最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/4/30

ついに泣かなくなったKちゃん  赤ちゃん・子ども

4/29(日)は生駒施術

10個なった甘夏ミカンを全部収穫したのが4/12、
遅かったのにもう花がいっぱい咲いた。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今日の予約は、当初は多かったのに
キャンセルが続いて6人になり、
ゆったりのはずだったが…、

母+子ども1の予約のところが2になったり
ダブルブッキングがあったりで、
結局は10人となった。

今日、印象深かったのは、
ついに泣かなくなったKちやん。

Kちゃんと初めて会ったのは生後4か月
らくらく育児クラスの時だった。

後にも先にもKちゃんほど激しく
悲痛な表情で泣いた子はいない。

「火がついたように泣く」という言葉が
これほどピッタリの子はいないと思った。

1歳8ヵ月になった今日も、
玄関に入る前から大泣きしはじめ、

お母さんの施術中は、
もちろん泣きっばなし。

これはいつもと同じだが、
ついに、施術の途中から泣かなくなった。

それは興味のあるオモチャで
遊ぶようになったから。

その後、私に抱かれても泣かず、
私が構えるカメラにも、泣かずに手を伸ばす。

クリックすると元のサイズで表示します

先天性心疾患があり、
心房の間の穴はまだ大きく開いていて、
心臓の4つの部屋のバランスが悪いそうだが、

体格は良く、血色もよく、風邪もひかず、
食欲もあり、器用で、運動の発達も良く
言葉もいろいろ話せるようになった。

何も困ることがないなら、
心臓の手術などは当面必要ないということになる。

このお母さんは、Kちゃんがお腹にいるときは
外国に住んでいて、腰痛をはじめ
どんなに痛くても、辛くても、
誰にも相談できなかったとのこと。

今は第2子の妊娠中期なのだが、
「このように相談できて、ケアを受けられるところが
身近にあるのは、本当にありがたいです」とのこと。

体のバランスの悪さは改善し、
子宮は丸く、胎児姿勢も丸くきれい。

きっと第2子は、先天性心疾患などを
持つことなく生まれて来られると思う。

世界中に母子整体の技術が広がるには
あと50年、100年かかると思うが、
見届けられそうにないのが残念。
6

2018/4/29


4/28(土)は京都施術。

生駒の玄関前に咲いているラベンダーを
如来さんにと、4本切り花にして持参。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の施術では薬剤師さん2人が印象に残った日だった。
1人目は、もう何度も来られている大阪の方。

アトピー性皮膚炎が強く、病院の薬に頼らず
自分でネットで薬を買い求めて治療されていた。

ひどい時は腰背部がびらん状で気の毒だったが
アトピーはどこに行ったかと思うほど、きれいになっていた。

お子さんは1歳過ぎても、
引き起こしチェックでひどく反り返り、
マトリョーシカ巻きで
引き起こし体操を毎日続けられていた。

ところが今日は、1歳半近くになり、
しっかり歩行し、1人でよく遊べるようになり、
胸郭も下肢もどっしり。

保育園でも保育士さんに
「情緒が安定していて、よく遊べる」と言われ
病気もせず、大変だった頃が嘘のよう。

しかし施術後、受け身のチェックをすると
真横〜少し斜め後ろまでは受け身が取れるが
45度斜め後ろだと、手と同時に顔も落ちる。

まぁ、でもここまで良くなったんだから
このまま受け身練習を続ければ、
あと3ヵ月もすれば、真後ろの受け身も
取れそうとの見通しが出てきた。

もう一人は初来室の滋賀県の方で
昨年、妊娠9カ月で死産。

「児は2300gで、小さくはなく、
 いろいろと検査を受けたが、
  異常は見つからなかった」と。

地元の助産師に骨盤ケア指導や
癒しケアを受けていたが
本格的な体作りを目指して来室。

骨盤は、幼児型(類人猿型)で、強い内股
フラットバック・ストレートネック

どこから見ても健康体とは言えない。
子宮は硬く、羊水は少なく、
赤ちゃんは大きくならないような体形だが
2300gあったのだら、そうではなさそう。

骨盤内うっ血⇒絨毛間腔のうっ血を起こしそうな
ドーンと広がった骨盤でもない。

「胎動はとても激しく痛かった」とのことで、
あは考えられるのは、
臍の緒が引っ張られたり捻じられたりして、
血液循環が悪化したかも知れない。

でも、臍の緒のことは
検査しても分らないことが多いし
死産した後も何も分からないことが多い。

とにかく、子宮内で赤ちゃんが
苦しくてのた打ち回らなくてもいいよう
リラックスして過ごしながら
大きくなれる母体を作ることしかできない。

何とか早めに次の妊娠をして
今度は元気な子が生まれるよう、
丈夫な母体作りのために
ともに尽力したい。
3

2018/4/27

ウコギ・タラのツナ炒め  グルメ(自宅)

4/27(金)は生駒で 9:30〜13:40
大人ばかり4人を施術

さっと昼ご飯を食べ、PCに向かっていたら
座ったまま眠っていたので、布団に入って昼寝。

何時に寝たのか全く不明だが
目が覚めて起きたのは17:30

コーヒーを飲んでいたら夫が帰宅。
「夕ご飯の支度をしなくては!」と

ハサミとザルを持って裏庭に出て、
ウコギの収穫。若葉がよく伸びている。

クリックすると元のサイズで表示します

こまめに収穫しないと、夏の終わりには
周囲を歩けないほど伸びてしまう。

この若芽のところを10〜15cmほど切り取る。

クリックすると元のサイズで表示します

大きくなってしまった葉は、
切り落としておかないと
繁り過ぎて大変なことになる。

タラも芽をハサミで切り取り、
育ち過ぎた歯も切り落としておかないと、
ひと夏で大木になってしまう。

すぐにザルにいっぱいになり、
家に入って、水洗いをして
ウコギは2〜3pに、
タラは1pほどにザクザク切る。

二人とも実家ではウコギを食べたことがないので
あえ物は何度かトライしたが上手くできない。

天ぷらは家ではしないし、
ウコギ飯も、夫はご飯を食べないので
トライする気にもなれず、

昨年、キャベツ・玉ネギなどと一緒に
肉野菜炒めにしたら、意外と美味しかった。

そこで、今日は胡麻油でツナをサッと炒めて、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そこにザク切りのウコギを入れて炒め
少しばかりの塩で味付け。

なんとなんと、美味しいではないか\(^o^)/
苦すぎす、香ばしく、心地よい歯ごたえ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
     筍・蕨・人参・ワカメ・シメジ・高野豆腐の煮物と

ほうれん草と三つ葉(野生)のひたし、冷ややっこ、
塩サバを焼いたのとで、いかにも高齢者的夕ご飯。

クリックすると元のサイズで表示します

野菜が多すぎてご飯は全く食べられず、
自家栽培の甘夏ミカンを2人で半分こ。

ウコギもタラも甘夏みかんも、
自家栽培のは美味しくて、幸せ〜。
6

2018/4/26

最後のキンカンを収穫  ガーデニング(東大阪)

4/26(木)は青葉定例会議。

今日は打ち合わせなどがなく、
早めに社屋を出たので、トコガーデンを1周。
キンカンが少しだけ残っている。

これ以上長く木に残していたら、
花が咲くのが遅く、少なくなりそうなので
残っているのを全部採った。

生駒に帰り、生駒のキンカンも全て採取。

トコガーデンのは大きい   生駒のは小さいが色が濃い
     ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

トコガーデンのは甘い。
生駒のは酸味も甘みも強く味が濃い。
これは毎年同じ。

なので私は生駒の方が好き(*^^*)!!
6

2018/4/25

こいまりやランデブー 2  グルメ(外食・中食)

2/25(木)、トコベルセミナー終了後は
夫と、2度目のこいまりやランデブー

夫は東京から直行で、17時半頃には入店
私は18時過ぎに入店。

生駒は外食できる店が10年前も少なかったが、
次々に閉店や、引っ越して行ってしまい
さらに減ってしまった。

それらも食べ飽きたので、
京都の「こいまりや」に行く方が
季節の味を美味しく頂ける。

ということで、2〜3か月に1度くらいは
「こいまりやで一緒に夕食を」ということになった。

前回は3/3なので2ヵ月もたっていない。
前回リクエストしていたのに入荷がなかったのれそれ
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今回は全く入荷を期待していなかったのに、嬉しい(*^^*)!!
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

10年ぶりくらい(?)
花柳ビルにサロンがあった頃、
近くに「のれそれ」という名のお店があった。

そこで時々食べていたが、閉店してしまい、
それから全く食べていない。

初めてのれそれを食べたのが聖護院荘
あまりの美味しさに「これは、いったい何?!」
と板長に尋ねたことを今も覚えている。
なのに、
そこも昨年の夏、廃業してしまった。

「前菜5種盛り」はホタルイカ、若ごぼうと牛肉の炊いたん
ハマグリとクレソン、スナックエンドウのキス巻き。
どれも美味しく、
店主のこだわりの味を楽しめて大満足。

刺身は高価なノドグロをはじめ
私の大好物が並べられ大満足。

クリックすると元のサイズで表示します

“おまかせ”で頼んでおいたので、
何が出てくるかと楽しみにしていたところ
鯛の白子の素焼きが出てきた。

クリックすると元のサイズで表示します  

今回の席は最初に1人で来たとき以来の
調理が良く見える席。この席が好き(^_^)v

焼き上がっていく様子が見られて楽しい。

桜もちの餡かけ     白エビのてんぷら
  ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
   野菜もあったのに、食べてから気づいた(~_~;)

夫は赤出しのみ。私は筍ごはんも頂いた。

クリックすると元のサイズで表示します

その後さらに私だけデザート
(苺・ケーキ・黒ゴマアイスクリーム)

なのに、撮り忘れた。焼酎1杯だけだったのに…(~_~;)

セルフタイマーで記念撮影。

安い品ばかりだが、服やアクセサリーを
いっぱい持っているのに、これまでほとんど着用せず。

着用したことの証拠写真も撮っておこうとの魂胆。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
私はカメラをセットしてすぐに店主の方に目を向けたが
夫だけカメラ目線や〜。
5

2018/4/25

トコベルアドバイザー養成セミナー@京都  トコ・カイロ学院セミナー

4/25(水)は京都トコ会館で
トコちゃんベルトアドバイザー養成セミナー

今回は8人の受講者と少なめで、
しかも、初受講者は1人のみ!

骨盤ケア歴の長い人が多く、
しかも、高知市・松山市・松江市・富山市という
遠くから来られた復習者が多い。

私はそんな彼女たちの期待に
応えられるようなセミナーをしないことには…と、

基本的なところはさーっと進めて、
骨盤ケアの3原則のうちの
「整える」のところを膨らませて
最新のお役立ち体操やケア法を伝授。

クリックすると元のサイズで表示します

筆記試験も全員合格。

「京都まで来て良かった」
と言ってもらえて、私も安堵。

末長く、母子の健康増進のため、
活躍してほしいと願うばかり。
5

2018/4/24

基本整体Uの講師は私には無理  トコ・カイロ学院セミナー

4/23(月).24(火)は京都トコ会館で
総合ベーシックの基本整体U-Pelvis と U-Baby

1日目の講師は原田美佐子、アシスタントが小林いづみ

クリックすると元のサイズで表示します

私は彼女たちの講師ぶりを横目で見ながら
時々意見を述べたりしながら、
PCに向かって、なかなか減らない仕事の片づけ。

そんなことをしていたら、ほとんど撮影できず。

終了後は3人そろって夕食の買い出しに。

それぞれが食べたいものを買い
それを全部テーブルに並べ、まるでバイキング。

クリックすると元のサイズで表示します

私は生駒から持って来た筍入り炊き込みご飯も食べ
お腹いっぱいなのに、別腹で桜餅も1個ペロリ。

その後は、1日目の反省会とレジュメの改訂。
終わったのは0:20、ヘロヘロ。

2日目の講師は小林いづみ、アシスタントが原田美佐子

一般の母親も、受講生である助産師も
とにかく体が悪く、まともに動けない。

なので、自分の体は痛く辛く
赤ちゃんにとって快適な育児はできない。

なので2日とも、まずは動けようにする体操に
時間を割かないといけない

この日開発されたのが
肋骨の縁に指を添えて
肘手床を押しながら、もぞもぞと動く体操。

クリックすると元のサイズで表示します

起き上がりやすくなり、腹筋も強くなり
肋骨弓の角度も大きくなる。

ほど良い力加減ができない人も多く、
これは明らかに力を加え過ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

小林講師がメルカリで買い集めたという
ボーダー柄の服を全員で着て、体をほぐす体操。

クリックすると元のサイズで表示します

ボーダー柄だと、体操前後の姿勢の変化がよくわかるので。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなことをしながら、ようやく本番のベビーケア。

クリックすると元のサイズで表示します

哺乳困難な赤ちゃんが多いので
顔のこわばりを緩めるケアもいろいろ。

クリックすると元のサイズで表示します

私も顔緩めケアを1種類と、
赤ちゃんを抱きながらのスクワット歩行を担当。

ところが、私と同じように
スクワット歩行できる人がいない。

膝を曲げると膝は前に出て、上半身は前傾し、
歩行時は伸び上がり過ぎ、
ゆったりと動けず、慌しい。

ましてや、子守唄を歌いながらなんて無理。
よけい慌ただしくなる。

助産師として楽な体で器用に働き続けたいなら
それなりの体操を続けないと無理。

これは、原田講師の開発した
後頭窩のコリを緩めるセルフケア法

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

院内専用マイピーロネオの真ん中を輪ゴムで縛り
ピンポン玉を2つ並べたようにして
トコちゃんアンダー腹巻きで巻いて頭に着用。

頭が軽くなり、全身が楽になるという。

2日間のセミナーで、共通して言えることは、

2人の講師が開発した体操は、
受講者がやりやすく、効果が高い。

私はそんな体操をしても、体に変化は感じない。
する必要がないから、わからない。

だから、体の動かない現代人に
体操指導することは難しい。

この2日間のセミナーに同席しての
感想のまとめは、

私が講師では絶対にアカンワ〜

そんな深い悟り境地に達してしまった。

ところでこの2人は、
『産後の骨盤ケア(仮)』を只今出版準備中。

監修は私なのだが、
どんな本ができ上がるか楽しみ〜。
5

2018/4/22

55歳で亡くなった助産師の告別式へ  その他つれづれ

4/22(日)は何の予定もないので、
朝方まで東京見物のブログを書いていた。

9時過ぎに目は覚めたものの、
まだ布団の中でまどろんでいると
骨盤ケアを生業としている助産師から電話。

寝ぼけ眼で出ると
「Tさんが亡くなった。告別式は10時〜」と。

「えっ、なんで?!」と尋ねても
彼女もよくわからない様子。

40分ほどしかない!
とにかく、行こう!

すぐに夫と長男に電話し、
10時には間に合わなくても
告別式が終わるまでには
式場に着けそうと、あたふたと準備。

トコガーデンに行っていた夫の帰宅を待って車で出発。

カーナビの案内通りに進んだが、
平城京跡のところで渋滞に引っかかり、ちっとも進まず。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく11時に着くと、長男の方が先に着いていた。

喪主である夫さんの挨拶を要約すると

「私は妻を尊敬していました。何事も積極的に学び、
 特に、お産を順調に進める整体を学び…」

と最初に述べられた。

「しかし、師長としての多忙な業務に加え、
 長期にわたる研修をあと数日で終えるときになって
 体調を崩し、12月半ばに入院。

 3月半ばに退院したが、体調はおもわしくなく、
 5月に控えた病院移転を気にかけながら、
 4月18日、55歳の生涯を終えた」

クリックすると元のサイズで表示します

彼女は母子整体研究会発足時からの会員で、
トコカイロ学院の交感整体修了者。

しかし、近年は多忙のためと思うが、
私のセミナーに復習受講することも
アシスト参加することも全くなかった。

なので、彼女が体調を崩していることなど
全く知らずにいた。

夫さんの挨拶を聞きながら、
下唇を噛んでいる自分に気付いた。

「唇を噛む」という言葉は知っていたが、
自分が唇を噛んでいることに気付いたのは初めて。

私も大学病院の副婦長時代に
病棟移転を体験した。

夜中の0時過ぎに帰宅し、
3時半には三男の喘息発作が起き
毎日2時間ほどしか寝られなかった。

師長として病棟移転を控え、
働けない自分がどれほど情けなく
どんなに辛かったことだろう。

彼女が亡くなったことはもちろん悲しいが、
それ以上に、彼女の近況を全く知らず
何の力にもなれなかったことが悔しかった。

体調を崩していることを知っていれば、
私も少しは彼女の支えになれたのではと思うと…。

彼女の思い出は、セミナー・宴会・研究…と
それはそれは…、
いっぱいありすぎるほど、楽しませてもらった。

これから私がすべきことは、
次に命が消えそうな人に
常勤からパートに変わって、
独立開業の準備をするよう勧めなければと思う。

それほど、今、全国の助産師・看護師達は
過労からの体調不良や鬱で、
命の危機に直面しているから。
12

2018/4/21

スカイツリー  博物館・美術館・建築など

押上駅から巨大なビルの中を
キョロキョロしながら歩いて行くと、
鯉のぼりが見え、その向こうにスカイツリー!

クリックすると元のサイズで表示します

当日券売り場に着いた〜、やれやれ(-。-)y-゜

クリックすると元のサイズで表示します

展望デッキ行きの切符を買うと

クリックすると元のサイズで表示します

すぐにエレベータに誘導される。

クリックすると元のサイズで表示します

天井が麻の実模様で手が込んでいて美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

エレベータ内には、金板に鳳凰の彫刻。

クリックすると元のサイズで表示します

展望デッキに着くと春霞に煙る東京の街が一望。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くに見えるはずの羽田空港、かろうじて見えるくらい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

展望回廊行きのエレベータ券を購入し、

クリックすると元のサイズで表示します

乗ったエレベータの室内は
宝塚のスター達の姿が描かれていて華やか。

天井の一部はスケルトンになっていて、
その真下に立った私は、スピードに目がランラン
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

展望回廊は宝塚の世界。

クリックすると元のサイズで表示します

宝塚のスターの真似をして
次々と撮影してもらっている女性の中には
50代〜70代の人もあり、私も思いっきりはじけて自撮り。

クリックすると元のサイズで表示します

東京の東部には大河が多い。その中に珍しいS字状の川。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

案内パネルと照らし合わせて見ると「中川」らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

展望回廊の最高到達地点、ソラカラポイント

クリックすると元のサイズで表示します

だんだんと日没が近づいてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの人達がカメラを構えている中に混じって私も。

濃い霞に吸い込まれるように消えた瞬間、
「あーっ」の声が回廊に響いた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

展望デッキに降り、黄昏の街を眺めながら、ガラス床に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

多くの人達が撮影しているので、私も自撮り。
足元に街が写っていて爽快。       
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
      その隣で写真家の卵らしき若い女性が
      呼び込んでいるが、誰も振り向かず。

    気毒になり、まずは私のカメラで撮ってもらったのがこれ↑
      何だかとてもヘン。“うらなりひょうたん”みたい。

その後はプロのカメラで撮影。
「この方が気に入れば買ってください」と。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

可愛い台紙に挟んで渡してもらったのは
ポーズは決まっているが、顔は真っ黒。

プロのカメラで撮るのが上出来になるように
撮らなければ、商売は成り立たない。

若者育成のつもりで購入。

クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶんと薄暗くなり、エレベータで4階に下りると

クリックすると元のサイズで表示します

光り輝くツリーと三日月と鯉のぼり。
三脚に立派なカメラをセットしたオジサン2人に並んで私も撮影。

 クリックすると元のサイズで表示します

屋上に植えられた木々の向こうにそびえるツリーも綺麗。

押上から品川へは、羽田空港行き快速電車で1本。
こんなに便利なら、もっと早く来れば良かった〜。

こうして濃厚な1日は、充実感いっぱいのうちに暮れて行った。
6

2018/4/20

柴又・矢切りの渡し  旅・レジャー・アウトドア

柴又の駅を降りるとすぐに寅さん(渥美清)と、
見送るさくら(倍賞千恵子)の像。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帝釈天の参道には、土産物店がズラリと並び、
山田洋次監督のサイン入り石碑も
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

参道の両側に高木屋商店という団子のお店があり、

クリックすると元のサイズで表示します

「これが寅さんの映画の舞台となっていた店や!」
と、疑うことなく入り、

クリックすると元のサイズで表示します

草団子を注文。ところで…、こんな広かったかな? と。

クリックすると元のサイズで表示します

周囲には白黒写真がいっぱい展示されていて、

クリックすると元のサイズで表示します

お客さんの間を歩きながら、

クリックすると元のサイズで表示します

パチリパチリ

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
これらの一部を切り取ると
         ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

ここに写っている大柄部ふくよかな女性が
この店の女将さんだったんやろな?

クリックすると元のサイズで表示します

と思いながらも、
お客さんの邪魔をするわけにもいかず、
全ては見れず、撮れず。

クリックすると元のサイズで表示します

草団子を食べてお茶を飲んで一服した後
帝釈天に向かって歩き出すと、あれっ「とらや」?

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
看板娘らしきお姉さんに尋ねると、
撮影の舞台となったのはこの店だと\(◎o◎)/!

さっきの店は、ロケの休憩所として使った店なんやって!
そやから写真がいっぱいあるんや〜。

クリックすると元のサイズで表示します

団子を食べたばかりなので、
座って食べるわけではないのに、入れてもらった。

この店で夜間、1〜4作の撮影をしたが、
5作以後は神奈川県にある松竹大船撮影所内に
ロケセットを作って、そちらで撮影したとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
当時の階段が今も残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

申し訳ないので、4個串刺しにした団子を購入。
150円なので、こっちの店の方が安い。

どちらの店もお客さんで満席というほどではないが、
ちょうど団体さんが帰った後だとのこと。

渥美清さんが亡くなって
もう22年近くになるのに、
今なお衰えぬ寅さん人気、すごいね〜。

科学博物館に入る前に、
コンビニで買ったサラダなどを食べたので
団子くらいでちょうどよいのだが、

さすがに6+4個は、多い?

でも、歩きながら大根の漬物などの
試食をしながら、野菜と消化酵素を補給。

おかげで胃もたれ感もなく、快調に帝釈天に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

漬物の味もお寺の雰囲気も、京都や奈良とは違う。
山門の彫刻も立派で、
東京の下町の情緒があふれている。

クリックすると元のサイズで表示します

映画で見た半纏と同じ半纏を着たオジサン!
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
          広い境内はきれいに手入れされている。

矢切りの渡しの乗船は16時までなので、
強烈な日差しの中を日傘をさして歩く。

風が強くて幸い暑さはましだが、傘が役立たず。
10分ほどで渡し場に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

眺めているうちに、船は千葉県松戸市側に停泊、
お客さんが乗り降りしている。

クリックすると元のサイズで表示します

待っているうちに16時を回ったが、
7人のお客さんがあったためか、船に乗れた。

クリックすると元のサイズで表示します

船で川に出ると、とてもゆったりと静か。
昨年の嵐山の船旅のような派手さも賑やかさもないが、
気持ち良くて、心が和む。

松戸で2人が下船。帰途につくと、
小型の熊のような動物が船内を歩きだした。

人なつっこく、お客さんに撫でてもらっている!

クリックすると元のサイズで表示します

30代(?)くらいの船頭さんの飼い犬のようで
「クマ」という名だとのこと。

暑いときはどこかに隠れて寝ていて
涼しくなったら出てくるらしい。

胴体は太く、脚は短く、尻尾は短く、
顔はましく熊。こんな犬がいるの?!

クリックすると元のサイズで表示します

演歌「矢切りの渡し」で有名になったこの渡し、
往復400円で気持ちのいい船旅ができた。

金町駅に行こうか柴又に戻ろうかと迷ったが、
金町は少し遠そうだし、迷子になるのも嫌なので、

クリックすると元のサイズで表示します

柴又に戻ることとし、

クリックすると元のサイズで表示します

陽が低くなった帝釈天の山門前を通り、
柴又⇒高砂⇒押上⇒東京スカイツリーへと向かった。
5

2018/4/20

人体@国立科学博物館  博物館・美術館・建築など

4/20(金)はトコヨガ養成講座の試験日の予定だったが
2月が講師の都合で中止となり、試験は6月に延期。

私は試験に立ち会うべく
東京にいる日程を組んでいた。

その時間を利用して
10〜10時半の30分間、修了レポート
「私が理想とするトコヨガクラス」の
書き方について説明。

その後は講師にタッチし、
上野公園にある国立科学博物館に向かった。

1,600円でチケットを買い、きれいな石楠花を見ながら歩き
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

会場に入ると、全て撮影禁止。

解剖学の進歩の歴史・臓器の構造・機能などの
パネル・模型・ホルマリン漬けのような
実際の臓器などを見ながら進む。

腸・大網はきれいだった。
アインシュタインの脳にも驚き。

でも、これら以外は、
目新しいものは何もなし。

あとは、これまで勉強したことや
NHKスペシャル「人体」などで
放送していたことばかり。

途中からは撮影可能となり、
記念に天井の光のアートのようなのを1枚。

クリックすると元のサイズで表示します

パネルの写真も、「脊髄を走る神経の束」1枚は撮ったが、

クリックすると元のサイズで表示します

これ以上撮る気にもならず。

「最新の研究により…が分かった」
と謳いながら

胎児の模型だけは

「こんなきれいな姿勢の胎児は、
 現代は 1/10人くらいしかいないよ」

と言いたくなるような、古き良き時代の、
きれいな姿勢の胎児模型が展示。

ところが子宮の模型(タモリが入っていたの)は
現代的な横に広い逆台形っぽい形。

「こんな形の夜い子宮に、さっきのような
きれいに丸まった胎児が入るわけないやん!」

アホらしくて見ていられない気分。
周産期だけは全く
研究が進んでいないことがうかがえる。

8Kスーパーハイビジョンの映像なども見て、
歩くうち、もう売店に入ってしまった。

えっ、これだけ?! これで1,600円?!

ものすごくもの足りなさを感じながら
出口に向かうと、NHKの職員らしき人が
アンケートを配っている。

記念品をくれるというので、
上に書いた内容の感想・意見を記入。

もらった記念品は
シャープペンシル。使わんな〜。

「時間とお金の無駄やった」
と思いながら出口に向かい

既に切符を購入している
夫に電話しようかと思ったが、

解剖学などを学校で全く勉強していない夫は
実際の臓器なども見れるので、
まぁええか…、と思ってやめた。

外に出て駅に向かおうとすると
真っ白な美しい男性が音楽に合わせて
バレリーナのように踊りながら、
透明な球を操っている。

大道芸大好き人間の私は、
彼のまん前に立ち止まり、見入っていた。

10本の指がオーロラのように動き、
両手を離しても球は宙にフワフワと浮遊している!

だが、その瞬間は撮影しそこなった…残念(-"-)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

球は腕や肩の上を転がるので、
軽いわけではないのに…、
とっても不思議、きれい。

周囲を見渡すと、私以外
誰一人として立ち止まっている人はいない。

終わって1,000円のチップを渡して
Where are you from? と尋ねると、
「ポーランド」と。

これだけの技を身に着けるのに
どれだけ練習したんやろ?

ポーランドではお金を稼げなくて
日本にやって来たんやろなぁ。

なのに、私以外の誰も立ち止まろうともしない。

1日にどれくらい稼いで、
どんな生活をしているんやろ?

気の毒に思えたが、
幸せそうな彼のほほ笑みに励まされて
気を取り戻した私は、次の目的地
上野駅⇒日暮里⇒高砂⇒柴又へと向かった。
4

2018/4/19

『集客のための、ゆるマーケティング講座』残席あり!  トコ助産院セミナー

5/8開催予定の

『集客のための、ゆるマーケティング講座』

 〜人が集まる場づくりのヒント〜


受講者目線の優しい講座、まだ残席あります!

クリックすると元のサイズで表示します

【場所】京都トコ会館1階研修室

【講師】榊原 慶祐(ぬん)先生


自分のしたいことを"なりわい"として
独立開業するためには…

まずは、あなたの“想いや伝えたいこと”を
明確にすることが大切です。

これって、予想以上に難しいんですよね。

私のように独立開業するための How To を
セミナー受講生に、少しばかり伝えています。

でも、ブログ開設や広告ビラすら
作れない助産師がほとんど(-"-)

どんな仕事・お店であれ、学んでおくベきは
マーケティングやビジネスの基本です。

でも、それだけでは成功しません。
大切なのは…、

具体的な方法論以前に、
自分の大切にしている『想い』『得意分野』
『強み』『好きなこと』
『自分にしかない独自性』などを、
明確に、楽しく、掘り下げていく過程です。

「これがスタートライン」
ぬんさんが強調されているのはこれです。

ぜひご参加下さい!

自分の想いや伝えたいことを明確にして、発信し、

自分の足で自分の人生を歩みたい皆さん、

ともに学び、未来を語りましょう!


クリックすると元のサイズで表示します

【昨年のアンケートより】
・難しくて苦手になることをくだいて教えて頂けた
・自分を客観的にみる方法が分からなかったので、
 とても助かった
・ゆったりとしながらも、内容がつまっていてよかった
・これからやるつもりで受講したので切迫感があった
・いろんな方のお仕事への思いを聞けて
 とても気持ちが温かくなった
・知りたい内容を細かく教えて頂いてよかった
・マーケティングという難しそうな内容が
 すごくわかりやすく楽しく聞けた
・・・・・・・・・・・

【日時】5/8(火) 10:00-16:30

【対象】
*助産師など医療系国家資格保持者
*健康・保育・教育・運動・介護などの関係者
*整体師・カイロプラクターなどの療術業者
*ヨガ・体操・ダンスなどのインストラクター
・上記の特技を生かして開業し、成功したい。
・施設勤務者は(骨盤ケアなどの)リーダーとして、
上司に認めてもらって、職場で特技を活かし自己実現したい。
*飲食・物品販売・出版・芸術・カウンセリング…etc.の
お店・事務所を開いて自活したい人

【受講料】8,640円(税込)お弁当、お茶、お菓子付
     *トコ・カイロ学院ID保有者…7,560円(税込)

【問い合わせ・お申込み】
トコ助産院 電話  075-257-1103 
トコ助産院 メール tocojosanin★yahoo.co.jp
           ↑
  ★を@に変えて送信してください。

※メールでお申し込みの場合は、
下記の内容を明記の上お申し込みください

1.件名「第8回トコ助産院研修会の参加申し込み」
2.氏名
3.連絡先(携帯番号)
4.職種 

【もっと詳しくはこちらを】
トコ助産院ブログ
このセミナーに寄せるぬん先生と私との想い、内容・プロフィール
前回のセミナーの様子(魔女ブログ)
前回のセミナーの様子(トコ助産院ブログ)
前回のセミナーのお知らせ
4

2018/4/19

久々の“おとなまき”テレビ取材  SNS・出版・報道

4/18(水) の夕方、高輪サロンで
“おとなまき”のテレビ取材があった。

 クリックすると元のサイズで表示します

"おとなまき"がテレビで放送された直近のは
12/31 TBS系列のテレビ
「健康カプセル ゲンキの時間」

これは、美えな塾の片山やよい代表が担当。

高輪での収録は昨年の9/6、
「目覚ましテレビ」(フジ系列)以来、約8ヵ月ぶり。

"おとなまき"もテレビでのブームは去ったかと思ったが、
健康法としては既に日本に定着してきたようだ。

4/22(日)にもスタジオ収録があるのだが、
私は近畿で仕事なので、
4/18(水) の取材参加者の1人、
ふわり-Personal care-の仲真衣院長に依頼した。

放送予定は未定。
決まり次第このブログでお知らせします。

仲さんは大の"おとなまき"好き。

というか、"おとなまき"を毎日しないと、
体が辛くて、家事・育児・生業をこなせないとのこと。

そんな人にテレビ出演してもらう方がいいし、
若いし、きれいだし、話すのも上手。

そんな仲真衣さんのコラムを掲載した
メンテ"力"up通信300号が、本日配信!
(近日中にこちらで読めるようになります)

なにしろ、摂食障害(拒食症)から
自殺まで考えたことがあるという人。

「心の入れ物は体」と気付き、
体をケアすることによって今の彼女に至っている。

もちろん、仲さんのサロン
ふわり-Personal care-でも
“おとなまき”を体験できる。(写真は仲院長提供)

 クリックすると元のサイズで表示します

そんな仲さんが紹介されているのが
Web News Sidelines ぜひ読んでみてください。
4

2018/4/18

AI時代に求められる人間の生き方とは  その他つれづれ

これは就職活動中の優秀な学生を対象に配信されている
web news クリックすると元のサイズで表示します

未来をリードする人材の あるべき姿を追究する
「就プロ」オリジナル連載で、
今回のお話は
京都大学総長の山極壽一(やまぎわ・じゅいち)先生
(ゴリラ研究の世界的権威)による

「AI時代に求められる人間の生き方とは」

私のような婆が読んでも感動、共感できました。

妊産婦を導く助産師にも、
子ども達を導く親御さん達にも
とても参考になるお話だと思います。

 なお、この記事は私の空手の先生
 竹林篤実先生のfacebook で知りました。
 先生が「お手伝いした記事」とのことです。

これを読んでいただければいいだけのことですが、
私を「そうそう!」と頷かせた部分を少し紹介します。

> (人間が)生物であり続ける以上は、
> 身体を意識しなければならない。

これは私が整体師・助産師として常々大切にしていること。
ゴリラの研究者にこう言っていただけるのは嬉しい。

> 本来、人間にとって最も幸せなのは、
> 他者と身体性を通してつながり合っている状態だった…

ゴリラも人間もこれが希薄だと、子孫は栄えないのに…、
助産師としては嘆かわしい現実。

> リーダーに求められる資質は2つあります。
> 他者を感動させる力と、危機管理能力です。

90歳になるまで人を感動させられる仕事がしたいな〜。

> また危機管理能力として必要なのは直観力です。
> データを元に頭で考えるのではなく、100%正しくなくとも、
> 致命的な間違いだけは犯さない直観力です。

何かというと「エビデンスはあるのか?」と言い、
どんな状況の中で得られたのか分からないデータを
鵜呑みにして、それを錦の御旗のごとくに掲げて
“骨盤ケア”や“まるまる育児”を攻撃する人の多いこと。

丸く包まれてスヤスヤと寝ている赤ちゃんの
おくるみをはがして、
「赤ちゃんは硬い布団の上に、仰向けで寝かせるべき」
と言い放ち、
赤ちゃんが辛そうに泣いていても、
平気で横目で見ている医療者。

こんな状況が続いても、赤ちゃんの脳が
育つと思っているのでしょうか?

心身ともに健康な若者に育つと思っているのでしょうか?

「赤ちゃんが死にさえしなければ、
 自分の責任は問われない」

こんな気持ちで働いていては、
大事な新生児期を危機にさらしてしまうと思う。

「直観力も危機管理能力もない」医療者・養育者
であってはならないと思う。

> あいまいなことを、あいまいなままに留めておけるのが
> 人間の知恵なのです。
> いくら正解を求めても、
> 唯一の絶対解など得られないケースが多々ある。

人間の体の診方、評価の仕方、施術・ケアの仕方は
「唯一の絶対解」なんてあるはずがない。

そんな曖昧さの中を彷徨いながら、
1人1人の「よりまし」を求めて
私も多くの助産師・整体師も働いている。

ということで、山際先生のお話を読んだ私の感想の結論は、

「整体のできる助産師は、AI時代が進んでも
最後まで失業しない職業であり、
養育者の役割をAIに委託するのは難しい」ですね。

なお、冒頭に書いた

> (人間が)生物であり続ける以上は、
> 身体を意識しなければならない。

に続いて、

> 身体性をないがしろにして脳の欲するままの
> 食生活や行動を取るようになった結果、
> 糖尿病などの生活習慣病が増えているのではないでしょうか。

とありますが、それはもちろん正しいと思います。
その一方、
「生活習慣病は胎児期〜3歳の育ち方が大きく影響する」
 というDOHaDの概念も広がりつつあります。

ここに紹介していますので、
ぜひご覧ください。

山際先生の記事を読んでの感想を
ぜひ皆さん、コメントくださいね!
5

2018/4/17

イブニングセミナー@周産期・新生児医学会  その他のセミナー(ケアギバー対象)

2018年7月9日(月)16:00〜

第54回日本周産期・新生児医学会学術集会

イブニングセミナーのご案内


クリックすると元のサイズで表示します

この学会員は産婦人科医・小児科医がほとんど。
そんな中で(有)青葉共催セミナーを
開けるようになったことは、大前進!

ここにある、DOHaDとは
Developmental Origins of Health and Disease の略で

「生活習慣病は胎児期〜3歳の育ち方が
 大きく影響する」という概念

この研究が、近年世界中で進んいて
日本でも研究者が増えてきました。

今回の演者は、DOHaD学会の医師3人と、
それに気付き実践してきた助産師菅さん。

菅さんは潰瘍性大腸炎という難病を持ちながら
自然分娩・母乳育児の夢を叶え、
2児を育てている開業助産師。詳しくはこちら

座長は2人で
金山尚裕先生(浜松医科大学 病院長)
服部律子先生(岐阜県立看護大学 教授)

服部先生は、今から二十数年前、
大学院生時代にすでに、

小さく生まれた子と、そうでない子とでは、
粗大運動には違いがないが、
微細運動には違いがあったことを研究。

素晴らしい先見性と、改めて感服。
座長に推薦し、快諾いただけた。

学会員ではないが、聞きたいと思われる方
(助産師・看護師など)の参加費は
特別に設定される予定。
ぜひ、聞きに来て下さい。

ちなみに、私は総合司会(MC!)の予定です。

人が健康に生きるための根源的に重要なことが、
これまでないがしろにされてきたと私は感じている。

でも、もう行き着くところまで行ってしまい、
多くの人々が、早産・低出生体重児・
発達障害児の多さなどについて

「おかしいのでは?」と気付くように
なっているのではないでしょうか?

菅さんの経験や、3人の研究者のお話は、
日本の産婦人科医・小児科医のみならず、
すべての医療・健康にかかわる
人達に聞いてもらいたいと思っています。
12
タグ: 胎児 新生児 周産期



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ