2012/4/29

武装神姫 ベイビーラズ  フィギュア

こんにちわー、ボーダーラインです。

ブログのアクセス解析や検索ワードを見ても、
ここのところ、武装神姫やカメラ関連などが上位にきていて、
ドール関連のワードはかなり下の方になってる模様。

ドールブログなのに、最近は神姫の方が登場回数多いのですが、
今日も神姫関連の記事です、はい(マテ

写真
今回は、エレキギター型の神姫である<ベイビーラズ>ですね。

先日お迎えしたばかりなのですが、
意外とプレ値がつくこともなく、定価と同じような金額でお迎え成功。

神姫は、再販が普通に掛からなかったりするので、
気が付くと笑えないプレ値が付いてたり(-□-;)

写真
↓撮影機材↓
-------------------------------
・OLYMPUS OM-D E-M5
・COSINA NOKTON 25mm F0.95

・OLYMPUS Viewer 2
・PhotoShop CS4 Extended
-------------------------------


今回の撮影は、友人から借りている“OM-D”で撮影しました。
段々このカメラのクセを掴めてきたように思うのですが、
神姫を撮ることにおいても活躍してくれそうです。

昨日の夜、“OM-D”の中古を運良く見つけることが出来たので、
ボディだけとりあえず購入したのですが、
レンズの方もやはり、“NOKTON 25mm F0.95”にしたいと思います。

“OM-D”と“NOKTON 25mm F0.95”の組み合わせは、
マニュアルフォーカスなのを除けば、
個人的にはこれ以上ない楽しい組み合わせだなーと。

写真
このツリ目でツンっとした感じを見ていると、
CVは釘宮理恵とか絶対合うだろうなー的な(~□~;) マチガイナイ

それは置いといて、素体はMMS3rdのsmallが使用されているので、
小さい神姫が余計に小さく感じます。

写真
表情を通常顔に変更。
表情は、テレ顔・通常顔・叫び顔の全3種類。

デザイナーは、アーク・イーダと同じCHOCO氏が担当していて、
どの表情パーツのアイプリも、
かなり情報量多く良く出来てます。

写真
ライトアーマー状態だとこんな感じ。

パーツも一つ一つが、ゴシックかつロックでポップ。
オプションのマリー4ザ・エレクトリックギターも良い感じ。

写真
ちなみに、<ベイビーラズ>が踏んづけてる四角い箱は、
メディテック社のジェイムソン型擬体の社長。

誰それ?という方は、
攻殻機動隊の第八話を見るとよく分かります(ぇー

写真
アートフィルターのラフモノクローム。

“OM-D”のアートフィルターは、
フィギュア撮影とかでも普通に使えるので便利。

写真
社長もラフモノクロで。社長、超渋いっヽ(~□~ )ノ

写真
そんでもって、これがフルアーマー状態。
ベイビーラズ>2個分のパーツを使用しています。

本当は発光ギミックが内臓されているのですが、
電池を買い忘れてしまい発光状態で撮影出来ませんでしたorz

写真
発表から発売までに、2年間を要しただけあって、
遊び応えのある神姫だと思います。
ベイビーラズ>おすすめです。

そういえば、明日はドールショウ34ですね。
自分も参加する予定です。

それでは、また次の更新でっ! ノシ


追記:
Flickr!で、2度目のExploreを頂きました。感謝ですヽ(-w- )ノ
選出された写真は、こちら→[CUSTOM YO-KO 2]
10

2012/4/26

OLYMPUS OM-D E-M5の続き  カメラ機材

    __
   (   . .\
     \ l  \
      )ー  ) シュッ
    /_  /
   // ( (
  〇    \\
         〇

     __
    /  . . )
  / l  /
  ) ー (   シュッ
  \  _\
  //  ) )
  〇 //
    〇


こんにちわ、少し早いGW中のボーダーです。

今回も前回に引き続き、
OM-D”で撮った写真を載せてみることに。

写真
正直、前回はモノクロが多過ぎて賛否両論だったような(-□-;)

なので、今回はカラー写真を多目に。
“OM-D”はカラーでも、遺憾無く性能を発揮してくれました。

また前回に引き続き、写真は一番最後のモノを除き、
撮って出しの状態で載せています。

写真
カラーでもどことなく懐かしく優しく、そして柔らかい描写。

何故か価格comなどの掲示板では、
この“OM-D”に搭載されているセンサーの出所について、
わりとネガティブな書き込みが多いのですが、
このカメラのセンサーが例えどこ製であったとしても、
写真を撮るという行為に何か影響を与えるのでしょうか。

自分の答えは、それに関しては断固として「NO」です。

写真
各収差を敢えて残し味を作り出した“NOKTON 25mm F0.95”と、
通常ではあまり見られないような、
ハイライト・シャドーのピーキーな調整がなされた、
このカメラとの組み合わせは、稀に見る相性の良さ。

写真
オートホワイトバランスは、
CANONの機種に比べると今一歩な印象。
それでも、色味が優しいせいかエグくなりません。

ただ、使い慣れてクセを掴めば、
その辺の改善は十分可能な範囲っぽいです。

写真
画角とか露出とか構図とか、
そういう事を気にしない自由に楽しく、
ただ撮りたいから撮った、好きに理由なんて無い的な、
そんな肩肘張らないスタイルに向いたカメラだなーと。

写真
相変わらず強力にサポートしてくれる5軸手振れ補正。
F0.95の極薄被写界深度でも、難なく撮影可能。

写真
手振れ補正やバリアングルがある機種を使うのが、
初めてだったのでこの便利さを知ってしまうと、
これらの補正が無い撮影環境は少し億劫になるかも。

そう思いたくなるほど、本当に快適です。

写真
ワッフル……(~¬~ ) 汁

何も設定してない状態だと色味は暖色傾向な様子。

写真
にゃんこクッキー。ウワーナニコレテラギザカワユスオレキモス

写真
青色のチェック。

ここのところ曇ってるので、まだ空は撮れてないのですが、
水色とか青とかは、わりと素直に出るみたいで、
これが世に言うコダックブルーと双璧を成す、
オリンパスブルーなのかなーと実感。

写真
話は変わりますが、アスペクト比が変更出来ることに驚きました。
メインで使っている“5D Mark2”では変更出来ません;。

しかも、付属されている現像ソフトの“OLYMPUS Viewer”を使えば、
撮影後でも普通にアス比の変更が出来ちゃうみたいで、、、


  ( ゚д゚)       
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  (゚д゚ )      ・・・
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚)      ・・・
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )      
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /


……ってなりました、いや、まじで。

デフォルトだと4:3になってるのですが、
変更出来ることが分かってからは、
いつも使い慣れている3:2に変更。

写真
カラー多目とか言っておきながら、
我慢の限界を迎えモノクロ三連発(ぇーぇー

写真
白黒写真の観点から見ると、
“OM-D”には通常のモノクロモードと、アートフィルターを使用した、
ラフモノクロームの2種類が存在するのですけども、
どちらも今まで使ってきたデジタル一眼に比べ、何かが違う感じ。

写真
ノイズの乗せ方が秀逸。これが撮って出しで出せるのがスゴイ。

写真
“NOKTON 25mm F0.95”の開放玉ボケ。

このレンズは、開放だとかなりソフトですが、
F2.8あたりまで絞るとボケのバランスが良くなり、
F4まで絞るとキリっとした単焦点らしい、クリアな描写に一変。

絞りによって、描写が変化するレンズは使っていて楽しいです。

写真
アートフィルターのクロスプロセスを使用。
撮った花は、たぶんマーガレット。

写真
同じ場所から、デジタルテレコンバーターを起動した写真。
焦点距離を2倍にすることが可能な機能で、
画質もさほど落ちず、いざという時に便利。

写真
ぇー、今回はここまで。
オリンパスさん、素晴らしいカメラを作ってくれてありがとう。

そして、こんな楽しいカメラを無償で貸してくれて、
本当にありがとう謎の覆面モデラーちんすこうさん(マテ

めっちゃ感謝ですm(_ _ )m

それでは、また次の更新でっ! ノシ
19
タグ: 撮影 機材 OM-D



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ