「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/12/13

物づくりは、体での学び  日々の活動報告

ドキュメントその5


 二日目の午後は、1日目に書いた書道作品を飾る額を手作りしました。
 まずは、額縁おおう布を決めます。こういう時の決断の早さはいつもながら感心。今回もすぐ決まりました。それぞれまったく違う柄を選び重なるということがありません。
 布が決まったら、水溶きボンドでベニヤ板に布を貼ります。新聞紙を2枚敷いて、布の端までボンドをつけ上の新聞紙ごと布を引っ張り上げてぴしっと貼ります。これが結構難しいのです。力の入れ具合というか、台紙を片方で押さえ、もう片方の手で力を抜かずに貼り付けます。力を抜くと板にぴしっと貼り付かず、ぶよぶよになるのです。暫く乾かしている間に、同じ要領で書道作品を厚紙に貼ります。こんどはボンドをできるだけ薄く塗ることがコツです。
 布の貼れた額が乾いたら、キリで穴を開け、作品を止めるゴムを通す穴を8箇所開けます。さらに紐で吊るす穴を2箇所開けます。合計10箇所を開けるのでだんだん上手になるのが自分でも分かる作業です。量をこなすことが手先の機能を高めるのです。それは訓練という単純な繰り返しでなく、何か形のある物に繋がる、できあがりが楽しみな作業だと意欲が出てくるので、物づくりはとても大切な学びです。ゴムを結ぶのもけっこう難しいのですが、みんな弱音を吐かず頑張って最後までやりました。やり終えたとき、H君が思わず、そしてまったく自然に「つかれた〜」と口走ったので、スタッフ一同「そうやねぇ〜疲れたね〜」と言って、そのしみじみとした口調に笑ってしまいました。
 

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 
 最後にできあがった作品をみんなで鑑賞しました。並べてみるとそれぞれに味のある作品になっていて、本当に個性の豊かさが感じられます。ここでは優劣をつける必要はないので、その個性を丸ごと受け止められる場なのです。自分のペース、自分なりの楽しみ方も個性ですね。
 そして「分からない」「教えて」「疲れた」…そういうことが言える場というのも素晴らしい。それを大切にしている『ぽぽスク』です。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ