「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/2/26

訴えれば関心がアップ!  日々の活動報告

 先日の22日、「つくる会」の総会には支援学校の先生がお二人来ておられました。進路先の有力な選択肢の中の一つとして「ぽぽろスクエア」を考えていただいていてありがたいことです。質問で「利用者の方は堺・松原の方ですか?」と聞かれました。いえいえ、送迎はできませんが通える方ならどこにお住まいの方でもOKですよと答えました。4月から特別支援学校にも進路情報として「ぽぽろスクエア」の案内をお送りして、面接に入る予定です。

 大阪府立障害児学校教職員組合(府障教)にも申し入れをさせて頂きましたが、組合の中央委員会でも報告して頂き、支援して頂くことになりました。その関係でしょうか、問い合わせや振り込み用紙付きのチラシが欲しいというお話がありました。ありがとうございます。

 この水曜日にはある法人さんの学習会にぽぽろから研修も兼ねてスタッフが8人も参加させていただきました。そこでも「学ぶ作業所」の必要性と意義を受け止めていただき、「保育所も含めて4施設で関わっていただいていますのでカラーのチラシを50枚ください。協力させていただきます。」と向こうから言っていただきました。ありがたい話です。

 また、会社関係からも会社の名前を何かの機会に宣伝していただけるのなら寄付を検討したいのでという申し入れがありました。ぽぽろの療育を利用して頂いている方からのお話です。今度の8日の事務局会議で検討させていただきます。

 建設業者も決まり、いよいよ募金集めと利用予定者の組織です。関心もアップしてきました皆さん、頑張りましょうね。
2

2011/2/23

(無題)  日々の活動報告

中学校の現職の友人にリーフレットを預けて、「職場で共感してくれそうな人に渡してくれないか」と頼んだら、職場の分会長さんが、「学年毎に袋を回せば良いんじゃない」、と言ってくれました。もちろんそれだけでは何のことかわからない先生もたくさんいるので、他の友人も加わって一人ひとりに声を掛けて説明してくれたそうです。その結果、何と、校長・教頭を初めほとんどの先生がしてくれたそうです。友人からその話を聞いて、説明に回ってくれた先生に早速お礼の電話をしました。そして友人には、「お礼の言葉と共に、参加者の声などをニュースにするので、掲示してもらえるように作って又持っていくわ」と言うと、「原稿さえあれば全員に配るわ」と言ってもらいました。有難いことです。
 こんなふうに、職場で話題にできるのはきっとふだんの人間関係がよいところなのかなあと思いながら、やはり気さくに声を掛けてお願いをすることが大切なんだなあと頭が下がりました。
 リーフレットをおおいに活用して、声を掛けたいですね。
5

2011/2/22

つくるかい第1回総会  日々の活動報告

 みなさん、今日22日はとても温かい日でした。そして、堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会の総会の日だったのです。この温かさは、つくる会への祝福だったのではないでしょうか!と思えるぐらいたくさんの方が参加して下さいました。
 スタッフ18人、ヤングクラス6人、ギター演奏してくれた高橋紗都さんとお母さん、それ以外の参加者が59人で合計85人でした。100人の部屋がほぼいっぱいでした。うれしい限りです。
クリックすると元のサイズで表示します

 若者の発表もなかなか思いのこもった内容で、好評でした。保護者のリレートークも子育ての葛藤をくぐり抜け、力強いメッセージがありました。具体的で切実さがよくわかった、と感想にもありました。これから少しずつ紹介していきたいし、今日第1号を発行したつくる会ニュース「ぽぽスクだより」にも載せていきたいと思います。「ぽぽスクだより」は、総会の様子を写真に撮って、その場でパソコンに入れ印刷するという試み、ヤングクラスのTさん・TUさんが廊下に出てやってくれました。
 バザーはお母さん方にまかせっきりでしたが、7800円の収入がありました。お世話して下さった方、買って下さった方、有り難うございました。
 入会もたくさんして下さいましたが、会計の方に詳しい数字を聞いて又お知らせしたいと思います。とりあえず、あらましとお礼をお伝えします。
4

2011/2/17

3人寄れば懇談会・出かけます!  日々の活動報告

 久しぶりに放出からの報告です。
 以前、松原市で懇談会をしましたが、その時の説明資料を5部欲しいという連絡がありました。早速H事務局長がお届けしました。

 更に、先日の「つどい」に来られた方が、泉南市の「セリカの会」の関係者の方々とお話しされて、4月25日にH事務局長がお話に伺うということになりました。是非とも泉南市にも「学ぶ作業所」が欲しい!という声が上がったそうです。22日の総会にも4人の方が参加して下さるそうです。ありがとうございます。待ってまぁ〜す。
 専攻科を設置させる声とと「学ぶ作業所」の取り組みが府内のあちこちで広がれば嬉しいです。

 今日もある支援学校の高等部2年の担任の先生から問い合わせがありました。少し離れているけど、堺や松原市以外の地域からも通えるのか?通えるのであれば保護者に情報提供をしたいと。

 Hさんは3人集まればどこでも出かけますと、声がかかるのを待っています。
 以下の内容のチラシも作りました。気軽に呼んでくださいね!


呼んで下さ〜い
  “学ぶ作業所・専攻科”
         を説明します!

 学ぶ作業所「ぽぽろスクエア」の建設が進んでいますが、まだまだ、学ぶ作業所とこれまでの作業所との違いがよくわからないという方や、専攻科って何?と思っておられる方、何人でもかまいませんので、もっと知りたいという方々、3人以上おられれば説明に行きます。呼んで下さい。
連絡先:大阪発達支援センターぽぽろ内
〈堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会〉
TEL06-6964-0703  e-mail :poporo-hattatsu@nifty.com
3

2011/2/17

追伸:ペン立てはいかが?  建設資金づくり

 以下のH事務局長からの投稿をつけるのを忘れていました。追加して再投稿します。
 嬉しい話ではないですか!

「今日6日は、ヤンクラ(ヤングクラス)のT君が、事務局長H家で木工作成に取り組みました。初めてのオリジナル作品です。エレキギターの好きなT君らしい作品です。総会のバザーに出そうと考えた物。売れると良いですね〜。ものすごく手間がかかっています。作りながら、ものづくりの良さを語らって、いかに頭を使うか!と納得し合っていました。H家にある機械はすべて「ぽぽろスクエア」に寄附します。機械は危ないですが、危なくない仕事を考えて、楽しいものづくりになればと思っています。先日も、友人から「学ぶ作業所で木工をするんでしたら、是非、私の子どもに木のぬくもりの感じられるおもちゃを作って下さい」との要望が寄せられました。有難いことです。みんなで、木のおもちゃを考えて、収入に貢献しましょう。」


 ぽぽろSQUAREの総会の際に会場でミニバザーをすることになりました。そこで販売するペンたてを「ふくろうさん」がヤンボラのTくんと一緒に作りました。ちゃんとロゴマークも入っています。他にも多数あるそうです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ