夏は多くのカップルたちが、頻繁にセックスをする季節

2011/8/12 
夏になり、暑い日も続くようになりました。夏は多くのカップルたちが、頻繁にセックスをする季節です。この春新しい出会いがあり、付き合い始めたカップルたちが盛んにセックスをするようになります。今この瞬間も、多くのカップルたちがビンビンに勃起させたペニスを膣に出し入れさせて、愛しあっています。女の子の膣にペニスを出し入れさせて、男の子のはペニスがとっても気持よくなります。女の子は、膣の中をペニスでかきまわされ、強い快感を感じます。セックスをして愛し合っているカップルたちは、お互いにペニスと膣が気持ちよくなって、最高の気分になるのです。汗と愛液でぐっしょりと濡れた結合部は非常に気持ちよくなっているはずです。この夏も、カップルたちはベッドの上で汗だくになって激しいセックスに励みます。
花痴
夏はやはり、たくさんセックスをしたいですよね。できるだけ長い時間、ペニスと膣を結合させて興奮するセックスをしたいですし、女の子の膣の中でたくさん精液を出したいものです。元気で性欲が強い中学生や高校生のカップルたちは、昼間から暗くなるまで何度も何度も射精して、汗だくになって最高に興奮したセックスを長時間楽しんでいます。抜かずに何回も射精したりもします。しかし、大人になるとなかなかそのようにはできないものです。

夏にたくさんセックスをするために、性欲を高める効果のある食べ物を紹介します。
男性ホルモンの「テストステロン」を作るためには亜鉛が必要なのですが、牡蠣には亜鉛がたくさん含まれています。牡蠣を食べることで、テストステロンがたくさん作られ、男の子の性欲増強の効果があります。ただし、夏には季節外れかもしれません。
アボカドにはスタミナを増強する効果があります。また、男性ホルモンの生産を助ける「ビタミンB6」が含まれており、男の子の性欲を増強させます。「ビタミンB6」は、女の子の甲状腺の機能を高める効果もあります。甲状腺の機能が高まると、女の子は性欲が強くなるそうです。男性ホルモンと同じ成分が含まれており、女の子はセロリを食べることで性的興奮が高まります。
バナナには男の子の性欲を強めるミネラルが含まれています。スタミナを増強する効果もあり、古くから男の子の精力増強のために食べられているそうです。セックスの2〜3時間前に食べると効果的なのだそうです。
アスパラガスには、男の子女の子がイクために必要な「ヒスタミン」の生産を助ける「葉酸」が多く含まれており、セックスの快感を増強することができます。

上記以外にもいろいろあるでしょう。
10代の頃、性欲を増強する効果のある、亜鉛のサプリやエビオス錠を試したことがあります。夏休みにはラブホテルで女の子と一日中セックスをしていましたし、2〜3回目でも精液をたっぷり射精することができました。快感も非常に強かったですし、充実したセックスをすることができました。

これからますます暑くなり、たくさんセックスをしたくなる季節になります。
皆さんも、セックスのための栄養を考慮した食事をとって、充実したセックスを楽しんでください。ペニス増大
0

食事量を減らしても、運動してもなかなか痩せない

2011/7/8 
食事量を減らしても、運動してもなかなか痩せない。そもそも長続きしない。そんな人は多いと思いますが、ただ単に食事量を減らしたり運動したりすればいいのではなく、太らない体になること、いわゆる体質改善が必要です。威哥王

 改善すべき部分は様々ですが、近年注目を浴びている部分が「骨盤」です。どうして「骨盤が?」とお思いの方も多いと思いますが、整体師の小倉誠さんは、「なかなか痩せない、または太りやすい、と嘆く人の骨盤は、たいてい開いている」と指摘しています。
 日本人はもともと骨盤が開いている人が多いそうなのですが、後天的な要素も大きいのだとか。加齢や出産によって骨盤がさらに開き、それによって内臓が下垂して過食に走ったり、開いた骨盤の周りに脂肪がつきやすくなったりといった、悪循環に陥ってしまうのです。
 開いてしまった骨盤を締めるための方法として、小倉さんは「骨盤スクワット」を勧めます。「骨盤スクワット」のやり方は至って簡単、1日3分で終わります。

(1)骨盤を開く
 両足を肩幅に開いて立ち、つま先をできるだけ外側に向ける。
 45秒かけて、ゆっくりと、腰を落とせるところまで落とし。15秒かけて腰を元の位置に戻す。

(2)骨盤を閉める
 足幅は(1)よりもやや広めにし、つま先をできるだけ内側に向けて立つ。
 45秒かけて、ゆっくりと、腰を落とせるところまで落とし、15秒かけて、腰の元の位置へ戻す。

(3)閉めた骨盤をキープ
 (2)と同様に、つま先は内側に向けたまま、足幅をと同様に肩幅を戻す。
 15秒かけて体を前に傾けていき、ゆっくりと体を元に戻す。

 これを1日1回、続けていくのですが、特に決まった時間に行わなければいけないというものではありません。また、1週間続けたら3日ほど休みましょう。毎日休みなく続けると、マッサージや鍼灸と同じように体の反応が鈍くなるそうです。

 小倉さんはマキノ出版から出版された『骨盤を締めるとアッサリやせる!「骨盤スクワット」DVDブック』の監修を行っており、アナウンサーの大神いずみさんや漫画家の赤星たみこさんらを指導しています。ほか、本書にはグラビアアイドルの秋山莉奈さんらも体験コメントを寄せています。

 ちょっと実践してみるもよし、もしやり方がやはりわからなければ、本書のDVDを見てみるのもよし。「骨盤スクワット」は早い人で3週間、一般的には12ヶ月で大きな効果が表れてくると小倉さんは力説します。もちろん、男性も効果アリ。ちょっとメタボが気になっている方は仕事中の気分転換などにやってみるのもいいかも知れませんね。中絶薬
0

私は牛乳は完全食品という「幻想の始まり」をこのように見る

2011/6/30 
食事などのアドバイスをさせていただく際に「牛乳や卵、動物性タンパク摂取を止めてください」と言いますと、多くの方が「そんなはずはない」と右から左という状況があります。

私は牛乳は完全食品という「幻想の始まり」をこのように見ています。

敗戦後の日本の食糧難のなかで、 戦後の米国進駐軍が「脱脂粉乳=出がらし」を日本に農業戦略的な見地から推奨。当時の「アメリカ式であることはいいことだ」との風潮の中で完全に日本人の健康に関する意識の中に根付いてしまいました。

たしかにアメリカに限らずインドにおいても牛乳は「清浄な食品」として重宝されていることも知っています。しかし日本人の生活の中では米国の進駐以降に初めて取り入れられた食品であり、農耕文化をを中心にできあがった我々日本人の体には合わないということが下記論文の主旨です。

健康的に自然の草をはみ充分に放牧されて精神的にも肉体的にも満足に育てられた牛から、無理のない程度に搾乳された牛乳をこの国の市場で見つけることは極めて困難です。現実には大量 生産の要請の中で薬づけにされ、機械で無理矢理搾乳された牛乳が体にポジティブに働くとは考えにくいのです。

あるお母さんがいるとします。いっぱい母乳が出るようにと医師からホルモン剤を投与され、乳腺炎を起こしたら抗生物質を飲み、機械で痛みをこらえながら搾乳された母乳・・・。お母さんは栄養がつくようにとおなかいっぱいごはんを食べる。それも内臓に負担がかかるくらい・・・。
2



AutoPage最新お知らせ