2014/6/27

秀歌(33)片山廣子  秀歌読みましょう

片山廣子のことを先に書いてしまおうと思ったのは、NHKの朝のドラマ「花子とアン」のせいで、村岡花子が生涯頼ったのは片山廣子だと知ったからだ。それなのにドラマは始めから脚色が強すぎて、「赤毛のアン」と村岡花子の大ファンの私は結局テレビは見ない事にしてしまった。そして未だに漏れ聞く所、花子の生涯の友は柳原白蓮の方にウエイトを置いた作りになっているらしい。確かに白蓮の方は駆け落ち事件に関してドラマチックだけれど、歌人で翻訳家(松村みね子)であった片山廣子にも、芥川龍之介最後の恋人という素晴らしい肩書があるではないか。

私が廣子の事を知ったのは20年くらい前、横浜の近代文学館で芥川展を見た時で、一枚の写真に写る美しい女性の説明に「軽井沢での片山廣子、最後の恋人と言われるがプラトニックな物であった。」と記されていた時だった。それまで芥川は漱石よりも好きな作家だったのに、そのことを知らずにいたのは迂闊だったと思ったが、その頃は忙しくてそれ以上調べるすべもなかった。
片山廣子(1878〜1957)は東京生まれで外交官の娘として英語教育をうけ、東洋英和女学校の寄宿舎に入る。そして佐々木信綱の下で短歌を学び、村岡花子、柳原白蓮と交流が出来る。その歌と生涯については「NHK短歌テキスト」4月5月号にわたって、佐藤弓生さんが詳しく書いている。私もそれを読んで以前に芥川の恋人と知った人だと思い出したわけであった。それによると廣子は佐々木信綱の勧めもあって、文学を続けられる家に嫁入り、大蔵省勤務の官僚夫人として二人の子にも恵まれ良家の婦人としての生涯を全うしている。

わが指に小さく光る青き石見つつも遠きわたつみを恋ふ

この歌のように自分の中にロマンを追うこころを持ちながら、静かに家庭人であることを選んでいる両面性は、自由な現代にもいる女性像ではないだろうか。

日の光る木の間にやすむ子雀ら木の葉動けば尾を振りてゐぬ

この歌を芥川が匿名で褒めたと言うがさほどの歌ではないように思う。二人の交際は片山の夫貞次郎死後のことで、軽井沢の別荘と万平ホテルに滞在中に知り合ったらしい。私は芥川の「ある阿呆の一生」「西方の人」が大好きで、作中に見え隠れする知性の勝った婦人の愁いやマグダラのマリアに模して語られる人の神秘的な姿は誰なのだろうと謎だったのだが廣子の事を知るとそうだったのかの思いが深い。また、堀辰雄の「聖家族」「菜穂子」のモデルも廣子と娘であるというのに、堀辰雄嫌いの私はとうとう読んでいないのも何とも言えない。しかし当時46歳ぐらいか美しいというより気高いひととして二人もの文学者に慕われていた人というのは、後からそれを読むわたしにとっても憧れになりうることと知った。晩年の歌を二首

いくたびか老いゆくわれをゆめみつれ今日の現在(うつつ)は夢よりもよし

わが側に人ゐるならねどゐるやうに一つのりんご卓の上に置く
3

2014/6/23

NHK短歌7月号  NHK短歌

梅雨時の湿気と晴れ間の高温に、体がついていけないどよんとした疲れに襲われていました。毎年そうであろうに、今年は異常ではと皆時候の挨拶に付け加えます。母が乱暴になったり、洗濯物が山になったりすると、何かいいことがあってもいいのにと愚痴っていたところにNHK短歌テキストの七月号「短歌で胸キュン」のお題「友だち」で佳作にとって頂きました。
N短は半年ぶりで本当は普通の週(胸キュンは最終週の別枠)に採られたいのですが、なかなか大変です。とっても嬉しいですと素直に言うべきでしょう。歌は

同じ人を好きになったと告げた日の友のゆらぎにゆれるこの胸
梅内美華子選

胸キュンはこの四月から佐伯裕子さんに代って梅内さんが選者になりました。梅内さんは青森出身で同志社大文学部卒の40代の女性なので、佐伯さんより大分若い選者になったようです。「かりん」で馬場あき子に師事したとあるので素直な読みではどうかなと思いましたがありがたいです。
「胸キュン」はNHKの方針で若い人や高校単位での投稿なども取り入れているので、入選は本当に若い人で、我々年組は佳作を狙いに行きます。今回も「そののち歌会」でご一緒する泳二さんや、「うたの日」でのしてきている中牧さんなどのお名前がありました。6月放送の「胸キュン」お題「給食」でも中牧さんが特選に入っていました。ご本人は若くないとおっしゃるかもしれませんが私にはみなさん息子の年ですから。
6

2014/6/18

「水無月のうた」と折本  折本

ツイッターで交流している若い人たちが(短歌クラスタという集団らしい)こはぎさんと言う人が企画編集で「みずつき」と言う作品集をネットプリントで出している。84人が6首ずつ504首というすごい集まり方で、「水」に関した連作である。
私もお題を見るとすぐ飛びつく方だから、歌は詠んでみた。ただツイッターをやらないので、何となく参加するのははばかられてこのブログにでも載せればいいやと思っていた。
ツイッターやブログをサーフィンしていると、「折本」というのも流行っているらしいと気が付いた。こはぎさんが、ブログ「こはぎうた」に、「折本の作り方」「コンビニネットプリントの作り方」というのを載せてくださっていたので、機械音痴の私がコンビニに予約するのは無理だけど、折本だけでも作ってみようかと、息子に「オッティ」と言うソフトを入れてもらい(こはぎさんのブログからダウンロード出来る)四苦八苦して写真入りの8ページ折本ができたのだ。調整を弟に手伝ってもらい、何とかPDFファイルに出来上がった。苦労の割に仕上がりが良く、名刺代わりになる小ささも手軽でいい。6月末にあるクラス会に持っていこうと、自分一人で気分はるんるんである。

「水無月のうた」
あじさいは天から水を恵まれておずおずと開く水無月の恋

六月の乙女ははだしたわむれに水かけあいて光るその頬

遠い雲忘れてしまった思い出のかわりに買うの水色の傘

水の辺も空の際さえ思わずにゆらりゆらりと飛ぶ揚羽蝶

水瓶をはこぶ二人は水底のいろこの宮に仕えしおとめ

巫女は今みずがめ座へと昇りゆくきみの刻印むねにきざんで

歌だけを並べるのと、折本に縦書きにする、写真を入れる、雰囲気は全然違ってくる。色々な方向があり、自分は「字」だけで行こうと決めてはいるが、面白くもあり「楽しさ」はお薬かも知れないと思う。「折本」には既発表歌2首を足して8首にした。
さて、PDFファイルを何とか載せてみようと思うので、うまくいったら印刷して折本を作ってみてください。
「折本の作り方」(こはぎうた)
「水無月のうた」PDF版はこちら
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ