「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/8/29

みんなで学ぶ教育のつどい  日々の活動報告

 昨日(28日・日曜)は、大阪の障害児教育について父母や教職員、関係する福祉分野の職員などが一緒につくりあげ、学ぶ「みんなで学ぶ大阪の教育のつどい」でした。
 「ぽぽろスクエア」にも連動するぽぽろのヤンボラ・ヤンクラの実践と「学ぶ作業所」づくりの運動についてぽぽろ大東のスタッフ・Shaさんがレポート報告しました。
 「学ぶ作業所」づくりは単なる「作業所づくり」ではなく教育の制度として高等部卒業後の学ぶ場・「専攻科」をつくらせる運動です。第三の教育権保障運動とも言われています。第一が「養護学校義務制度化実現」の運動。第二が「高等部希望者全入」の運動。そして、大きな課題である「教育年限延長・専攻科の実現」が第三の運動です。つまり、権利ですから誰にとっても必要な、希望すれば誰でも利用できる制度の実現です。
 「つどい」は経過からいっても先生方の参加が中心です。ですから、福祉の世界の話としてではなく、教育の課題として制度面だけでなく青年期に求められる実践的な共同の課題としても理解していただくことを期待して参加しました。
 若いスタッフの報告は大いに参加者を元気づけたようです。分科会の共同研究者である和歌山の専攻科づくりの先駆者である小畑耕作先生からも励ましのことばをいただきました。私が参加した分科会の参加者の多くは年輩者でした。どのように若い世代にバトンタッチするのかはどこでも大きな課題のようです。
 ぽぽろスクエアを担う予定の若きスタッフに大いに期待したいものです。
 同時に陰に陽に「学ぶ場」づくりに奔走してくれている退職スタッフのみなさんにも、ぽぽろスクエアでの実践力アップにご協力いただくことを大いに期待しています。
 そして、現職の先生方が各地での「学ぶ場」づくりにご協力いただくことを心からねがっています。
 もう一つ、福祉分野ではすでに高校・高等部卒業生や一般就労に「失敗」した仲間を受けとめて実践をされています。「子どもから大人へ」「学校から社会へ」の移行支援のあり方、卒業生の「学び直し」は共通の課題ですので、お互いに学びの交流をしたいものです。

 「つどい」用に残しておいた最後のTシャツも昨日完売しました。ありがとうございました。収益は35万円程度にはなったでしょうか?最終の結果が出ましたら報告いたします。


 さて、次は9月20日の第8回・卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどいin堺です。チラシはぽぽろのホームページ「青年とぽぽろ」コーナーに掲載しました。是非多数、ご参加ください。
6

2011/8/26

“実習とは違う”学びの場?  日々の活動報告

第2回体験会が無事終了。
 「畳の部屋が広くていいなあ」と気に入って、休み時間にはごろんと横になってくつろぐ風景が印象に残っています。やはり空間というのは大事なんだなぁと、その姿を見ていて感じました。スタッフのUさんも一緒になって横になっていると自然に皆が集まり、そのうちおとなしいA君の絵を見て、すごいとか、これなんだろうとか、わいわい…。A君も、うつむいたままだけどにっこり笑っていました。そして、二日目には、B君が、「A君、昨日より声が大きなったで」と言ってくれました。他にも、集合が送れたら声をかけたりして、1日一緒に過ごすだけでも、繋がりの気持ちが芽生えているなあと思える場面がいくつかありました。
 防災グッズの学習を午前に、午後は、額縁づくり。錐で穴を開ける、紐を結ぶ、刷毛を使うなど様々な作業がありました。難しかったけれど、みんなほんとに頑張りました。額に書写作品を入れて最後に鑑賞会。文字と額の柄がみんなよくあって、どれも素敵!一緒に見て下さっていた保護者の方も、にこにこと頷いて下さっていました。

 保護者の方の声・感想を紹介します。
 * ふだん見られない積極的な姿があったのでおどろきました。
 * 夏休みにあちこち実習に行っていて、ぽぽろの実習二日目やねえと言うと、「あそこは実習と違う」という言葉が返ってきた。
 * 3月の開所が待ち遠しいです。
 * 物怖じせず参加していたのでよかった。
 * すごく楽しそうな表情が見られて、よかったなあと思う。
 * うちの子には少し難しい内容ではないかと思ったのですが…。
   (「生徒の様子を見て、中味も援助の仕方も変えますので心配はいりません」とスタッフより説明しました。実際、作業の中でできなかったことができるようになる場面もあり、またストレスがたまらないような配慮もします。)

 二日目の昼休みに、公民館の管理人さんがテーブルが重くて移動できないのでちょっと助けてくれませんか、と私に声がかかったので、これはチャンスと、みんなに「誰か手伝ってくれる人はいませんか」と言うと、M君とS君がすぐ手を挙げてくれて、倉庫からテーブルを二つ運んでくれました。管理人さんからもお礼の言葉が掛けられました。
 終わってからのスタッフの反省会で、これから地域の方々との交流もしたいね、との話から、この公民館で資金作りのバザーを開きたいね〜という声が出ました。もし実現したら、皆さん応援して下さい。

4

2011/8/25

第2回体験会  行事案内・報告

 昨日、今日と「ぽぽろスクエア」の2回目の体験会です。参加された方はのべ11名になりました。第1回目体験会とだいたい同じ内容です。
 「日直」も二人が自主的に手を挙げてすんなり決まりました。
 自己紹介をしてから書道の取り組みに入りました。
 昨日、午前中にとりくんだ書道の作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 書道の合間に私は初めての保護者の方に「ぽぽろスクエア」について説明をしてから、建設中の場所まで保護者の皆さんを案内しました。ちょうどお昼時で建設関係の方はいらっしゃいませんでした。地盤を強化するためのくい打ちが終わって、建物の土台の部分の工事が始まっていました。それを見てみなさん、「思ったより広いね」とおっしゃっていました。
 
 これまでも含めて説明会で出される質問の中で共通した内容があります。「子どもたちには学べる期間が延長されることはとってもいいことだと思う。でも一方で、子どもの自立を考えたら、手に職をつけて早く就労した方がいいのではないでしょうか?ぽぽろスクエアに行かせたい気持ちが強まる一方、就労させて厳しい環境においた方がいいのではという君との間で揺れます」と話されます。学校の先生方の場合にはもっと強いのかもしれません。「ですから、自立訓練事業2年間のあとに行くところがちゃんと用意されているのか?」という質問が返ってきます。
 皆さんは、どう考えられますか?
 そんな場合、私たちは結論を急がず、子どもたち(生徒)自身が試行錯誤しながら考え決めていくことを助ける、或いは子どもたちと一緒に考えてみましょうねと呼びかけています。親や教師の思いが先行しないように、子どもたちの自己決定を尊重しましょうという支援のあり方が問われています。

 「学校から社会へ」「子どもから大人へ」の青年期の移行課題は「就労すること」だけではありません。社会生活を送る上での必要な課題・能力は広く深く、「就労」はその一つにすぎないのだし、「就労」を支える力が細かったり、親や家族に依存し続けていたのでは長続きしないと思います。青年期の豊かな教育・じっくりゆっくり自立への力をつけるこそ必要だと考えています。

 さて、夜は堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会の事務局会議でした。
 社会福祉法人コスモスさんの研究所をお借りしました。いつもありがとうございます。

 9月20日の卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどいでは体験会に参加いただいた保護者の方の意見もお話しいただこうということになりました。

 9月20日(火)午前10時〜12時 サンスクエア堺です。駐車場(有料)はあります。講演は坂井清泰先生(電通大教授)です。参加費は無料です。どなたでお気軽にご参加ください。終了後に個別の説明会や相談会も予定しています。

 また、第一次利用募集登録の期間が9月1日〜20日までとなりました。定員に達すれば基本的には一次で締め切りとなりますが、申し込み状況をみながら3回目の体験会を12月ごろに計画し、第二次募集(個々の募集は随時可能ですが)期間を決めさせていただく予定です。

 なお、募金額は1,400万円に近づいています。まだまだこれからです。奉加帳なども増刷し頑張ろうということになりました。
 
4

2011/8/11

Tシャツ売れました  日々の活動報告

 もうお盆です。この夏中に売らないとTシャツは売れ残ると心配していましたが、皆さんの努力でほぼ完売する見通しがつきました。有り難うございます。ステンシルにご協力下さった方々、あちこちの集会で訴えて下さった方々、職場で広めて下さった方々、本当に有り難うございます。はじめ五〇〇枚と聞いて、えーっ!と思いましたが、みんなの力が集まるとできる物なんですね。うれしい限りです。Tシャツ屋さんにもずいぶん勉強して頂いて、とても有りがたかったです。品質のよいしゃつだったのでとても売りやすかったということもあります。ただ、ピンクのSサイズを多くしてMサイズを少なく注文すればよかったと反省しています。なんせ初めての経験なので。よい勉強になりました。
 ですが、建設資金はまだまだ。なにかまた、楽しみながら資金集めに貢献できることはないかと知恵を絞っています。
 備品の方ですが、先日冷蔵庫を頂くことになりました。以前頂けることになっていたところが、駄目になって、困っていましたが、これで解決しました。まだ2年ほどしか使っていない物です。しかも12月まで預かって下さるとのことで、助かります。それから、電動糸のこ機を2台頂くことになりました。1台約10万円する物です。古いですが動きますので、問題ありません。
 ミシンも業務用を、地主さんから寄附して頂くことになりました。こちらは新品で、業者さんが作業所への応援の気持ちを使い方など教えることで協力したいとのことです。業務用の方が将来手に職をつけることになって良いのでは、というアドバイスも頂いたのです。
 「ぽぽスクだより」第3号を印刷に回しました。もうすぐしたらお手元に届くと思います。宣伝用に余分に刷っていますので、お友だちに広めて頂ける方は言って下さい。送ります。
2

2011/8/7

明日は集い実行委員会  日々の活動報告

明日(8日)は卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどいの実行委員会です。場所はぽぽろです。
お昼の12時〜1時まで実行委員会をやって、その後、電通大の坂井先生の講演を聞きます。
実行委員会の方は保育体制がありますのでご利用ください。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ