「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/7/31

全障研大会でTシャツ完売  日々の活動報告

 全障研大会の二日目、分科会が終わりました。

 レポート報告をしてくれたぽぽろのShaくん、ご苦労様。
 とてもしっかりした報告でした。
 来年は「実績」を含め仲間とともに参加できたらいいですね。
 Shaくんが参加した分科会も大人数でレポートが足りないくらいでした。
 見晴台学園(NPO法人立)で本科・専攻科と5年間学びつつある・学んだ専攻科生の皆さんが7〜8人参加されていて全員発言。今回の大阪旅行での通天閣界隈での冒険(学生たちだけで観光ツアー)について「何が一番楽しかったの?」に応えて語ってくれた話がとっても印象的でした。
 全国に福祉事業型「専攻科」づくりのとりくみが大きく広がっている様子も、そこでの魅力あふれる実践の様子もよく分かりました。
クリックすると元のサイズで表示します


 Tシャツも完売!!
 KさんとOさん、お疲れさん。
 実はぽぽろなど、手元にもTシャツはもうほとんどありません。Sサイズはどこにもありません。これから回収に回ります。ご協力ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4

2011/7/28

初めての体験会  行事案内・報告

 昨日の体験会の様子です。

 早朝の8時半に集合し再度綿密な打ち合わせを行いました。
 スタッフのSくんとOさんは元「教育職」の皆さんから事前「指導」を受けましたが、慣れない「福祉職」にとっては相当なプレッシャーのようで、Oさんなんかは「ぽぽろ」でも緊張の日々のようでした。
 授業のテーマやねらい、教材選び、実際の指導計画など確かに教育と福祉ではかなり進め方が違うよね。
 でも、大丈夫です。じきになれます。コツをつかめば大丈夫。それに支えの退職した教育スタッフがいるからね。この強みを生かそうね。

クリックすると元のサイズで表示します
 受付にもずらり。
クリックすると元のサイズで表示します


 この日のプログラムです。
クリックすると元のサイズで表示します
 いよいよ始まりです。この時は参加した6人の生徒の皆さんの緊張もピークでした。
クリックすると元のサイズで表示します
 日直さんを立候補で決めました。「起立」と号令をかけたときに「周りの人がちゃんと立っているか確かめてね」と言われたのも緊張のため聞き流していたのかすぐに「礼」と言っていました…。
クリックすると元のサイズで表示します

 午前中の書道の様子です。か細い字がだんだん伸びやかに丁寧に書けるようになりました。今日はこの作品を壁かけをつくって飾ります。ますます映えて、自分の作品として誇らしく大切にできるだろうね。
クリックすると元のサイズで表示します


 お待ちかねのお弁当は「ほくぶ作業所」の配食サービスの500円弁当とメニュ−です。とってもおいしかったです。今、配食用の容器をなくして食缶に入れて配達していただき、ぽぽろスクエアで食器を用意して配膳するようにすれば400円に安くしてしていただけるように交渉中です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 一番盛り上がったのがお昼の休憩時間。寝っ転がったり、遊んだりするのにちょうどいい広さの畳の部屋がありました。生徒さんたちはそこで大いに盛り上がり、和気あいあいの交流になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
 これはまるで修学旅行みたいです。「押入れの冒険」?6人が全員入りました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 今日で二日間の体験会が終わります。
 どんな体験になったでしょう?帰ってお家の方とよく相談して二日間のことを語り、何が良かったのか?何が不足だったのか?何よりも自分に合っているかどうか?よくよく話し合って、是非とも最後は自分で決めてほしいなって思います。

 
 私たちにとっては歴史的で画期的な一日となりました。本格的に松原の地で足を踏み出した最初の日、ふりかえってみれば大阪で「学ぶ作業所」づくりを始めた第一歩とも言えるでしょう。記念すべき日に参加してくれた生徒諸君、ありがとう。第一期生として入学されることを心より期待しています。
6

2011/7/24

ぽぽスク模型  建設関係

 暑い夏!ぽぽスクつくる会メンバーはTシャツ販売に駆け回っています。30日、31日は全障研大会で販売予定です。参加者の皆さん、買ってね。
 サイズSの在庫が底をつきました。Mはやはり男性向きでしょうか?私たちが対象とする業界はやはり女性が中心なのでしょう。男性の皆さん、着替えも含めて2着3着と買ってくださいね。

 さて、募金活動の方はやはり当然のことですが、私たちの関係する団体や業界は震災募金で頑張っており、ぽぽスクの方は一人ひとりにていねいに当たる以外にありません。先日も支援学校の方に聞いたら、この夏休みを利用して教員(教職員組合)の方々は年休を取って東北への支援に参加されるとかで、募金活動を活発にしておられると聞きました。私もまだ教師をやっていたら真っ先に駆けつけたことでしょう。
 ぽぽろスクエアの建設募金は現在、大口の方の募金もありやっと1千万円を超えたところです。暑い夏、頑張りましょうね。

 さてさて、「夢を形に!」ぽぽスクの模型が出来上がりました。
 白くて分かりにくいですが、これが道路側、つまり駐車場と玄関です。
 左側の緑の部分は畑です。玄関スロープには屋根がつく予定です。(と書きましたが、屋根はありませんでした。「ぽぽろ番」の勘違いでした。スミマセン)
クリックすると元のサイズで表示します
 上から見た模型です。
クリックすると元のサイズで表示します
 屋根をとってみると、中をのぞくことができます。
クリックすると元のサイズで表示します

 反対側の後方からみた模型です。畑ではどんなものを作るのでしょうか?楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 今週の27日、28日の「ぽぽろスクエア」体験会は定員7名のところに6名の申込がありました。説明会に来られなかった方への説明も27日午前中に行う予定です。また、「願書」などの資料もお渡しする予定です。会場はぽぽスク建設予定地の近くの公民館です。8月24日、25日には第2回目の体験会も予定しています。詳細は発達支援センターぽぽろ(乙須・おとす)までお問い合わせください。 


 この写真は7月初旬の大阪府教育委員会との交渉風景です。「支援学校高等部に専攻科を設置してください」と迫りました。
クリックすると元のサイズで表示します
 スタッフのSyaくんが口火を切りました。仕事で参加できなかったOくんの原稿をヤンクラ生のTaくんが代読してくれました。(詳しくは「ぽぽろだより」と「ぽぽスクだより」に載る予定です。
 府教委の回答は現状を説明するだけの冷たいものでした。つまり、大阪府は一般就労に力を入れて高等部での職業教育を重視しており、100%一般就労をめざす高等支援学校やすべての支援学校に「職業コース」を設置して早くからの職業体験で適応力をつけているというものです。私たちの障害のある高校生がもっとゆっくりじっくり学んで青春を謳歌しつつ、将来の進路を自ら選び取っていく移行支援教育を!遠回りのように見えて、一般就労や福祉的就労をしっかり定着させる近道ですよ!という私たちの訴えへの共感は感じられませんでした。一般就労した高等部卒業生の定着状況の調査は交渉には間に合わず、8月になるとの回答でした。注目したいと思います。
 やりとりの中で、「専攻科」はあたかも高貴な学問をめざすところであり、優等生が進学するところですよとでも言いたげな発言があり、どんなに障害が重くても教育と学問は生きる上で大切な権利であるという姿勢が感じられませんでした。せめて、「遠い将来、教育年限が延長されると嬉しいですね」とでも一こと言えないものかと悔しい思いをしました。

 橋下知事さんに言いたい!「教育日本一!」をめざすというなら、日本の公立支援学校で初の専攻科を大阪府立で設置して日本中から、いや世界から注目される施策をやって欲しい!
 府教委に訴えて2年目の夏です。決してあきらめないぞ!第三の教育権保障運動を広げて、高等教育進学への扉をこじ開けましょうね。
 ぽぽろスクエアの建設はその第一歩です。
 皆さん、負けないで頑張りましょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
4

2011/7/17

(無題)  日々の活動報告

先日の15日(金)、Tさんと二人で備品の調達に行きました。堺の中学校2校へ、廃棄処分になるものを頂いたのです。教頭先生、事務の先生と支援学級の方々に大変お世話になりました。また、地主さんにもまたまた軽トラックを貸して頂いて、3往復をしました。今度ばかりはガソリンを入れてお返ししなければと思っていたのに、疲れ果てて、すっかり忘れてしまいました。
 「もう一人は男手が絶対入りますよ」と荷積みを手伝って下さった教頭先生のお言葉で、そういえば、積むときは学校なので手伝ってくれる人がいるけれど、おろすときはどうなるんやろう、と浅はかな自分に愕然。そんな急に言っても来てくれるほど皆さん暇じゃないよなあ…と思いながら、Nさんに連絡を取ると、午後なら何とかと、大変有難いお言葉にすがりました。
 予定を組みなおして、岸和田への搬入をやめ、またまた我が家に入れることにしました。朝の8時半から夕方の6時半まで、昼食を取った以外は休むこと無く炎天下の作業でした。何人もの方に助けてもらってやっと荷積みができてこの時間。もしそれがなく、岸和田に運ぶなどしていたら、夜中になっていたかも。次は2トントラックを借りようか、と話が出ましたが、2トントラックを運転できる人いますでしょうか〜。
 で、ゲットした備品の数々を紹介します。
 作業台3台、一人がけソファ二つ、本箱(180センチの高さ)、書類ケース(なかなか大きい)、書類ロッカー(無茶大きい)、自転車2台、展示パネル(コンパネ三つをつなげて足がくっついた大きさ)、蛍光灯の器具(大)、洗濯機、身長計、事務イス(回転する)、折りたたみベッド、ベンチ(ばらばらに分解して、組み立てられるかなあ)、まな板30枚ぐらい(木工の材料にはなる)、染め桶(4つ、くず入れになる)、載って遊ぶ板(名前を知らない)、丸イス(10脚、張り替え必要)、包丁5本ほど、すり鉢二つ、食器少々 でした。
 この日の下見に行ったときに、洗い桶5つ、ジューサー、ミキサー2台、デジカメ3台、録音機(小さい)、たらい、大きなボール(2つ、球ではありません、お料理に使う物)を頂いています。これが、全部我が家にキタノで、ますます体を縮めて動いています。一日も早く建つことを願うばかりです。
7

2011/7/11

福祉事業型「専攻科」エコールKOBE見学会  行事案内・報告

 私たちが参考にする一連の福祉事業型「専攻科」=エコールKOBEはJR「新長田駅」から徒歩5分のビルの地下1階にありました。そこは、地下鉄の「新長田」駅改札口を出たところの商店や飲食店等に囲まれた一等地でした。
クリックすると元のサイズで表示します

 参加者は兵庫県立特別支援学校からのご本人・保護者・担任さんを含めて15名。大阪からは「つくる会」事務局スタッフ7人以外に東大阪のお父さんとお母さんが3人、泉南市から2人でした。
 快く大勢の見学会を引き受けていただき、ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
 退職教員で学園長のKaさんの「楽しい学園生活」をめざしているというお話と確信に満ちた若々しいお姿に参加された保護者の方が感銘・感動を受けておられました。

クリックすると元のサイズで表示します
 すぐ近くにあるカラオケ店の看板には「エコールKOBE指定店」の文字が…。授業の中でカラオケ大会の企画をしてこの店にくり出すとか。
 この事業所が以下に地域に根ざし、根ざそうとしているのかの象徴のように思えました。すぐ近くの銀行には店員さんから口座開設・利用の説明をしていただき、一人一人が銀行口座をつくり、利用料などの振り込みをしている(実際の学習)とか。近くのスーパーには調理実習の買い物に出かけたり、商店のレストランなどには外食の授業で出かけたり…なかなかのものです。
クリックすると元のサイズで表示します

 この「鉄人28号」が立つ新長田で復興をめざす商店街に根ざす力となったのはエコールKOBEを事業化した株式会社WAPコーポレーションが作業所の製品販売や福祉事業等を通じて県からも地元企業からも信頼を得てきたことによるというお話でした。
 実際に地元の協力を得て、近くの元小学校跡地の運動場や調理室、音楽室の活用なども可能になっているということです。
クリックすると元のサイズで表示します
 一年目は「入学者」は定員の15名丁度だったそうです。エコールKOBEが一歩を踏み出したことで、特別支援学校の進路指導にも影響が出始め、大きな注目を得ているようです。
 私たちも一年目の産みの苦しみを乗り越えて頑張ろう!とコブシを突き上げました。
クリックすると元のサイズで表示します

 さて、この水曜日は堺(松原)に学ぶ作業所をつくる会事務局会議です。事務局への参加が支援学校からも期待されそうで心強いです。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ