2015/2/24

渡辺はま子とキリノ大統領  

またいつもの思い出話で申し訳ないのだが、私が小学校3,4年の頃だったと思う、「フィリピンキリノ前大統領歓迎会」というのに私たちの学年がレセプションとして器楽合奏をしたことがあった。よく覚えてはいないが大手町の産経会館かどこかだったように思う。(あるいは全然違うのかもしれない)そのとき一緒だったのが、子供には名前しか知らない「渡辺はま子」さんだった。歌で覚えているのは「サンフランシスコのチャイナタウン」だと思うが、私達は自分たちの演奏に緊張していたから共演者と言う位の感覚であった。

私達の小学校は千代田区というどこに行くにも近い場所だったので、数々のそういう場面がある学校だった。音楽の先生が器楽合奏に熱を入れていた(ご自身もシロフォン奏者だった)のと戦争で焼けなかったため、かなり良い楽器が残っていたせいで音楽会でも器楽合奏を行っていた。その歓迎会の時の演目は、先生が編曲した「汽車の旅」のようなもので、何曲かをつないだものだった。私は音痴だったけど木琴がやりたくて、でも選にもれていた。しかし先生の贔屓だったから(!!)特別に「牛とうぐいすの笛」に抜擢されたのだ。とても簡単でソロで見せ場のある役だったので、今でも記憶に残っているのだろう。

去年の暮にそのキリノ大統領と渡辺はま子さんの日本兵捕虜恩赦秘話が新聞に出て、戦後フィリピンのモンテンルパ収容所の日本兵の存在を知った渡辺はま子さんが「ああモンテンルパの夜は更けて」という歌を歌い大流行したので、慰問にも出かけキリノ大統領に助命嘆願もして、100人以上の死刑囚を恩赦で帰国させることが出来た。(詳しいことは「キリノ大統領恩赦」「ああモンテンルパの夜は更けて」で検索してウィキで読んでください。)その話や、渡辺はま子の人生を劇化して上演される宣伝をみたりして、あああの時の歓迎会はそういう事だったのか、と腑に落ちたのだ。
昔は子供にこんなことがあったからこうなった、などと説明してはくれなくて、子供もなんだか分らない大人の世界があるのだなと思いながら暮らしていたものだ。そして大人になった時、ああこういう事だったのかと理解できる情報が残されていることがいかに大事かと思うに至ったのだ。

(イエライシャン)春まだ遠くふるさとを想う声聞く夕べのありし      多香子
3

2015/2/19

秀歌(44)近藤かすみ『雲ケ畑まで』  秀歌読みましょう

「短歌人」の近藤かすみさんのブログ「気まぐれ徒然かすみ草」に出逢ったのは三年ほど前、蒔田さくら子さんのお歌をネット上で探していた時だった。近藤さんのお歌に魅かれて、どんな方だろうとブログやネット上の記事を見て、40代と遅い出発で短歌を始めたけれどその後のすごい努力と歌会などで上位に選ばれた様は、遅い学び直しのわたしに憧れと敬意を抱かせた。

確かその頃「短歌人賞」をとって、ほどなく第一歌集『雲ケ畑まで』(六花書林)を上梓したので、私は(過去の有名歌人の物は別に、頂くばかりだったのを)初めて歌集を買ったのだった。2012年8月の発行だからもう2年半以上過ぎているのに、ブログにご紹介しなかったのは好きすぎて、なんだかうまく書けないような気がしたからだろう。351首のお歌に緩急はあっても、一首の傷も無いように(私には)思えた。「上手い」と思う歌、それ以上に「気持ちをぎゅっとつかまれる」お歌が並んでいた。歌は好き好き、人によって感性の違いがあるが、私にはこの歌集が最上のものに思われた。まず(選びにくいが)10首を並べてみよう。

『雲ケ畑まで』
喉(のみど)から胸のあたりに甘やかな傷み兆して五月は終る

何事も「わたしのせゐ」と言ひし日を袋に詰めて出す月曜日

飼ひ犬が死ねばその日はちよつと泣き次を探すとあのひとは言ふ

逢ひたさはいづれ薄らぐ さうやつて春に幾たび人と別れぬ

秋しぐれ路上に木の葉つもらせてゆつくり歩けとわたくしに言ふ

死ぬ時は枕元まで母が来て卵ごはんをひとくちくれる

愛猫を手放すやうに歌おくるときのま白いしつぽが揺れた

寺町の小さき店に翡翠色のピアス買ひたり 海へ行きます

縁ありてふたり子なししひとなれば閑話休題(なにはともあれ)まさきくあれな

上るより下るが難き坂道のなかほどあたり風を見てゐる

歌人でも、自分の生活をあまり出さずに抽象的に描く人と、強く生活を描くひとがいて、かすみさんは後者のようである。それだけに読み手はその時々の自分の心持をどれかのお歌に添わすことが出来、共感することが出来る。今私は「口語」「現代仮名遣い」で詠むことが多くなっているが、この歌集を開く度別のお歌に新たな共感と気付きを思うのだ。
5

2015/2/14

家の猫E  家の猫

猫の歌をいっぱい詠もうと思いながら、「うたの日」などで題詠をしていると素材が猫とばかりは行かない事が多い。それでブログには猫の話を文章で書くことになってしまう。素材としての小太郎が傍にいるから、書くことに事欠かないかというとそうでもない。大体猫(寝こ)という位だから、大抵寝ているし、年寄り猫で(今年14歳)じゃれたりもしないから、遊ぶという事もあまり無いのだ。

ただ、よく喋るし声が悪いから人が喋るように啼く。置いて行かれると犬のように「わうわう」と啼くと息子が言う。前にいたウメちゃんはきれいな声であまり啼かず、私の事を愛するあまり(?)爪を立ててひっぱたいたり、後ろから飛び蹴りをしたりしていたが、小太郎はこの頃慣れてきても滅多な事では行動に出ない。
それが、ある時どこかのスイッチがはいって家の中を駆け回ったり、襲いかかったりするようになった。年寄りだから長くは続かないが、皆で「何なのだろう」といっている。あまり広くない家の中をすっ飛んで事務所までいき、そのうち「ポポポポ・・」とか発信音が鳴り響く。はじめは何が起こったかとびっくりしたがファックス電話の上を歩き回って、発信しそうになったり受話器をけとばしてお話し中になっていたりしたのだ。

私のパソコンは事務所の窓に向かう位置に置いてあって、夏など直射日光が射しこむから遮光カーテンがかけてある。涼しくなると小太郎はそのカーテンの裏側に入って、日差しを浴びて寝ていることがある。そして私がPCに向かって座ると何だと言う様子で、手でカーテンを引いて顔を出す。
家では子供が小さい時の芸として、カーテンやバスタオルなどで大人が「香炉峰の雪は?」というと子供がタオルを押し上げるというのがあるのだが、皆様は「香炉峰の雪」を知っているかしら。「枕草子」で清少納言が天皇様から「香炉峰の雪は」と謎をかけられて即座に御簾をかかげてみせたというもの。出典は白居易の漢詩から「香炉峰の雪は簾をかかげてみる」という一文を形にしたので清少納言は漢文にも詳しいと名を上げたという話だ。

小太郎がカーテンを手で開けて持ったまま顔を出すのがその場面に似ていると可笑しくて、写真は取れないが(シャッター音でやめてしまうから)声をかけるようにしている。猫はこちらからの要求通りにはしてくれないので、カーテンを開けたら「香炉峰の雪は?」と。

ビジネスホン新しいものに変えたっていたずら猫が留守電を押す  多香子

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ