ブランド財布

2011/9/21 
フランスのノル・グランビル生まれのデザイナー、クリスチャン・ディオールが1946年にパリで創業したブランド。

エレガントでシルエットを重視したデザインはあっと言う間に世界に知れ渡りファッション界に衝撃を与え、パリ・オートクチュール全盛期の先端を担った。

独創的で華やか。個人の魅力を最大限に引き出すディオールコレクションは今もなお進化し多くのファンを魅了し続けている。
1847年、金細工師を父に持つルイ フランソワ カルティエが、宝石商で師匠のアドルフ ピカールから、パリ、モントルゲイユ街31番地のアトリエを譲り受け、メゾンカルティエが誕生。

イギリスのエドワード王に「宝石商の王ゆえに、王の宝石商」と賞賛されたハイクオリティなジュエリーはもちろん、当時としては画期的な試みでモダンなジュエリーの数々を生み出していった。

1970年には、ビスで留められている「ラブブレスレット」や「ラブリング」が誕生し、以降愛の象徴としてとして絶大なる人気を誇っている。

その後、カボション・マストライン・ハッピーバースデーライン・Cドゥ・カルティエ・ビスモチーフ・トリニティー・パシャ・マストラインなど個性溢れるラインが続々と登場し、世界中で愛され続けている。
0


トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ