最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/9/29

母子保健指導力アップセミナー、京都トコ会館で初開催  トコ企画セミナー

9/29(月)、らしくの母子保健指導力アップセミナー
京都トコ会館で、初めて開催されました。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
講師は宮崎加代子先生。
パワーポイントでの講義の後、グループワーク。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
グループワークをまとめて、寸劇で発表。
            ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

東京での開催の様子は、こちらを。

2015年〜このセミナーを受けていないと、
トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナーを受講できませんので、
新規の方も、更新の方も、受講申し込みはお早めに。

今後の開催は、
  11月11日 東京・品川駅前
  11月14日 福岡市天神
  12月7日 広島市南区
  12月20日 名古屋市駅西
2015年
  1月15日 東京、品川駅前
  1月20日 京都トコ会館  
3

2014/9/28

バージョンアップした「花子さんの赤ちゃん発達応援セミナー」  トコ企画セミナー

新生児ケアセミナーの新設にともない、
バージョンアップされた花子さんの赤ちゃん発達応援セミナー
初めての開催が、9/28(日)、初めて京都トコ会館であった。

午前中はパワポでの講義。午後の実習の前に、
骨盤輪支持をして、タオルを使って準備体操。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

参加した京都トコ会館のスタッフに感想を聞くと、口をそろえて
「内容がグンとレベルアップされていて、面白かったo(^-^)o」と。

あいにくこの日は、私は名古屋サロンで、
トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナーをしていたので、
参加できなかった。

なので、これらの写真は私が撮影したものではなく、
トコ企画の事務局員からもらったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

内容は、乳児期後半の身体機能と認識の発達に関する講義や、
それを促す働きかけなどの実習が、詳細になっている。

でも、私は花子先生と打ち合わせをしたり、
レジュメを見ただけなので
までセミナーの臨場感は味わえていない。あ〜、早く参加したい。

クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
これは、まんまる育児の心地よさを体感する実習。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
このときは大判のスリングを2枚使ってくるんだのだか、
これだとかなり高額なのと、自分でするのは難しい。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

上半身だけのくるむのはここにも載せたが、
数年前に私が撮った写真に、こんなのがあった。

 クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
脊柱のS字状彎曲の弱い助産師達は、Lサイズの厚手腹巻に
スッポリとくるまると、とても気持ちが良いとのこと。
             ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

Lサイズの厚手腹巻をお持ちの方は、ぜひ、試してみてください。

S字状彎曲がしっかりとできている私は、
布地や腹巻を使って、丸くなる必要性は全く感じない。

やはり、新生児期から首がしっかり据わるまで、
まぁるく育ててもらった私は、幸せ者ですね。

花子さんのセミナーは、次は関東で開催です。
 11/30(日)高輪サロン
 12/13(土)大宮ソニック

どちらも定員まであと少しです。お申し込みはお早めに。
3
タグ: 赤ちゃん 発達 京都

2014/9/25

腐っても“台” 16号台風  気候

9/25の午前1時過ぎ、雨が強くなってきたので、
久々に、Yahooの天気を開いてみた。

すると、動画で見られるようになっている!

見ると「腐っても台」と現れ、「なるほど、上手い!」と
夜中に一人で笑ってしまった。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「温帯性低気圧」とか「台風崩れの低気圧」といわれる低気圧は
台風でなくなっても、威力は強く、いろいろな災害を招く。

それを気象関係者は「腐っても鯛」ならぬ、
「腐っても台」というのだと。

ちょうど赤や黄色の部分が、大阪から奈良にかかっている。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

 奈良県では、25日昼前まで竜巻などの激しい突風や
 急な強い雨、落雷に注意してください。

と赤字で書かれているし、テレビでも同様にテロップが流れているので、
なんだか怖くなって、家中の窓・シャッターを閉めた。

雨風の音は聞こえなくなり、衛生写真を見ても、
すぐに収まりそうなので、「大したことないわ」と就寝。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

朝、TVニュース見ると、名古屋の地下鉄東山線の線路が水に浸っている!
新富士〜掛川間の新幹線が、ストップしている!

「でも、もう近畿は大丈夫。雨雲は東に行ってしまった」と思って
パソコンに向かって、たまった仕事を片付けていた。

12時頃、急に外がうるさくなったので「なんやろ?」と
外を見ると、大粒の雨がバラバラと降っていて、ビックリ!。

Yahooの天気を開いてみても、近畿地方の周辺は広く青空なのに、
なぜ近畿にこんな強い雨が降るのか、わからない。
              ↓  
クリックすると元のサイズで表示します

大粒の雨は雹が解けながら降って来たような感じで、
暖気と寒気がぶつかりあう、こんな時に起きるのだろうか?

夜中に「25日昼前まで竜巻などの激しい突風や
急な強い雨に注意するように」と、予報が流れていたのが、
見事に当たっている。どうしてわかるんだろう?

すごいね〜、気象予報士さんたちは。
6
タグ: 台風 

2014/9/24

まるまる育児アドバイザー養成セミナーを新設します  トコ・カイロ学院セミナー

トコ・カイロプラクティック学院では、
2015年2月以後〜、
「まるまる育児アドバイザー養成セミナー」を開催します。

その理由は、多くの人達から
「まるまる育児アドバイザーの認定証書を、
トコカイロ学院から発行してほしい」
との声が寄せられているからです。

ある保育士さんは、次のように話されていました。

「私が出産した途端、何人もの保育士仲間から
『対面抱っこの勉強しているの。だから、あなたにも指導をさせて。
経験を積み重ねないと指導者の資格がもらえないの。だから協力して』との
電話やメールが次々と届いたんです。
彼女たちは『対面抱っこが素晴らしいから普及させたい』と
思っているとは思えない。
資格を取って収入を得たいからだと思う」と。

そんな動機で資格をとって“対面抱っこ”や、“ずんずん体操”などを
指導して収入を得ようとしている人が多いのでしょうか?

でも、今、日本中に新生児を抱える多くの親御さん達が
泣き叫ぶ赤ちゃんに、疲れ果て、なすすべもなく、
途方に暮れていると聞きます。

そんな状態で、母子を退院させてしまう
産科医療者にも、医療体制にも責任があると思いますし、
退院後の地域でのサポートを
しっかり行うことも大切だと思います。

私たちが提唱する「まんまる育児」も少しずつ
日本中に広がって来ています。

助産師・看護師・保育士などの資格を持つ人達が
しっかり勉強して、「まんまる育児」を指導できるようにし、
日本中の親御さんが「この人に教えてもらおう」と
思えるようにしていかなければ…と、
私もつくづく思うようになりました。

「まるまる育児アドバイザー養成セミナー」は
2015年2月以後、開催する予定です。
決まり次第、このブログでお知らせいたします。

初受講資格は、以下の通りとします。

トコベルアドバイザー試験に合格・更新から3年以内
・母子保健指導力UP・新生児ケア
 赤ちゃん発達応援(2014年9月以後に開催分)
 これらの3つのセミナー受講後2年以内

「まるまる育児アドバイザー養成試験」に合格された方で、
ご希望の方は、(有)青葉、(有)トコちゃんドットコムのHPや
トコカイロ学院のHPにUPいたします。

「まるまる育児アドバイザーになろう!」と思われる皆さん
まずは「まんまる育児アドバイザー養成セミナー」を受けられるよう、
下記のセミナーをご受講ください。

  @       A       B      C     D
クリックすると元のサイズで表示します

@メンテ“力”UPセミナー(2日間)
A母子保健指導力UPセミナー
Bトコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー
C新生児ケアセミナー
D赤ちゃん発達応援セミナー

受講順番は
最初は、@かCがお勧め
Bの前に@Aを
Dの前にCを
Bの合格率は、会場・日程にもよりますが、50〜80%です。
 まるまる育児アドバイザー養成セミナーの前日までに
 Bの試験に合格できれば、受講可能です。

受講のお申し込みは
Bのみ ⇒ (有)トコカイロ学院 kenbi_nagoya★yahoo.co.jp
@ACD ⇒ (有)トコ企画 info★tocokikaku.com
              ↑
       ★を@に変更して送信してください。
6

2014/9/23

トコベルアドバイザーセミナーの受講資格変更  トコ・カイロ学院セミナー

トコ・カイロプラクティック学院主催の
トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー
の、
受講申し込みが、どんどん増えてきました。

     これは7/26(土)の、京都でのセミナーの様子です。
           ↓      
クリックすると元のサイズで表示します

特に東京は、毎月開催しているのに、
キャンセル待ちがあふれるようになっています。

また、柔道整復師・整体師・鍼灸師・保育士・
ヨガ講師・骨盤体操指導士などの
様々な職種の方々からの、受講申し込みも多くなってきました。

骨盤ケアなどの指導は、学んだ知識や技術を、
相手に一方的に与えるだけでは、うまくいきません。

骨盤ケアを教えてほしいと思う人達の
価値観も、人それぞれです。

仕事を円滑にするためにも、
指導力・伝える力を伸ばすことが肝要です。

そこで、トコちゃんベルトアドバイザーセミナーの
受講資格を変更します。

現在は…「メンテ“力”UPセミナー2日間を受講してから2年以内」
                      だけなのですが、
2015年1月〜
…「母子保健指導力UPセミナーを受講してから2年以内」
              を、追加することに決定しました。

   これは8/4の東京での母子保健指導力UPセミナーの様子です。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

新規の受講の方のみならず、更新受講の方も、
らしくのセミナーの受講を、必須としますので、
ぜひ、ご受講・更新されますよう、お勧めします。

今後の母子保健指導力UPセミナーの開催予定は、以下の通りです。

  日程   会場       講師
9/29(月)  京都トコ会館   宮崎加代子 ※
11/11(火) 東京 高輪サロン 佐藤めぐみ ※※※※
11/14(金) 福岡 天神サロン 宮崎加代子
12/7(日) 広島南区民センター 宮崎加代子 ※※
12/20(土) 名古屋サロン   佐藤めぐみ ※※
1/15(木)  東京 高輪サロン 佐藤めぐみ ※※※
1/20(火)  京都トコ会館   宮崎加代子 ※※※

    ※印は、花子さんの赤ちゃん発達応援セミナーと2日連続
    ※※印は、新生児ケアセミナーと2日連続
    ※※※印の翌日は、トコベルアドバイザー養成セミナー
    ※※※※は、安産誘導・新生児ケアと、3日連続セミナー

【お問合わせ・お申込】

「母子保健指導力UPセミナー」「赤ちゃん発達応援セミナー」
「新生児ケアセミナー」 ⇒(有)トコ企画 info★tocokikaku.com

「トコベルアドバイザー養成セミナー」
    ⇒(有)トコカイロ学院 kenbi_nagoya★yahoo.co.jp
                         ↑
             ★を@に変更して送信してください。

お間違えないようお願いしますm(_ _)m

2日連続だと、遠方にお住まいの皆さんも、
受講しやすいのではないでしょうか?

お知り合いの方と、お誘い合わせのうえ、
ご受講下さいますよう、ご案内申し上げます。
4

2014/9/22

京都トコ会館で初めてのメンテ“力”UPセミナー  トコ企画セミナー

9/21(日).22(月)は、京都トコ会館での初めてのメンテ“力”UPセミナー。

いつもメンテ“力”UPセミナーを開いている会場よりは
ずいぶんと狭いので、初めての開催でもあるので、
定員は28と、少なめに設定した。

しかし、前日にテーブルといすを並べてみると、
あと1列テーブルが並べられて、6人は入れる。

とすると、プロジェクターで1席とっても、
「定員35までいける」と思ったが、2日目が不安。

1日目の受付。ステンドグラスの前での受付はとてもすがすがしい。
                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      1日目のスペースは、余裕たっぷり
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2日目は、硬めのコルク床の上に整体用マットを敷いた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2日目のアシスタントは、平松助産師。とっても初々しく、挨拶は最高級。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
前日の夜、生駒から孫と一緒に長男の車でやって来たガイコツさん。
この子がいるととてもセミナーがやりやすい。

ガイコツと一緒にやってきたベンチ。
生駒で使ってなかったので、運んでもらって大正解。

「お立ち台」だけでなく、骨盤高位もこの上でできるので、最高!
なんてやりやすいんやろ(^0^) 全ての会場に欲しいくらいや〜。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
                            ↑
       骨盤の触診も何とかマットの上で全員でできた。

下肢上下の操体法は、膝下がはみ出てしまったので、座布団を敷いた。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      最後の2グループに分かれての実習。
  今回は分娩時の骨盤輪支持グループの参加者が多かった。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       ベビーグルーブの担当は平松さん。
「緊張して夜も寝られなかった」と言うが、なかなかたいしたもの。
                              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こうして若い助産師が、たくさん講師として育ってくれるのが
私の最高の楽しみでもある。
8
タグ: 骨盤 京都

2014/9/21

孫守  ファミリー

9/19(土)は京都トコ会館での、施術日。

この日の夕方は、孫を三人を生駒の家に連れていく約束を
長男夫婦としていた。

というのは、二人はこの週末、チャクラワークに参加するため。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

施術が終わった後、トコ会館で孫三人を受け取って、
京都市営地下鉄丸太町駅から乗車。

(土)の夕方で、混雑することもなさそうなので、
京都駅で近鉄特急に乗り換えるのではなく、
竹田駅で近鉄急行に乗り換える安価なルートを選択し、切符を購入。

ところが京都駅に近づくと、姫が「オシッコしたい」と。
竹田駅でトイレに連れていくのは不便なので、
ホームにトイレのある京都駅でいったん降車。

予定より1本早い電車に乗っていたおかげで、
トイレ後に予定通りの電車に乗れたが、
小さい子を連れていると、想定外のことが起こる。

京都駅から竹田駅の間の車内はガラガラで、
小さい二人はじっと座っていることなく、
車内をウロウロ、チョロチョロしているかと思ったら…、

姫は体操の男子選手のように、つり輪をしている(@@;!
なんというオテンバ娘 (>_<)
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

竹田駅ですぐに予定の近鉄急行に乗り換えられ、
運よく座席は空いていたのだが、三人の孫は座らず、
ドア付近で遊んでいたが、やがて荷物の中から
ケン玉を取り出して、遊び始めた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒の家に着くと夫が、前日に採取したムカゴのご飯を炊いて
夕食の準備をしていてくれていた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

おかずは、ホッケの干物の焼いたのと、
大根の間引き菜と油揚げの炊いたのと、
里芋とイカの煮たの。

伝統的な日本の家庭料理、つまり、ジジババ料理なのに、
お正月に来た時とは全然違って、三人ともよく食べること。

20日(日)、私はトコ会館でメンテ“力”UPセミナーなので、
早くに家を出たが、孫3人はジージに連れられてトコガーデンへ。

サツマイモ掘りをして、生駒の家に帰った後、
収穫したイモを塩ゆでにして、
たくさん食べたとのことで、私の分は全く残っていなかった。

私は孫たちが帰った後に、生駒の家に着いたが、
孫たちは夕食も食べて、その後、迎えに来た父親の車で、
京都に帰って行ったそうな。

夫は先日から腰を痛がっていたが、何とか孫たちの面倒をみ終えて
「は〜っ、孫は来て良し帰って良しや〜」と渋〜く笑っていた。
6

2014/9/19


18日、生駒の施術室から、北庭に目をやると、
レッドロビンの木にからまった、ヤマイモのムカゴが、
鈴なりに生っていたので、19日の朝、夫と二人で採取することに。

   脚立に上って、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
こぼれ落ちないよう左手で受けながら、ムカゴを採る夫。

「鈴なりに生っている」と思ったのに、半分はヘクソカズラの実。
表面に光沢がないのが食べられるイモのムカゴ
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
        光沢のあるのが、食べられないヘクソカズラの実

大きなボールを持って来たのに、期待したほどの収穫はなかった。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
今年はアジサイがいつまでもきれいなので、放っておいたらこんな色に。

     ウコギとタラが巨木となってしまった。
   ↓                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ウコギの下に白い花。あっ、ニラが生き残っている。
こんなにも光が当たらないのに、よくぞ生き残ったものよ。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

春に作った花壇は、黄色い花の蕾を付けた雑草が生い茂っている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ヒッツキムシ、トビツキとか言われるイノコズチらしい。
実ってしまっては大変! 夫は全部引き抜いてしまった。
6
タグ: ムカゴ

2014/9/18

初秋の生駒の庭  ガーデニング(生駒の庭)

10日間連続セミナーを終えた翌日の9/18(木)は
ゆっくり休みたいところだが、いこの施術日。

平日なのに、予約は大人8人、子ども2人と、
けっこう多く、午前中の7人を、
手伝いに来てもらっている大阪のK助産師と共に施術をし、
ついでに彼女の施術をした後、彼女は帰宅。

私は花の写真を撮ってから軽い昼食を摂り、午後の3人を施術。

今年はムクゲもサルスベリも、とてもきれいだったのに、
夏の庭を撮る暇もなかったな〜。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
        ムクゲはまだきれい
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     サルスベリは名残のわずかだが、きれい。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   大繁殖したのがランタナ。小山になっている。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

フェンスを越えて、ガレージ側に顔を出している。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その下のホットリップスは、去年まではほとんど白ばかりだったのに、
今年は色とりどりで、とてもきれい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
             白の花にヤマトシジミが、羽を休めている

クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
毎年ムラサキツユクサが生い茂る場所は、
ミズヒキソウがはびこってしまったが、これもなかなかきれい。
6

2014/9/17

新生児ケアセミナーを京都で初開催  トコ企画セミナー

9/8(月)〜9/17(水)、我が人生最長・最悪の10日連続のセミナー!
(9/8の新生児ケアセミナー@東京〜9/17の同セミナー@京都)

9/11のらくらく育児9/12の日本分娩研究会も含んでですが、
これだけ続いたのは、過去にもたぶんなかったと思います。

毎日セミナーの準備や、レジュメ・パワポ作り…改訂…と、
しんどくて、眠くて、ブログも遅れ遅れのUPです。

予約人数が少なめの施術日が一番楽で、
そんな日を挟みながらだと、
こんなにしんどくはないのですが、ほんまにヘトヘト。

9/17(水)は、10日連続の最終日、
第2回 新生児ケアセミナーで、今日で一段落です。

京都で初めての開催で、25人の受講者と、
中川・平山講師が、補助講師として参加しました。

私もレジュメやパワポの改訂すべき点がないかなどを
確認するために参加したのですが…、

この日も、健美サロンの方の方から、打ち合わせなどで呼ばれ、
ゆっくりカメラを構える暇もなく、あわただしく時が過ぎ去りました。

講師は、9/8(月)、東京で補助講師だった山口香苗さん。

ケアギバー対象の講師経験のある小林・中川・平山さんに対して、
山口さんは、妊産婦さん対象の講師経験しかありません。

そのためか、いつもになく緊張気味で、序盤はかなりの早口。
私が隙をみて「早口は講師としての品格を失墜させる」と
耳うちに行ったところ、その後はゆっくりとした話し方になりました。

骨盤輪支持方向の実習のモデル役は、11/11(火)に福岡で
このセミナーの講師デビュー予定の平山小百合さん。
                         ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

妊婦(理学療法士)さん。なんと静岡県から京都まで受講に来られた!
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

午後の実習では、山口先生、ノリノリ。
ジェスチャーたっぷりに、
赤ちゃんを密着させてあげることの大切さを力説。
                 ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

親御さん達が「対面(ついめん)抱っこ、ずんずん体操」に
頼らざるを得ないような状況になっていたことは
我々周産期医療に携わる者としては、大いに反省すべきだと思います。

産後の入院中の数日間の母子を、きちんとケアして、
笑顔の母子があふれる日本にしていきたいですね。

嬉しいことに、新生児ケアセミナーの受講者は
どんどん増えてきています。
ぜひ、あなたもご受講ください。
6

2014/9/16

総合ベーシックセミナー第3.4課程@京都  トコ・カイロ学院セミナー

9/15(月).16(火)は、京都での総合ベーシックセミナー第3.4課程。
アシスタント兼世話人の三木助産師が、ステンドクラスの前で受付。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

遠く、島根県や静岡県からも二人ずつの受講者があり、
さっそく、身体の歪みの診方の実習。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、腕が重い受講者が多く、私のように鳥の翼のように
軽〜く上がる受講者は、ほとんどいない。

検査の後の施術は、腕を軽くする施術からスタート。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

上肢のこわばりを取り除いてから、
O脚X脚の改善目指して操体法と、同時に筋肉のコリ緩め。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

頭痛に悩んでいる受講者も多く、
頭痛軽減のためのハチマキを巻いて実習に励む。

こうして、受講者の身体はどんどん良くなり、
毎月来るたびに、顔のクスミやシミがきれいになり、
終了する頃には、念願の妊娠する人もいる。

このところ、京都では毎回一人くらい妊娠しているな〜。
東京でもいたな〜。

今回の挙児希望者、妊娠するかな?
京都は解錠が広く、定員にまだ余裕がありますので、
復習希望の方は、ぜひお越しください。
6
タグ: 助産師 メンテ 骨盤

2014/9/14

総合ベーシック1.2@高輪  トコ・カイロ学院セミナー

日本分娩研究会でのワークショップを終えて
ホッとする間もなく、9/13(土).14(日)は
高輪での総合ベーシックセミナー第1.2課程。

京都トコ会館・トコ助産院オープンのため、
京都をあまり長期間留守にしたくないので、
東京での私のセミナーは減らすことにしたはずだが…。

只今進行中の総合ベーシックセミナーのコースは、
9/30(火)で終わり、本来ならその翌月からスタートするのだが、
受講申し込みが多くて、初めて、
終わる前に次のコースをスタートさせた。

千葉の幕張から帰って、すぐにバタンと寝て、
早朝からレジュメの改訂と印刷。

とにかく受講者のほとんどは手も体も、上手く動かせない。
一言でいえば「不器用」。なので、プログラムをどう組むかに苦労する。

丹田(下腹)に力の入った姿勢を取れず、
自分の体を安定して支えることができない。

改善するために、「健美まわし」を考案し、
それを着けて、体の使い方の練習を、
8/5総合ベーシック第7課程@京都から始めた。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
小柄な梅田直子助産師(トコ助産院常勤)が、
自分より大柄な相手を次々倒し、3種目優勝。

来月は東京でも、これをやろう。

加えて、手首が硬く、肘が捻じれ、肩甲骨の動きが悪い。
要は、上肢の動きがとても悪い。

そんな受講者に、いろいろ工夫して教えても、なかなか上達しない。

とにかく「診察とケアができる身体作り」を
時間をかけてやって行かないと、
「診察・ケアの上達」という目標までたどり着かない。

上肢の動き改善のために導入したのがバトン。
7歳児から使えるという、おもちゃのバトンがちょうどいい。

京都には20本、高輪には10本配置。指導するのはもちろん私。
すぐに回せる人は少なく、何度も教え、
何カ月も練習しないと回せない人もいる。

でも、バトンをスムーズに回せるくらい、
手首・肘・肩が柔らかく動くようにならないと、
診察・施術は上手くできない。なのでみんな頑張る。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
    両日、アシスタントは後藤助産師

バトンを回した後は、ソフトで快適な施術ができるようになるので、
肩から手首までのこわばりを緩める施術の練習もスムーズ。
             ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

こんなケアを産後の入院中にしてもらえたら、
ママの身体が楽になるだけでなく、赤ちゃんを抱くのも、
母乳を飲ませるのも、とっても楽なんですけどね。

9/13(土)から始まった東京高輪でのコースは既に定員オーバー。
京都はまだ少し空いていますので、復習の方はぜひお越しください。

来年早々〜、福岡で総合ベーシックセミナーを始めます。
日程が決まり次第お知らせします。
7
タグ: 助産師 メンテ 骨盤

2014/9/12

第30回日本分娩研究会 ワークショップ 終了  その他のセミナー(ケアギバー対象)

9/12(金)は、第30回日本分娩研究会@ホテルニューオータニ幕張。
この会での初めてのスポンサードワークショップ
「骨産道を診ていますか?」が 終わった。

  クリックすると元のサイズで表示します

お盆休みが終わった後、トコ企画の新企画
8/20(水)新生児ケアセミナーの打ち合わせ会の準備。

それを踏まえて、9/8(月)の第一回新生児ケアセミナーの
レジュメとパワポの準備。

セミナーをやってみて、さらに改訂…。
その間に、兄の死と、数えきれないくらいの仕事をこなし、
疲労困憊で倒れ込むように寝てしまったり…、

9/12の私の発表用のパワポ作りを手掛けたのは
前日、11日(木)の朝6時〜という、ムチャクチャな状態。

講演要旨集の内容にできるだけ忠実に、持ち時間は20分だが
上野さんの発表は長くなるのは間違いないので、
私は18分で収めるべく、
「最低限これだけは言おう」という内容に絞った。

11日(木)は高輪サロンで、10時〜12:25に母子8人を施術し、
13:00〜「らくらく育児クラス」を開き、17:30頃に終えた後
上野さんと二人でコンビニに夕食を買いに行き、食べながら準備。

上野さんは長すぎる読み原稿の短縮に時間を注いでいるようだったが、
私は読み原稿は作らず、講演要旨集の内容を端的に伝えられるように
パワポ作りに励んだ。

朝の4時頃、概ねでき上がり、それから寝て、
7時半〜布団の中で寝ころんだまま、BSで朝の連ドラを見てから起床。

9:41に品川駅からJRに乗り、海浜幕張から歩いて会場へ。



JRの中〜控室でも手直しし、
13時のデータの吸い上げに間に合った\(^o^)/

2回ほど心の中で読みあげて「18分で終えられる!」と確信したものの
本番ではついつい予定外のことも喋ったため、
私にしては前例のない早口の発表となった。

しかし、強調するところは強調し、さっと流すところは流し、
我ながら「第1演者として、切れのいい、迫力ある発表だった」と満足。

第2演者の鳴本先生の発表は、
小学生〜高校生の骨盤を計測した結果、
「身体活動が増加するほど、骨盤の横幅が広くなる可能性が考えられる」
という、とても興味深いものであった。

第3演者の上野順子先生の発表は、お手製のゴム付き骨盤を使って、
下肢の動きになどよる骨盤の形状の変化を、パワポで見せ、
参加者をうならせたが、時間が足りず、後半はかけ足となってしまった。

時間内で端的にまとめた発表を、歯切れよくするには、
まだまだ場数を踏んでいない。
もっといろんなところで講演してもらわないとね。

第4演者の鈴木茂夫先生の発表は、
従来の胎内姿勢と股関節脱臼に加え
2〜3歳児で割座(ペタンコ座り)をする子は、
両腸骨稜の間が狭くなり、両坐骨の間が広くなり、
治療をしても股関節脱臼が良くならないことを話され、
とても興味深かった。

このワークショップの座長は、お二人で
 金山尚裕先生(浜松医科大学 産婦人科 教授)
 齊藤益子先生(帝京科学大学 母性看護学 教授)
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

全員発表後、会場からの質問に、四人で返答。

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
          鳴本先生  私
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
         鈴木先生     上野先生
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    その後、金山先生から感謝状をいただき
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

閉会後、鈴木先生はすぐに帰られたため、
一緒に撮影できなかったが、三人で記念撮影。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   参加していたトコメイトの助産師四人と
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
るんるん番長」こと、杉本雅樹先生(ファミール産院院長)
も一緒に記念撮影。

その後、杉本先生に食事に誘われて、
私と青葉の社員一人の三人で、インドカレーを食べに。

いろいろとお話を聞いたら、9/12(日)の日本母性衛生学会で
「産後ケア」についてのランチョンセミナーをするのだと!

それは大出費。何と胆っ玉の大きいこと!
残念ながら私は高輪サロンでセミナーなので、聴きに行けない。
8
タグ: 助産師 分娩 骨盤

2014/9/11

高輪での4回目の「らくらく育児クラス」  セミナー・クラス(一般対象)

9/11(木)は、高輪サロンで大忙し。
10時〜母子4組、8人を施術し、12:25に終えてオニギリを食べ、
12:30には「らくらく育児クラス」のアシスタントが集まって来て、
簡単に打ち合わせをした後、13:00〜クラス開講。
             ↓
1組が前日のゲリラ豪雨の被害のため、キャンセル。
5組の母子が参加。

アシスタントは6人で、余裕と思いきや、
首が据わっている子は一人もいない。

天使の寝床の上で反りかえって泣く子や、ギャン泣きを続ける子
引き起こしチェックでブリッジをする子…と、大変な状態。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも、何とか丸く抱けるようになり、泣き声も徐々にダウン…

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

10人の施術も終えて、17:30頃には全員が退室。

やっぱり「らくらく育児クラス」はへとへとに疲れるが、
やり終えた後の充実感は最高。

しかし「らくらく育児クラス」に参加しなくてもよいように
「妊娠中〜新生児期のケアが日本中に広がるよう
力を注がないといけない」と思うばかりである。
5
タグ: 育児 赤ちゃん 骨盤

2014/9/10

メンテ“力”UPセミナー@ウィリング横浜  トコ企画セミナー

9/9(火).10(水)は、メンテ“力”UPセミナー@ウィリング横浜。
横浜は和室がある会場が他にはあまりないので、
年に1回の横浜での開催は、いつもここ。

川口や滝野川のように広い部屋ではないので、
定員は少なめなので、早く定員いっぱいになる。

アシスタントは、神奈川県のフリー助産師、後藤さん。
                              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

新生児ケアセミナーで実習している後藤巻きの考案者でもある。

整体技術が上手く、教室の講師としてもユニーク。
一切の広告もすることなく
口コミだけで営業が成り立っているという。

     2日目、腹直筋離開の診察練習
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

恥骨や股関節の痛み緩和に奏功する「下肢上下の操体法」
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   たくさん実習した後の、ヒップサイズ測定
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

最後の、分娩中〜直後の骨盤輪支持実習グループは私が担当し
    まんまる育児グループは、後藤さんが担当
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   産院での夜勤のバイトもしているので、
    妊産婦や新生児の身体の状態の、
   急速な悪化を体感しながら働いている。

クリックすると元のサイズで表示します

子宮内での胎児の環境や姿勢がどんどん悪化しているので、
生まれた新生児の状態も大変で、反りかえって泣き続け、
お乳を上手く飲めない子も多く、ママはヘトヘト。

この状態を改善するには、働く人も、出産する人も、
意識を変えて、知識と技術を身に着けて、努力し続ける必要がある。

「まんまる育児アドバイザーの資格認定制度を作ってほしい」
との声が、私に寄せられることが増えて来たので、
私も早く何とかしたいと思う。

資格を得たいと思われる方は、まずは、
メンテ“力”UPセミナーを受けてください。
4
タグ: 骨盤 助産師



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ