「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/1/23

『ぽぽスク』発送しました  日々の活動報告

 昨日、コスモスの大浜作業所や結の里のイベントの帰りに『ぽぽスク』の連合自治会長さんと地主さん宅に開所式の招待状を渡しに行きました。イベントでは市長が挨拶に来ていたので、すごいなと思いました。そして、『ぽぽスク』も開所したら社会的な認知がされる訳だからしっかりしないといけないと思いました。今まで不十分な議論や理解のまま、内輪の中でのことだったので、なんとか切り抜けて来られたのだと思います。でもこれからはそうはいきません。
 帰宅して、たまっていた青木先生からのネット通信を読みました(すみません、溜めてしまって)。とても広範囲にたくさんの事業をしていることと、たくさんの行政との話し合いで進めているのがわかり、すごいなあと思いました。そして、こんなふうに、こちらから通信として発信するということが必要かなあと思います。なかなか、ブログも20のアクセスにならないからです。
 その、ネットからのご紹介で第3回の体験会に来られた Q男さんの記事が載っていました。
■この間、支援担当のKさん・Mさんの相談支援を受け、自分探しを模索していたQ男さん。来月の“ぽぽろスクエア”の体験入学に参加される気持ちを固められたということです。“ぽぽろスクエア”とは、障害者自立支援法にもとづく自立訓練事業を使って、青年期にふさわしい生活と結合した教育の実現をめざす、いわゆる“学べる作業所(専攻科に相当するもの)”です。そのQ男さん、最近、中断されていたドラムの練習も再開されたとのことです。新しい自分探し・自分づくりにむけての意欲の高まりを感じさせる姿です。

 というものです。Q男さんは、大変しっかり体験会をこなされ、な、なんと2月25日の「青年のつどい」にドラムを披露してくれることにまで話しが広がりました。良かったです。が、負担にならないようにと少し心配しています。とてもまじめで何事にも真剣な感じだからです。国会で居眠っている議員に爪の垢を飲ませたいくらいです。
 今週ある第四回体験会にも顔を出してくれるそうです。第4回体験会はすでに応募が10名を越えました。『ぽぽスク』最初の賑やかな日になることでしょう。スタッフが少ないのが気がかりです。どなたかお手伝いしてくださる方おられませんか。受付は9時半からですが、10時15分前に来てくだされば有難いです。初めて『ぽぽスク』でやるので、なんか不安です。至らないことが起きそうで…。
 『ぽぽスク』便りを、20日に発送しました。2月3日の記念品づくりのお手伝いの募集も兼ねて早く出しました。ので、4ページといつもの半分ですがご了承ください。

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ