2014/2/7

失業保険と出産  マネーと投資の情報

勿論、失業保険受給者の最大の条件である、再就職したいという気持ちは今でも持っていますよ。
失業保険の手続きに行くと、まあ恐らくその場で教えてはもらえるとは思うけど、また手続きをし直さないといけないという事になっちゃう。
だけど、失業保険の制度は案外優しくて、そういう妊婦さんのための処置をちゃんと用意してくれているんです。
こんな感じで、細かい約束事が失業保険にはあれこれあるようなんですよね。
失業保険というのは、会社をやめた時のためのお金というより、次の仕事を見付けるための軍資金、本当はそう考える事が正しいみたいですね。
このルールはよく解るんだけど、ママになったばかりの私がいくら失業保険を貰っている身とは言え、本格的な就職活動をするのはちょっと難しいじゃないですか。
ただし、この間ずっと失業保険が支給される訳ではなく、受給の開始日が待ってもらえるというだけの事です。
だからと言って、わざとぶらぶらしているのも駄目みたいで、ちゃんと3ヶ月間頑張ってお仕事探しして、もし見付かったらちゃんと就職する。
この手続きさえしっかりしておけば、ある程度子供の手が離れて、ちゃんと就職活動が出来るようになるまで失業保険の受給有効期限を伸ばしてもらえるんです。
だったらすぐにくれればいいのに、今日から3ヶ月待たないと、受給資格は得られないんだって。
家に帰って来て、ネットを開いてみると、なんと、先輩ママさんたちのブログやサイトには、この雇用保険に関する情報が沢山載っているではありませんか。
0

2014/2/6

失業保険の受給有効期限延長制度  マネーと投資の情報

皆さんは会社をやめたら取り敢えず失業保険の手続きをしようと思いますよね。
そこで、失業保険の受給期間中は、何度かハローワークに通い、紹介状を書いてもらって、新しい会社の面接や試験を受けに行く必要があります。
本日は、失業保険の受給資格と受給期間についてのお話しです。
勿論その離職理由によって、延長される期間や手続きに必要な書類は変わって来ますので、気になる方は、失業保険の受給について、いちどきちんと調べてみられる事ですね。
寧ろそこまでは貰えない人の方が多いので、何が何でも受給期間中に次の仕事に有り付けないと、後が大変になるんですよね。
勿論、それなりの条件があって、手続きも必要なんだけど、失業保険の正しい意味を理解していれば、うん、納得の制度と言えるでしょうね。
そういう人たちは、再就職する意志は持ち合わせていても、受給者の最大の任務である就職活動が出来ない訳ですから、本来なら失業保険を貰う権利すらないんですよね。
特に、出産のために退職した妊婦さんや、病気でやむを得ず離職した方、最近だと、家族の介護のために会社をやめざるを得ない人も多々あります。
この雇用保険制度は、仕事を失った時の救済処置として設けられた制度で、安心して次の仕事を探せるようにという一時的な支援金みたいな物なんですね。
そこで、ブログやサイトを調べてみたところ、失業保険に関する情報って、ホント沢山載っているんですね。
ただね、例え次の仕事が見付かっても見付からなくても、失業保険の受給期間が終われば、そこで支給はストップされちゃいますからね。
0

2014/2/5

失業保険とアルバイト  マネーと投資の情報

何故なら、例えアルバイト雇用であっても、労働時間が一定の時間や期間を上回ると、それは再就職したと見做され、失業保険の受給資格が消えてしまうからです。

失業保険は、アルバイトでも貰えるという事は解ってもらえたと思いますが、多くの人が気にしているいるのは、受給期間中にアルバイトが出来るかどうかという事です。
少ない人なら半分位、多い人でも8割までですから、実際問題、それだけで生計を立てながら、尚かつ再就職に向けての活動をするのは大変な人も少なくないでしょう。
昔は、アルバイトやパートの場合だと、一定の勤務時間を超えない限り、失業保険を払う必要はなかったそうですね。
ところが、2年ほど前に制度が変わって、正社員と同じ条件で失業保険が受け取れるようになりました。
大抵の人は、NGだと思っているようですが、実際のところは大間違い。
ただし、何も知らずにアルバイトをする位なら、無理にアルバイトをしない方がいいかも知れませんよ。
よくは覚えていないのですが、実は私も失業保険を受給していた昨年、この内職控除を活かして、月に5万位の副収入を得ていたんですよね。
また、規定時間内の労働であっても、本来貰えるはずの基本手当日額が大幅にダウンしてしまう事も少なくありません。
更に、後でたっぷりアルバイトをし、たっぷり稼いでいた事が判明すると、失業保険の不正受給として有り難いお返しが襲って来ます。
だから、この失業保険というのが実に有り難く思える日がいつやって来ても不思議ではないと思います。
私もそうしたブログやサイトを読んでいるうちに失業保険と内職のいい関係を知ったので、今日はちょこっとご紹介しました。
0

2014/2/4

失業保険の計算法  マネーと投資の情報

何もわざわざ失業保険をもらいながら就職活動をする必要はないだろうと見做されるんでしょうね、きっと。
当然、沢山お給料を貰っていた人は、失業保険の額も大きくなる訳です。
それにもともと、基本賃金日額がそのまま失業保険の基本手当日額になる訳ではありませんのよ。
そのため、比較的再就職が安易な30再未満の男女に対しては、失業保険の支給額も、受給期間も少なく設定されています。
その字のごとく、お手当ですから、当然受給期間中は日々新たな就労活動に勤しむ必要があります。
失業保険というのは、会社のお給料のように1ヶ月でいくらというものではなく、あくまでも日額いくらというもので、これを正式には基本手当日額といいうんですね。
されど、もともとこの失業保険という制度は、やむを得ず食を失った時、安心して次の仕事を探せるように一時的に支援する目的で作られたものなんですね。
受給期間中は、毎日仕事を探して回るのが受給者の仕事なんです。失業保険というのは、在職時にかけている雇用保険から離職後に支給される保険金みたいなものですが、ちゃんと計算した事ありますか。
特に30歳未満の若者の上限額は低く、最も高い45歳以上60歳未満の人からみると2割程度もの差があります。
本当は失業保険なんて受け取らずに、勤労して得た収入で定年まで生計を立てられればベストですけどね。
ですから、自分の意志で退職するのであれば、事前にそれなりの蓄えや次の準備をしておけばいい訳です。
0

2014/2/3

失業保険と受給期間  マネーと投資の情報

それにね、失業保険には、時給有効期限なるものが存在するんです。
前は半年ほどかけていれば貰えた失業保険ですが、今では12ヶ月以上かけていないと降りない事が殆どです。

失業保険の受給期間を気にされる方はすごく多いのですが、被保険者期間を気にされる方って、案外少ないんですよね。
おまけに、解雇されたのにも関わらず、依願退職扱いの書類が作成されていて、もう大変。
それも、失業保険の受給期間が180日と見做される中高年の離職者が増加しているんですね。
されど、現実的なお話をすると、3ヶ月間の待機期間を過ごされた方の多くは90日間から150日間の受給期間。
よく皆さん、失業保険というと、3ヶ月待って半年間貰うというイメージをお持ちじゃないですか。
例えば、30代前半の人でしたら、僅か1年未満の被保険者期間でも半年間ほど失業保険を受け取れますし、1年以上かけていれば、更に1ヶ月位長く支給されます。失業保険の受給期間って半年だと思ってたんだけど、実際、期間は、人によって随分違うんですね。
私の友人は、会社の書類発行が遅れたために、まるまる30日分の失業保険を貰い損ねてしまいましたからね。
特に、2年前の雇用保険改訂により、以前とはかなり条件が変わっています。
何しろ、今の世の中、失業保険の受給者は溢れかえっていますからね、そんな体験者が語る情報も溢れかえっているんです。
0

2014/2/2

失業保険の受給資格  マネーと投資の情報

失業保険、みなさんは貰われた事がありますか。
実は私、先日から人生2度目の雇用保険受給者になりましてね、5年ぶり位にハローワークへ行って手続きをしたんですよ。
それもね、以前は半年かければ失業保険の受給資格が得られた1週間に30時間以上働いているパートさんや、アルバイト君たちでも、今は12ヶ月間かけておかないとNGです。
まあ、普通に1年位同じ会社で働いている人なら、大抵は失業保険の受給資格は得られるみたいですね、特に今は。
終身雇用が当たり前じゃなくなって、派遣や契約雇用が目立つようになって来た昨今、最新の失業保険システムというのも把握しておいた方がいいかも知れませんね。
でも、よくよく聞いてみると、元々から正式には失業保険給付金という名前のものだったそうですね。

失業保険をいただくためには、当然ですが、受給資格というのを持っていなければなりません。
が、しかし、1ヶ月の労働時間の少ない人は、当然いただく手当も少ない訳で、正直、失業保険料が負担になっている事も少なくないとは思うんですよね。
ただその後半部分をカットして失業保険というのもまた略語、結局はどっちでもいいんじゃないのって感じなんでしょうね。
そしたら、今回は、失業給付金のお手続きですね、なんて受付のお姉さんに言われて、目が点ですよ。
実体験に基づく失業保険の知識はとても解りやすいので、いざという時、慌てなくてもいいように、少しは勉強して置かれる事をお勧めしたいですね。
0

2014/2/1

失業保険とは  マネーと投資の情報

失業保険というと、6ヶ月っていう印象が強いけど、実際はそれが最も一般的であるっていうだけみたい。失業保険は、会社勤めの方なら必ず入っていることでしょう。

失業保険を受け取るには、受給資格者にならなければなりません。
会社が突然会社をやめたから、やむを得ず失業保険をもらいながら再就職先を探している人もいらっしゃるでしょうね。
ただ、余りにも完璧すぎて判りにくい部分も少なくないのが事実なんですよね、ああいうお役所仕事って。
一見ずるそうな結婚退職OLさんたちも一応は掛けていたんだから、それなりの権利も得られる訳で、100%ずるいとも言えないんですよね、これが。
失業給付金などとも言いますが、失業保険の方が馴染みがあるような気がします。
その点一般のブログやサイトは判りやすく説明してくれているので、失業保険というものの実態をかなり奥深く学ぶ事が出来るし、結構面白いからお勧めですよ。
一度でも失業保険を受け取った経験のある人でも、忘れている事やその時とは条件が違っている事、一杯あると思いますよ。
失業保険に関する情報は、勿論ハローワークのホームページを開けば、ちゃんと収集出来るようにはなっています。
失業保険は実際に必要としている人が圧倒的多数だとは思いますが、中には損得勘定だけで受け取っている人もいるのはいるみたいなんです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ