最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/5/1

ぜいたく煮  グルメ(自宅)

5/1(火)「ぜいたく煮」を炊いた。

材料@は、4/30(月)に道の駅朽木新本陣で
次郎孫と買い物中、「これ食べたい!」と、
差し出したこの大根の糠漬。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

色は自然な色で、これまでここで買った漬物などは
地元で作られた自然なものが多かったので、
合成添加が入っているかなんて全く気にせずに買った。

ところが、長男に渡すと、
「なんやこれ、合成添加物だらけやん!」と。

私もラベルを見て、ビックリ!
確認せずに買ったことを反省。

それにしても…、ウコンだけでも、
この程度の色は付く。
何で黄色4号などを使わないといけない?

材料Aは…、孫たちと出会う前に、
我々夫婦の昼食用に買ってた「ぜいたく煮」

ところが食べてみると、酸っぱく塩辛く、
古い糠漬けの匂いがプンプン。

京都のお惣菜コーナーで買うものとは全く違う。

こんなのが美味しいと思う人もいるのだろうか?
私はダメ、これは食べれたものではない。

しかし、食べ物を捨てるなんてことはできない。

ということで帰宅後、
@Aともに水で3回塩抜きをし
その後、3回水煮をした。

塩や糠臭さも添加物も大部分抜けてから、
だし汁で炊き ⇒ クリックすると元のサイズで表示します
赤唐辛子でピリッと締めた。

小さなこの密封容器に3個分できたが、
明朝早くから旅に出るので、冷凍保管。

こんな質素なお惣菜だが、
糠漬けにするために
大量の米糠と食塩を使う。

そもそも古くなって、
味が落ちた沢庵を使うようだが、
何度も水を変えながらそれらを抜き

燃料も時間もいっぱい使って
炊き上げるお惣菜。

何とぜいたくな…(~_~;)
「ぜいたく煮」と命名した人は賢いわ〜。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ