「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/12/31

宝くじに当たった?  日々の活動報告

 三日前に、郵便が書き留めできたので、「何だろう」と思って開けたら、宝くじが百枚ありました。銀行の預金が懸賞付きで、その懸賞が宝くじだったのです。本日発表の「年末ジャンボ宝くじ」だったので、一度も買ったことのない私に、宝くじとは!となんか胸騒ぎがして、今日を待ちました。そして、先ほど番号を見ると、やはりそんなに甘くない、奇跡は起きない、と夢破れ、こんなことなら「百枚分の代金3万円を現金で欲しかった」と欲ぼけています。
 もし当たれば、借金を返して『ぽぽスク』を2階建ちにして…なんて思っていたのです、はははっ。でもまぁ、百枚あると必ず当たる6等と7等で6千円が入りましたから、縁起が良いことは良いかも知れません。このオーラをぜひ来年にも、と願って今年を終えたいと思います。そしてどうか来年もよろしく。
3

2011/12/28

場所代もサービスしてくれました  日々の活動報告

 『きらっと』の展示が今日で終了したので、Sさんと搬出に行ってきました。この日は『きらっと』も仕事納めでしたので、最後にみんなでティータイムをして、ねぎらい合いました。
 楽しみにしていた物品の販売は、冬らしく、毛糸の靴下が完売、キルティング製品もほとんど売れて、太らないスイーツのケーキもだいぶ売れていました。占めて売り上げは12750円という額になりました。しかも本来なら『きらっと』に1割納めなければならないのですが、建設資金にと免除してくださいました。何から何まで有り難うございます。
 更に、牛乳パックの募金箱にも千円札が穴から垣間見える。うーんと悩んだあげく開けてみると、なんと2611円もありました。みなさんの温かいお気持ちに感謝!!です。
 
 今日は、また木工の注文もありました。もちろん資金協力のためにということで、我が家まで知人が注文者を連れて来てくださって商談を?したのです。いつもは材料費も出るかでないかの値段ですが、「今回は手間賃を取ってくださいね。資金協力だから」と言ってもらえたので、思い切って「800円」と言ったら、お二人が「えー、そんなに安くていいんですか」と言うので、思わず「では千円で」と言うと(なんとええかげんな!)、それでも「そんなに安いんだったら10個頼みます」となりました。心の中で「うーん、もう少し高く言えば良かったかな?」と逡巡したけれど、後の祭り。でも、喜んでもらえるんだったらそれで良いし、まあ忙しくなるけど、好きな事だから苦にはなりません。が、何せ時間が無い。誰か手伝ってくれないかなあ〜。木工は楽しいよ…なんちゃって。
 さらに、今日会った別の知人と思いもかけず『ぽぽろスクエア』のことに話が弾んだのですが、別れ際に、な、なんと1万円もカンパをくれました。まったくこれはうれしい想定外の出来事です。
 年の終わりに当たり、なんか験が良いのでは、と喜んでいます。金額ではないのですね。それぞれの心がさざ波のように伝わりあい、響きあって、それぞれが自分のできることで協力をしようとしてくれている。これって本当にうれしいですね。カジノで100億円使う人には逆立ちしてもこのうれしさは買えないですね。
 というわけで、元旦から木工にどぶっと
使っていると思います。
7

2011/12/26

なんと2台で2往復  日々の活動報告

 いよいよ引っ越しの当日が来ました。心配した天気には恵まれましたが、超寒い一日でした。でも、みんな寒さを忘れての奮闘ぶり。2トントラックと、ワゴン車の2台が朝9時半にH宅に来ましたが、一目見るなりAさんは「こりゃ一回では無理やな」とのたまった。結局、その2台が2往復したのです。それもどうやったら2回で載るかと、ううう〜んと知恵を絞って、まるでパズルを解くような作業でした。Uさん、SYAさん、SIさん、Aさんの4人が奮闘して積みました。

クリックすると元のサイズで表示します
(これがHさんの家の中を玄関からのぞいた様子。物品であふれかえっています。きっとHさんは1畳のスペースで我慢した生活をしてらしたことでしょう。やっと年末大掃除ができますね。ワンちゃんも、ありがとう!U)

 2回目の出発に当たってUさんは車の鍵がないと騒ぎだし、探すこと約1時間…。近くの公園まで行って探したそうな。で、どこにあったでしょう。彼のズボンのポケットにあったのです。
 Uさんは、朝、H宅に来るときも迷ったとか。Aさんが「Hさんのくれた地図あるで」と言って渡そうとするので、「同じ地図渡してあるんよ」。「えっ?それ見ながらきたんやろ、すごく分かりやすい地図やったで。何で迷うんやろ」とAさん不思議そう。「学力の違いです」とH。いやいや、Uさんの個性でしょうか。
(またまた、個性だなんて…。Hさんの地図のおかげで間違わないで近所まで来れました。近所は助手席のShaくんにいただいた地図を見てもらいながら私は運転してきたんですがね…。大回りしただけで、ロスは3分程度。一番についたのだけどなぁ…。カギのことは「開いた穴があったら入りたい!」U)

 『ぽぽろスクエア』では、Sさん、SAさんご夫妻、Oさん、TOさん、TIさん、が降ろした積み荷を手早く部屋に入れて、みんなで昼食ができるように整えてくれていました。お向かいがスーパーというのも何かと便利で、Hさんお手製のおにぎり、味噌汁、サラダほかおかずに加えて、SEさん差し入れのコロッケや唐揚げなど、なかなか豪華なお昼でした。明るいぽぽスクでわいわい言いながら食べるのは楽しいの一言。その中で、心配していたピアノの運送屋さんが決まった話で、な、なんと7100円で運んでくれるところを見つけたと言うと、「安い−」と歓声が上がりました。

 夕方までかかって、何とか少し整理しましたが、年明け1月5日から早速この続きと足りない物の調達に励むことで散会しました。

 みなさん本当にご苦労さまでした。この日は犬猿の仲のHさんとSIさんも仲良くお片付けをしていました。やはり、みんなで協力しながら一つの目標に向かって創りあげていくのは楽しいことなんです!お疲れの出ませんように。『ぽぽろスクエア』の第一歩が始まった記念すべき日となったわけです。

 何枚か写真がありますので、楽しそうな様子を想像してみてください。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
7

2011/12/23

引っ越し間近  日々の活動報告

 本格的な冬到来。この寒い中、26日にはH宅に保管している備品等を『ぽぽろスクエア』に移動します。少しでも能率良くするために、小物は衣装ケースなどに詰め替えて、毛布など家具を包む敷物を用意し、スーパーで段ボールをもらって来るなど、準備にいそしんだ一日でした。老体のため夕方には腰が痛くなって横になったら寝てしまいました。あ、あ、あ、哀れ…。
 で、寒くて起きて、ピアノの搬送先から見積もりが届いているかとメールを開けるも返事なし。おかしい???どなたか安い運送屋さんをご存知なら教えて下さい。
 『きらっと』の展示は28日の4時までです。建設資金募金のための品物がだいぶ売れていたので、うれしいです。パッチワークの鞄など破格の値段なのでまだの方はぜひ行って見て下さい。「安すぎるよ!」との声も聞かれました。

 遅くなりましたが、うれしいお知らせ。先日の第3回体験会の参加者Kさんからお礼のはがきが来ていました。みんなで感激して読ませてもらいました。本当に楽しい体験会で、こちらが元気をもらったお礼を言わなければならないくらいです。
5

2011/12/22

おばさんは良くしゃべる  行事案内・報告

 『きらっと』でのヤンクラ昼食会のその後

 まっさらの『ぽぽろスクエア』に車に便乗して行く。きれいな建物にみんな感嘆しながら、部屋の真ん中に車座になって、いろんな話が始まりました。
 その流れで、つい、私がO君のことを話題にしたため、ずっとその話になってしまいます。Haちゃんは、別の部屋で一人耐えていました。そして「おばさんたちは良くしゃべる。『きらっと』でもO君の話になって、おばちゃんたちがずっと話していた」と。
 
 例のごとくO君が遅れてきたそうな。しかもO君はヤンクラの活動をまったくせず、いきなり「行く」と言いだして、定員満杯で場所がないので、私やOさんの昼食は返上して参加を受け入れるしかなかったのに、遅れてくる。12時から1時の時間帯を取るのにどれだけ神経を使ったことか!「遅れてくるなら、遅れた結果としてのペナルティをきちんと与えるべきだと思う」と思っている私です。時間を守る大切さ・約束を破るとはそういうことなんだと身をもって知ってもらうために。O君は時間を守ろうと思えば守れる力があるから言っている。
 O君が遅れてきたために午後からアルバイトのあったT君のみんなと過ごす時間が奪われてしまった。それを怒るT君の気持ちをO君に分かる力をつけるためにも、ペナルティはO君には課すべきだと思う(あえて念を押しますが、誰にでもペナルティを課すべきとは言っていません)。
 いくらO君が場を盛り上げるからといって、約束破りまくり、日常何の活動もしないのに、忘年会での司会をさせるというのもまったく納得がいかない。それをUさんがブログの「ぽぽろ番」でかばっている?から、「むむむ…」と怒りのおさまらない私です。しかも、本人の前で「それが彼の障がいだから」と言う人もいる。それは彼の逃げ道を作っているようなもの。納得いかない。他の人間に彼の理解を深めるために言うのなら分かるけれど本人の前では言って欲しくない。私が「許さない」と頑張っている努力は何なんだと思う。

 と、何の話か全然分からない人もいるかと思いますが、伝えたいことは、障がいをどう見るか、障害者との関わりをどうすべきか、まっさらの『ぽぽろスクエア』で話が延々と…。せっかく楽しもうとしていた何人かの人たちはとても悲ししかったのではないかと、深く反省している私です。貴重な時間を使ってしまいました。テーマとしては大切だったのですが、TPOを間違えました。遠くから参加してくれたM君ごめんなさいね。MEちゃんもごめんなさいね。MEちゃんのお母さん、気遣ってくれて飲み物やらお菓子やら買ってきて下さって、有り難うございます。久しぶりに会えたTUさんもごめんなさいね。「またか〜」とうんざりしたことでしょう。

 で、4時前になったので、いくらなんでも話をやめて、帰る人は帰ることになる。残った6人で、大泉公園まで行く時間が無くなったのですぐ近くの小さな公園に行き、バレーボール?をやりました。なかなか遊び勝手のある公園で、「ここ、いいね〜。使えるね〜」と言いながら、15歳から64歳の間の6人がボールを追いかけたのです。その後気になっていた傍の「手作りパンの店」にいって、Sさんが少しのパンを買い、『ぽぽろスクエア』に戻って、新しい年のヤンクラの話をしました。新年会の料理を何にしようか…で、O君があれこれ言うので、私が「言うだけで何もせんかったら、食べたらあかん。分かってるやろな。できあがった頃にくるつもりか」と釘を刺す。引っ越しの話やら、Haちゃんの受験の話やら、TIさんの就職の話やら、成人の集いの話やら…。今思うと、ここでの話は、みんな本音で、地で、素で話している。それが『ぽぽろスクエア』なんだなあ、ということです。意見が分かれても、時には頭から湯気を出して言い争っていても、決して関係が壊れることがない。そんな『ぽぽろスクエア』を多くの人と関わりながら、広げていくことを大切にしよう!!

 私は『きらっと』の昼食会には参加できていないので、そこでの写真や記事を他の人でアップしていただければうれしいです。
 長々とお読みいただき有り難うございます。
 
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ