2010/10/8

引越しの理由2  思うこと・暮らし編
引越しの動機に大きな影響があったのが
モンゴルでの体験です。

モンゴルには2度訪れました。
一度は武者修行ツアーというモンゴルの文化を体験するツアーです。
2度目は非電化プロジェクトのお手伝いで、非電化冷蔵庫のメンテナンスと実験です。

モンゴルで遊牧を営む人々とその暮らしはなかなかに刺激的でした。
遊牧民の生活は端的に言うと自給自足です。

数百〜千頭の家畜を飼い、水場や餌場に連れて行くなど世話をします。
主食はその肉と乳製品。
暖房は乾燥した家畜の糞と牧を燃料にしています。

クリックすると元のサイズで表示します

現金収入は年間数万円。支出のメインはローソクと小麦粉代。
彼らは私たちの来訪をとても喜び、やさしく笑顔で迎えてくれました。


家はゲルという組み立て式の小さな円形テントです。
家畜の餌場を求めて、あるいは冬場の嵐をしのぐために気候や環境に合わせて移動をします。

クリックすると元のサイズで表示します

彼らは家と家畜以外の財産をほとんどもっていません。
かわりに経済活動に依存せず自然の中で生きる術と力を持っているのです。
3

2010/9/13

引越しの理由1  思うこと・暮らし編
分譲マンションから古くて小さな戸建への引越しを決めた理由について書かせていただきます。


私の会社は棚受を製造しており、私はDIYアドバイザーの資格を持っています。
趣味と実益を兼ねて、5年のマンション暮らしの間に、棚を付けられそうな所は
全て付けきってしまいました。


     クリックすると元のサイズで表示します


キッチンのカウンター下、リビングの壁棚、書斎の本棚、
液晶テレビとDVDプレーヤーの台座、洗濯機の上などなど・・・。


次のステップとして、さらに色々なDIYに挑戦したいと考えていたのですが、
マンション住まいだと簡単ではありません。


大きな部材の搬入にエレベーター使うならマンション理事会の許可が必要ですし、
直下階や隣家への騒音対策や挨拶などはきちんとしておかなければなりません。
共用部分の養生や、やっていいことと悪いことの理解も必要です。


これらは全て プロにお任せすれば何の問題も無いのでしょうが、
考えながら、試しながら、時には変更しながら・・・。
ゆっくり、じっくり、DIYで取り組むつもりの私には大きな問題でした。


もっと自分の家を自分で手入れしたいなあ・・・。
でも、手続きが大変だなあ・・・。
マンション暮らしの中で、そんな想いを募らせていたのでした。
0

2010/9/13

我が家について  思うこと・暮らし編
1年半前まで大阪市内でマンション住まいをしていました。

思うところがあって、同じく大阪市内の小さな中古戸建(土地面積10坪以下)に引越し、
少しずつ自分で手入れしながら住んでいます。

このカテゴリーでは、転居の動機やいきさつ、現在の家の手入れなど、
思うこと、出来事を書いていきたいと思います。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ