「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/4/20

仲間のねがいを乗せて大空に飛べフリスビー!  日々の活動報告

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


前略
 昨日のスポーツの授業での子どもたちの姿は本当に素晴らしいものでした。手前味噌で自己満足ではなく、私としてはキラキラ輝く宝石の様な、感動の連続でした。
私なりに振り返ってみました。

 今日は、フリスビーの2回目。
 前回は個人競技で、とにかく初めての種目(経験)だったので、投げ方の指導も含め見本としてHさん(※障害のある人たちのフライングディスク全国大会の入賞者)の投げる姿を見てイメージを持たせ、遠くへ投げる事を目標にやった。当然のごとくHさんが一番遠くに投ばした。他の者は“へぇ〜、すごい!!”とフリスビーのフヮーっと遠くへ飛んでいく様と、Hさんへの一目があり、Hさん自身も気持ち良い内容だったと思う。最後に100円ショップで買った金メダルをみんなの前で首にかけてあげたが、それを見て、Kさんなど、いいなぁ〜、私もほしいなぁ〜、よし次はと二次への意欲をつないだ様に思った。(この方法が良かったかどうかは、分からないが)

 今日の授業は団体戦をしようと予定した。それは個人戦だと、勝敗は明らかだからだ。ただ、個人戦でも、個人個人の延び率を考える競技として行っても良いが、理解がむつかしい。団体戦では、個人の差が出ない。リレーの様な方式のトータルの距離の方が面白いと考えた。
 さて、チーム分けをどうするかが、悩ましいところであった。それは、誰が、どの様に分けるのか。私は、前回の記録を参考によく飛ばしたHくんとHさんの2人をキャプテンとして、二人でジャンケンをして、取り合いをさせればいいかなと考えていた。しかし、参加しない子もいるだろう。その子はどうしよう。……そんな事を考えながら授業を始めた。“チーム分けだけど、どうしようか?”と切り出したところ、私が何も指示をしないのに、申し合わせた様に、自然に学年代表のKさんとY君が前に出て、進行を始めた。「Aチームに入りたい人」と二人が言うと何人かが手を上げた。それを、Kさんが黒板にひらがなで書く。“Bチームに入りたい人”。同じ様に聞き、黒板に書く。全く何のこだわりも意図的なものもなく、自然体で進めていた、しかもそのチーム分けに異論を唱える者はいない。むしろ、ぬけている者はいないだろうかと細やかな気くばりすらしながら、みごとにやりとげた。本当に大感心。「まいりました。」と言うところでした。人数も同数。

 さて、今日のフリスビーの説明の時にK君が前の学校で作ったマイフリスビーを持って来たと紹介してくれた。前回持って来てとたのんでいたので持って来てくれたのだが、私自身、時間を気にしていたので紹介だけに終わらせてしまったが、後で振り返ってみたのだが、これはすごいヒントを彼が示してくれたんだと思った。マイフリスビーで大空をビューン、フゥーっと飛ぶなんて、何て気持ちの良い事だろう。彼はそんな経験をしたから、みんなにも紹介してくれたんだと思う
 これは、是非取り上げたいと思います。物づくりか美術などで、マイフリスビーづくりをして、それを飛ばしましょう。作り方など、彼に教えてもらいましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

 公園には全員集合。簡単な準備体操をして、一人2投づつ練習。ひと通り練習すませると、Aチーム、Bチームの学年リーダーが整列をさせた。Nさんが記録係りとして順番を読みあげ、ひとりづつ混乱する事なく進めていった。私など何も指示する事もなく。本当にスゴイ!!ゆるやかな(?)集団としての規律性が感じられました。
 ぽぽスクの基本的な考え方である、学生の力を信頼し、それに依りそうと言う事、正にその姿に感動し、確信を得、私こそ学ばせてもらいました。N君の最高記録も、彼には大きな自信となった事でしょう。勿論、マイフリスビーで大空をとんだ彼もうれしかった事でしょう。

 帰って、教室で結果発表と反省をしました。計算は1年のT君がしてくれていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 横で記録係をしてくれたNさんがずっとついてくれていました。結果発表!!T君が前に出てうれしそうに大きな声で言ってくれました。Aチーム_点、Bチーム_点。なんとその差は5mでした。全くみごとにチームわけをしたのです。T君がうれしそうにトロフィーを渡す役をしてくれました。私はそこでハタと考えました。今日フリスビーを投げれないMさんと、遅れて来たYさんの出番を作ろう。Mさん、Yさんにトロフィーを渡す係をお願いすると、あまり嫌がらずに前に出て来て、トロフィーを渡してくれました。これもうれしかったです。ひょっとしたら、これからMさんもスポーツに参加してくれくれるかもと期待も出てきました。「今日のスポーツ楽しかった?」「感想のある人」多くの子がうれしそうな楽しかったよと言う笑顔を見せてくれ、私自身大きなプレゼントをいただいた様な気持ちになりました。

 こんな成果や発見やよろこびを、他のスタッフと共有できれば、素晴らしいのだがと思った一日でした。

 (Tさんありがとう。皆で嬉しく読ませていただきました。そして、ボランティアスタッフと共有するできるようにブログにアップさせていただきました。若いスタッフのためにもこれからも時々よろしくお願いいたします。ご同伴いただいたマジョリンにもよろしくお伝えください。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

10

2013/4/8

入学おめでとうございます  行事案内・報告

クリックすると元のサイズで表示します
 新2年生のKくんが描いたこのポスターにぽぽろスクエア関係者のすべての気持ちが込められています。
 2年生(一期生)にとっても「ついに」です。
 3月13日の入学オリエンテーション以来、新1年生(2期生)を迎え、共につくる入学(式)に向けて心の準備も出来上がってきたようです。
 文字通り、双方に着地と離陸の移行期間があったからこそとても感動的な入学式になったのではないでしょうか。


 さて、主役は新入生の学生諸君です。
 メインは何と言っても「私の抱負」。この学年も本番に強いのでしょうか。一生懸命にしっかりと、ことばで願いや決意、感想などを伝えることができました。「予行」の日にお休みだった二人の発表も見事でした。

 式の終わりの記念撮影です。
 ホッとした様子が伝わってきますよね。

 クリックすると元のサイズで表示します
 12名の新入学生のうち、以前からダンスの発表会の予定が入っていたNMさんと、体調不良のAMさんの2人が欠席でしたが、代読の「抱負」で思いがしっかり伝わりました。
 
 終わってから一つだけ、スタッフ間の振り返りで確かめ合った出来事について報告しますね。この日もいろいろとドラマがありましたが、2年目を迎えたぽぽろスクエアの到達や目標がここに集約されていると思うからです。

 その出来事はある意味で「想定内」のことでした。
 Tくんが緊張のあまり「予行」の時につまりました。
 もともと彼は「さ行」「た行」だったと思いますが「吃音障害」があり、緊張するとことばが出にくくなるようです。ことばの出始めも遅かったようです。そのことはお母さんからも聞いていました。
 「予行」ではつまって言葉が出なくなったときにスタッフも助け船を出しました。ほんのちょっと何かのきっかけがあれば大丈夫なんだということがよくわかりました。

 本番の式はたくさんのお客さんもいて並みの緊張ではありません。しかも、彼は狙っていた1番をKさんにゆずり、じぶんはトリを務めることになったので、表情をみていると緊張が高まっていく様子が手に取るようにわかります。
 思った通り、彼はテーマと名前を言ってつまってしまいました。沈黙が続きます。ず〜っと沈黙です。
 気が気ではないお母さんの表情も見えてきます。彼のコミュニケーションの手段・支えとなった手話(6級だそうです)でお母さんが助け船を出されています。しかし、彼の視線は目の前の友だち、ガッツポーズと口の動きで「がんばって」と伝えるKさんの方を見つめています。司会のNさんが一度目の助け船を出し、近くまで行って「頑張って」と伝えます。それでも一生懸命に声を出そうとするのですが出ないのです。また沈黙が続き時々、スタッフにも視線がいきます。
 スタッフは動きません。ただひたすら彼と仲間の力を信じて待ちます。決めたわけではありませんが、「見守る」姿勢に徹しようという決意が感じられました。Tくんの表情を見ていても決して視線が泳いで「パニック」になっているわけではなく、ちゃんと友だちの励ましの視線を受け止めているのです。体面だとかお客さんの思いに揺れながらも、彼の内面と仲間たちの動きに注目していました。
 ちょうど緊張と葛藤がぐっと高まってきたときに、ボランティアスタッフ・Tさんのジャスチャ―に応えて司会のNさんが動きました。背中をそっと叩いて優しく「大丈夫よ」とささやいたときに彼の緊張がほどけ、伝えたかった思いが口からほとばしり出ました。
 彼の一番のねがい(抱負)は「ぽぽスクには校歌がないのでぼくは校歌をつくりたい!」でした。実はこのねがいはスタッフ・関係者のねがいでもあったので、抱負を述べ終わった彼にひときわ大きな拍手があったのは言うまでもありません。
 彼の表情には「最後には自分の力でやりきった、やったよ〜!」「できたんだ〜、終わった〜」という誇りと安どが混じっていました。大きな自信につながっていくことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
 一期生もスタッフたちも一緒に撮った写真です。

 
 記念撮影が終わった途端に、もう一人の司会者・Kくんが「Aくん、くわがた音頭しよう!」と提案しました。Aくんはやる気満々、「え〜、うっそ―!」という表情の2年生たちを巻き込んで大いに盛り上げてくれたのでした。これは「想定外」の出来事でした。
 まるでもう一人の隠れた主役は俺たちだったんだと言わんばかりのはじけようでした。
 そうなのです。スタッフたちが一番確信にしたのは緊張しながらも落ち着き払った2年生の成長した姿でした。後輩たちが入ってきたということだけでなく、1年間の間につけてきた彼らの成長した姿なのでしょう。
 彼らなら例えば企画・行事の運営なども自分たちで行い、本番で困ったことや突発的な出来事があったとしても自分たちの力で何とか解決していくのではないかという期待を持つことができました。
クリックすると元のサイズで表示します
 この真ん中の「くわがたは…」と歌うKくんの後ろ姿が何となく一回り成長した2年生を代表しているかのようです。


 追伸:以前に行事のあるたびに披露する2年生の歌「ともだち」についてのちょっとしたトラブル・エピソードについて書いたことがあります。
 歌はうまいのにKくんは絶対に「ともだち」の合唱には参加しません。自称「絶対音感」の学生が4人もいるので、今回もKくんがリコーダーを吹くと言い出した時には猛反発がありました。しかし、Kくんも絶対にゆずりません。
 以前は、一番反発したWさんが居残り練習をしてくれて、真向かいで一緒にリコーダーを吹きながら一小節だけちゃんと吹けるようになってKくんは意気揚々とクリスマス会に参加したということがありました。2月の「実践交流会」ではとうとうWさんも折り合いがつかなくなって舞台のそでに避難するということもありました。
 そこで今回はボランティアスタッフのSさんが「ともだち」のメロディーをすべてリコーダーの運指標にしてくれました。この「視覚支援」はばっちりでした。かなり音程も合うようになって、みんなの許容量もうんと広がったようです。何となく、「これで僕も受け入れられたんだ!」と感じることができたのでしょう。嬉しさも百倍でだったことでしょう。司会の大役も果たしました。(これも、ドラマがありましたが…)一つ前の全体写真のど真ん中でピースして座っている彼の満面の顔がそれを語っているようです。

 今年度は「さらに待つ!」こと(「間」)と学生の自治を大切にして成長を見守っていきたいと改めて感じさせてもらった一日でした。

 最後になりましたが、ご参加いただきました天美我堂地区自治連合会ご代表のTさま、府立泉北支援学校のF先生とM先生、茨木支援学校のK先生、ぽぽろスクエアを支える会会長で大阪市立大学のY先生はじめ、保護者の皆様、ご協力いただいたボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ