められてしまった(涙)。

クリックすると元のサイズで表示します

閉門がどちらも17:40。あと1分早かったらどちらかに入れたのに…残念。

クリックすると元のサイズで表示します

この二つは高校生の時に修学旅行で見学したけど、
旧グラバー邸も大浦天主堂も、駆け足で見学するより、
もう一回時間をとって、その美しい姿をゆっくり見学したいもの。

残った私の人生の中で、そんな時間、とれるかな?
4

2014/3/23

日本助産学会@長崎、ランチョンセミナー  その他のセミナー(ケアギバー対象)

3/23(日)は第28回日本助産学会学術集会@長崎での
トコちゃんベルトの(有)青葉共催のランチョンセミナー。

前日の3/22(土)に長崎入りし、講師と、(有)青葉のスタッフとの
打ち合わせのため、16時〜ANAクラウンプラザホテル長崎へ。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ホールには豪華な生け花。三枚撮ってつなぎ合わせたらこんなことに。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

           さすが、ANAやね〜、見事
             ↓
    クリックすると元のサイズで表示します

講師の鳴本先生と私は初対面。若くて男前、ジャニーズ系!
でも「写真を撮らせてください」とは言い出せず、残念。

ANAクラウンプラザホテル長崎は、大浦天主堂やグラバー庭園のすぐ近く。
でも、立寄る暇はなく、残念。明日また来ることとし、移動。

夕食後は、浦上駅に近い会場のブリックホールに近いホテルで、
平山さんの発表練習にお付き合い。

翌日は10時にホテルを出発、平山さんと一緒に歩いて会場へ。
浦上駅のすぐ北側に建っている国鉄原爆死没者慰霊之碑
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その向こうには、日本赤十字社長崎原爆病院が見える。
そこから5分も要することなく会場に到着。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     お互いに記念撮影し合いっこをしてから入場

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

控室で、夕青葉のスタッフに聴いてもらいながら、
平山さんの最終練習をしてから、鳴本先生と合流
11:45には会場のホールに移動、パソコンの確認をしている二人。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

会場には、ベーシックセミナーなどを受講している、九州在住の
助産師四人が、並んでお弁当を食べている姿を発見し、撮影。
              ↓             
クリックすると元のサイズで表示します

「骨盤ケアで改善! Part14」
― 類人猿型骨盤の増加が周産期医療に及ぼす影響―

演題1は「女性の骨盤は変化してきているのか」

講師は 鳴本敬一郎先生(浜松医科大学特任助教)
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

骨盤の形態について、様々な角度や数多くの文献から考察された
興味深い講演をしてくださいました。

演題2は 「快適な妊娠・出産・育児の支援に注ぐ想い」
        〜自身の経験を通して〜

講師は 平山小百合助産師(女性のこどものためのサロンOhana 院長)
平山さんの発音はとても明瞭で、声にハリがあり、早過ぎず遅過ぎず、
とても聞きやすい講演。さすが、トコ・カイロプラクティック学院 准講師!

会場にはうなづきながら聞きいる、多くの助産師の姿が見られました。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                               ↑
    私はいつものごとく、座長。終了後にスクリーンの前で記念撮影

      私の頭の上の写真は日本人女性初の産科医
      楠本イネ(楠本瀧とシーボルトの娘)。光栄やな〜
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その後、お弁当を食べて、それから企業展示巡り。紀伊国屋書店に行くと、

クリックすると元のサイズで表示します
     ↑                         ↑
吉川元子さんの『トコちやんヨガ体操』、私の『赤ちゃんがすぐに泣きやみ…』
平積みになっていている。上野順子さんの『安産力を高める骨盤ケア』は
あいにく、品切れ・増刷待ちになっているので、なし。

講演内容もとても良く、三人から質問や意見があり、運営もスムーズ。
入場者は約330名で、とても満足できるランチョンセミナーでした。
良かった、良かった(*^_^*)
7
タグ: 助産師 長崎 骨盤

2014/3/22

特急「かもめ」で 福岡⇒長崎 「ななつ星」に出会った!  旅・レジャー・アウトドア

3/22(土)は天神サロンで少し仕事をした後、平山さんと二人で
博多駅からJR特急「かもめ」に乗って、長崎に向かって出発。

JR九州の車内は自然木を使用するなど、高級感にあふれている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

特に一番前は贅沢な空間。臨時列車のせいもあるのか車内はガラガラ。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

三連休の中日といえども、高速道路はかなり渋滞していそうなので
バスはやめたのに、表紙抜け。

同じ車両の後ろ半分は「セミ コンパートメント」名付けられた、
四人でテーブルを囲んで、打ち合わせなどができるようになっているが、
ここには誰も乗客はいない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
                  ↑
テーブルは普段は畳んであり、使用時に開けるようになっている。
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

佐賀県に入ると田園風景が美しい。用水路に水門が設置されている。
有明海に近く、塩害予防のため? それにしては海からは離れているが…?
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       左側の車窓からは有明海が見えてきた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

右側の車窓からは、セイヨウアブラナと思しき菜の花の大群落が続く。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

水門を開けるかどうかで大もめにもめている諫早湾に近づくと、
スローガンが書かれた巨大な看板が立てられている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   「開門すると、塩害で農業ができなくなるのでは?」
        などと考えつつ、良くわからない。

諫早を過ぎるともう長崎駅に着いた。ホームに降りてビックリ!
大人気の高級列車「ななつ星」が停車しているではないか!

美しい〜! ホームに降りた人々は一斉にカメラを構えている。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
      ↑                  ↑
ピッカピカで、カメラを構える平山さんも私も、写っているやんか(^^;!

「車両も磨けばここまで光るのか?」と思うほど、神々しく光っている。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

博多⇒長崎⇒博多なら、我々もまったく同じ線路を
「かもめ」で走るんやけどな〜、値段が違うわ〜。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

JR九州の有料特急の車両には、みんなこのツバメのマークがついている?
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
                       ななつ星のロゴマーク

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
乗客がいないところを覗き込むと、手の込んだ高級調度や、家具の数々。             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

乗客はドレスアップしている。

牽引する機関車はディーゼル。重厚さに圧倒される。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
「川崎」と書かれた下には昭和48年Mと

      機関車のヘッド。いい面構えやな〜
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      我々が乗ってきた「かもめ」
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       「かもめ」にもツバメのマーク
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

さすが、素晴らしい「ななつ星」。目の保養になった。

しかし、どこに行くにも、大きな荷物を持って、スッピン、平服、ベタ靴、
車内でPC…私には、合わないな〜。乗ることは当分、いや一生なさそう。
4

2014/3/20

赤ちゃん教室@高輪、3/30午後追加開催決定  セミナー・クラス(一般対象)

3/14にご案内しました高輪で、開催します! 渡部信子の 赤ちゃん教室が、
3/17には定員オーバーとなり、キャンセル待ちや、追加開催希望が続出。

強力な助産師アシスタントを4人も確保できたため、
3/30(日)13:30〜15:30に、追加開催することに決めました。

後藤裕子@神奈川県厚木市 吉川元子@東京都『トコちゃんヨガ体操』筆者
      ↓               ↓             
  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
      ↑                ↑
山浦直子@神奈川県海老名市  松永千恵@神奈川県川崎市 

教室の詳細はこちらをご覧ください。

3

2014/3/19

メンテ“力”UPセミナー@川口リリア  トコ企画セミナー

3/18(火)、19(水)は、メンテ“力”UPセミナー@川口リリア
この会場は、日本一メンテ“力”UPセミナーをしやすい会場。

アシスタントは両日、坂本真理子助産師
       ↓
 クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
      1日目のみのアシスタント、クリニック師長の北島美代子助産師
2日目のみのアシスタント、小林いづみ助産師
       ↓
 クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
         初めて司会進行役を務めた、トコ企画の川西事務局員

2日目の会場は、90畳の広い会場。受講生が50名でも余裕あり。
                 ↓              
クリックすると元のサイズで表示します

2か目の最後は2、グループに分かれて実習。分娩直後の骨盤輪支持実習。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
          これはいつも私が担当。
      ベビー分科会は小林いづみ助産師が担当
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
3

2014/3/17

赤ちゃん教室@高輪、定員オーバー  セミナー・クラス(一般対象)

3/14にご案内しました高輪で、開催します! 渡部信子の 赤ちゃん教室
ですが、本日ですでに定員オーバー、キャンセル待ちとなりました。
                     3/20追記…3/30(日)に追加開催決定
4カ月未満の赤ちゃんの教室と違って、
反り返りも泣き声も強く、検査や体操も手当も、
たくさんしないといけない「生後3カ月半〜7カ月未満の赤ちゃん教室」は、
想像しただけでも大変(@@;

私もまだ講師をしたことがありません。正直なところ不安です。
でも、強力なアシスタントを二人も確保できたことだし、やります!

小林いづみ助産師@東京都 西脇裕子助産師@神奈川県
     ↓               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                                    ↑
     (3/20)もう一人追加となりました。吉田佐知子助産師@東京都
      

ところで、ここに書かれている MAKIKO さんの投稿の中に
「北海道でも赤ちゃん教室を開いてはいただけないでしょうか?」
とありますが、北海道で、私が講師の教室を開くとなれば、
たぶん、参加費は東京の倍以上になります。

それくらい支払ってでも、教室に参加したいと思う人は、
北海道にはどれくらいいるのでしょうね?

それと、東京で開けるのは、その後のフォローアップが可能な
助産師がいるからです。
そんな助産師がいない地域では、教室は開けません。

1回の教室とその後の短時間の施術で
「反り返って声を張り上げて泣く」5カ月くらいの赤ちゃんが
見違えるほど良くなることは少ないからです。

つまり、私が講師の「生後3カ月半〜7カ月未満の赤ちゃん教室」を
開くことは、北海道ではまずありません。

そんな教室の講師をできるのは、北海道では、
札幌に助産師一人、小児科医一人だけです。

その助産師は再来者の施術だけでも多忙で、
書かれている通り、初めての人は受け付けていません。

ここにある
茨城・東京・神奈川・富山・福岡などでは、
「生後3カ月半〜7カ月未満」くらいの赤ちゃんの教室を
開いている人もいるのですが、北海道にはいません。

MAKIKO さんが出産された施設では、
「まん丸だっこ、授乳クッションを使ってのまんまるネンネ」の
指導をしているのですから、その施設に
「退院後も毎月の母子ケアを受けられるようにしてください」と
熱く、熱く、要望するのがいいと思います。

そうすれば、その施設の助産師も、可能な限り
個別に指導してくれると思います。

また、その施設の経営者も、そのようなニーズに応えるために
研修費を出してくれるようになるかも知れません。

私のセミナーを受けに来る多くの助産師は
自費で、自分の休日を使って勉強に来ています。

そして、勤務施設内で重症者のケアを、超勤で行っても、
超勤手当すらもらえないのが実態です。

そんな奇特な助産師のボランティア精神に、すがっているだけでは
絶対に、日本の隅々にまで、母子ケアが広がることはありません。

しかし、まだ少しずつですが、母子ケアを充実させ、
ハイリスク母子を生みださないために、
研修費を出してくれる施設が増えてきています。

また、施設のスタッフ一丸となって、母子ケアを充実させ
「おひなまきS」と「ネオネオ」を全員にプレゼントして、
更なるケアの充実を目指すこんなクリニックも現れてきました。

医療者の頑張りだけでは、母子医療の変革は、遅々として進みません。
消費者パワーが必要です。

全国各地で、皆さんの地域で、
そんな声を集めて行動する、ネットワークを作ってください。ぜひ!
7
タグ: 骨盤 赤ちゃん

2014/3/15

『安産力を高める骨盤ケア』在庫なし!  SNS・出版・報道

『安産力を高める骨盤ケア』が、Amazon 楽天とも「在庫無し」
版元の 家の光協会 でも「残りわずか」になってまます。

クリックすると元のサイズで表示します

トコちゃんドットコムは「在庫あり」です。

すぐには増刷が出来上がりませんので、
お急ぎの方はこちらで、お買い求めください。

『トコ・ヨガ』『赤ちゃんがすぐに…』も、ぜひご活用ください。

『赤ちゃんがすぐに…』の方は、Amazon では、
電子版の方がベストセラーランキングが高いです。
そんな時代なんですね。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ