「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/11/26

金澤君の個展 展示風景  

金澤君の個展が無事に終了しました。
一週間で150名ぐらいのたくさんのお客さんが来て下さりました。
ご協力していただいた方々、見に来ていただいたたくさんの方々のおかげです。
本当にありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

展示もさすがプロの方がさわると違うなあ と思いました。



クリックすると元のサイズで表示します

見逃した方に写真だけでもみて頂けたら…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

今後、彼の作品がどんな風に展開するのかが楽しみです。

8

2013/11/24

松原6中校区いきいき環境フェスタ  行事案内・報告

 11月17日(日)に参加した松原第5中学校校区「いきいき環境フェスタ」での学生たちの様子です。

 まずは舞台発表のダンスです。

 直前の「ダンス」の時間には流れや勢いをつくっていく核になるグループができず、特別講師のゆきえさんからも問いかけがありました。
 「昨年は2年生で自主練習もして、最後には苦手な人も含めていろいろな形で全員参加で頑張ったのに、今回はどうしたの?!」という趣旨の激励だったと思います。

 いよいよせっぱつまった前々日だったでしょうか?やってみるとダンスが好きな2年生のNさん、Hさん、Nくんに1年生のTくん、Mさんの5人の核ができ、そうすると周辺に“苦手”組の学生たちが集まってきて何とかかんとか流れに乗って踊ることができました。一度できると、もう相乗効果で核も周辺もノリノリで練習しだしました。
 さて本番、ゆきえさんも応援に来てくださいました。いかがでしたでしょうか?

 本番直前の様子です。自分たちで円陣組んで「ぽぽスク、がんばるぞ〜エイエイオー!」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 最後のポーズ!
クリックすると元のサイズで表示します


 展示コーナーにも参加しました。地域の皆さんにもぽぽぽろスクエアの日頃のとりくみを知っていただくいい機会になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 地元の小中学校から様々な体験こーなや展示コーナーも出されていて、たくさんの子どもたちや家族でにぎわっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
 “竹とんぼ”作りコーナーで牛乳パックを使って作った“竹トンボ”を一斉に飛ばして遊ぶ姿も見られました。
クリックすると元のサイズで表示します

7

2013/11/18

干し柿づくり  

干し柿を作りました。
去年に引き続き、スタッフのTさんに用意をしていただきました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

調理実習では少ししか切る作業がなかったりするのですが
みんなでもくもくと包丁作業。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

柿をむくのはとても難しいのですが
みんなとても真剣です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

むいてる間に「渋いってどんな味?」「食べてみて〜」「おいしい!」「えっっ!」
「舌がびりびりする!」「それが渋いって味やで」「え〜」
と渋かった柿
そろそろ甘そうです。
クリックすると元のサイズで表示します
7

2013/11/17

金澤君の個展  

金澤 光君の個展

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

cubicgall.exblog.jp から画廊のホームページに

2年生の金澤君が11月18日から24日まで大阪のCUBIC GALLERYで個展をすることになりました。
金澤君は小さなころから絵を描くことが大好きで家でもよく描いていたそうです。

ぽぽスクでも時間があれば絵を描いている金澤君。

金澤君の作品の色彩感覚、描写の線がおもしろいな、すごいなとスタッフも思っていました。

そして卒業するまでに金澤君の個展ができればと考えていたところ、
大阪のCUBIC GALLERYで開催することになりました。

CUBIC GALLEYは大阪で1995年設立の
現代美術の画廊です。
オーナーの今林幹雄さんが展示を担当してくださることになっていて、今林さんも普段の金澤君の生活を見ておきたいとぽぽスクに足を運んでくださったり、画廊に金澤君を招いて話をしたり
作品をみて下さっています。

どのような展示になるのか、こわくもあり、とても楽しみでもあります。

金澤君の作品を一人でもたくさんの方にみてもらいたいなと思っています。
ぜひ、足を運んでいただけたらと思っています。
3

2013/11/17

社会見学  

いろいろな行事で久しぶりに1年生だけで社会見学に行ってきました。
泉が丘のビッグバンです。
今まで大阪の社会見学ばかりで、堺は初めてです。なので堺の学生が北花田以外での集合ができたのもうれしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一日たっぷりと遊んできました。
また行きたいですね。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ