「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/1/13

Uさん 元気になるの巻  日々の活動報告

 今日13日は、忙しい一日でした。午前中、カリキュラムの会議と並行して、保護者が5人、『ぽぽスク』の見学に来ました。建物を見た後、12時半頃までスタッフとの話が盛り上がっていました。
 カリキュラムの検討のなかで、大きなホワイトボードがいるなあとなり、教材店に電話をすると、昔のなじみですぐにカタログをもって来てくれました。とても良いことを始めたのですね!と感動してくれているふうで、うれしかったです。
 その後、洗濯機などをもらいに行く者、スリッパなど日用品を買いに行く者、児童デイの職場に戻る者と分かれて行動。おそーい昼ご飯を3時前にして、3時半過ぎからダンスの講師の方と打ち合わせを約1時間余りしました。とても素敵な方でぽぽスクの取り組みにも大変共感してくれました。まだ20代半ばの若い方ですが、前向きなアイデアなどもいろいろ出してくれて、とても希望のもてる話し合いができました。
 終わってから、Uさんなどはえらくテンションが上がって、「どんどん夢がふくらむなあ。これやからやめられない」などと、私には見せたことのないような満面の笑みで語っておりました。最近は、「もう、めいっぱい詰まっている〜」といつも悲鳴に近いつぶやきしか聞いていないので、可愛く、若い女性の威力を痛感しまくりました。まあ、どんな理由であれ、疲れ切っているはずのUさんが元気になるというのはうれしかったです。と、私も心が広くなれて、うれしい一日でした。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ