2013/3/29

金融機関のメリット  

誰かが話してたんですが
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは、返済期間が長いかわりに、一括払いや分割払いの場合よりも利息をたくさん取れることにあります。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりもおおよそ1.5倍高いようです。
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは何でしょうか?リボルビング方式では、一括払いや分割払いの場合よりも返済期間が長いかわりに、利息をたくさん取れます。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりも、ざっと1.5倍は高く設定されています。
フラット35と言う言葉を聞いたことがありますか?マイホーム購入を具体的に考えていて、金利のことで頭を悩ませたことがある方にとっては一度は検討したことがあるプランだと思います。これは返済終了まで金利が変わらない長期固定型金利の住宅ローンなのです。
フラット35というのは、マイホーム購入に際して、資金を受け取る時に返済終了までの金利・返済額が確定する住宅ローンです。一切金利の変動がないので、支払う金額が増減すると言うことは全くありません。従って長期にわたるライフプランを立てやすくなります。一方、貸し手の金融機関にとっては、貸し倒れリスクがあるものの利息をたくさん得ることができるリボルビング方式は、人気の高い返済方式なのです。カード大国アメリカでは、リボルビング方式が主流です。日本でも店頭などでは、リボルビング方式を勧められる場合がほとんどのようです。
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは何でしょうか?金融機関にとっては、リボルビング方式は、貸し倒れリスクがある一方、利息をたくさん得ることができます。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりも、1.5倍は高く設定されています。だから、店頭などで返済方式が選べる場合には、一括払いや分割払いではなく、リボルビング方式を勧めらます。
ってそんな事の知ってましたか?
かーど保険の比較
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ