「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/6/11

寄稿 スポーツ part2  日々の活動報告

 ぽぽろの宇宙人≠ニ学生から慕われている「仏のTさん」が授業中のある事件で初めて学生を叱りました。そのことでTさんご本人から寄稿がありましたので紹介します。いつも「仏」のようにニコニコ顔だからこそ大変迫力があり、効き目があったように思えました。「寄り添う」ということは、学生が要求することや示す行動はオールOKということではありません。寄り添い思いを受け止めながら、本人や学生たちに問題を投げかけ、いかに学生たちと一緒に考え合うか、これは大変に難しいことなのだと思います。ともすれば○×式の指導法や、そのように見えて実は×ばかり、ダメだしの指摘にさらされ続けてきた学生たちだからこそ心がけたいものです。(ぽぽろ番)


ぽぽろスクエアが開所して1年と2か月が経ちました。新しい新1年生の仲間を迎え、二十数名の学生と数名のスタッフが一つ屋根の下で毎日笑い、喜び、悩み、そして時にはぶつかり合い、それこそ、生の生活をしています。私は昨年度よりスポーツの担当をさせていただいてきました。今年は、昨年の倍の学生ですから、それは大変です。まずは、スポーツをする場所がない。道具もない。お金もない。そして学生も、在学当時あまり体育やスポーツの経験をさせてもらっていなかったのでしょうか、自分が、そしてみんなでスポーツを楽しむなんてイメージがあまりなく、むしろスポーツなんて自分には縁遠いものだと思ってきたのでしょう。

今年度4月から始めて2つ目の種目に取り組んできました。最初はフライングディスク(フリスビー)。そして今回は室内ボーリング。フライングディスクについては前回ブログで報告しましたので、今回はボーリングの取り組みをお話ししましょう。ボーリングセット、これも他からお借りしての授業です。人数が多いし、一人ひとり個性があって、フォームも独特です。一日のゲームは2フレームしか進みません。そこで3回目の今日で終わることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今年は各スポーツの優勝者には、金メダルを授与することにしました。100円ショップのメダルですが、ずっしり重く本物そっくりです。1回目のフライングディスクでは、昨年、身障者国体の代表にもなったHさんが堂々の優勝で金メダル第1号でした。第2号はマイフリスビーを作って飛ばそう大会で、その提案者のK君がさすがの優勝!!彼はその金メダルを大切に大切に、いつも持ち歩いています。本当にうれしかったのでしょうね。

そして今回第3号です。6月6日(木)の授業です。ここで大きなトラブルが起こりました。6フレームが終わった段階で、そのK君はほとんど優勝が絶望的な得点だとわかりました。おまけに、彼の上をいくスタッフのNさんがストライクを出してしまいました。あ〜ぁ、彼にとってはもうどうしようもありません。とうとう彼は切れてしまい、自分のスコア表の欄にマジックで×を入れ、部屋を飛び出してしまいました。「ボーリングなんて面白くない!!」「ほかのことをしようよ!!」と叫び、そしてNさんに向かってサッカーボールで頭を叩くなど、彼自身も自分の身の置き場がなくなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

 私 は、ゲームの途中でしたが止めて、大きな声で(あまり良いことではないかもしれませんが)彼をしかりつけました。彼のわがままな態度だけでなく、人の頭を叩くという行為に対して許してはいけないと思ったからです。“Nさんにあやまりなさい!!”“いやです!!”彼もなかなかのものです。自分が悔しかった気持ちをどう表現していいかわからず、思わずあんなことをしてしまったのですが、まだ自分の心の中では冷静になって判断できる状態ではないのですから“いやです!!”という言葉はそうなのでしょうね。そんなやり取りがみんなの前で行われていたのですから、あちこちから彼に対して非難の声が飛び出してきました。集中攻撃があびせられそうなので、私はこれはいかんと“なぁみんな、K君は本当はこんな自分が嫌なのかもしれない。素直になって、みんなと一緒に楽しみたいと思っていると思うよ。でも今のK君は自分も辛くて泣いているよ。”“そーやなぁ、わかるわ〜。”との声。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして、時間がだいぶ過ぎてしまったので“では今日はこれで終わります。”と言うと“やりたい”とK君。“じゃあ最後にK君で終わろう”と言うと、思わずみんなから拍手、拍手。
あれだけ彼のわがまま(?)に対して非難をあびせていたのに、がんばれの拍手。本当にぽぽスクってすごいです。

彼が気持ちを整理して投げ終わるまで約10分かかりました。でもみんなはじっと見守っていました。夜、K君からぽぽスクに電話があって、“ごめんなさい。明日みんなにあやまる”とのことだったそうです。私もそれから“くやしかったんやねぇ、そうか。気持ちわかるよ。”と明日からまた楽しくぽぽスクにおいでと電話をしました。本当にいとおしいではありませんか。私は今回もぽぽスクのみんなに励まされ、癒されました。
9

2013/6/3

(無題)  

すべての障害のある青年に卒後の学びの場を!
〜ボクたちも目いっぱい青春したいな!!〜

講演会のご案内


講演:白石恵理子氏(滋賀大学)

 支援学校高等部や高校を卒業してももっと学びたい!いろんなことにチャレンジしたい。自信をつけてから社会にでたい。というねがいは当然ではないでしょうか。高等学校を卒業すると約
7割の生徒が進学する時代です。支援学校高等部の場合は専攻科を含めても進学率は3.5%にすぎません。障害のある生徒の進路先は多くの場合、卒業したら就職か福祉施設しかありません。卒業後も障害があるからこそもっとゆっくりじっくりなかまと学べる期間が必要ではないでしょうか。この「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する青年期にどんな力をつけたらいいでしょうか、どんな教育や支援が必要なのでしょうか。

 そのことについて、今回お呼びする白石恵理子先生に語っていただきます。白石先生は現在、滋賀大学教授で付属特別支援学校の校長先生でもあり、長年、卒後の働く場・作業所などの実践やゆたかな青年期・高齢期の支援をどう保障するかなどについて研究をされています。

 講演会ではまた、大阪で初めて誕生した福祉の事業を活用した卒後の学びの場「ぽぽろスクエア」の学生や地域で学びの場づくりにとりくむ家族からの発言などもあります。
お気軽にご参加ください。

日 時:2013年6月22日(土)
   午前10時〜午後12時15分
会 場:天美我堂公民館(住所:松原市天美我堂3−124−1)
   地下鉄「御堂筋線」の「北花田」駅下車徒歩5分
   駐車場有り(30台以上停められる公民館駐車場があります)
参加費:500円
    卒後の学びの場・専攻科を実現する会の会員さん(年会費一口千円、新会員も含みます)は無料。
保 育:300円(うち行事保険100円。
    保育申込み締め切り6/8、必ず申し込みが必要です。)
申し込み:ぽぽろスクエア内の事務局まで電話かFaxでお願いします。お名前、ご所属、連絡先などをお書きください。保育希望の方は年齢や障害の状況などをお書きください。
申込用紙送付先FAX072−349−3959、電話072−349−3958
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ