「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/12/10

“久しぶりに母性を感じました!”  行事案内・報告

 体験会ドキュメント―その2

 初日の作品の一つです。二日目はこの作品を飾る額縁を作りました。
クリックすると元のサイズで表示します

 ひときわ大きく書かれた「雪」の文字。のびのびと丁寧に書いた書をバックに午後の授業「すきな人ができたら」の中の「お出かけやデートのときの身だしなみ」の発表をするNくん。今日は彼の話を聞いてほしいなと思って書いています。二度も高校に行けなくなって在宅中(他人は「引きこもり」状態といいますが)の彼です。
クリックすると元のサイズで表示します

 説明会の席上で語られたお母さんのことばに少しホロッとしてしまいました。

 「私(お母さん)は今朝久しぶりにお弁当を作りました。(生活リズムが乱れがちのNくんが)早起きして二人分のお弁当を作る私の後ろ姿を見ていました。その時に私はホントに久しぶりに彼に母性を感じました。彼は今日の体験会のために昨日、散髪に行き、夕べ11時には寝ました。自分でも変わりたい!今がそのチャンスだという決意が感じられたのです。明日の日直当番さんを決める時に自分から手をあげるなんてなかったことで嬉しかったです!」と。
 お母さんの背中を押してくださったネットおおさかのMさんに感謝されていました。そのMさん、二日目にわざわざ見学にも来ていただいて感謝しています。体験会は1日だけでもいいかと思っていらしたようです。
 二日目も参加してくれた彼を引き寄せてくれたものは何だったのでしょうか?勿論、彼の変わりたい!という意思があったればこそですが、「優しい人たちばかりでよかった」といわせたなかまやスタッフへの安心感、授業の雰囲気だったのではないでしょうか。

 彼は電車が苦手。「回りの人が自分を見ているようでこわい!」のです。でも、ちょっとずつちょっとずつでいいからぽぽスクに通学できるようになるといいよね。
 彼の好きなことの一つはドラムだそうです。さっそくぽぽろのヤンクラ生でバンド活動をやっているT.Oくんに伝えると、土曜日の余暇活動などで一緒にできるといいよねと言っていたよ。
 
 帰る時の彼の背筋はピンと伸びていたそうです。
6

2011/12/10

第3回体験会 ドキュメント  日々の活動報告

 1日目
 9時半の受付には全員到着。まずは受け付けカードに自分で記入します。弁当注文の有無や写真の了解などのお話しを保護者ともします。4人とも写真はOK。あるお母さんは「私も撮って!」とのこと(笑)
 朝の会が始まるまでに、受付でもらった自己紹介カードをそれぞれに書いています。まずは気分を少しでもほぐしてもらおうと、スタッフが時々話しかけています。朝の会では、自分の好きなこと、ドラムや和太鼓が好きな人、お笑いが好きな人など、それぞれに言ってくれました。そして二日間の日直を決めます。「誰かやってくれる人いるかな?」と言うと、さっと手が上がりました。暫くして二日目も手が上がって決まります。みんな積極的で、良いスタートが切れました。
 午前の授業は、書道と篆刻(てんこく)です。まずはどんな字を書こうか考えます。出てきたのは、「冬」「雪」「ぶり」「元日」と、この季節らしい言葉が並びました。どんどん書いていきます。太い文字で、みんな力強い作品になりました。
 休憩を挟んで、後半は篆刻ーーはんこづくりです。自分の名前のどこかの文字をはんこにして、作品に押します。本当は石を掘りますが、今日は発砲スチロールを使いました。紅いスタンプで押すと、ぐんと作品の品格が上がりました。なかなかのものです。
 授業の最後には日直さんの合図できちんと挨拶。座席の配置を変えてみんなで昼食、どんなふうにここまで来たか等の話が出てきて、緊張も少しずつほぐれてきたようです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ