2015/4/25

惟喬親王出家「伊勢」八十三段  古典(伊勢、源氏など)

前に「交野の桜」として書いた、業平の一族が希望を持って仕えていた惟喬親王は、文徳天皇の第一皇子で母君は紀氏の人であった。紀氏では久々に即位の望める皇子が生まれたと喜んで、大事にまた親しくお仕えしていた。皇子は業平より20歳年下で、見識もありすぐれた人物と書かれているが、「伊勢」では業平がいつまでも若々しいのでもっと年が近いような気がしてしまう。
紀有常も共に主従仲良く、歌に酒に興じていたのだが、天皇の第二子は母が藤原氏の姫であった。当時もう藤原氏の勢力は非常に強く、業平も罪を得る前に東下りをした程だったから、惟喬親王も自分が天皇の地位を望んでいないことを自ら示さなければ、命も危ういこともあったのだろう。

親王は27歳で突然出家なさって、小野の里(山城の国、今の大阪府)に隠棲なさってしまう。業平たちはがっかりもしたが、どうすることもできずに宮廷にいた。この頃の出家と言うのは本当に世を捨てるので、宮廷中心の都の官位も捨ててしまっては一族の力が落ちてしまうのだろう。親王はさすがに朝廷から封(食い扶持のような物)を与えられて侘しく暮らしていく。
明けた正月に業平は雪深い小野の里に親王をお尋ねし、色々と語り合ってお慰めをするのだが、宮廷の勤めもあって泣く泣く帰って来た。その時の歌

わすれては夢かとぞ思ふおもひきや雪踏み分けて君を見むとは

「わすれては」はこの現実が本当だと忘れてという事だと池田亀鑑先生の解説にある。「おもいきや」は思っても見なかったとなって、業平の心情の哀れさ親王への愛情のこもった歌となっている。この場面は前段からの場面転換の急なこと、主従の思いなどで読む者の心に残る一段であった。「あった」と過去形なのは現在ではあまり「伊勢」が読まれなくなり、殊に惟喬親王の話など忘れられていると思うから。次に引く歌は短歌ではなくて、与謝野鉄幹が「人を恋ふる歌」として書いた歌の六番で

人やわらはん業平が 小野の山ざと雪を分け
夢かと泣きて齒がみせし 昔を慕ふむら心

(むら心はよく分からないが「むらぎもの」がこころにかかる枕詞であるところから単に心の事らしい)
というのがあり、「伊勢」のお歌をそのまま引いている。その頃はかなり有名な話であったと言う証かとおもうが、今は鉄幹の事も晶子の亭主ぐらいにしか知られていないようだ。

次回の更新は日にち合わせで5月1日になります。
5

2015/4/20

毎日歌壇初掲載  毎日歌壇他

4月14日付毎日歌壇伊藤一彦選に初めて掲載されました。

もう三年経ったか庭の猫の墓ふるえるように花びらの散る

N短でも、新聞歌壇でも常連さんと言われるかたがたは、掲載があっても大騒ぎなどしないでしょうが、それでも自分の歌が初めてとられた時は嬉しく興奮したのでないかと思います。NHKは放送が主体ですが、実は投稿している人たちは「佳作」も載る「テキスト」が陰の主体の部分があります。私は三年前初めてN短「テキスト」で来嶋靖生さんの佳作選を受けた時、そのページのお歌の人たちの名前を検索してみて、ネットで広がっている短歌の世界に足を踏み入れました。

ネット歌会や、三木さん(去年亡くなられて掲示板も閉じられました)の掲示板にいて、今の「短歌ファクトリー」に住みついていますが、そこで新聞歌壇やN短に投稿する中高年の情報交換の板を目指していたのです。私はN短だけだったのですが、それは新聞に締め切りがなく「題詠」でないという事が自分にあっていないのかなと思ったせいでした。
「そののち歌会」がクローズの「風の歌会」に変って、「うたの日」という毎日の歌会に参加しているのですが、お題をみるといくつか詠んでしまう癖で、出さない分をどうせなら(未発表の物と言う所から)新聞に出してみようと、去年の暮から「毎日歌壇」にぽつぽつ投稿し始めました。それというのも、近頃は投稿フォームが出来ていて葉書でなくても家にいて出せるようになったからなのです。

三年前の私はまだ文語の歌を詠っていましたが、三年の間に口語の比率が多くなりだんだん大人っぽい歌が詠めなくなっているような気もしていました。「毎日新聞」を取っているので少し頑張ってみましたが、三か月ダメでくさったり自分の歌はこういう風と思おうとしたり揺れていましたが、初掲載でほっと嬉しくなりました。伊藤一彦さま、ありがとうございました。

10

2015/4/15

秀歌(47)梅内美華子「月齢」より  秀歌読みましょう

梅内さんは去年四月から一年間NHKの「短歌で胸キュン」の選者だった方で、青森の出身東京在住「かりん」の所属。たしか40代の方である。
何となく比喩の強いお歌を好む方のように思ったが、あまりよく分からなかったのは「かりん」という会の難解さもあるかもしれない。それは私に力がないからなのだろうけれど、坂井修一さんを理解するのに大分かかったことがある。

ここに引くのは「角川短歌」12月号の31首「月齢」のなかから五首だが、生死のテーマの「姪の誕生」の部分だけを並べて見た。それは「人の死」よりも「子供の誕生」のほうが、今の私に苦しくないからに他ならない。

「月齢」より
ひたひたと闇の迫りて月かげとわたしの腹を覆ひはじめる

手の甲に涙を引きて夜来たり出産のために離されし子は

チェブラーシカ繰り返し観て一人子の時をひとりで耐へてゐる甥

大潮のひきて中潮その波のあはひに揺れて妹は産む

ケイタイにほの紅き桃の玉とどくそんな感じの新生児の写真

実はこの連作の前半は、御嶽山の噴火の事故、父君の病気などで作者の心の重さのような歌が続く。そして妹の出産のために幼い長子を預かったのだろう(おばあちゃんも出てくる)その心細さに自分の経験を添わせ、妹の陣痛を共に揺れるような感覚で描いている。五首目の生まれた子供の写真のお歌で読者もほっとするような感じだ。

私自身は、もっと軽やかな美しい歌が好きなのだが、子供が生まれる時間の緊張感がその周囲に及ぼす情景をとらえて引き付けられる物があった。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ