「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/1/31

(無題)  日々の活動報告

 今日31日は、明日の事務局会議のレジメづくりその他をしました。その中で、今までアドレスを書いて下さった学習会などの参加者のメールを整理しました。こちらのアドレス打ち間違いで、情報が行かなかった方がおられました。申し訳ありません。まだ、見直しの出来ていない人がおられますので、早急にして、きめ細かく連絡したいと思います。よろしくお願いします。
0

2011/1/30

バザーも計画中  日々の活動報告

2月1日は、〈つくる会〉の事務局会議です。今回は、場所が変わって、コスモス研究所で行います。堺東駅を出て南に一条通方面に行くと、堺市役所南東の門に信号があります。それをやり過ごして次の「新町」という信号を右折する(岸川歯科が目印)。百bほど行くと上野第2ビルがあります。その中の1階奥です。

2月22日の総会の準備など、この日もまた盛りだくさんな内容です。総会には、資金集めの一つとして、バザーを計画しています。といっても、ささやかに、会場を賑やかにしようという意味もあります。その時に出そうという木工作品を、今日1月30日にヤングクラスのT君が来て、猫のミニチュアイスを作りました。「無茶おもしろい、はまりそうや!」と言って、熱心に作っていました。作品は当日のお楽しみに。
ここの木工機械はすべて学ぶ作業所に寄附するつもりですので、みんなで、手作りの良さを味わって欲しいと思います。ものづくりは、人間らしさ復活の原点です。
1

2011/1/25

ロゴマーク決定  日々の活動報告

「学ぶ作業所ぽぽろスクエア」のロゴマークを先週のヤングクラスで話合っていただいて決まりました。いろいろ、意見が分かれていましたが、ここはやはりヤングクラスの意見を尊重しようと思います。

 一つのことを成し遂げるには、たくさんの方々の知恵が結集していくのだなあ、と日々実感する今日この頃です。建設資金訴えのリーフレットのカットも、元介助員さんが無償で書いて下さいました。とてもほのぼのとするカットになっています。できあがりは2月1日、みなさん楽しみにして下さい。

 
4

2011/1/21

松原地区説明会&懇談会のお知らせ  行事案内・報告

 本日、事務局長の「みみずく」さんが松原市の「ぽッぽの会」の皆さんの会合にお邪魔し「学ぶ作業所」のことを訴えさせていただきました。17人の方がいらっしゃって、とても熱心に聞いていただいたそうです。
 さっそく、2月2日に説明会&懇談会を開かせていただくことになりました。なんと、関心が高いから参加いただける方が多いだろうということで、ホールを会場にとっていただいたそうです。ありがとうございます。

 今日は高槻でもMさんから娘さんが通われている作業所の法人・施設幹部の方々に総会のチラシを渡しながら訴えさせていただいたとか。とても関心が高く、自らの課題として作業所作りにも反映していきたいとおっしゃっています。
 2月10日の放出での「つどい」の参加者も広がっています。東大阪市の就学前の方からも是非参加したいという返事がありました。子どもさんが大きくなった頃には夢が形になるように、例え専攻科ができていなくても「ゆっくり学べる作業所は必要なので頑張ります」とのこと。

 以下は松原市の説明会チラシ(H事務局長作)からとりました。

松原地区説明会&懇談会 ご案内
日時:2011年 2月2日(水) 10時〜12時
場所:松原市総合福祉会館 3階ホール(「ぽっぽの会」で表示)
(大阪府松原市新堂1ー589―6) TEL072-336-0805 高見ノ里駅南東309号線東側沿い

連絡先:堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(大阪発達支援センターぽぽろ事務所内)
大阪市鶴見区今津北1-11-32 電話06-6964-0703(FAX06-6964-0704)

<参加呼びかけチラシより>
 障がい児の子育てに日々心を砕いておられる保護者の方々、「学ぶ作業所」という言葉をご存知でしょうか。この作業所は、高等学校や支援学校高等部卒業のあと、さらに2年間、自立支援法の中の自立訓練(生活訓練)を使って、学ぶことを取り入れた生活訓練をするという試みの作業所です。「もっと学びたい」という願いから生まれました。
「学ぶ作業所」を作る取り組みを始めて約4ヶ月。手探り状態でしたが、多くの方からのアドバイスを受け、このたび「ぽぽろスクエア」と名づけて〈堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会〉を立ち上げることになりました。2012年3月開所をめざしています。青年たちが自分らしさを見つけ、社会参加がよりスムーズになることをめざしています。そして、高校・支援学校高等部卒業後の専攻科づくりの発信も続け、地域の財産となる場をもめざします。
けれども、まだまだ〈「学ぶ作業所」ってなに?〉という方がたくさんいらっしゃいます。松原の地に作るので、まずは松原の方に知っていただきたいと、説明会と懇談会を開きたいと思います。たくさんお越しいただければうれしいです。
3

2011/1/19

ぽぽろスクエア・ロゴマーク  日々の活動報告

 T君がロゴマークを考えてくれました。
 ぽぽろのPをイメージして、あとはスクエアのスペルを使いました。
 Qの中に家をデザインして、ぽぽろがみんなにとって暖かいホームになることと、最後のEの先に矢印がついているでしょう?これは、でもここに留まらずに社会に出て行こうという意味を込めました。どうでしょうか。
 後は色ですが、なかなか決まりません。どれがいいと思いますか?
 
 ロゴマーク(案)はこちら(
sxnga.pdf)をご覧ください。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ