2012/12/31

退職と源泉徴収  マネーと投資の情報

ただ、退職した人が確定申告をしても、必ずしも源泉徴収の所得税還付があるわけではありません。
年末調整は会社が12月支給給与でするので、既に退職している人で転職していない人は、源泉徴収ができないので、確定申告をする必要があります。
決定された所得税と源泉徴収された合計との差額が、年末調整で調整されるわけです。
そのため、3月31日に退職した人は、1月1日から3月31日までに、源泉徴収として、支払った給与総額が明示されることになります。
基本的には、源泉徴収の清算は年末調整ですることになっていて、これは1年の収入と控除額を計算して最終的な所得税を算出します。
退職に際しての源泉徴収票は大事で、なぜなら、それは転職先での年末調整をする際、必要になるからです。
退職した人については、事前に会社から退職年度の源泉徴収票をもらう必要があり、それで確定申告をしなければなりません。
なぜなら、源泉徴収票は、住宅補助や住宅ローンを利用する時などに、急に必要になることがあるからです。
源泉徴収票というのは、転職するかどうか別にして、退職年度分と前年度分を必ずもらっておくことです。
とにかく、退職する人は、源泉徴収票は、退職後にすぐに会社からもらっておくようにしなければなりません。
0

2012/12/30

源泉徴収と所得税  マネーと投資の情報

源泉徴収は、簡単に言うと、会社が、給与支払時に、所定の所得税を徴収するという制度です。
給与やボーナス、そして退職金からも源泉徴収はしっかり行われ、これはパートやアルバイトも対象になります。
会社が税金の徴収を代行しているのがまさしく源泉徴収なのですが、これは、給料以外にも適用されます。
原稿料や講演料、弁護士や税理士に対する報酬なども、源泉徴収として引かれています。
所得を支払う会社側は、翌月には徴収した所得税を国に納付することで、源泉徴収の制度は成りたっています。

源泉徴収は、所得税だけでなく、公的年金からもひかれているので、しっかり国に税金が納められていることになります。
所得税を給与や報酬から控除することを源泉徴収と言いますが、個人の住民税の場合は特別徴収になります。
また、ホステスなどに対する報酬や、例えば、プロ野球選手などの専属契約金に関しても、源泉徴収は引かれています。
賞品に対しても源泉徴収は引かれているわけで、懸賞の賞品なども、それに該当します。

源泉徴収というのは、徴収した所得税を会社が従業員に代わって国に納付する代行制度です。
ちなみに、給与の場合、支払われる給与金額と扶養親族数によって源泉徴収の税額が決定されます。
0

2012/12/29

パートの源泉徴収  マネーと投資の情報

そのため、パートであっても源泉徴収は重くのしかかってくるので、家庭の主婦は非常にしんどい面があります。
基本的には、所得税のことを源泉徴収と言っているケースが大半なので、働く人にとっては全ての人にのしかかってくる税金と言っていいでしょう。
パートなのに源泉徴収が引かれるのは、理不尽かもしれませんが、これはパートにも義務があるので、仕方ありません。
パートについても、正社員と同様、源泉徴収の税額表によって割り出されるので、当然、税金を納めなくてはなりません。
また、パートの場合、源泉徴収は、雇用期間によっても大きく違い、1年を通じて支払う額は期間によってかなり違います。
要するにパートで103万円の収入がある人は、38万円が源泉徴収の対象になるので、よく覚えておきましょう。

源泉徴収は、パートも含めて、配偶者控除、扶養控除、医療費控除、社会保険料控除などが影響してきます。
パートの源泉徴収については、正社員と同じく、給与所得の徴収税額表を採用しています。

源泉徴収に関しては、パートに関する特別な欄かないので通常、サラリーマンと同じようにして計算されることになります。
ただ、パートで、最初雇用契約期間が2ヶ月以内の人でも、延長する場合は、源泉徴収は、支払期間に応じて定められている税額表が用いられることになります。
0

2012/12/28

源泉徴収義務者  マネーと投資の情報

また、税理士に報酬を支払ったりする場合にみも、源泉徴収は、支払の都度、差し引かれることになります。

源泉徴収義務者については、果たして、ある一定額の報酬を支払った者が該当するのかどうかはわかりにくい部分です。
給与支払事務所を開設してから1か月以内に提出しなければ、源泉徴収義務者になることはできません。
届出書の提出先は、給与を支払う事務所を所轄する税務署長になるので、源泉徴収義務者になるには、法的な手続きが必要になります。
しかし、支払う相手が法人である場合には、それは基本的に源泉徴収義務者に該当します。
給与や退職金の支払がなく、弁護士報酬などの報酬や料金だけを支払っている人も源泉徴収義務者になりません。
但し、個人が新たに事業をスタートする場合で源泉徴収義務者になるには、個人事業の開業等届出書を提出するだけで大丈夫です。
給与支払事務所等の開設届出書というものを提出することで、源泉徴収義務者になることができます。
この場合、講師に対して講演料を支払う者が、誰であるかによって、源泉徴収義務者の有無が変わってきます。
例えば、任意の団体であっても、個人ではないので、やはり源泉徴収義務者に該当することになります。
0

2012/12/27

源泉徴収の見方  マネーと投資の情報

実際、源泉徴収の見方というのは、ちょっと面倒臭いのですが、慣れればそうでもありません。
その場合の源泉徴収の見方としては、例えば年収500万円の人なら、必要経費は154万円になります。
源泉徴収の見方を学んで、しっかり見方を知っておくことは、自分の年収や所得税を確認するのに役立ちます。
手当などは特に大きく、子供手当による変更点なども、源泉徴収の見方に影響してきます。
所得税については、よく年末調整での変更ポイントがあるので、源泉徴収の見方はとても大事です。
具体的な源泉徴収の見方ですが、まず、支払金額というのは、実際の手取額のことを指すのではなく、基本給や諸手当を含んだものです。
社会保険料や源泉所得税などが引かれる前の年間収入金額が支払金額で、これは源泉徴収の見方で重要です。
これが赤字になっている人は、本人の控除額の記載がないので、源泉徴収の見方では注意が必要です。
所得控除の額の合計額も、源泉徴収の見方で大事で、これは給与所得控除後の金額から控除する合計金額のことです。
年末調整という形でよく知られていますが、これこそが、毎月の給与で徴収される源泉徴収額を、年間収入と諸控除で調整した額なのです。
0

2012/12/26

源泉徴収と年末調整  マネーと投資の情報

源泉徴収というのは、給与所得者が1ヶ所からの給与所得しかない場合に徴収される税金のシステムです。
つまり、給料や賞与などを、勤務先から得る所得しかない人が、徴収される制度が源泉徴収になります。
所得税の源泉徴収というのが年末調整のことで、これは税収の平準化を図るために実施されているまのです。
所得を合算した場合、所得税の源泉徴収である年末調整は、税額が増加するというのが当たり前になります。

源泉徴収は、例えば、事業所得や不動産所得などがある人、もしくは複数から給与をもらっている人はできないことになります。
複数からの給与をもらっている人は、所得税の源泉徴収である年末調整が出来ないので、自ら確定申告する必要があります。

源泉徴収というのは、1年間のすべての所得に対して課税するという仕組みになっています。
所得が給与所得のみの人は、毎月の源泉徴収と年末調整だけで、確定申告は不要です。
ただ、給与所得以外の所得がマイナスの人は減少するので、源泉徴収された所得税は、確定申告で計算した額から差し引くことが可能です。
複数から給与所得がある人は、一つでしか源泉徴収である年末調整ができないので、確定申告が必要なのです。
0

2012/12/25

アルバイトの源泉徴収  マネーと投資の情報

アルバイトの人は源泉徴収の知識がとかく低い傾向にあるので、アルバイトをしている人は、たまには給与明細を見てみることです。
給料からあらかじめ税金分を引かれ、その残りを支給される形が源泉徴収の仕組みです。
確定申告すればお金が戻ってくることもあり、源泉徴収の段階では、国民年金、国民健康保険、医療保険などの控除対象が色々でてくるからです。

源泉徴収は、アルバイトであっても、毎月の給料が8万7千円以上になる人は、税金が徴収されることになります。
月5万円のバイトを2箇所別々の会社でアルバイトが働いた場合は、それぞれでは源泉徴収が引かれません。

源泉徴収は、一定の額を超えなければアルバイトの人は徴収されませんが、確定申告は必要になってきます。
給与明細には、源泉徴収という欄があるので、アルバイトの人は、その辺をよく確認する必要があります。
しかし実際、103万円以上稼いでいて、源泉徴収されていない人でも、確定申告をしている人はまずいません。
アルバイトで一人暮らしの人は国民年金などを自費で支払っている人もいるので、源泉徴収での控除対象になります。
一箇所のアルバイト先で年間所得が103万円を超えている人は、会社から源泉徴収されているので、わざわざ確定申告する必要はありません。
0

2012/12/24

源泉徴収の計算方法  マネーと投資の情報

また、最近では、パソコンの普及により、源泉徴収の計算のための市販ソフトもたくさん販売されています。
そうしたことから、源泉徴収の計算というのは、自ら確認しておく必要があり、これは国税庁で発表されています。
また、給与に関する源泉徴収の計算については、徴収税額は比較的簡単に求めることができるようになっています。
計算表は源泉徴収を計算するにあたって必須のもので、パートなどで徴収税額が発生する場合は、日額9300円を超えた時点からと決まっています。
先行的に支払う税金が源泉徴収なのですが、通常、この徴収税というのは、所得税を指し示します。

源泉徴収の計算については、パートの場合、日額報酬が9299円までについては、徴収税がかからないという計算になります。
計算の仕方は、その月の社会保険料を控除した後の給与の金額から、別表で算出した給与所得控除ので、源泉徴収を計算します。
国税庁から配布される徴収税額表を確認すれば、源泉徴収の計算の求め方がすぐにわかるようになっています。
支払い額に関する源泉徴収の計算を電子計算機などの機械で処理する際は、月額表の甲欄を適用します。
しかし、源泉徴収の計算は、慣れれば誰でもできるようになり、最初に計算の順序を覚えれば大丈夫です。
0

2012/12/23

源泉徴収の書き方  マネーと投資の情報

しかし、源泉徴収の用紙については、退職者用のものではなく、一般的なほうの用紙を使用しなければなりません。

源泉徴収の書き方をマスターしておけば、過払い分が多く還ってくる可能性があるので、書き方は、面倒がらずに習得しておくべきです。
車通勤の非課税限度額が、交通機関の運賃相当から距離相当の金額に変更になっているので、源泉徴収の書き方では要注意です。
この場合、平成23年中に締結した保険契約は従来の制度が適用となるので、源泉徴収の書き方には注意が必要です。
また、源泉徴収の書き方で注意しなければならないのは、車などの通勤手当の非課税限度額変更です。
正式な源泉徴収の書き方を確認することは非常に大事なことで、昨年と変わっていることもあるので、注意しなければなりません。
退職者への源泉徴収については、年末調整をしなくても、年度の途中でもよいことになっています。
ちなみに平成24年に締結した保険契約で制度改正されているので、源泉徴収の書き方を見直しておきましょう。
基本的な給与所得の源泉徴収の書き方ですが、まず、A欄の俸給、給与、賞与の総額欄をしっかりチェックする必要があります。
この場合、源泉徴収義務者は、7月から12月までの間に支払った給与の納期限が、翌年1月20日となっています。
0

2012/12/22

源泉徴収とは  マネーと投資の情報

源泉徴収とは、サラリーマンにとっては欠かせないもので、ほとんどの人にとっておなじみのものです。
そして、源泉徴収と言えば、給料だけでなく、利子や配当などにも必要なものなので、生活に密着しています。
また、源泉徴収というし、弁護士や税理士などに対する報酬についてもしっかり対象となるので、日々の生活に深い関係があります。
つまり、特例の源泉徴収納付期間を利用すれば、資金繰りを楽にできるというメリットがあるわけです。
会社は支払いがあった翌月、徴収した所得税を国に納付しているわけで、源泉徴収は、いわば、税金の徴収代行を会社が肩代わりしていることになります。
税金は国が直接徴収することになっていますが、源泉徴収に関しては、義務者制度が設けられています。

源泉徴収は、事業者が給与、退職金、報酬を支払う際に、所得税を徴収し、翌月10日までに納付するということが義務付けられています。
ただ、給与の支払いを受ける者が常時10人未満のところは、源泉徴収に関して、少し規定が変わります。
所得の支払者が、給与支払時に所定の所得税を徴収し、国に納付するのが源泉徴収なのです。
従業員から預かったものが源泉徴収になるので、納付期限の間、運用は経営者の自由ということになります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ