最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/6/30

らくらく育児クラス@京都、毎回盛会  セミナー・クラス(一般対象)

6/30(火)の13時〜は「らくらく育児クラス」@京都トコ会館。
いつもは1階の研修室Aで開催していのだが、
この日は長男が講師のマニュアルセラピーと重なった。

当初、マニュアルセラピーは3階の研修室BCで開くことになっていたのに、
受講申し込みが多く、想定外の多人数セミナーとなった。

それで、会場を1階の研修室Aに移したため、
「らくらく育児クラス」は、2階のトコ助産院の
保健指導室・談話室を間仕切りを開放しての開催となった。

生後3カ月半が2人、5カ月が1人、6カ月が3人の、母子6組と
スタッフは、私・嵐・梅田と、初参加の2人の、助産師5名。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                                    ↑
この会場では「らくらく育児クラス」初開催のためか、私も緊張気味?

     座り姿勢の悪いお母さんが目立ち、
  ペタンコ座りになると、底抜け骨盤になってしまうことを、
       お尻の骨を触りながら、実習
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      「まるまる抱っこスクワット」の練習
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

6か月の子は二人、首据わりは一応合格。でも、完璧とは言い難い。

@
そのうちの一人は、左股関節の開きが悪く、
背中もピンとして硬い。
私が丸く抱こうとしても丸まらないくらい。

ギッタンバッタン操体法で、左股関節はすぐに改善。

でも、その原因は、右に向きやすいように第1頸椎が
右後ろに回旋していたことと考えられる。

それも、簡単な体操や体の調整ですぐに改善し、
丸まれるようになり、前に倒れる時の受け身もとれるようになった。

AB
まだ首が据わっていなくて、反り返りの強かった5カ月と6カ月の子は
個人指導の時間で、体を整えたら、二人ともきれいに首が据わった。

そのうちの6カ月の子は、お昼寝はほとんどすることがなく、
ずーっと泣いているとのことだったが、
30秒くらいの体操と調整で、その後、ぐっすり眠り、
目覚めるとお母さんと私に向かって、ニコニコ笑ってくれた。

あとの三人も反り返りが強かったが、
いずれも反りかえりは改善し、顔色も良くなって帰宅。

参加者の一人、東京の大きな病院のNICUで働いているという
看護師お母さんは。

「NICU入院中の赤ちゃんは、反り返って泣いている子が多いけど
それを問題視する小児科医も看護師もほとんどいない」と嘆き声。

でも「実家が近畿なので、うちの子は、今日ここで
らくらく育児クラスを受けられて、本当に良かった〜」と。

全国でこんなクラスを開けるようになるには、
もっとたくさんの助産師などに、勉強に来てほしい。

そうでないと「子どもの体のおかしさ」は
ひどくなる一方だと、私はとっても心配です。
7
タグ: 育児 赤ちゃん 骨盤

2015/6/30

大阪新歌舞伎座-19-森進一   観劇・ライブ・映画など

3/29(月)のトコ助産院研修会を途中で抜け出した私は、
夫と、新歌舞伎座の森進一 歌手生活50周年記念コンサートに。

クリックすると元のサイズで表示します

私は昨年一人で、新歌舞伎座で、
森進一コンサートを楽しんだが、夫は、森進一は初めて。

友の会会員がもらえるプログラムは、
「短期公演なので作成してない」とのことでもらえず。

別途1,500円で販売しているプログラムを夫が購入。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
プログラムは薄いものだが、中には若いころの可愛い写真がいっぱい。

プログラムの表紙の顔は、だいぶ修正が入っているのだろう、
とてもきれいな顔だが、実際はかなりシワが多く、67歳の歳相応。

でも、声は全く歳を感じさせない。
それと、一言一言とても丁寧に、情感が込められて歌われているので
歌詞と歌い回しに聞き入ってしまう。

若い歌手の歌は、テロップを見ないと、歌詞が日本語なのか
英語なのかもかわからないことがあるが、森さんは全く違う。

座長公演だと芝居もしなければならないのだが、
森さんは芝居はしない。ただ、歌だけ。歌一筋。

昨年より元気そうで、声も力強いと感じた。
ほんまに「歌手の中の歌手」と言っていい人だと思う。

そんな思いで私は歌を聴いているのに、前の席の二人が
ペチャクチャペチャクチャと、喋り出した。

もちろん私は黙っていない。肩をポンポンして、
人差し指を唇に縦に当て「シーッ」とジェスチャー。

しばらくすると、今度は数人隣の席からまた喋り声。
隣のオジサンもあきれ顔。再び「シーッ」

いずれも七十代くらいの女性に見えたが、
お喋りが歌を聴いている人の、
邪魔になることがわからないのだろうか?

ほんまにこんな人達の神経が分からない。
でも、その後はお喋りに邪魔されることなく、やれやれ。

ところで、昨年驚いた森さんの落語家顔負けの
ジョークを交えてのお話はほとんどなし。
楽しみにしていただけにちょっと残念。

印象的だったのは
「インタビューで『50周年を迎えての抱負は?』などと言われても…
十年とか二十年なら、いろいろと言えるけど、正直なところ
茶飲み友達とゆっくり茶でも飲んで、
たまに来る仕事に出かける…それくらいの生活をしたい」と。

私も同感やわ〜。

アンコールが始まる前には、大勢のファンが
ステージ下に駆け寄っていくため、
シートに座っていては、よく見えないので、私も前へ。

昨年同様、まずは「女恋月夜」。

ツイストを踊りながら歌う森さんといっしょに、
大勢の人にもまれながら、私もツイストを楽しんだ。
3

2015/6/29

第3回トコ助産院研修会、楽しみました!  トコ助産院セミナー

6/29(月)は、トコ助産院の第3回研修会
10:00〜12:00は、吉川 元子先生の「産後ケアクラス」

「立ったままの体操で、どこまで良くなるの?エッ〜!」
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
                              ↑
                トコ助産院の嵐美樹主任の司会で進行

参加者は、赤ちゃん連れが3組と、
ヨガなど指導者・講師、
助産師などケアギバー(トコ会館職員を含む)26名。

明るく元気な元子ちゃんのパワーに圧倒されつつ、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

モデル立ちだと、閉まっていた坐骨盤結節が、
内股立ちになると開くことを、お尻を触りながら体験したり、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

マイケルジャクソンの真似をしながら骨盤を動かしたり、
    いろんな童謡や流行りの歌などを歌いながら

クリックすると元のサイズで表示します

          楽しく体を動かし

クリックすると元のサイズで表示します

    そのたびに体が良く動くようになるのを体験し
なぜ動くようになるのか、不調が改善するのかについての説明を聞き、

クリックすると元のサイズで表示します

     レッスンベルトで骨盤輪支持をすると、
  より簡単に体が動くようになることを体験し、さらに体操
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

最後はヨガ風にあぐらを組んで、ゆっくり呼吸を整えて、おしまい。

クリックすると元のサイズで表示します

歌と合わせてなので覚えやすく
元子先生の新作体操も披露してもらい、
とてもお得な2時間でした。

午前中の部のみの参加者は5人で、
残った人は3階の研修室B.Cに移動。

12:00〜13:30 は、お弁当を食べながら、
自己紹介や経験交流。

京都市内の病院から、5人もの助産師が参加。
骨盤ケアの静かな広がりを感じました。

13:30からは、再び1階の研修室Aに移動し、
臨床心理士の井上知子先生にゆる講演:
    「コントロールドラマと主導権」〜アドラー心理学より〜
      
クリックすると元のサイズで表示します

井上先生は、昨年の11/26(水)

第1回研修会
に引き続き、2回目の出講。

今回は、自殺と所属願望、劣等感と成長願望などについての
お話からはじまりました。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、私は先約があり、14時過ぎには退室し、大阪へと向かった。
きっと、第1回の時と同様、ロールプレイで爆笑していたんやろなぁ〜。

昨年に引き続き、「もう一度井上先生の講義聞きたくて」という人や
東京から1〜3回とも、皆出席の鍼灸・指圧・マッサージ師さんも!

元子先生のようなクラスを、日本中の産後ママが受けられるよう、
たくさんの指導者に育ってもらわないとね。

「京都まで行けない。東京でもやってほしい」と要望が
私にたくさん寄せられるのだが、
先立つものがないことにはできないわ〜。
5
タグ: 助産院 骨盤 心理学

2015/6/28

まるまる育児アドバイザー養成セミナー@京都  トコ・カイロ学院セミナー

6/28(日)は京都トコ会館で、まるまる育児アドバイザー養成セミナー

受験資格を獲得している人がまだ少ないためもあり、
受講者は8名。

午前中はパワポで講義

午後は実習しながらの講義と、受講者一人一人が
前に出て本番同様に、様々な育児技術の伝え方の実習。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

全員「まるまる育児クラス」の講師ができる上手さだったが、
残念ながら筆記試験合格者は7/8。

京都府内の受講者が3名合格。

「これで京都の人材が増えた、嬉しい〜っ!」
と喜んだのもつかの間
一人が、「来月には島根県の西部に引っ越す」と(>_<)

喜んだのは同じ島根県の人。
そうや、私も喜ぶべきなんや。

広大で交通網が整備されていない島根県は
東から西に車で移動するにも4時間はかかる。

島根県で、骨盤ケア・まるまる育児が
普及することを期待したい。
6

2015/6/26

骨盤ケア アドバンスセミナーにぜひ!  トコ企画セミナー

今年の2/24〜骨盤ケア アドバンスセミナーがスタート。
6/22 までに、既に10回、開催されました。
(名古屋・東京・宮崎・京都・東京・埼玉・東京・富山・徳島・東京)

これは、メンテ“力”upセミナーの3日目に相当するセミナーです。


    ↑                           ↑
今のところ、講師は 小林いづみ先生と、上野順子先生の2名ですが、
9月に山口香苗先生と平山小百合先生が加わり、4名となります!

クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
    3/12(木) @京都トコ会館 講師は上野先生
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            
若い女性の運動不足は深刻。骨盤〜頚椎の弱さが原因と考えられる
・妊娠中〜産後の腰痛や歩行困難
・頸管無力症・切迫早産
・排尿障害、ぢ・脱肛、子宮下垂・子宮脱
・頭痛・肩こり・不眠・不安・イライラ

これらに悩む妊産婦は、増える一方。

つまり、メンテ“力”upセミナーの2日間だけでは
「対処しきれない」症状の人がどんどん増えています。

その分、勉強をして、ケア技術をupさせないことには、
順調な妊娠経過・安産・母乳育児のための援助は
困難になっているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
  5/30(土) @富山県民共生センター、講師は小林先生
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    陣痛時に、安産しやすい側臥位で過ごす工夫
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

受講人数は、多くても二十数名、少ない時は10名未満のことも。

つまり、少人数でしかできない、
緻密な実習を行うセミナーなのです。

今後の開催予定は、下記のようにどんどん続きます。

北海道(帯広)…7/18(土)
東京(高輪)……7/21(火)、8/23(日)、9/17(木)、10/11(日)、11/12(木)
静岡(浜松)…11/21(土)
名古屋……9/3(木)
京都トコ会館…7/29(水)
香川(丸亀)…8/29(土)
福岡(天神)…7/18(土) 9/16(水) 11/14(土)
沖縄市(ゆいクリニック)…2016/2/13(土)  

日程・会場などの詳細は⇒こちら

★提供教材:体操用ロングタオル1枚と、『骨盤メンテバイブル』1冊
           ↓            ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
      ↑
  タオルの色や図柄は変わる予定です

講師の先生たちの熱い想いは、下記のコラムをお読みください。

上野・小林先生からの、  ごあいさつ 内容のご紹介

こちらは山口先生のコラム。初回の名古屋でのセミナーで、
上野先生をアシストした日の感想を書いています。

             メンテ“力”up通信の配信登録は⇒こちら

一人で、2種目以上の講師可能な人は、
2〜3日連続の遠征セミナーもいたします。

上野 安産誘導・骨盤ケア アドバンス
小林 骨盤ケア アドバンス・新生児・赤ちゃん発達応援(10月以降)
山口 骨盤ケア アドバンス(9月以降)・新生児・赤ちゃん発達応援(11月以降)
平山 骨盤ケア アドバンス(9月以降)・新生児・

あなたの地域や施設で開催をご希望の方は、
ぜひ、こちらにご相談ください ⇒ info@tocokikaku.com

骨盤ケア アドバンスセミナーを受講された方、
コメント欄に、感想やご意見をお願いします。
4

2015/6/25

茂りすぎて通路を通れない!  ガーデニング(生駒の庭)

梅雨に入り植物はどんどん育ち、
ついに雨の日は、通路を通れないくらいに茂ってきた。

蠟梅の葉と隣のムクゲの葉の下をくぐって、何とか通れる。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  鉄板の上にまで伸びた十二単を踏まないよう、
  隣の葉に顔が当らないよう気をつけながら進むと
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今度は巨大化したヤツデの葉の下をぐり抜けて何とか通れる。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

山蕗がどんどん繁殖し、椿・紫式部との間にあった通路は消えた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そこを何とか通ると、今度はミョウガ。ブロックとの間をなんとか通ると
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

トベラも黒柄紫陽花も大きくなり、ムラサキツユクサも茂り、
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そこも葉っぱを手でよけながら通ると、今度はアイビーと七段花
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
これはひどいことになった。茂りすぎや〜。何とかセナアカン。
        
そこにあるのがハンゲシヨウ。夏至が過ぎ、美しさが増してきた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

南に戻り、甘夏みかんの木を見ると、何と元気のないことよ。

7個もなった果実を、4月から収穫し始め、最後に収穫したのは
5月に入ってからだったことが、木を弱らせたのだろう。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
小さい緑の実が4個なっている。このうちいくつが残るかな?

今年の新緑の数は、かつてないほど少ない。
でも大きいから、来年はまた元気になる気がする。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
   ランタナは、今年は早くから咲き始めている。鮮やか。

墨田の花火は見事な大きさとなり、かつて見たことのないほど華やか。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

花瓶に生けていた紫陽花の弱ったものは土に返し、アナベルを追加。
                ↓
    クリックすると元のサイズで表示します

6/25.26は珍しく2連休。生駒の家でのんびりできるはずなのに、
どんどん仕事がPCに飛び込んで来て、忙しい〜っ!
4

2015/6/24

紫陽花がいっぱいのトコガーデン  ガーデニング(東大阪)

2か月ぶりのトコガーデン。紫陽花がたくさん咲いている。
全て生駒から運んだものなので、たくさんあっても珍しいものはない。

クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
     生駒で大きくなりすぎて、こちらに来たのが2株
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これ以外はすべて、挿し木で育てた小さな苗だったのに、
4年間で徐々に大きくなり、色も毎年異なるので、見るのが楽しい。
              ↓
 クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
 昨年は紫がかったピンクだった城ケ崎の雨は青く咲いている。

       墨田の花火は、今はほとんど白
                ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

  中ほどから奥にも、こんなにたくさん咲いている。
   でも、まだ空き地になっているところも多い。
                 ↓
 クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
    真っ白〜少し黄緑がかっているのはアナベル
          こんなに巨大なのも!
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑                 
    それにしても、ひどい手のシワやな〜(>_<) 

奥のブロック塀にそって、カンナが鮮か。夫が植えたんやな〜。
    ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    これは?     年中咲いている麦藁草。可愛く有難い花
     ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

麦藁草と、見るに堪えないほど黒っぽい葉になっている宿根ヒマワリ。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

どちらも長持ちする花なので、とにかく生駒で花瓶に生け、
京都に運んで、如来さんにお供えしよう。
2

2015/6/23

森三中 大島美幸さんが安産\(^o^)/  妊娠・出産

森三中 大島美幸さんが、6/22(月)、
3,885gの大きな男の子を、出産されました。

鈴木おさむさんの6/22 10:57 のブログより
きれいなお腹の形! 子宮の中に入っている赤ちゃんも気持ち良さそう。
      ↓
  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
        鈴木おさむさんの6/22 22:00 のブログより

           森三中がそろった!
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
夫 鈴木おさむさんのブログによると

「陣痛時間は3時間ほどのかなりの安産」だったとのこと。

正直なところ、私もホッとしています。
素晴らしいです。うれしいです。

コメントは、2万を超えていて、私もコメントを2つ送信しました。

★弛緩性出血にご注意

渡部信子です。おめでとうございます。嬉しいです。
3,885gの子を3時間で安産できる人は、
産後に出血しやすいので、
トコちゃんベルトVを必ず着用してください。

1週間たってからでも1Lを超える出血をする人が、
近年増えていますので、ご注意ください。

それと、目を大切に。決してスマホなど見ないように、
授乳以外はボーッとしておくのがいいですよ。

★丸く育ててあげて

渡部信子です。丸い子宮の中で丸く収まっていた
そのままの姿勢で包んであげると、無駄泣きませんよ。

お母さんのような、立派な骨格を持つ丈夫で器用な子に
育つよう、まるまる育児で育ててあげてください。

こちらのブログも参考にしてください。

大島美幸さんに関する記事
「からだの本」に大島美幸さんと一緒に載ります! 
「からだの本」vol.22、「妊娠力向上…」に載りました 
大島美幸さん、妊娠おめでとうございます\(^o^)/
産道に赤ちゃんが上手く入れる体操
4
タグ: 大島美幸 安産

2015/6/21

本降りの生駒の庭に咲く紫陽花  ガーデニング(生駒の庭)

6/21(日)は生駒での休日。

なのに、返事できていないメールや、
ブログにupできていない写真がいっぱい溜まっていて、
(土)の夜からほとんど、パソコンに向かいっぱなし。

(日)の午前中は日差しが強く、
庭に出て紫外線に当たるのも嫌や。

それに、カンカン照りだと写真も上手く撮れないので、
トイレや家事で立った時に少し体操をして、また、パソコンに…。

そうこうしているうちに午後。雲行きが怪しくなってきた。
全国的に不安定な天候との予報。

「今のうちに!」と、庭に出ると、間もなく、降りはじめた。
傘をさして、カメラを持っての撮影。

一番大きな紫陽花の木。色が濃くなってきた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その向こうの「城ケ崎の雨」が、咲いている!
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒のは毎年このように青〜紫に咲くのに、
挿し木で増やしてトコガーデンに植えたのは、桃〜紫色。

クリックすると元のサイズで表示します

   今年はどんな色で、トコガーデンで咲いているのか、
      6/24の会議の日に見るのが、楽しみ〜。

    オオバギボシも咲いているが、やや散りぞめ。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ハンゲショウ(半夏生 or 半化粧)も白く色づいて来た。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

夏至から数えて11日目が半夏生(ハンゲショウ)。

その頃に花が咲くから、この名がついたというのに、
今年はまだ夏至にもなっていない。早すぎるわ。

すぐにザーザー降りになり、西の通路から裏には回れず。
これまでの降雨で倒れかかった枝を切り、3個の花瓶に詰め込んだ。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「アジサイには雨が似合あう」などと言われるが、
強い降雨は花を倒してしまうので、ほどほどに降ってほしい。

でも、生駒の雨なんて知れている。

近年、京都ほどは豪雨に見舞われていないし、
ましてや、九州と比べれば全然大したことない。

ガーデニング愛好者にとっても、
近年の異常気象は辛いね〜。
3
タグ: 紫陽花

2015/6/20

祖父母の協力でまるまる育児。1歳でこんなに賢く発達のいい子に!  赤ちゃん・子ども

まるまる育児を続けて来られたMさんの赤ちゃん、
Bちゃんが、1歳のお誕生日を迎えました。

発達も機嫌も良く、きれいな膝バイで這い回り、
その姿勢でボールを投げ、ボールを追いかけて、
ママとバーバの施術の間、ずっと一人遊び。

まだ日本語になりきっていない言葉だけど
ちゃんと分かる言葉で、いっぱいおしゃべりをして、
私に愛嬌をふりまいてくれるBちゃん。

施術が終わって帰るときには、
自分から私にバイバイしてくれるんですから、なんて賢い(^o^)/~

独身時代から体調不良に悩んでいたMさんは
結婚が決まった時から、妊娠力を高めるために
私の施術に通われるようになりました。

妊活中も、妊娠後も、産後も、ほぼ毎月1回通われ、
赤ちゃんが生まれてからは、彼女の実母、MMさんも、
一緒に通われるようになりました。

Mさんと、MMさんが、まるまる育児の1年を振り返っての、
感想を寄せてくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・

Mさんより

まるまる育児をするには、
子どもの祖父母が理解してくれないとできません。
私の周りには、まるまる育児をしたくても、
祖父母を説得できなくて、諦めている人もいます。

私がおひなまきを始めた頃は、
私の父や夫から「かわいそう」とか、
「虐待に見られる」と言われていました。

でも、おひなまき・まるまる抱っこをすると、
すぐに泣き止み、よく眠るのを見て、
少しずつ分かってくれるようになったのか、
私が「丸く抱いてあげて」と言わなくても、
丸く抱っこをしてくれるようになりました。

でも、おひなまきや、マイピーロネオは半分理解、
半分は受け入れてもらえていないみたいです。

マイピーロネオを着けていると、男の人(父や夫)の
大雑把な扱いにも、安心して見ていられるのですが、
いまだに、「苦しそうや」とか、
「胸の骨が歪むのではないか?」などと心配しています。
それでも、以前のように外すようなことはなくなりました。

母と同じように、丸く抱いているつもりだったのに、
私が抱くより母が抱く方が、息子は良く寝ました。

「どこが違うのか?」と、よ〜く見ると、孫を抱く私の母の腕は、
赤ちゃんの速い呼吸と同じリズムで動いていたんです。

それで、私も母のように、呼吸に合わせるように抱くと、
息子はすぐに寝るようになりました。

私が抱いているのを「こんな風にすると寝るよ」と、
父に見せると、父もまるまる抱っこを試してみてくれました。
すると、すぐに寝ました。

「寝た子の可愛さ…」と歌われるくらいですから、
父もよほど嬉しかったんでしょうね、
まるまる抱っこをして、子守唄を歌いながら
家じゅうを歩き回るようになりました。

母によると、私が赤ちゃんの頃、
父は私をこんなふうに抱いてくれることはなかったそうです。
まるまる抱っこで、父も孫育ての自信がついたようです。

保育園では初日から、泣くこともなく、
活発に動き回って遊んでいます。

先生からは「とっても表情豊かで、ずっと喋っていますよ」、
「自己アピール(先生を呼ぶこと)が上手ですね〜」と、
ほめてもらっています。

病院でも、どこに行っても、「お〜ぃ」と手を上げて
まわりの人に愛想を振りまきながら、声をかけています。

すると、皆から可愛がってもらえ、
幸せそうに笑っている息子を眺める私も、
幸せいっぱいになります。

MMさんより

産後すぐから、まるまる育児をやり始めた娘を見て、
最初はとても不安でした。

ところが、娘は私に「これを読んで」と
『赤ちゃんがすぐに泣き止み…』の本を手渡しました。

ページをめくったとたん、私は吸い込まれるように読みました。
農家で育った私はフゴ(=イジコ=嬰児籠)に入れられていたからです。

それを思い出し、「それと理論的に同じなんや」と納得し、
私の不安は払拭されました。

元気で可愛い孫は、娘からの最高のプレゼントです。

・・・・・・・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まるまる育児を学ぶにはこのセミナーがお勧めです。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

5

2015/6/20

夏椿がたった一輪(-"-;  ガーデニング(京都の庭)

名古屋→東京→札幌⇒東京と遠征し、
11日ぶりに、京都に舞い戻った 6/20(土)は、施術日。

9日(火)はまだ「蕾固し」だった夏椿(シャラの木)なのに、
見たら、咲き終わった花が、
茶色い見苦しい姿となって、たくさん落ちている。

「えーっ、咲いた姿を一度も見ない間に…」(-"-; 
と、上の方に眼をやると、あった! たった一輪!
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こちらも一番きれいな時は過ぎ、きれいに咲いているのは少しだけ。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

如来さんの花瓶が二つとも空っぽになっていたので、
木の下部や後部で、花がまだ元気な枝を切って、お供え。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

咲いている期間が短い花は、愛でる暇もなく散ってしまうが、
秋になれば実が色づくことだし、まぁ、しゃあないね。
2

2015/6/18

メンテ"力"upセミナー@札幌  トコ企画セミナー

6/16(火).17(水)は、メンテ“力”upセミナー@札幌文化教育会館
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1日目は27人、2日目は26人と、
これまでにない少人数の、札幌でのメンテ"力"upセミナー。

でも、復習受講者の多いのが、このセミナーの特徴なのに、
今回は骨盤ケアを初めて学ぶ人が、9割以上を占め、とても新鮮。

復習者は、6/18(木)の新生児ケアセミナーや
7月に帯広開催予定の、骨盤ケア アドバンスセミナーや
安産誘導セミナーを受講するのだろうから、前進、前進(^_^)v

1日目のアシスタントは、札幌在住で
石狩で勤務助産師として働いている堀江さん。
     ↓
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
                            ↑
     2日目のアシスタントは、芽室在住の前川さん
     長年保健師として働き、今はフリー助産師として活躍中。

前川さんには、2日目の最後の実習のベビーケアグループの
講師としても頑張ってもらった。

前川さんは、翌 6/18(木)の新生児ケアセミナーには、
受講生として参加。

小林いづみ講師と、アシスタントの三浦助産師の
手伝いもしてくれる、マメな人。

その前川さんが、セミナー終了後、私にメールを送ってくれた。

・・・前略・・・

今回は、これまで受講者として参加していた時とは
違った学びが、多くありました。

まず、周到な準備があっての講座であることが
よく分り、勉強になりました。

また、これまで受講してきた講座を振り返り、
とても有り難い気持ちになりました。

そして、何より、まだまだアシスタントとして
デビューする力量のない自分を認識し、
「ますます学習が必要!」と実感しました。

保健師であったベースを如何に発揮すべきか、
“予防”を視点に、「出来ることは何か?」と、
原点に立ち戻るきっかけを頂きました。

・・・後略・・・

広大な北海道で骨盤ケア・まるまる育児を普及していくには、
たくさんの有能な講師が必要。

新生児ケアセミナーの講師として勉強中の
三浦智奈美助産師をはじめ、たくさんの人に頑張ってほしい。

そうでないと、歩かず足腰の弱い北海道の、
母子の健康を守れないわ〜。
3
タグ: 札幌 北海道 助産師

2015/6/17

セミナーのついでに札幌の街をブラブラ  

6/16(火).17(水)は、メンテ“力”upセミナー@札幌

6/16の朝は「人間にとってこれが最高の気候!」
「こんなに気持ちいいのに、地下鉄に乗りたくない!」

カメラを上着のポケットに入れて、札幌駅に近いホテルから、
会場の札幌文化教育会館まで歩いた。

         途中「北海道議会」の表札
                          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

赤れんが庁舎の愛称で有名なネオ・バロック様式の旧北海道庁
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

北海道の歴史をたどる資料が展示されていて、一般公開されている。

セミナーの翌日に札幌観光の日を持つこともできず…、
何度もこのあたりを歩いているのに、未だ入ったことがない(-"-; 

北海道大学植物園も同様、
札幌農学校時代の建物も残っているというのに…(-"-; 
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

札幌は街路樹ならぬ、"街路花"が美しい。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               上
「その一番美しい季節が今では?」と思いながら歩くと、
ハマナスの生け垣や、様々な花達。とても撮りきれない。
       ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

講師の私が撮影に熱中して、セミナーに遅刻したら大変や。

1日目のセミナー終了後、近くのホテルに向かって歩いていると、
とあるマンションの前に、素晴らしいバラ\(^o^)/
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
濃い黄色のあまりの美しさに、吸い寄せられるように撮影

2日目の朝、少し遠回りの道を歩いて会場に向かうと、

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
この葉っぱの木の幹に、全く違う葉っぱが生えていて、キノコまで!
         ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

芦生京大研究林の木々のように、複雑で面白い。

会場の前庭にそびえる巨大ポプラ。
下に写っている木々も十二分に大きいのに!
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
帰りの飛行機まで時間があり、行列のできるカレーライス店に
スタッフと一緒に行ったのに、待ち時間が長く、私だけ諦めた。

札幌駅までは路面電車に初乗車。大通り公園の近くで降車。
そこから駅まで歩き、爽やかにそびえるテレビ塔を撮影。

予定通りのエアポート快速と、飛行機に乗って、東京に舞い戻った。
札幌は飛行機の便利が良すぎて、今回もゆっくりと観光できず…(-"-; 

私のセミナー受講生が、「高輪サロンは便利すぎて、
何回来ても、東京観光も買い物もできない」と言うのと同じやな〜。

交通が便利だと、ついつい働き過ぎて、良くないね〜。
4
タグ: 札幌

2015/6/16

気になるレストランのホール係の体  体作り・健康増進

北海道で居酒屋やレストランに入って、
気になるのは、ホール係の体。

姿勢が悪かったり、若いのに補聴器を付けていたり、
歩き方や、鉛筆の持ち方がとっても悪かったり…、
食器の扱い方が上手くできなかったり…、
そんな若いホール係が、他の地域より多い気がする。

今回の店でも同様だった。
それがこのようなサービス低下につながっているのでは?

女性の骨盤の状態がいいのは近畿。
近畿ではホール係も、テキパキと働く若者が多いと感じる。

大阪でなくとも、近畿の地方の町でも、
このようにテキパキと働いているので、
ミスやトラブルもなく、気持ち良くいただける。

車依存・歩かない社会の北海道には、
10年ほど前から、腰痛がひどい妊産婦も、
反り返って激しく泣く赤ちゃんも多いと、聞いていた。

もしも、20年前からこんなことが全国に先だって、
北海道で進行していたとすると…、
今日の北海道の若者の体の気になる症状は、
今後どんどん全国に広がる?

「最近の北海道では、切迫流早産の妊婦が増えすぎて、
マザークラス開催が危ぶまれる町村もある」と聞いて驚いた。

北海道で新生児訪問をしている助産師からは、
「反り返る赤ちゃんが急増したと感じる」とも聞く。

私たち助産師がいくら頑張っても、とうてい追いつけないくらい、
日本の女性や赤ちゃんの体の悪化が進行していると感じる。

開業して以来17年、この間ずっと体づくりの大切さを
セミナーで、書籍で、SNSで、訴えてきたつもりだが、
今生まれた赤ちゃんが成人となる20年後には、
いったいどうなるだろうか…?

明るい未来が見えてこない。私は落ち込むばかり。
でも、落ち込んでいられない。

全ての人々にこのことをどのように伝えれば、
関心を持ってもらえるのだろうか? 心に響くのだろうか?

みなさん、考えてください。
そして、智恵を貸してください。
4
タグ: 体操 踊り 生活動作

2015/6/16

えりも亭で、襟裳天然海藻太縮麺蕎麦  グルメ(外食・中食)

6/16(火)のメンテ“力”upセミナーの1日目終了後、
札幌在住のK先生が、
私とトコ企画の西川さんを食事に誘ってくれた。

到着したお店は札幌駅から少し北西にあるえりも亭
木製の看板には「襟裳天然海藻太縮麺蕎麦」と書かれている。

お店の建物は、趣のある和洋折衷レトロモダンレストラン。
ネットによると、築70年の旅館を改築したものだと。

料理は、襟裳を中心とした創作和食。
通しはあっという間に食べてしまい、撮影を忘れた(-"-; 

私の大好物、真つぶ料理が多く、まずは天ぷら。最高!
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
    シメジとの卵とじもオツ
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     ジャガイモ"インカの目覚め"とフランスパンの、
       ゴルゴンゾーラソースかけ。
            ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

柔らかいベーコンとアスパラも最高。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
  シメは特製手打ち蕎麦、襟裳天然海藻太縮麺蕎麦
  海藻の香ばしさと、甘みがある太くて短い蕎麦は食べ応えあり。

これまで北海道で入ったお店の中では、
最も私好みの料理のお店だと思った。

しかし、ホール係に注文した品が届かなかったり、
注文していない品が届いたり、
1人前注文したのに2人前届いたり…、どうなってんの?

「北海道に行って来た」と言うと、
異口同音に、多くの人の口から
「食べ物が美味しくって、いいですよね〜」と発せられる。

そのたび私は「そうかな? 食材は確かに良いけど、
その食材の生かし方がイマイチ」との感が否めなかった。

私は、食材の生かし方が上手くて、
料理がおいしいのは、北陸と近畿だと思う。

北海道でせっかくこんな美味しい料理に出会ったのに、
注文した料理がその通りに届かず、残念。

これでは、お客さんの満足感は低下するだろう。

ホール係として普通に働ける人材確保が
難しくなって来ているのだろうか?
私の不安は膨らむ一方である。こちらに続く。
3
タグ: 札幌 襟裳 蕎麦



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ