最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/8/31

メンテ“力”upセミナー@京都  トコ企画セミナー

8/30(火).31(水)は京都トコ会館
メンテ“力”upセミナー

この会場ではこれまでで一番少ない受講人数で
1日目は23人、2日目は22人。

そのように受講者に向かって私が挨拶すると
「えっ、こんなに多いのに?」との声があちこちから。

東京ではたいてい50人以上。
実習の多いセミナーなので、受講者の私もキツイ。

なので、これくらいの人数の方が、
受講者にとっては受け応えがある。

スマホの普及とともに、
年々、動きが悪い体の受講者が増えるので、
まずは実習しやすい体作り体操・操体法。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

肩〜腰の痛みや内臓の不調を抱えている人も多いので、
バスタオルを使った「上体ひねりの操体法」で、体幹を整え、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その後はパワポを使った講義。

昼休みには希望者のみだが、
バトン回しで、手首〜上肢帯の動きを改善させ
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

午後はレッスンベルト・トコちゃんベルトで
骨盤輪支持などの実習。

2日目の午前中は骨盤などの触診実習。

骨盤は骨産道
道を点検し整備しなければ安全に通れるはずがない。

骨産道を診られない人が
安産に導くことができるはずがない。

なのに、医師も助産師も、学生時代に
全くと言っていいほど教わっていない。

臨床で働き始めても、
先輩に教えてもらえる人はわずか。

なので、このようにセミナーで
学ばないといけないのが現実。

クリックすると元のサイズで表示します

最も簡単で効果甚大な体操が、空中自転車こぎ
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

・赤ちゃんの下がり過ぎ
・骨盤・胎盤内のうっ血から派生する胎盤機能の低下
・そのために、胎児が大きくなれず衰弱

そんな時にも即効性があり、
毎日続けることで、
「赤ちゃんが大きくなった」と喜ばれることが多い。

1日目のアシスタントは
今西助産師@トコ助産院    両日、トコ企画の原田講師が聴講参加
    ↓                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
      2日目は折小野助産師@大阪

折小野助産師は大阪の天満橋にある
トコちゃん教室&shopの、教室講師

骨盤・心理・介護…など、とても勉強好きで、
これまでインプットに偏り過ぎだったので
徐々にアウトプットし始めた助産師。

彼女のこれまでの人生を書き綴ったコラムは
9/2配信のメンテ“力”up通信213号に掲載。

トコ企画のHPでも読めます。⇒こちら
3

2016/8/30

ビワマス  グルメ(自宅)

二十数年前、私と息子たちは
せっせとエアロビクススタジオに通っていた。

そこの事務長のOさんが、その後、
魚関係の仕事を転々としていたが…、

最近になって、琵琶湖で
ビワマス漁の漁師をしていることを知った。

そこで、夫に「ビワマス漁に行こう!」と誘ったところ、
ナント既に、夫は8/24(水)に
長男の家族と一緒に行く約束をしていた\(◎o◎)/

私はその日は京都で仕事(`ヘ´)

「それなら後日、夫と二人で!」と
日程表とにらめっこしたが、
10月に入ると禁漁。
9/30日までに行ける日はなかった_| ̄|○

24(水)のfacebookには
長男からビワマス漁の実況が次々と流れて来た。

クリックすると元のサイズで表示します

既に中学校は始まっているとのことなのに、
中学生の孫も学校をサボって、マス釣り舟に乗っている!

ホンマに、なんちゅうコッチャ!
私は働きづめで、遊びに行けないのに!

後で夫に聞くと「あの揺れる船の中を
孫は3人とも走り回って…、元気やな〜」と、
かなりまいった様子。

長男は40cm級を釣り上げ満面の笑み。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
筋子がいっぱい。                小さめのは燻製に
身は切り身にしてムニエルなどに。
                   
筋子をイクラにしたことなどが
8/29のfacebookで流れて来た。

これを見て私は二十数年前、
夫が釣った大きなアマゴの筋子で
私がイクラを作ったことや、
家族で美味しく食べたことを思い出した。

「長男もそれを思い出して作ったに違いない!」と思い
長男の投稿に「今度もらうわ」とコメントを入れた。

すると「ちょっとしか出来てない〜」
などとコメントしてきたが…、

8/30、トコ会館3階休憩室の冷蔵庫に、イクラ・燻製・刺身用の切り身!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

8/30は京都トコ会館で宿泊なので、
冷凍ご飯にイクラを乗せて、
コンビニで買って来たお惣菜と共に、頂き〜!
         
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

真空パックの燻製と刺身用の切り身燻製は、
生駒に持ち帰って、夫と一緒に頂くこととした。

最近は私を罵しることが増えて来た長男。
親孝行させないと!
4

2016/8/27

“猿腕”“猿手”とは? ゴムチューブ体操で改善!  体作り・健康増進

8/26(金)から高輪ベーシックセミナーが始まり、
26(金).27(土)は第1.2課程で、基本整体。

年々、肘の捻じれが強い受講者が多くなり
診察・ケアが上手くできず、

赤ちゃんも上手く抱けず
自分の体もつらい人が多くなってきた。

そんな時、いつも聞こえてくる声は
「私、猿腕(猿手)なんです〜っ」と、

たいてい腕をこんな風にして、私に見せてくれる。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します
     ↑            ↑           ↑
     B            A           B

上記3点のイラストはこのサイトから頂いたのだが、
整体などを生業としている人達をはじめ、
多くの日本人は、Bを「猿腕」と思っているようだ。

そんな声を聞くたびに、
私は「猿はそんな腕をしていません。猿に失礼です」と。

では、猿はどんな腕をしているかと言うと、まさにこれ。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

Aの腕です。きれいな写真ですね〜、これはこのサイトから頂きました。

Bの腕では、四つばいで素早く走ることはできませんから、
Bの腕の猿は、生存することすら困難です。

私は高校時代、弓道の範士から、
次のように教えられた。

「弓の押し手は猿手(えんしゅ)でないといけない。

猿は獲物を取る寸前まで、
腕を曲げている。

取る瞬間に腕を伸ばし切る。
そうでなかったら、確実に獲物を取れない。

弓も同様、引き分けて、的に向かって押している時は
肘や手首を伸ばし切っていてはいけない。

矢が離れる瞬間、肘も手首も伸び切るように射ると、
矢は必ず的に当たる」と。

そのため、この上段のような腕で、弓を引き分け、押す。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
    矢が離れる瞬間、下段のように伸び切る。
(弓を握ることなく、自撮りのため、人差し指が美しくありません)

あまりにもBの腕の受講者が多いため、
ゴムチューブで、弓を引く体操をすることにした。

まずは私がお手本を見せて解説。
受講者は、猿手(えんしゅ)までは到底できないので、

上段のゴムは口角の高さ 肩は下げ 肘は前向き 手首は伸ばす
          ↓      ↓       ↓     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

弓道ではこちら向きはしないのだが、体操ではこちらもする。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
       ↑                  ↑
   胴体はブレないよう、どっしりと安定させる(胴作り)           

   ところが、受講者がするとこんなことに_| ̄|○
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
この腕では弓は引けない。

矢を射ると、ちょうどこの肘の湿疹の部位を
弦で強打して、皮下出血し、
青紫色に大きく腫れて、強烈に痛む。

          この程度の腕でも皮下出血する。
                        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

白シャツの人は肘を前に向けるよう、
肩を上げ前に向けている。
      ↓       
クリックすると元のサイズで表示します
  ↑      ↑
 そのため腕の筋肉は、ひどく捻じれている。

肘を前に向けようとすると、手首が折れ曲がってしまう人
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    肘は上に向き、手首は折れ曲がり。。。。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

弦を引く手は、まるで招き猫で、体が右手側に倒れている。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら私の腕に近い人はいない。

これじゃ〜、バトンも回せないし、
診察やケア技術の上達も遅い_| ̄|○

「基本整体の技術試験に合格できるかな?」と
ちょっと心配したが…、

バトン・ゴム引きでずいぶん体が軽くなったそうで、
無事、全員合格\(^o^)/

上で使用している黒いゴムは、病院で使う駆血帯のゴム。
かなり硬いし、普通には買えないので、

    この体操用ゴムチューブのついたムック
   『チューブ・ダイエット』をお勧めしている。
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こちらのゴムの方が軟らかくて使いやすい。

著者の横手貞一郎さんは、
美人モデル 道端3姉妹のパーソナルトレーナー

クリックすると元のサイズで表示します

私と横手さんとは、カポエイラつながりで
SNSでお友達となっている。

このムックの中にも、
ゴムチューブ体操がたくさん紹介されているので、

「使える腕と、美しい体作りに励んでほしい」と願うばかり。
そうでないと、
診察もケアも上手なケアギバーが、増えませんもの。
4

2016/8/25

10/14(金)日母ランチョンで、子どもの発達  その他のセミナー(ケアギバー対象)

10月14日.15日、品川プリンスホテルで開催される
第57回 日本母性衛生学会
(有)青葉のランチョンセミナーが開催されます。

日時:10月14日(金) 12:00〜13:00

講師:加藤靜恵先生(小児科医)

テーマ:視知覚(ビジョン)・協調運動の発達に及ぼす、
     乳児の姿勢・運動
     〜寝返り・ハイハイの重要性を考えよう〜

講演要旨:


 胎児は指をなめたり眺めたり、母体の動きに合わせて動きながら
様々な身体能力を発達させ、乳児は哺乳・寝返り・
ハイハイなどにより、視知覚・協調運動を劇的に発達させながら育ちます。

 ところが近年、後期早産児の増加、仰向け寝の提唱、
畳部屋の減少などにより、寝返りが減少し、
向き癖や身体能力の発達を妨げる要因が増大しています。

 全身を器用に使い、危険から身を守り、学習に集中できる子どもに
成長するには、前庭覚・協調運動・保護伸展反応などの発達が必須です。

 今回、胎児期・乳児期の望ましい姿勢・運動や、観察の仕方、
原始反射(特にモロー反射)を不必要に残存させることなく
発達を促す育児支援法についてお話します。

詳細はこちらをご参照ください。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

加藤先生は青葉のランチョンセミナーには
今回は2回目の出講で、1回目は、
第26回日本助産学会学術集会(2012年5月 札幌)

妊娠・分娩・産褥・新生児期のトラブル
―胎児期・新生児期からのケアで子どもの発達促進を―

この時の講演要旨は、こちらからお読みいただけます。
5

2016/8/24

第6回 トコ助産院研修会 ヤムナボールメソッド  トコ助産院セミナー

第6回 トコ助産院研修会

ヤムナボールメソッドで整える!伸ばす!鍛える!癒す!

講師:白木和恵先生

クリックすると元のサイズで表示します

日時:9月3日(土)10:00〜16:30

会場:京都トコ会館1階 


あと1週間あまりに迫ってきましたが、
申し込みが少なめです。

でも、少人数で濃密にやります!

ヤムナボールメソッドは、筋肉・筋膜のみならず、
アキレス腱などの腱までをも、柔軟にするとのこと。

腱まで柔軟にする方法って、他にないと思います。
なので、
私も柔軟な体を取り戻したいので、受けます!

「体が硬くて、習い事がなかなか上手くならない」
などと、
悩んでおられる老若男女の皆さん、
ぜひ、一緒に受けましょう!

費用・申し込み先などの詳細はこちらをご覧ください。

講師の白木先生の、ヤムナに対する熱い思いは
こちらのコラムに書かれていますので
ぜひ、お読みください。
5

2016/8/22

幼馴染が女将を務める料亭 南月@小松市大川町  グルメ(外食・中食)

8/21(日)、法事のおまいり後、マイクロバスで向った先は
私と同じ村の、同い年のトシコさんの嫁ぎ先。

クリックすると元のサイズで表示します

今は彼女が女将を務める料亭南月@小松市大川町。

トシコさんとは、約50年ぶりの再会。
昔の面影がそのまま残っていてきれい。元気そう。

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
良く冷えて、身の締まった刺身や、加賀独特のじぶ煮の冷椀
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

じぶ煮の必須素材は、すだれ麩。とても懐かしく美味しかった。

お喋りに忙しくて撮影忘れ、サラダが少し減ってから撮影。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

もうマッタケの土瓶蒸し! 香も味も良く幸せ〜。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この後、お寿司やデザートが出て来たのだが、
姉や兄達と喋りまくっていたら
すっかり撮影を忘れてしまった。

15時にはマイクロバスで送ってもらい
車に乗り換えて、生駒へと急いだ。
1

2016/8/21

法事で帰省、いこと訪問 幸子さん  ファミリー

8/21(日)は私の兄と父の法事

夫と共に生駒を6時に出発。
高速道路をひた走り、石川県へ。

予定より50分ほど早く到着しそうなので、
いとこの幸子さんに会おうと、
福井あたりで電話し
古い写真を準備しておいてほしい旨伝えた。

実家と言っていいのか分らないが、
今は亡き兄の家に車を置き、
家の裏の狭い川を渡ったところに建つ
いとこ宅へと足を運んだ。

この川で能美市と小松市に分かれ
いとこのアクセサリー工房と家は小松市。
                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

戦時中の話などを聞いたが、
樺太での戦時中の写真は1枚も持ち帰れなかったことを聞き、
おどろいた。
他のいとこは持ち帰っているのに、なぜ?!

あまり時間がないので、ゆっくりしゃべる暇もなく、
とにかく一緒に記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します

もうすぐ80歳になるというのに、弁舌さわやかで、
二人ともスッピンだが、目立つほどのシミもない。

私のきょうだい・いとこで、
認知症っぽい人は誰もいないのがうれしい。

若い頃のアルバムを借り、話を聞いているうちに、

「首から上ばかり酷く汗が出る。自律神経失調症と言われた」と。
髪がびしょ濡れになるほどの汗。

首を触診すると、今時の若い女性にないほどの
きれいな前彎のある首の骨。

でも、第2頸椎だけが捻じれていて、
それを調整した途端、汗はピタリと止まり、
すぐに髪はサラサラになった。

お礼にと手造りのネックレスを2つもらい
アルバムを借りて、亡き兄宅へ。

私が生まれ育った家の跡には、
今は姪の家族が住む家が建っていて、
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
広い調理室のあった店の建物は、ガレージ・物置として残っている。

姪の子どもの口元のゆがみが気になり
おまいりが始まる前に調整。

法事は私の亡き兄の家族と、奥さんの親戚が2人、
私たちきょうだい夫婦という、ごく小人数で。

クリックすると元のサイズで表示します

30年ほど前までは、通夜・葬式では
村中の人が公民館に集まり

法事でもいとこや遠い親戚の人達がいっぱい集まって
大合唱のようなお経で法要が営まれていた。

私の次男なんぞは
「一向一揆のパワーが脈々と受け継がれている!」と
感嘆の声を上げていたのに、
今ではすっかり変わってしまった。

父も兄も住んでいた家だが、
もう二人ともいないし、母も亡くなってもう36年。

私は母が亡くなった年齢、67歳になった。

私が生まれ育ち、
母が存命中に住んでいた家はもうないし、

小1時間で終わったおまいりの後、
料亭南月のマイクロバスで昼食に向かった。

料亭でも昔話をする心の余裕もなく、
私より姿勢が悪くなった姪の
調整をする時間的余裕ないまま、
生駒へと帰ることとなった。

朝は朝日を浴びて、夕方は西日を浴びて、
特に西日は、サングラスをかけていても眩しく、

車全体が焼けつくような暑さの中、
冷房の風が腕を直撃。

夏バテに拍車がかかってしまい、
その後はブログを書く元気も消え失せていた。

8/26頃から徐々に復活。8/27にようやく書けた。
2

2016/8/20

空手 -18回目-  スポーツ・武術

8/20(土)は久々の空手のお稽古。
17回目が7/9(土)だったので、6週間ぶり。

7/17.18に眼の手術を受けて、
今回は術後初めて。

眼鏡なしで良く見えて、空手ができるのは素敵。
でも、何だかまだちょっと怖い。

今回初めて習ったのは2つ。

1.ミットを持った先生が、前後左右に移動、
 それをツーステップで追いかけながら突き。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2.もうひとつは
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
    回し蹴りに対する、下腿での受け。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
       それから、+アルファ、外受けは相手の後ろまで回ると、
                  次の攻撃効果が上がる。
 
                   そのためには大股で、
                   素早く動けないといけない。

下腿の防具を着けずに
先生の回し蹴りを受けたものだから、
さすがに青タンが3つもできてしまった。

でも、これだけ筋肉や骨に物理的刺激を与えていたら、
10年後も、空手や仕事をしながら
元気に生きていられる気がする。
2
タグ: 空手 京都

2016/8/17

しるべえ@大阪南森町-お料理編-  グルメ(外食・中食)

本業の方のしるべえとは、
こんなお店で、こんな料理が頂ける。

そもそも“しるべえ”とは、HPによると

  ”料理の基本は、汁(だし)にあり”
   屋号に込めたのはそんな願い。

とても分りやすい所にあり、迷わずに行けた。
               ↓
  クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
        昼は松香堂だけだが、
     夜は季節の味わいを楽しめる。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これに古代米などが混ざったご飯と味噌汁が付くのだが
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
空手のことをしゃべっているうちに、撮り忘れた。

この日はダブルヘッダーでしるべえで食事。
お昼は私一人で、夕食は夫と二人で。

大兵馬俑展を見て、南森町に戻り、
喫茶店でコーヒーを飲んで
予約していた18時ぴったりに入店。

夫も私も、おまかせ旬菜2,800円を注文し、
私は生姜焼酎、夫はウィスキーの水割り。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

私はふと箸置きの形と緑のきれいさに視線が行き、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
                      裏を見ると

その様子を見て、店長(塾長)は、自作の品であること、
裏印は「佳」であること、
料理に関係あることは、一通り勉強し、
食育の講師もしている…、と(@o@) すごいね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

以上の4品に、2人で1盛りの天ぷらを注文して
頂いたのだが、撮り忘れた。

市場がまだ盆休みなので、
新鮮ネタがないとのことだったが、

大好物の白瓜の浅漬けや、ニコゴリ、
ハモ料理2品を食べられて満足。

大阪の街中にあり、
メディアでもしばしば紹介されているというのに、
このお値段は、かなりリーズナブル。

また食べに、喋りに、
空手を教えてもらいに、行こう!
3

2016/8/17

しるべえ@大阪南森町-空手編-  スポーツ・武術

8/16(火)に昼・晩と2食のために、
南森町まで電車に乗ってしるべえまで行った理由、

それは…、

私の空手の師匠 竹林先生の師匠
空手技術研究塾 塾長
渡邊直行先生のお店だから。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
                 HPではこんなに若くて可愛いが…、

身長は私くらいで、男性としてはとても小柄なのに、
「180cmを超える男を、バンバン倒した」と
竹林先生から聞き、
「絶対に会ってみたい!」と思った。

竹林先生にお店の名前も教えてもらい、
目の手術の1カ月検診・大兵馬俑展
1日大阪にいる8/16に、昼・晩とも行くことにした。

16日はまだこの界隈はお盆休みとのことで、
私にとっては幸運だった。

お店のカウンターの隣には、こんなポスターが貼ってあり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実際の塾長は、空手の話になると途端に、
眼光は鋭く変化。

昼は私の後に、女性1名、男性1名のお客さんが来られたが、
まだ私一人の昼食の合間に、

「まずは、ストッピングができるように」と、
教えてくださった。

夜はお客は私と夫の二人だけだったので
「竹林君にはどんなふうに習ったんだ?」と質問され、

私は、しどろもどろに…、
「あの〜…」などとしゃべると、

「空手は、まずは理論を、頭で理解すること。
それができなければ、できない」と、

クリックすると元のサイズで表示します

突きの基本について

クリックすると元のサイズで表示します

胴体に対する腕の角度が大切であることを
実際に私の腕をとって教えてくださった。

クリックすると元のサイズで表示します

私の椅子の後ろに来られたので、私も立つと、
「回し蹴りとは、これ以上高いところを蹴らなくていいい」と
いきなり強烈な蹴りが
私の左膝外側上方に炸裂。

私は味わったことのない痛みで、
一瞬「骨折したかも?!」と思ったが…、
歩けた。

しかし「痛っ!」と口走ることもなく、
目はキッとなったが、
痛そうな表情も現れず、姿勢も崩さず

  (弓道で鍛えた闘魂は残っている!)

「どこで蹴られたんですか?」と尋ねると、
頸骨の正中下端を指さし「ここだ」と。

私はこれまで、面(脛骨下部〜足の舟状骨)で
相手の大腿の外側面を蹴っていた。

面で面を蹴っても効果は弱い。
点で点を蹴れは、当然、効果は高くなる。

塾長はきっと

「こいつは本気で空手を学ぶ気があるのか?」と
試され

「回し蹴りとはどんなものか教えてやろう」と
思われたんだと思う。

翌日脚を見ても、皮下出血(青タン)は全くなし。

痛いとの記憶がないくらいの打撲でも
しょっちゅう青タンができる私なのに、不思議。。。

痛みの部位は前日より広くなり、
腸脛靭帯全体(特に中央部)が痛い。

蹴られた部位から離れたところの方が
痛いのはなぜなのだろうか?

1週間たってもまだ少し痛む。
(これは8/25の早朝に記載)
天才格闘家、芦原英幸氏   クリックすると元のサイズで表示します
のもとで修業し、
元ブロのキックボクサーでもあった塾長。

塾長の蹴りは、強烈に痛かったけど、
一瞬だったし、

もっと強く長い痛みは、
これまでの人生の中で、何度も経験しているし、

これで空手が怖くなったなんてことは、
全くない。
ますます闘志がみなぎってきた (^o^)♪
3
タグ: スポーツ 武術 運動

2016/8/16

始皇帝と大兵馬俑展  博物館・美術館・建築など

8/16(火)11時〜、大阪東梅田駅からすぐの
神戸神奈川アイクリニックで、目の術後1カ月検診。

検査・診察は小1時間で終わり、
お昼ご飯を食べに南森町の「しるべえ」に。

その後、14:30に夫と待ち合わせ場所の
渡辺橋の地下ホーム出合い、
中之島にある国立国際美術館の大兵馬俑展へ。

 クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
  美術にはあまり興味のない夫も、
  「これは見たい」とのことで、
一緒に観賞することになり、1500円×2枚を購入。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

地下3階に降り、まずは壺・鼎・武具などの展示品

クリックすると元のサイズで表示します

展示品を守るためのエアコンだそうだが、
館内は、ガンガンに冷えている。

だんだんと私は気分が悪くなり、
途中、休憩用の椅子に座って休みながら観賞。

実際の兵士の大きさの俑(人形)あたりまで来ると
元気になった。

  馬車ではなく、車馬と言うそうだが、
  始皇帝の愛車がモデルだと言われる
      銅製車馬の1/4複製
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  最後は兵俑の複製がズラリと並んだ
   記念撮影コーナーで、記念撮影。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  私は弓を持つ兵士の真似をして凛々しく。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
         両側に並んだ兵俑の奥にも
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   兵俑が立ち並び、撮影スポットとなっているが、
    照明が暗く、きれいに撮れず、残念。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

展示室を出ると、ショップ。

    そこで目に飛び込んできたのは
   玉製のネックレス(兼 室内飾り)
             ↓
  クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
          真ん中に寿の字、その周りに
        5匹の蝙蝠(コウモリ)が掘られている。

蝠は福と同じ発音なので、中国では縁起もの。
5匹は、福・禄・寿・安・寧を意味している。

周囲は竹。竹は毎年新しく生え育つ
生命力の強さを表しているらしい。

店主の男性のトークにすっかり魅了された私は、
夫に買ってもらって(買わせて?)、
さっそく首にかけて、上機嫌。

晩は居酒屋となっている「しるべえ」に
二人で(私は再び)、南森町に向かった。
3
タグ: 兵馬俑

2016/8/15

十ン年ぶりのアユとり  旅・レジャー・アウトドア

今年のお盆休みは、当初、私の目の手術予定だったが、
7月に早まったので、旅行の計画は全くしていなかった。

夫が「どこか行きたいところはないか?」というので、
すかさず、「アユとりに行きたい!」と。

十年以上前までは、琵琶湖に注ぐ川に
5〜8月、毎年何度も行って楽しんでいたアユとり、
久々に行ってみたいと思った。

そこで夫は長男に連絡を取ったところ
8/15(月)、長男の家族も一緒行くことになった。

小学女子のお友達1人も加わり、
総勢8人、湖西の道の駅で集合。

川の水が少ないので、かなり北まで車を走らせ、
ようやく、11時過ぎに到着。

日よけのテントを張った後、川の中へ。

クリックすると元のサイズで表示します

海から溯上したアユは、この頃には
約20cmに育っていることが多い。

しかし、琵琶湖から溯上するアユは
これくらいか、もう少し大きいくらいがほとんど。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

しかも、今年は水が少ないせいか、アユはガリチビ。

       久しぶりに会った中学男子は、
    声も変わり、すっかり男らしくなっていた。
                        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
このタモ網は捕れた魚を入れるものであり、
魚を撮るためのものではないのだが…、

「壊されるのでは?」と夫はハラハラ。

獲れたアユはポリ袋の中で泳がせて持ち歩き
貯まったらクーラーボックスに。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

石の周りをなでるように触ると、
隠れていたアユを、
小学生てもけっこう捕まえられるので
みんな楽しんでいる。

夫は長男に細やかに投網(とあみ)の投げ方を指南。
              ↑
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
夫が投げると網は丸く広がり、
一度に十匹前後、捕れる。

ところが長男が投げると、三日月のようで、2〜3匹しか捕れない。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

皆それぞれに楽しんでいたところ、
突然、ぽつぽつと雨。

その直後、冷たい突風となり、大粒の雨!

西を振り返ると真っ黒な雲が、
猛烈な勢いで迫ってきていた。

川下の東と川面ばかり見ていたので
全く気付かなかった。しまった〜。

あっという間にずぶぬれになり、
すぐに全員、車の方に向かって撤収。

私はサンダルが壊れてしまって、
素足に小石が突き刺さり、足が痛くて
急いで歩けない。最悪〜っ。

「あっ、飛ばされてる!」と長男の声、
突風でテントか飛ばされてしまった。

男たちはテントを片づけ、
私や小さい子たちは車に避難。

道の駅で買ったお弁当を車内で食べ、
30分間ほど雨をしのいでいると、雨が止んだ。

すっかり涼しくなったが、子どもたちは元気。
シラサギが一列に並んで、食事中。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

中学男子は投網が半月くらいに開くように投げられ
一度に十数匹も捕れた。上達が早い。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが、何回投げても長男は三日月(~_~;)
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します


私は十数年前、夫に教えてもらって投げたことを思い出し
「これより上手く投げられたと思うけど…」と言うと

夫もそれを覚えていて
「お母さんの方が上手かったで〜」と。

それで私も一度トライすることになったがダメだった。
とても重くて左肘で支えられず、ずり落ちてしまった(*_*;

水の中は疲れる。
私は着替えて、車の中で昼寝。

目が覚めて川を見ると、まだ長男は頑張っていたが
ついに上手くなることなく、今日はおしまい。

何事も器用にこなす長男、不器用な夫。
なのに、投網は逆、不思議。
まぁ、経験の差なんやろね〜。

我々夫婦はアユを30匹ほどもらい、
それ以外のアユと投網は長男が持ち帰ることに。

またどこかで網投げの練習をするらしい。

長男は渋滞に合うことなく、京都に帰れたそうだが
我々は渋滞に合い、途中で買い物もし
19時頃、ようやく帰宅。

小石が混じっている頭と腹を、
夫が取り除いてくれた。

生駒では揚げ物をすることは、まずないので、
塩・小麦粉・油で、ムニエルにした。

クリックすると元のサイズで表示します

尻尾までカリかりに仕上がり、
天ぷらよりも美味しく感じた。

これがほんまの“御馳走”や。

塩味もバッチリ、アユの香りと味を堪能、
私の調理勘はまだ健在や〜(^0^)

長男から電話がかかってきて、
腹だけ出して、頭ごと天ぷらにして
全部平らげたそうな。

どんだけ食べたんや〜(@o@)
4

2016/8/14

身体能力の差はどこから?  赤ちゃん・子ども

ここに書いたように

「こんなによく体操ができる孫は、大したものだ」
と思うのだが…、

8/10(水)に開かれた
第39回京都府民総合体育大会 体操競技選手権大会では

小学5年女子で総合13位、
段違い平行棒が一番良くて、
10位だったとのこと。      (動画は
こちらの8/10の投稿で)
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「上手な人がいっぱいいるねん」と、ケロリとしている。

私は何一つ習い事をさせてもらうことなく
大人になった。

田舎で育った団塊の世代の人なら、
そんなのは普通。

習い事をさせてもらっていた子は、
かなり裕福な家庭の子だったと思う。

今の幼児〜三十代の人は子ども時代に
様々な習い事をしながら育った人が多いと思う。

「普通の子どもがクラシックバレエを習えるのは
世界中で日本だけ」と聞いたことがある。

リオオリンピックでも、
近年のクラシックバレエコンクールでも
日本人の活躍には、目を見張るものがある。

近年の日本人活躍は、
水泳・ピアノ・体操…、こうした子どもたちの
習い事人口の「層の厚さ」の上に
築きあげられたものだと思う。

ところで、この孫は
「トコちゃんのマタニティケアハンドブック」でおなじみの
               ↓   この子     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

電車の中で、男子体操選手のようにつり輪をしたり、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

自分の体重の2.6倍ほどもある義叔母を
軽々とおんぶもする。⇒クリックすると元のサイズで表示します

「ボールに当たりそう!」と危険を感じたら
とっさに丸く縮こまり(恐怖麻痺反射)   (関連記事はこちら)
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
                すばやく背骨を反らして反撃

こんなことが自然にできるのは
「まるまる育児で育ったからこそ」と言えると思います。

なので、「まるまる育児で育てると、丈夫な子に育たない」
なんてことは絶対にありません。

あと何年かしたら、

・「縦抱き・頭ガックン」で育った子達
・「まるまる育児」で育った子達

この両者の間に、
誰の目にもはっきり分かるような

“身体能力の差”が
生じて来る気がするのは、私だけでしょうか?
5

2016/8/14

大阪新歌舞伎座-32- 真夏の沖縄音楽   観劇・ライブ・映画など

7月に大根役者で新歌舞伎座を訪れたとき、窓口で
夫に「夏川りみの歌、一緒に聞かへん」と電話したら
「聞きたい、買っといてくれ」と夫。

  クリックすると元のサイズで表示します

     久々に夫と一緒の新歌舞伎座

 クリックすると元のサイズで表示します

古謝美佐子さんをリーダーとするうないぐみ
 (初代ネーネーズの3人+1)の
ウチナグチの歌や、暗〜い戦争の歌が長く、よくわからず。

軽快で明るい歌をイメージして来たので、
楽しくも心地よくもない。夫は不満タラタラ。

期待した夏川さんの歌は、ほんの少し。
「6,500円なんて安い!」と思ったら、やっぱり(-"-)

しかし、文楽人形とのコラボは面白く、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
          琉神(特に小柄の女性)のきびきびした動きと、
           太鼓の音は力強く素晴らしかった。

17時〜2時間くらいと思ったが、まだまだ続き、
19時頃から腹ペコになった夫は、アングリー。
隣で文句ばかり言っている。20時半を過ぎて終演。

近くのインド料理店でカレーを鱈腹食べて
やっと夫の機嫌が治まった。
1

2016/8/13

孫に桃太郎・方角・風水のお話  ファミリー

8/12(金)の夕方、孫2人(小5女子、小3男子)が
京都から近鉄電車に乗ってやって来た。

中2男子は、学習塾の予定があるようで来なかった。

夕食後、マンガを読んだりしながら
静かにしていると思ったら
弟の方がマンガを手に、居眠っていた。

すぐにシャワー・歯磨きをさせたら
目がパッチリしてしまい、「バーバ、お話して!」と。

小5.3ともなると、お話といっても…、ネタ切れ、
仕方がなく、幼児の頃と同じく桃太郎の話。

その後、鬼とはなんやと思う?
海賊・盗賊のことで…と解説。

その後さらに、

猿(申)・キジ(酉)・犬(戌)は、
南西〜北西の方角を、

鬼の角は牛(丑)、パンツは虎(寅)の毛皮、
つまり、東北の方角を意味している。

東北の方角は鬼門。

鬼門からやって来る悪霊退治の意味も
このお話の中に含まれているやで〜と、解説。

そして、京都の家の東北の角に、
ナンテンを植えているのは
「難を転じる」という意味が込められていることも話し、

「鬼門というのは風水のことなんや」と話し始めると
姉の方は「へ〜、そうなんや」と興味津津。
弟は寝てしまった。

東北の方角からは、冷たい風や湿気が入り込んで来やすい。
そうなると、人は風邪をひいたりして、病気になる。

南西の方角は暑い空気が溜まりやすく、
そんな中では人は頭が回らなくなって
いい仕事ができない。

古いトコビルはまだまだ使えたのだが、
何で壊したのか?

それは、風水が悪かったからなんや。

特に3階は、夏、暑い空気が溜まってしまうし、
1階は湿気でカビが生えるし…、

「あのビルの中では絶対にいい仕事はできない」と
バーバもヒロさんも、二人とも同じように感じたから
もったいないけど、壊すことに決めたんや。

壊して、新しいトコ会館を建てたのは
そういう理由があったんや、と話すと
「ふ〜ん、そうやったんや〜」と。

もも太郎の話⇒方角⇒風水⇒トコ会館と
お話がつながって行ったことを
とても興味深げに聞いてくれた。

そして、朝になってからそのことを
目をキラキラさせて、ジージに話していた。

朝食と、カレーの昼食と、おやつをたっぷり食べ、

クリックすると元のサイズで表示します

「生駒は涼しいし、家が広いし、いいな〜」
「京都とは天国と地獄ほど違う」
「ジージとバーバだけずるい!」

などと言いながら
いっぱい遊んだ後、 (遊びの様子はこちら)

14時半過ぎにはジージの車に乗って
京都へと帰って行った。

二人ともどんどんたくましく、賢くなってきたな〜。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ