「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/2/18

調理実習ランキング投票2013  

2月の調理実習は一期生の実習としては最後!ということで、この一年間で作ったものから人気投票をして見事1位に輝いたものを1年生の集大成としてつくろう、ということになりました。
候補は以下の料理。。
ふりかえってみると色んなものをつくっていました。ふりかえりながら「あのときこんなんやったねぇ」とみんなしみじみ。

クリックすると元のサイズで表示します


ふりかえりの後は投票です。ひとり3つ選びます。みんな真剣です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そしてそして、いよいよ開票!!開票管理人はスタッフTさん。
クリックすると元のサイズで表示します

結果は…

……

……

「ぎょうざ」になりました〜☆
次点のハンバーグランチ、カレーとわずか一票差!熾烈な闘いでした。




今日はそのぎょうざの中身と作り方について話し合いました。ぎょうざを作ったのは昨年の5月のことスタッフのTさん、Nさんはまだぽぽスクにおらず、私はちょうど風邪でダウンして自宅にUターンしたときのことだったのでスタッフは誰もその時のことを知りません。
なので、「スタッフみんなわからんからみんな教えてなぁ」とお願いするとみんな
「これが入ってた」「あれが入ってた」と本当によく覚えていて、話し合いの司会も学生のYaくんが務め、学生たちで活発な話し合いになっていました。
またHaくんが「ファイル(授業で配ったプリントを挟んでいる)を見たらわかるやん!」とファイルを取りに行くと、他の学生も「そうやったそうやった」と次々に取りに行き、ファイル片手に話し合いが進められました。

かくして無事ぎょうざの実習の段取りも付きました。
明日は「経済」の授業の時間を利用して買い物。そしていよいよあさって水曜日に作ります。

学生たちが中心になって話し合いを進めたことに拍手です。みんな本当に力をつけてきたなぁ。
きっとぎょうざもより一層おいしいものになるでしょう!!

こうご期待を☆

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
6

2013/2/10

実践交流会 写真をアップしました!  日々の活動報告

 2月2日(土)雨を心配していましたが、何とか晴れてきてぽぽスクを応援してくれるような天気のもと、12名の学生全員とスタッフを含め、交流会に参加を申し込んでくれた人は100人を越え、合わせて141人が学生の発表(午前中)と、青年の学ぶ場の討議(午後)や、当事者の交流(午後)と多彩なプログラムに一日を過ごしました。
 ぽぽスクとしても、初めてのことですから、とても段取りが悪くて、多くのボランティアスタッフの協力と職員のねる間もない奮闘のおかげで、やっと当日の朝を迎えることができました。
 そのおかげで、学生たちは全員参加、しかもみんな生き生きと発表しただけでなく、司会やめくりなど、自分の分担もドキドキしながら立派にこなしました。ここに来るまでには、当然ものすご〜いドラマの連続でした。そのプロセスを感じて下さるご意見がアンケートにたくさん書かれていたのはとてもうれしいことでした。
 
 学生が、解放されて自分に自信をつけている様子が感じられる。そうなるにはきっと丁寧に学生たちの言葉に耳を傾けて下さっているのだろう。なかなか学校現場ではできない取り組みで、やはりこういう場がいると思った。施設でも学んだことを生かしていきたい。個々のテーマもバラエティーに飛んでいて、みんな自分の好きなことを発表しているとよく分かった。

 全体の感想をまとめると以上のようですが、あたたかい眼差しで見て下さったことに、職員スタッフ一同とてもうれしく、また一層の努力をしたいと思う取り組みともなりました。

 当日のビデオはDVDにする予定です。ちょっといつになるか分かりませんが、できたらまたブログでお知らせします。

 当日のカンパ  17人の方から31200円頂きました。
 支える会の入会  お二人入会して頂きました。
 支える会の梅干し  11個買って頂きました。

 広島からや和歌山からも来て頂き、分科会も熱心に討議されていました。写真はまたアップされると思いますので、お楽しみに!


 先ずは主役の学生たちのダンスです。
クリックすると元のサイズで表示します

 友情出演はバスケットボールを持って登場した地元のダンスチームFRAGILEのみなさん。ぽぽスクでダンスの特別講師をしていただているユキエさんのお友だちのグループです。

クリックすると元のサイズで表示します

 プロの技に学生たちの目も参加者の皆さんの目も釘付けでした。「あこがれ」がこれからのダンスを後押ししてくれたらいいなって思いました。友情出演、ありがとう!!

 ユキエさんのチーム“amo”のみなさん。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして、ぽぽスク学生とぽぽろヤンクラ生、ダンスチームによる歌「ともだち」大合唱です。
クリックすると元のサイズで表示します


 ここからが自主ゼミの発表(順不同)です。

 「韓国語の研究」をテーマにしてきたHくんとHさんが韓国語で劇をしました。
クリックすると元のサイズで表示します

 これは会場も巻き込んだ最後のダンス場面です。ちいちゃな甥っ子さんも「少女時代」の曲を一緒に踊ってくれましt。 
クリックすると元のサイズで表示します

 Aくんによる「阪堺電車&大阪市営地下鉄&名古屋や市営地下鉄の研究」発表。観客の中には電車大好き人間たちがたくさんおられて共感の声もあがっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 Nくんの「ぼくとドラム」の発表。「ロビンソン」の演奏に黄色い声援がとんでいました。かっこいい!!
クリックすると元のサイズで表示します

 Hくんは自主ゼミ「Enjoy English!」を発表。英語で愛犬チャッピーとチャコについて語り、最後はダンスを披露しました。
クリックすると元のサイズで表示します

 Kくんは大好きな絵の世界のテーマ「笑顔」を発表。彼の大好きな「笑顔」を迫力のある絵で表現しました。
クリックすると元のサイズで表示します

 Wさんは「来迎図」について説明し、なぜ仏教に興味を持ったのかを語りました。私たちがあまり知らない世界に感嘆の声が上がっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 Nさんは大好きな「スティッチについて」を発表。大きく絵が描けたようで、発表にも自信が出てきたようです。
クリックすると元のサイズで表示します

 Mくんは彼の専門分野である動物の世界「猛禽類」についてレポートしてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

 Kくんが「誕生石」について研究しようと思ったきっかけは「アクセサリーをもらったから…」。
クリックすると元のサイズで表示します

 Yさんは東北に想いを寄せ自らが所属する合唱団のオリジナル曲「東北に想いを寄せて」を熱唱しました。(直前に、歌う予定だった「花は」の曲をこの曲に変えました。キーボードの伴奏者を慌てさせ、私たちをあっと言わせました。)
クリックすると元のサイズで表示します

 トリを務めたのがYくん。「スーパー戦隊」に惹かれたわけを語り、「天装戦隊ゴセイジャー」の熱唱に会場は感度の渦に包まれました。
クリックすると元のサイズで表示します

 司会者、タイムキーパー、ベル係の席です。前日まで係のことで色んな困難があり、皆で話し合いをしました。この感動のドラマはスタッフのSさんが実践報告会の中でリアルタイムに発表しました。
クリックすると元のサイズで表示します

 自主ゼミの発表も終わり、ホッとしてダンサーのみなさんと抱き合う学生たち。 
クリックすると元のサイズで表示します

 午後からは分科会で熱心な討論が行われました。これは第1分科会「実践交流」の様子。
 ここでは、今回の自主ゼミに関して言えば、まだまだ課題も多いことが分かり、次年度に向けて更に学生相互の主体的な運営や会場での参加者とのやり取りなども保障して、一層盛り上げていける余地があることも やしま学園高等専修学校のA先生の報告からも学ぶことができました。
クリックすると元のサイズで表示します

 分科会は他に「親のねがいと運動の交流」分科会があり和歌山のNPO「なまか」みなさんの元気が出る余暇活動などの報告に大阪のお母ちゃんたちも励まされました。
 「当事者の分科会」では40名余の若者たちがが「ダンス…」「好きな人ができたら…」「ソング…」に分かれて交流しました。

 この日の最後には「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」の立ち上げ総会が開かれ約30余名の方々が参加されました。広島から参加されたお母さん方に大阪から熱きエールを送りたいと思います。
 広がれ学びの場・専攻科!

 ありがとうございました。

11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ