最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/8/8

1石10鳥体操 コリの見つけ方練習  整体・カイロプラクティック

8/8(水)、京都施術

水曜日は長男の定休日なので、
いつもは長男が使っている施術室で。

1石10鳥体操を2人のお母さんに覚えてもらうために、
また
2人の助産師にも指導できるようになってもらうために実施
   ↓                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

肋骨や骨盤の骨の縁にあるコリは
私が触診するとすぐにわかるのだが、

本人さんも助産師も
「言われたらわかるが、自分では探せない」と。

この程度の軽度のコリでも、体操後は
脊柱側弯が改善するなどの効果がみられる。

腹痛もすぐに治まることもあり
内臓マニュピレーションを学んだ人からは

「これは内臓マニュピレーションだね」
との声も聞かれることも。

「乳腺トラブルが劇的に良くなった。すごい〜(@@)」と、
嬉々として報告してくれる助産師もあり、まさに"1石10鳥"

この体操の難しいところは、
コリの見つけ方。

8/5の記事に対して、以下のコメントがあった。

・・・・・・・・・・・・・

1石10鳥体操のやり方を知りたいです。
過去のブログも読んだのですが、
やり方が詳しくわからなくて
直接渡部先生の施術を受けないと
練習はできないでしょうか?

それに対して、私は

9/2発売の「日経ヘルス」に詳しく載る予定です。
それを読んでも分からない場合は、
対面指導を受けるといいと思います。
コリを自分で見つけられない人が多いです。

・・・・・・・・・・・

強いこりがある人は、
私が「ここ」と示すと
「あっ、わかります」とおっしゃる方もある。

ということで、
体調が良くなかったり、あちこち痛む方は
まずは
神経と指先の感覚を研ぎ澄まして、
コリを探す練習を、しましょう。

それがわかることが、まずは肝心。

体操のやり方は9/2発売の
「日経ヘルス」を見てすれば、
きっと効果的にできるはず(^_^)v

以上…午前の部 午後の部…こちら
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ