2018/7/20

チック  発達障害

うちの息子にチックの症状が出ています。

目をぐるっと回すようなチックです。

以前にも時々
斜め上や横目で物を見る仕草がありましたが
単発でほとんど継続性はありませんでした。

最近の目をぐるっと回す仕草は
頻繁に見かけます。

さて。

ここで『チック』をネットで検索すると
それはそれはたくさんのサイトが出てきます。

分かり易くまとめてあるようで
実は全然分かり易くないサイトが多い中で

私が『あ、これ分かる』と思ったサイトがここ。

チック症・発達障害の生きづらさ

↑クリックで飛びます。

チックの分類とかそんなことじゃなく
チックのことが分かり易く端的に書かれています。

何歳頃に多いとか、どんな理由でなるとか
それこそケースバイケース。

ネットの情報なんて自分の子には何の関係もない
と思えるくらい意味の無い記事が多いなかで
このサイトの記事はよくまとまってると感じました。

私も小学生の時にチックを経験しています。

小3の頃に、痙攣と言った方がいいくらい
激しく瞬きをしていた時期があり

小5の頃に、舌を前歯と上唇の間に入れて
猿のマネみたいにするチックがありました。
その舌をはじくように前へ出すので
更にみっともないです。

かっこ悪いし、友達にも指摘されて笑われるので
やめようと思うのですが、やってしまう。
やらないと気持ち悪い、くらいの感覚でした。

で、それぞれ、いつ治まったかというと

   分かりませんw

知らないうちに無くなってました。

小5では瞬きをしなくなっていたし
中学に入った時には口のチックも消えていました。

じゃあ何が原因でチックが出たか。

それも分かりません(^^;

いじめられたとか、親が厳しかったとか
そんなことも全く無かったし
仲のいい友達もいて、勉強も割と出来てて…

と書いてて思い出した。

父親が姫路へ転勤になり単身赴任。
私も小学校を卒業したら引っ越すことが確定。
それが小5の夏休み前。

原因かどうかは分かりませんが
そういうのが影響していたのかもしれません。
あくまでも後付けですが。

しかし小3は思い当たる節がない。

ま、そんなもんです。

無い理由を探したって仕方がありません。
他の人にはストレスじゃないことや
自分でも気付いてない事がストレスかもしれないし

そもそも原因が必ずストレスとは限らない。

息子の場合は
元々自閉傾向のある発達障害なので
チックを併発しても何ら不思議ではありません。


世間はともかく
我が子のチックの原因が分からない以上
ジタバタしても仕方ありません。

学校も家も楽しいという息子。

そして自身の経験から
知らないうちに治まるという事実。

さらに、元気に楽しく遊んでいれば
そのことでいじめられることもありません。
いじめる子がいるとしたら
仮にチックじゃなくてもいじめてます。

正直、チックに対する答えなんて
あったとしても簡単に見つかるものではなく

出来ることといえば
毎日楽しく過ごすとか、夜更かしをしないとか
当たり前の充実した毎日を過ごすくらい。

それも特効薬ではありません。

健康に一番いいのは、早寝早起き腹八分目。
でもそれをしたからって
急に健康にはならないのと同じことですw

早寝にしたって

   いつまで起きてるの!!
      早く寝なさいっっ!!

と言って21時に寝かすのは本末転倒(^^;
それなら

   今日も楽しかったね
      大好き♪おやすみ☆

と22時に寝かす方がマシです(笑)
(うちの嫁は前者(^^; 私は後者(^^;)

そりゃあ
21時に大好きと言いながら寝るのが一番ですがw

正直なところ
チックの子を持つママのブログがたくさんあって
どれを見ても

一喜一憂しないようにしよう と言いつつ
一喜一憂してるママが多いです。

私はむしろ
『うちの子にはチックがあるもの』
と思って接した方が良いと思っています。

チックが無くなって喜ぶより
いつもあるチックが無くなって気がかり
くらいの感覚です。

子どもは親が思ってるより
親の胸の内を見透かしてることがよくあります。

とはいえ

気にかけるからチックが出るわけじゃない

というのも事実(笑)

うちの場合
自閉傾向と発達障害にチックが増えただけなので
まるごと受け入れて静観です。

少しでもみんなと同じように、ではなく
うちの子はこういう子、という感覚。

もちろんマイナスの意味ではなく
子どもの可能性はしっかり引き出しながらです。

学校の勉強とか、お友達と元気に遊ぶとか
お手伝いを頑張るとか

ふつうのことをふつうに出来るよう
促すことで精一杯(^^;

専門医もいて薬もあって
ネットには情報も溢れているので

必要なら難しいことはそういう所に任せて
親はただ、愛情一杯で子どもと接していれば
いいと思ってます(^^)

そしてどのブログでも
ママさんが一喜一憂してるところをみると
結局、特効薬はなく

私の『いつの間にか無くなる』という
経験だけが残ります。

無くならなかったら
無くならなかった時に考えるしかなく

まだ『無くならなかった』になっていないのに
無くならない心配をする必要はありません(笑)

無くなるし、縮小するし
上手に付き合えるようにもなります。

必ず(^^)

また時々経過報告します♪
0

2017/5/29

褒めてw  発達障害

小学4年生の息子が
25m泳げるようになりました。

泳法は『犬かき』ですw

息子は軽い発達障害があって
何かを無理にやらせようとしても
絶対に上手く行きません。

仮に始めてもチョットしたことで中断します。

自転車の補助輪を外す時でも
チョット転んだろもうダメw

宿題の計算プリントでも
途中で間違いを指摘しようものなら
再開にしばらくかかります(笑)

ちなみに自転車の時は
転びそうになったら私がガッチリ支える。
という方法で練習を続けました。

そんな息子に水泳を教える方法は…。

   小さいステップで
     出来ることを積み重ねる。

これしかありません(笑)

これから書く内容はうちの子の場合なので
必要ならもっとステップを小さくしても
いいと思います。

1)お風呂で頭からシャワー(大抵クリア済)
2)浴槽で顔をつける
3)浴槽で頭までつける

これでもう水は怖くありません(゚゚)(。。)

同じことをしても
風呂とプールでは何故か意味がちがいますw

   プールに行ってやってみよう!

1)プールで頭までつける
2)頭までつけて10数える
3)腰までのプールで底をさわる

コツは『鼻をつまむ』こと。
鼻が痛くなったりしたら
二度とやりたがりませんw

さぁ、ここまで来たら泳ぐ練習が出来る!?

いえいえw
小さいステップを忘れてはいけません(笑)

次にやることは

1)腰までのプールで底にお尻をつける
2)そのまま座る

勢いよくしゃがめば付かなくは無いですが
座るのは至難の業です。
どう頑張っても浮かんできますからw

  なんで浮かんでくるん?

と笑って突っ込みを入れてあげると
おもしろがって浮かんできます(笑)

でもそれでいいんです。
目的は座ることじゃなくて浮かぶことなのでw
だったら…と

1)頭まで潜って足を床から離して10数える

いきなりここへ飛べる子も多いですが
『座れないごっこ』もけっこう楽しいです♪

ちなみに底で座ろうと思ったら
息を吐いて潜り、さらに吐き続けると沈みます。
わたしはプールの底で仰向けに寝られます(笑)

で、ぷかぷか浮かんで10数えられたら
もう泳げたも同然です(^^)

1)そのまま足を動かす

これで前に進みます♪
最初は軽く押してあげるといいです。
これはすごく重要ですw

プールサイドにつかまって
バタ足の練習をしたって泳げるようになりません。

まず浮かぶ。そしてこぐw

手は鼻をつまんだまま
ぷかぷか浮かんだ状態で足を動かす。
バタ足とは程遠い動きですがとにかく進みます。

『浮かんで進む』と
本人も断然おもしろくなってきます(笑)

1)もっと足をいっぱい動かす

沈んでた足が少しだけ後方に伸びます。
だけど伸びると体が沈みがちになります。
そこで。

1)足を動かす時は自分のへそを見る。

実際にへそは見えませんが
前(進行方向)を見ていると体は沈むので
プールの底を見るようにします。
そう教えてもつい前方の底を見るので
『へそを見る』と教えます。

すると背中がやや丸くなって体が浮きます。

そうして足を動かせば
鼻をつまんだままのバタ足をマスター♪

これで息継ぎ無しで泳げる所まで泳げます。
これくらいになると壁キックもすぐ出来るので

  壁キック+ぷかぷか泳ぎ=5m

くらいは楽勝です。

ただ、次の壁が大きくて

1)鼻から手を離すw

これをするために、最初の方から鼻つまみ無しで
再チャレンジする必要があるかも。
でも一度出来てることなので割とクリア出来ます。

鼻から手を離してぷかぷか泳げるようになったら
犬かきの動きを教えてあげます。

1)手は犬かきのまま
2)苦しくなったら顔を上げる

その時も『へそを見る』ことと
『力を抜いてぷかぷか』は絶対忘てはいけせん。

ぷかぷか犬かきが出来れば息継ぎは時間の問題です。

息継ぎをするようになると
推進力がなくなって止まりがちになります。
そんな時は

1)犬かきの手はお腹の下で
2)息する時だけ胸の前で

胸の前だと浮かぼうとする動きになりますが
お腹の下だと前に進む力になりやすいです。

こんな感じで1日1ステップずつゆっくり進めて
息子は25mを泳げるようになりました。

今ではトライしたら100%泳ぎきります。

新しいことが出来るようになると
次のステップに進みたくなるものです。

ステップを細かく区切って達成感を味わいながら
最後に目標に達成すればOK♪
急いで叱りながら泣きながら
無理やり覚える必要は全くありません(^^)

ちなみに将棋の羽生さんは
初めて将棋道場に行った時にすごく弱くて
15級から指して下さいと言われたそうです。

道場には8級までしかなかったんですがw

8級までしかないからと8級で始めたら
7級になるまで時間がかかります。

なので特別に15級というのを作って
級位が上がる達成感やモチベーションを
持てるようにという席主の粋な計らいです。

もしこの時8級から始めて
なかなか7級に上がれなかったら
人によってはイヤになって将棋をやめることも
十分ありえます。

子どもは褒められたら
もっと褒めてほしくて勝手に頑張りますw

叱られたら、何故叱られたかより
『叱られた記憶』だけが残ります。

だから私のことも
叱らずに褒めて欲しいです(笑)
1

2017/4/6

有給休暇  発達障害

本日、私は有給休暇でした。

ママ友グループで集まって
バーベキューをする企画があったのですが
さすがにそこへ参加するためではありませんw

ママ友は娘つながりのグループですが
そこの弟くんがうちの息子に対して
けっこうキツく絡んでくるんです(汗)

過去の経験から息子を連れて行くと
嫌な思いをすること必至なので

わざわざ私が休みを取って
息子と二人で遊ぶ日にしたのでしたw

息子のリクエストは『プール』♪

先日のプールが楽しかったようで
今度は『深いプールの底に触る』
という目標を自分で立てていました(笑)

温水プールで
大人は800円、子どもは400円。

ところが療育手帳があると
子どもは半額、大人は介助者として
無料で入れることに先日気付いて
初めてそのシステムを利用しました。

つまり二人で1200円ところ
たった200円で利用できてしまいました。

ところがこのシステム
利用の際にちょっとした注意事項があって

介助者とは・・・
要約すると『着きっきりで見ること』
的な事を書いた紙を渡されて説明されます。

なんだろ。

ズルする人がいるのかもしれませんが
最初から疑われてるような扱いに感じて
正直いい気はしませんでした。

療育手帳は色んな割引を受けられますが
発行してくれた時の担当の人は

  普段たいへんな思いをしてるので
   何も遠慮することなく
    サービスを利用してくださいね

と言ってくれていました。

でも現場では
 
  安くしてるんだから
   他の人と同じように
     利用されては困ります。

と言わんばかりです。

もちろん療育手帳があるのだから
『目を離さないでね』というのは分かります。

でもそれって他の子も同じですよね。

水族館なんかでも
同様の割引を受けられますが
そんな注意事項を説明されることはありません。

正直、次から1200円払うわ…

と思ってしまったし
たぶん払って利用すると思います。

そんな思いは私が感じただけで
息子は気にせずプールを楽しみました♪

深さ120cmのプールの底が触れません。

  ・高く飛んで勢いよくしゃがむ
  ・しゃがむ前に息をいっぱい吐く

と教えたら、勢いでプールの底にタッチ!

それどころか
お尻を付けるまで潜れるようになりました♪

顔もつけられるし、息も止められるし
潜って底に座れるし。

しかも息を吐かなければ浮かんでしまう

ということを体感すれば泳ぐのは簡単なはずw

壁を蹴ることを教えて
私の手助けなしに自力のみで
確実に5m泳げるようになりました♪

ただし
片手は鼻をつまんでの犬かき風(笑)

今のところ最大の課題は
顔をつける時に鼻をつままないことw

でもまぁ、ゼロと5mの差は大きくて
これから少しずつ上達するかな?
という感じです(^^)

春休みとはいえ平日の今日は
いつもと客層が違っていて

私たちが行った14時頃は
幼稚園〜小学低学年くらいの子ども達の
水泳教室が行われていたし

16時頃になると
高校生の水泳部が練習にやってきました。

みんな若い!

強豪っぽい感じではありませんが
やはり全然無駄な肉がついてない〜

私がどんなに鍛えようと痩せようと
もうあの体にはならないと分かる。。。

ちょっと悲しいですが
あの若々しい10代の体には
大人の色気がありません

    何の抵抗w

手帳の件がなければもっと短くまとまったし

女子部員がいた話も書けたのですが
残念ながら時間ということで(笑)

サラリーマンの見本となる
有給休暇の使い方でしたw
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ