「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2014/11/27

オープンカレッジまであと2日!  日々の活動報告

昨日は、1日かけて、オープンカレッジのリハーサルをしました。

午前は各役割に分かれて準備、午後は全体リハーサルでした。
司会、ぽぽスク紹介、受付、パソコン操作、喫茶、案内、タイムキーパーなど…どれもとても大事な役割です。

当日のあいさつの原稿を作っている学生、
「あいさつに3分くらい時間あるかな?」と目安を言うと…「ストップウォッチ貸してください!」と、実際にやってみると「40秒でした、ちょっと短いですかね、どうやろ?」とスタッフに意見をもらおうとしながら悩んでいました。
じっくり悩んで(気分転換もしながら)、リハーサルのときには自分の考えた”文章”でした。長さではなく、自分で考えた言葉には、とても気持ちが入っていました。


喫茶では、ホットケーキとホッとドリンクを出します。
ホットケーキは、チョコシロップに、生クリームに、チョコスプレーに、バナナに、桃、これらを自由にトッピングしてみんなで食べよう!という学生のアイディア。
ホッとドリンクは、先日の「コーヒー講座(特別講座)」で教えてもらったコーヒーの入れ方を実践して飲んでもらいます。温めた牛乳を泡立てて「カプチーノ」にもできますよ!あとは、紅茶と手作りミックスジュース。
コーヒーの深い香りとちょっと苦さが残る口触りに、「大人な味やなぁ」の一声。当日は、コーヒーマスターもいます(たぶん)。
試食も「うまい!」「おかわりはあるんですか!?」と、みんなでジャンケンしていました。

飾り付けとして、簡単にできる染め物をみんなでやって、当日はスライドが映っている周りに貼り付けて「枠」に代わります。ステキ!

スライドを動かすパソコン操作の学生と原稿を読む学生の息の合ったアイコンタクト!見逃せません!

思いの詰まったあいさつ!見逃せません!

当日、参加される皆さん、待ってま〜す。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
8

2014/11/26

オープンカレッジやります!  日々の活動報告

11月は、土日に行事があって、そのふりかえり代休として月曜日の休みがあって、祝日もあってで、結局月曜日は一度も開所していないという稀なことがありました。


さて、今年度から、ぽぽろスクエアの新たな取り組みとして「オープンカレッジ」をします!大学でいうところの「オープンキャンパス」です。ここでは自治会が中心となって、スタッフは前に出ない…予定です。
クリックすると元のサイズで表示します
※申込みは終わっています。

今回は高等部1・2年生の参加申し込みがあり、学生も俄然やる気です。自治会の役員が毎週木曜日のお昼か放課後に集まり、役員会を開き、話し合いを進めてくれています。

遠目で見ていて、特に盛り上がった話し合いは交流の内容です。
「学生みんなが楽しめて」「参加者も入りやすい」をキーワードにあーだこーだ。「ダンスがいいかもよ」「え〜私やったら嫌やな、急におどれ言われても」「じゃあ、フォークダンスは?」「はじめて会った人と手つなぐの私は嫌だな…」「どうする?」
と、考えて意見を出し合っていました。
結局、考えて考えて…フルーツバスケットと喫茶(ホットケーキとドリンク)をして交流することになりました。


今週の土曜日まで日がありませんが、役員が自覚して、放課後遅くまで買い出しに行ったり、話し合ったりと、本当に頼もしい姿を見せてくれています。
明日は、リハーサルをして、ホットケーキのトッピング(「ぽぽスクスペシャル?」)、メニュー表を作って準備しまーす。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2014/11/25

ついに、決まりました!  日々の活動報告

【手づくりの修学旅行 2期生】

今年度の修学旅行は早々に動き始めています。

1期生の写真を見てイメージを膨らませ、じゃあ日本ってどんな県があるの?、都道府県カルタ、自分の行きたいところを調べよう・知ってもらおう、旅行会社に予算を聴きに行こう、といろいろな取り組みをしてきました。

ちなみに1期生は福岡に行っています。
2014年2月のブログにそのときの様子もあります。

話は戻って…
行きたいところと予算(JTB調べ)との兼ね合いをみて、この5ヶ所までしぼれました。愛知、島根、香川、三重、東京…ふむふむ、なかなか面白い。

「ぼくはディズニーに行きたいから!」「私のふるさとにみんなと行きたい」「名古屋のしゃちほこが見たいんだ!」「私、パルケと伊勢神宮は行ったことあるよ。近くの温泉がいいよ」

聴いていると、自分が一度行ったことあるところへ、もう一度行きたい!とか、行ったところあるところを招待したい!など、「初めてのところに」というよりかは、「知っているところに」という傾向があるように感じました。

そして「修学旅行選挙」で最終決めようとみんなで決めました。
投票を終え…いよいよ、決まりました。
2期生の修学旅行の行き先が!?


愛知 1票
島根 2票
東京 5票
三重 3票
香川 0票

東京に決まりました!!!みんな拍手でどこからも文句はありませんでした!おー!

どこに行くか、何を食べるか、今後も目が離せません!
乞うご期待!




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5

2014/11/22

いきいき環境フェスタに参加してきました!  日々の活動報告

11月は行事が続きました。
9日の映画会に続いて、16日に松原の中学校区でいきいき環境フェスタがありました。

昨年度から舞台発表でダンス、展示コーナーで書道やものづくりの作品を展示、という形で参加させていただいています。
地域の方との交流が普段なかなかない中で、とても新鮮かつドキドキした気持ちでした。

舞台の上では、中学生や高校生の軽音や太鼓演奏など、いろいろな発表があり、舞台袖でみんなで盛り上がっていました。

また、環境フェスタということもあり、近くの水みらいセンターのクイズなどもあり、みんなで真剣に取り組んだりもしました。ちょっと難しい内容も、仲間と協力して、あーでもないこーでもないと言いながら問いている姿がとても印象的です。


何よりも、展示のコーナーにて、地域の方々がしぼり染めや書道を見てくださったり、取り組みの写真を見てくださったり…それだけでなく、
お声をかけてくださる方もおられて、毎年続けて参加していくことの意味を痛感しているところです。来年度はQ&Aのカタチで「なぜ、学びの場なのか?」を伝えていければと考えてい…ます。


まだまだ開設して3年目、今、青年たちが日々青春できるのも地域の方々が温かく見守ってくださっているからです。

これからも地域の皆さんとつながりながら、ぽぽろスクエアのことを広く発信していければと思います!



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5

2014/11/20

卒後の学びの場・専攻科を実現する会よりお知らせ  行事案内・報告

【お知らせ】
 卒後の学びの場・専攻科を実現する会の学習会のお知らせです。春の学習会に続いて、第二弾・秋の学習会です。
 締め切りを過ぎていますが、まだまだ申込み・参加お待ちしております。当日での飛び込み参加も大丈夫なので、友だちを誘って、ぜひお越しください。
 学びの場の青年たちによるリレートークも予定しています!!


≪卒後の学びの場・専攻科を実現する会 秋の学習会≫

『専攻科からさらに学びたい!発達障がい者の大学を新設』〜愛知・見晴台学園における青年期教育〜


*知られざる進路、青年期教育の場*
 1990年に、「もっと学びたい!ともだちがほしい!」と思っても行き場のなかったこどもや青年たちの学びの場として開設された見晴台学園(愛知県名古屋市)。
 これまでの歩みと教育実践を当学園の学園長である藪一之氏にお話ししていただきます。また、昨年2013年10月より見晴台学園大学を開校し、青年の学びの場づくりの先駆的な事業に取り組んでおられます。


講師:藪一之氏(見晴台学園 学園長)

■日時:2014年11月22日(土)13:30〜15:30(受付13:00〜)
■会場:大阪市立社会福祉センター 第一会議室
■参加費:1000円(実現する会会員の方は500円。当日入会可)
■保育(事前申し込み):500円(おやつ・保険代)
■主催:卒後の学びの場・専攻科を実現する会
■問い合わせ:ぽぽろスクエア(社浦・林)
 〒580−0026 松原市天美我堂2丁目339−1
 TEL 072−349−3958
 FAX 072−349−3959
○スケジュール
13:30〜 あいさつ
       大阪・学びの場からの発信
       「青年のリレートーク」
13:50〜 藪一之氏 講演
15:10〜 質疑応答・感想
15:30〜 終了


クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ