「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/5/13

あらためて…  日々の活動報告

 ぽぽろスクエアの授業は、毎日が試行錯誤の連続です。授業者は、フリスビーの記事でもお分かりいただけるかと思いますが、一人ひとりを観ながら、かつ全体を観ながら、少しでも効果的な授業の組み立てを考えます。マニュアルはありません。だからこそ何にも縛られずに、学生たちの成長・発達のみを考えて授業の展開を夢想します。打ち砕かれることの方がとても多いですが、生き生きとした学生たちの顔に出会えると、くじけそうな気持に、気合が入ります。
 
 
 そんな折、先日、母の日のプレゼント作りをしました。昨年も母の日、父の日にプレゼント作りをしています。
 学生の中には、お母さんがいない人、お父さんがいない人がいます。授業では、別にお母さんに限らないのよ、おばあさんでも、お世話になっている知り合いの人でも、私でもいいのよ〜、と言って始めました。
 Y君は、そのお母さんのことでとてもつらい連休を送っていたので、ため息交じりに「お母さんねえ〜」と言いました。私は視線を送って、うなづきながら、Wさんにプレゼントしたら、と言いました。彼は一所懸命作っていました。添えるためのカードも書きました。
 
 
 さかのぼって、連休明けの7日の日に、連休の様子を朝の会で出し合ったときに、Y君はそのつらい気持ちを少しだけ言いました。私は、つらい気持ちはここでみんな出したらいいよ、みんなが支えてくれるから、と言いました。そうや、そうや、と言う声が出ました。彼は深くうなづきました。
 放課後、彼は帰宅せず、その話を事細かに話してくれました。胸が詰まりました。

 そんな流れの中でもプレゼント作りはやってきました。学校では最近、そういうことは母のいない子どもを傷つけるからやめましょう的な配慮?があるように思います。親子が温かく肩を寄せ合って生きていけないような世の中にどんどん進めておいて、つらいことから目を背けさせるような、きれいごとで片づけてしまうような、そんなことになっていないか?日頃なんとなく引っかかっていたことでしたが、いざ現実になると、自分でも確たる方針はありませんでした。ただ、現実から目を背けるのではなく、その現実を背負って生きていかねばならないY君にとって、どうしてあげることがいいのか?それはずっと考えなければなりません。

 そして彼の姿を見て、一つの答えを見つけました。このぽぽろスクエアが今の彼にとってよりどころになっているのだということです。心から相談できるスタッフが毎朝彼を迎えてくれています。これまでのつらい時間を乗り越えようと必死に頑張っているY君を見ていると、ぽぽスクの重要な役割に、改めて心が震える思いです。

 今年度も新たにボランテイァとして加わってくださる方がおられます。どの学生も例外なく多くの困難を抱えながら、ここにきています。一人ひとり少しずつの支援が集まって、その学生たちが大人になる心の橋渡しになれば、という思いからです。そして私たちも、多くのプレゼントをもらっています。
 そんな思いを新たにした2年目。長くなりましたが、自分に言い聞かせるつもりで書きました。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ