「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/12/22

法人本部の内覧&説明会  建設関係

 今日は大阪障害者センター=法人本部の内覧&説明会でした。
 私たち常勤スタッフで内覧しましたが、全体的には機能性と明るさ、新築ホームNEWキラキラならではの快さに感嘆の声が上がっていました。

 明日は建物の引き渡しです。

 26日には多くの方々からご提供いただいた大型・小型備品類の搬入を行います。「みみずく」さん宅は寝るところ以外は備品の山だそうです。一刻も早く備品に囲まれた生活から解放してあげなくてはなりません。午前11時すぐには「ぽぽろスクエア」に荷物が届くともいます。もし、お手伝いいただける方がおられましたら、現地(ぽぽスク)にお越しください。お部屋の掃除をしています。

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 いつも、畑には野菜が植わっています。お世話されている方からも「農業」の授業(毎金曜日・午後)へのご協力をいただくことになっています。農業の得意(好き)な元先生もいらっしゃいます。学生さんたちは、育てることと販売すること(「経済」)も学びます。ためたお金はどんな楽しみに使うことになるのでしょうか?お金の管理も銀行口座に入れて貯めていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

 さて、明日はぽぽろのヤンボラ・ヤンクラの堺にあるキラット訪問とぽぽスク見学会です。キラットではぽぽスク展示を見てからランチをします。
 ぽぽスクでも土曜日にはヤンボラ・ヤンクラをする予定です。余暇活動ではぽぽスク生とも交流します。
見学会でそのイメージもふくらむといいね。
5

2011/12/15

書写作品のできあがりとうれしい話  日々の活動報告

>〈最後に鑑賞会をしました〉
クリックすると元のサイズで表示します

〈そしてうれしい話〉
 16日は、『聖母の家学園』の見学に行ってきました。その内容の詳細は、U氏の方からまた詳しくあると思いますので、そちらに譲って、その往復の6時間はふだん話せない様々な思いが語れて、これも有意義な時間になったと思います。

 その中で、うれしいニュースです。先日まで第3回目の体験会の詳細をお知らせしてきましたが、現在、第4回体験会の参加者を募集中です。二日目の午後のカリキュラムは今までと違って新しく「ダンス講習」という内容で、若さあふれる時間になるだろうと、今からスタッフも楽しみにしています。「これまでの体験会に参加した人でも、この午後のプログラムだけはまた受けて欲しいなあ」という意見も出ました。
(今日、17日のぽぽろ忘年会に特別出演してくれたのですが、そりゃもう盛り上がったのなんの…詳しくはブログ「ぽぽろ番」をご参照ください)。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 そんな中で、すでに体験会の希望が複数聞かれているということで、うれしくなりました。とくに、ある支援学校の高等部3年生が、進路先の相談を2箇所でしたところ、まだ少し就職には早いのではないかという話がでて、「こんな所がありますよ」と『ぽぽろスクエア』を教えてもらったというのです。相談した2箇所のどちらからも『ぽぽろスクエア』の名前が出てきたので、「これは体験会に参加しておこう」と思われたそうです。
 少しずつ『ぽぽろスクエア』が知られてきたのかなあ、とみんなで喜び合いました。今回の体験会は、会場も『ぽぽろスクエア』だし、その意味でもうれしい取り組みになると思っています。

3

2011/12/15

寝るまで『ぽぽスク』の話でした  日々の活動報告

ドキュメント体験会 ーその6ー
 
 二日間の体験会の日程はあっという間に終わってしまいました。スタッフも参加者も保護者もそして見学者も、みなお互いに初めての出会いもいっぱいあったのに、いつもながらずっと昔からの知り合いのような気がして、離れがたかったです。
 1日目のあと、家でどうしたのかを聞いたら、「眠ってしまった」という声が多かったですが、それだけ緊張したり、頑張ったんだなあと分かります。しんどかったと思いますが、前向きに頑張ることも疲れるけれど楽しいことなんだと、体で知ってもらえればうれしいです。私たちも緊張したけれど楽しかった、とても!保護者の声や、参加者の声をランダムですが、覚えている限り載せます。

 *今、高等部2年生ですが、卒業したらここに来る、という見通しがもてて、自信に繋がりとても良かったです。あと1年少しを目的を持って過ごせるのが良いなと思いました。こういう小さいことを続かせなくては、これが続けば社会に出たとき、何か力になると思った。(保護者)
 *朝、やって来たときよりどんどん変わってくるの、が昨日も今日もとても 良く分かりました。素(す)の自分が出てきているなあと感じました。(スタッフ)
 
 *初めは緊張していて声も出ていなかったのに、1日目が終わって「明日で終わり〜、さびしい」といいました。そんなこということなかったので、感激しました。(保護者)
 *自分のことばが言える人、それをしっかり聞けている人、背中で聞いている人、それぞれに自分のペースで参加できていたのが良かったと思います。スタッフ)
 *ここでできたことが、家でも少しずつできていけばいいなと思いました。(保護者)
 *昼食時にH君がわざわざ、「ここにすわり」と言ってくれて、とてもうれしかった。意識してもらっているんだなあと感じました。参加者の4人も感じあいながら人間関係を作っているんだなあと思いました。(スタッフ)
 *仕上げが遅くなったりしたけれど、頑張って最後までできて良かった。(参加者)
 *参加しようかどうか迷ったけれど、優しいスタッフの人がいるからと言われて参加した。来て良かったと思う。(参加者)
 *楽しかった。疲れた。(参加者)


第4回 体験会は、1月26日(木)・27日(金)です。会場はまっさらの『ぽぽろスクエア』で行います。『ぽぽスクだより』に詳しい案内を載せていますので見て下さい。
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3

2011/12/14

スタッフ会議で初顔合わせ  行事案内・報告

 ぽぽろスクエア体験会裏番組のぽぽスク・スタッフの会議の報告です。

 初めての退職教員の皆さんによるぽぽスク・スタッフ会議、数学以外の教科経験のある退職教員の方々10人が参集してくださいました。
 印象的だったのは体験会を見学された体育担当の方がいきいきした「生徒」たちの姿を見てこれならできる!面白い!と思っていただいたこと。
 もう一つは理科の先生が「科学」の特別授業を引き受けてくださったこと。知的障害のある生徒への理科学習は一部を除いてあまりに貧困(理科教室などは真っ先に普通教室に転用されている?)で、教科学習軽視(か不要)の最先端をいっていると思われるのが自然科学ではないでしょうか?そこに挑戦してみたいなという静かな意気込みを感じました。特別授業を楽しみにしています。
 英語も楽しくやりたいな!
 この日が何年か後に振り返ってみたときに、意義ある歴史的な日だったんだといえるように駆けつけてくださった方々のお気持ちにも応えて頑張らねば…。

 この日は「つくる会」の事務局会議や、体験会の合間をぬって堺教職員組合の書記局を訪ねて協力の申し入れと懇談もさせていただきました。お忙しい中をありがとうございました^o^

 夕方5時には常夜灯のテストでぽぽろスクエアの玄関上のステンドグラスに灯がともりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 
スタッフの皆さんと見学会をしました。
 クリックすると元のサイズで表示します


 次回のスタッフ会議は一月の体験会後です。

 さて、あさっては聖母の家学園・専攻科の見学会です。次回の「つどい」「つくる会」でこの報告会を兼ねたぽぽスク見学会をしたいですね。

これがお弁当です。うまかったなぁ。
 開所後は「ほくぶ作業所」さんに配食サービスをお願いする予定です。この内容で食缶に入れていただき、運んでいただきます。およそ一食400円程度になるとおもいます。ふくぶ作業所はぽぽスクからは車で6〜7分ほどの堺市北区南花田町にあります。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/12/13

物づくりは、体での学び  日々の活動報告

ドキュメントその5


 二日目の午後は、1日目に書いた書道作品を飾る額を手作りしました。
 まずは、額縁おおう布を決めます。こういう時の決断の早さはいつもながら感心。今回もすぐ決まりました。それぞれまったく違う柄を選び重なるということがありません。
 布が決まったら、水溶きボンドでベニヤ板に布を貼ります。新聞紙を2枚敷いて、布の端までボンドをつけ上の新聞紙ごと布を引っ張り上げてぴしっと貼ります。これが結構難しいのです。力の入れ具合というか、台紙を片方で押さえ、もう片方の手で力を抜かずに貼り付けます。力を抜くと板にぴしっと貼り付かず、ぶよぶよになるのです。暫く乾かしている間に、同じ要領で書道作品を厚紙に貼ります。こんどはボンドをできるだけ薄く塗ることがコツです。
 布の貼れた額が乾いたら、キリで穴を開け、作品を止めるゴムを通す穴を8箇所開けます。さらに紐で吊るす穴を2箇所開けます。合計10箇所を開けるのでだんだん上手になるのが自分でも分かる作業です。量をこなすことが手先の機能を高めるのです。それは訓練という単純な繰り返しでなく、何か形のある物に繋がる、できあがりが楽しみな作業だと意欲が出てくるので、物づくりはとても大切な学びです。ゴムを結ぶのもけっこう難しいのですが、みんな弱音を吐かず頑張って最後までやりました。やり終えたとき、H君が思わず、そしてまったく自然に「つかれた〜」と口走ったので、スタッフ一同「そうやねぇ〜疲れたね〜」と言って、そのしみじみとした口調に笑ってしまいました。
 

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 
 最後にできあがった作品をみんなで鑑賞しました。並べてみるとそれぞれに味のある作品になっていて、本当に個性の豊かさが感じられます。ここでは優劣をつける必要はないので、その個性を丸ごと受け止められる場なのです。自分のペース、自分なりの楽しみ方も個性ですね。
 そして「分からない」「教えて」「疲れた」…そういうことが言える場というのも素晴らしい。それを大切にしている『ぽぽスク』です。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ