「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/12/28

場所代もサービスしてくれました  日々の活動報告

 『きらっと』の展示が今日で終了したので、Sさんと搬出に行ってきました。この日は『きらっと』も仕事納めでしたので、最後にみんなでティータイムをして、ねぎらい合いました。
 楽しみにしていた物品の販売は、冬らしく、毛糸の靴下が完売、キルティング製品もほとんど売れて、太らないスイーツのケーキもだいぶ売れていました。占めて売り上げは12750円という額になりました。しかも本来なら『きらっと』に1割納めなければならないのですが、建設資金にと免除してくださいました。何から何まで有り難うございます。
 更に、牛乳パックの募金箱にも千円札が穴から垣間見える。うーんと悩んだあげく開けてみると、なんと2611円もありました。みなさんの温かいお気持ちに感謝!!です。
 
 今日は、また木工の注文もありました。もちろん資金協力のためにということで、我が家まで知人が注文者を連れて来てくださって商談を?したのです。いつもは材料費も出るかでないかの値段ですが、「今回は手間賃を取ってくださいね。資金協力だから」と言ってもらえたので、思い切って「800円」と言ったら、お二人が「えー、そんなに安くていいんですか」と言うので、思わず「では千円で」と言うと(なんとええかげんな!)、それでも「そんなに安いんだったら10個頼みます」となりました。心の中で「うーん、もう少し高く言えば良かったかな?」と逡巡したけれど、後の祭り。でも、喜んでもらえるんだったらそれで良いし、まあ忙しくなるけど、好きな事だから苦にはなりません。が、何せ時間が無い。誰か手伝ってくれないかなあ〜。木工は楽しいよ…なんちゃって。
 さらに、今日会った別の知人と思いもかけず『ぽぽろスクエア』のことに話が弾んだのですが、別れ際に、な、なんと1万円もカンパをくれました。まったくこれはうれしい想定外の出来事です。
 年の終わりに当たり、なんか験が良いのでは、と喜んでいます。金額ではないのですね。それぞれの心がさざ波のように伝わりあい、響きあって、それぞれが自分のできることで協力をしようとしてくれている。これって本当にうれしいですね。カジノで100億円使う人には逆立ちしてもこのうれしさは買えないですね。
 というわけで、元旦から木工にどぶっと
使っていると思います。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ