「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/1/21

招待状発送をしました  日々の活動報告

 昨日20日に、開所記念式の招待状発送作業をしました。ハジメはOさん一人でやっていたのですが、Hさん、OGさんが参加、センターのOKさんも手伝ってくださったおかげで、やっと6時前に終わりました。186通もの発送は結構かかるものですね。地図の一部を訂正したり、文字を大きくしたりなど、いろいろ途中で手間取ったのもありましたが、その作業をグチ一つ言わず、明るくテキパキとこなしているOさんは、人間ができています。
 この日は、準備室会議も予定していたのですが、超多忙なUさん、転んで打撲傷で安静の必要なSさんなど、メンバーが集まれなくて流れました。でも、早急な件が二つあったので、OGさんと相談して進めました。一つは、梅干しの販売です。もと、養護学校の校長先生のはからいで、和歌山の南部の梅干しが販売できるようになりました。でも、食べ物なので、慎重に取り組まねばなりません。まず一箱取り寄せて見ることになりました。そして、販売できる場所や、予約してくださる方がどれくらいいるかどうかを集約して注文することになりました。市販では1500円(税込み1575円)の品物ですが、1000円で売れることになりました。試食しましたがなかなかおいしいとみんなの意見です。みなさん、ぜひお買い求めください。そしてお知り合いにも勧めてください。減塩のもの、蜂蜜入りの物など3種類です。ちょっとお世話になった人へのお返しなどにもとてもいいと思います。開所記念や青年のつどいの時にも並べたいと思っています。
 もう一つは、生徒用ロッカーの件です。現在カタログを取り寄せています。置き場所を考えると、なかなか難しい問題なので、困っています。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ