2018/6/12  0:19

6月10日の稽古  活動報告

6月6日関東地方も梅雨入り発表雨カタツムリ

今日は、それらしく小雨の日の稽古日です

体育館の床も若干湿っぽい?かな

恒例の子供達の雑巾掛けでは

どうしても初心者の慣れない子供は、
皆から遅れてしまいますが、諦めずに最後まで
頑張りましょう
クリックすると元のサイズで表示します
すぐにコツはつかめますよ
(つま先を上げて足を前に出してしまうと、
はかまの裾を踏んでしまうので、出来るだけ
床から爪先を上げずに、摺足ではかまの裾を蹴散らす要領で、
左右の足を交互に素早く進めましょうね)



先週、USAMI先生から

「KODANNJI先生は、必ず稽古の前に、鏡の前で、

 着装、姿勢に乱れがないかを確認をしています」

「鏡の前で、真っ直ぐ竹刀を振れているかも確認してみましょう」

のお話がありました。

今日は、早々に、子供たち数人が鏡の前に集まってきて
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
自分の姿を確認し始めました。

素直な子供達の姿に、当のUSAMI先生の顔もほころびます。

やはり、剣道は、素直(真っ直ぐ)が一番(良い)です。

お手本のワンカット
クリックすると元のサイズで表示します
杖道の演武の形の確認に入る前の
SUGAWARA先生の立ち姿ですクリックすると元のサイズで表示します
ピタリとしてとても美しいと思いました。


来週の日曜日は水月の大会を向えます。

今回のUSAMI先生の子供たちへのお話から

「水月では、基本(形)を大事にと教えます。」
クリックすると元のサイズで表示します

「心と形、どちらが大事ですか?」

「日本文化(特に芸事)では、形からの教えを大事にする傾向があります」

「一方で、欧米(スポーツ)では心(マインド)からの教えを重視する傾向があります」

「形から心を知る。心から形に至る。スタートが違うだけで、どちらも同じ山の頂上(目標)を目指す上で、かかせないものです。」

「今日の稽古は、いつもよりずっと良い基本の稽古をしていました」

「やはり水月の大会や杉並の大会で試合が近づくと皆の集中力が違ってきます。また試合は、いつもの稽古の10倍の力を付けさせるともいわれます。」

「人間の心には、どうしても怠けようとする性質があります。試合が終わっても今のような稽古を忘れないよう気を付けましょう」

・両方の足の爪先は、真っ直ぐ前を向いていますか

・竹刀を横からでなく上から握っていますか

・左手のこぶしは、おへその前にありますか

・竹刀を振る時、真っ直ぐ真ん中を通ってますか

・目は真っ直ぐ正面をみて、体は、前に傾いたりのけぞったりしてませんか

・大きな声を出していますか

審判の先生たちは、日頃色々教えている事を見逃さないよう審査しますよ


それでは、大会 頑張りましょう!


おしまい


5

2018/6/11  23:40

6月11日の稽古  活動報告

  台風5号 が 通過中〜〜〜

雨の中、何人来るかな〜

ゲン、ミゾグチ、アリサ、リンが鏡の前で、自分の振りをチェック ”曲がっているかな〜”

小団治先生の真似をしている!

リツト、カイ、リンタロウ、シンイチロウ、マミが着替えている

雑巾がけの号令は、リン ”よ〜い  はじめ〜 ”

整列

リツトが、小団治先生から褒められる ”いい 号令だ ”

そうか! 褒める時は、”良かったよ” ではなく

何がよかったかを 褒めるといいのか ”号令が良かった”と!?!

 基本の稽古



摺り足、一歩いっぽの摺り足、速い摺り足

また、ナラ先生 考えたね〜

2チームに分ける

リツトチームとミゾグチチーム、リーダーにメンバーを選ばせている

そこに、タカノ登場!

ナラ先生、第三チーム(?)タカノ(?)を作る

摺り足の競争だ〜

タカノチーム(?)だけは、一人でやる !
タカノチームが優勝! (タカノチームは、なんと5周もしている)

二回戦!!

は・じ・め〜

中学生になって、一層 体力がついてきた”タカノチーム”

二回戦も、ぶっちぎりの ”優勝 ”

前進・後退面、早素振り

打ち込み棒の稽古

元立ち3名

面打ち、小手。面打ち、小手・胴打ち

試合を始める

サワ、アリサ、リン、マミチームと男子2チーム
男子チームは3名、従ってひとりが2回する

2回する人を決める!!

よ〜い  はじめ〜

みんな、必死になって、面・面 4人が面打ちを終わると、次は、小手・面打ち
最後は、小手・胴

”ズルいよ〜 フライングしている〜 ”
文句を言う子がいる!

”選手は、判定に文句を言わない、審判の判定に従うこと”

早素振りの稽古をする、早素振りのときの”足”が ”ひどい”

面付け稽古

小学生の稽古、ナカダイラ兄・妹、ヒラセ、タカノに手伝ってもらう

面3本に切り返し1回、小手・面3本、小手・胴3本

連続打ち(左足を引き付ける稽古になる)

相掛かり稽古、相面の稽古、そして切り返し

稽古、終了

 
2

2018/6/6  12:33

全日本高齢者武道大会  活動報告

合宿や稽古にいつも賑やかにいらっしゃる、
宝塚カゲキ団 いえ、 
宝塚剣清会の村上久恵先生が、
全日本高齢者武道大会で
見事3位に入賞されました!

おめでとうございます

岡村先生よりご報告いただきました。

全剣連HPにも試合結果が掲載されています。
http://www.kendo.or.jp/competition/koreisya/40th/result/

3

2018/6/3  15:27

6月3日のお稽古  活動報告

">6月に入り初めてのお稽古です。
九州、四国は梅雨入りの知らせがある中、本日の阿佐ヶ谷は日差しも強く暑くなりました
6月から役員さんがお茶とスポーツドリンクを用意してくれてますが各自水筒を持ってきましょう
子供たちもぞくぞくと集まって来ました。お稽古前の恒例の雑巾がけです。
今日は初めてスガワラ君が号令をかけました。
「よ〜い始め!!」
皆が一斉にスタートします。
よく声が出てましたよ。これからもヨロシクね
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
整列した後ウサミ先生よりお話し。
「コダンジ先生はいつも稽古の始まる前に鏡の前でご自身の着装、身なり、竹刀を持っての構えなどをチェックされます。皆さんも早く準備を整えて、鏡の前で自身の姿をチェックし、時間と心に余裕を持って稽古に入りましょう。」
そのような事もあり、本日は初めての試み。
3〜4人1組で鏡の前に立ち、前進後退面を行いながら、鏡の前の自分が竹刀を真っ直ぐ振れているか、自分のクセは何かをチェックしながら行いました。
終わったらそのままの組に四段以上の先生方が入り一緒に稽古しました。
竹刀の握り方、足運び、各自のクセなど各組に分かれて少人数ならではの大変充実した稽古が出来ました。
またウサミ先生より、道場以外での日常生活においても剣道の稽古は取入れられる事を教えて頂きました。
電車内での立ち方、つり革の持ち方、車のハンドルの握り方、実践してみましょう!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
檀上では水月春の大会で日本剣道形を演舞されますヨコタ先生とシミズ先生です。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは杖道を演舞されますスガワラ先生とシモダイラ先生です。
迫力がありますね!!
クリックすると元のサイズで表示します
この後は、面を着けての稽古。
写真はありませんが、子供たちをシモダイラ先生、大人はウサミ先生にご指導いただきました。
私は大人組で稽古させていただきました。
本日は剣道の基本中の基本。切返しを徹底してやりました。
そろそろ基本打ちに入るのかな?地稽古に入るのかな?
いやいやまだまだ切返しをやります。
道場の端から端まで、切返し、切返し。次は2往復。
いかに剣道の基本である切返しが大事なのか、出来ていないのか痛感した時間でした
来週あたりからでしょうか。週間天気予報を見ますと梅雨入りの足音がして参りました。稽古が終わった後の防具の管理には注意しましょう。そのままにしておくと、すぐにカビが生えますよ。あと竹刀のお手入れもお忘れなく
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ